next page第6回公判
top page
menu page

第5回公判(2003.2.6)

 裁判所が証拠の「ビデオは準文書として扱う」と確認
 第5回公判は2月6日開かれました。裁判長は備書面について補充意見があるか確認し、争点3のビデオによる証拠の提出準備の進行について確認しました。被告側は、ビデオの説明は専門家がして、3月はじめに提出すると発言しました。裁判長はビデオは準文書として扱うと確認し原告・被告とも了解しました。裁判長は立証計画についてはどうなっているか尋ね、原告は地質専門家の他に処分場関係で、専門家1名を出すとしました。被告は専門家の証言は中間処分場関係で1〜2名、法規関係で1名が提出した書証の関係者になると答えました。次回公判は4月17日午後4時、その次は5月29日(木)4時と確認しました。

 被告側も反論のビデオを提出する予定
 本日は原告の準備書面に対する反論の準備書面が出ました。それに対する反論は3月31日までに提出します。「フタル酸エステルは安全」「中間処分場の施設の説明」「分別するから安定5品目以外は入らない」という主張のために被告側は会社のパンフレットを出してきました。 原告が提出したビデオは一昨年の春と夏に海から処分場に至る経路、馬の背西側斜面を下から上に撮影したものです。被告もそれに反論のビデオを出します。白い地層はスコップで削ると砂のように崩れる地層でしたので透水性の高い地層だろうと説明しました。沢に何層も注ぎ込んだ形でしたので処分場の水が西側にしみ出してくるとビデオで説明しました。被告は「ことさらに地層の柔らかさを強調している」とか「白い地層が軟らかいからといって、水を通すとは限らない」「クラックは表面的なもので馬の背の地下を通って処分場から西側まで出ているものではない」と批判しています。被告側もビデオを撮って、透水性のないことを述べると思います。
 今後の証拠提出の予定
 主張が終わってから証拠調べの段階に入るときに現地調査の意見書を提出します。原告証人から「恩田川」「原告住民の井戸」について証言します。被告も専門家を証人に出し、「中間処分場」の関係で他に何人か出すという申し出がありました。こちらも中間処理施設については別の専門の証人を出します。今後の予定として現地調査をおこないます。現地の井戸、簡易水道、市営水道の水源と、恩田川と井戸の関係についても調べます。次次回ビデオを見てもらう日が決まると思います。こちらのビデオと相手のビデオ両方ということになるので時間を取ってもらわなければならない。六月か七月になると思います。相手のビデオを入手して専門家に見てもらいたいと思います。現地交流会の時に地元原告者の意見を聞いたいと思います。


next page第6回公判
top page
menu page