next page第7回公判
top page
menu page

第6回公判(2003.4.17)

 書類のやりとりつづく (弁護士の説明)

 次回第7回公判は5月29日、第8回は7月16日の4時と決まりました。もうしばらく書面のやりとりをして夏休み明けビデオの上映が裁判所でおこなわれることになると思います。 今日の手続きですがお互いに書類、証拠のやりとりもいたしました。前回向こうから出された書類に対してこちらの方から反論をいたしました。
 原告にはどんな権利があるか
 特に向こうから出された主張は「原告にどんな権利があるのか」、私達はきれいな水を飲む権利、いい空気を吸う権利、安全で環境の良いところに住む権利、そういうことを主張しております、特にきれいな水を飲む権利を前面に打ち出してやってきております。それに対して「そういう権利がそもそも保証されているのだろうか」、というような主張がありましたので、我々はいい水を飲む権利があるのだということを主張いたしました。きれいな水を飲む権利があるにもかかわらず、それが汚される可能性があるわけだから、それを事前に差し止めをする権利がある、ということを再度主張いたしました。
 安定型処分場に入れられるものは本当に安全か?
 もう一つ相手方の主張は,「安定型処分場に入れるものについては法律が改正されて限定されるようになった、石膏ボードが硫化水素のもとになっていたが、石膏ボード自体が入らなくなった、ということになれば硫化水素は発生することはなくなるのではないか。鉄くずなどはリサイクルされるので入ってこない、だから安定型処分場の中に入れられるものは安全である」、という主張を向こうはしてきました。それに対してこちらは安定五品目といっても危険性があると主張しました。法自体の改正があったとしても安定五品目自体の危険性は何ら変わりはないと主張しています。安全なものと安全でないものをそもそも分別することは不可能である、いくらリサイクル、分別をするといったとしても、それを最後まで分別することはどだい無理なことである。目視で分けるだけでは分別はできません。したがって安全ではないということを再度主張いたしました。
 その他に相手方が主張しているのは、こちらは危険だと言っているものについては、「水質基準の項目にはなっていない」と主張しています。私達が危険だと言っているものは千葉県の飲料水の基準項目に入っていないと言っています。これに対して千葉県の基準を見てみますと基準項目と監視項目があります。基準項目の中には確かに入っていないのですけど、監視項目の中には私達が危険と言っていると物質が記載されています。そもそも水道の水質基準というのは非常に遅れておりまして、環境ホルモンとか危険なものがどんどん出てきているのに水道法の基準というものはそこまで追いついていない、非常に遅れています。基準だからといって安全かというと必ずしもそうではありません。さらに監視項目には入っている、ことからみますと水質基準にはなっていないけれど危険だということを認めているということになります。我々の言っている危険物質はやはり危険ではないか。ということを主張いたしました。
 原告の意思を無視してつくられた「区と業者の協定書」を業者側が提出、
 それから相手からいろいろ書証が出ました。田倉区と業者が協定を結んだものを出した来ました。協定を結んでいるのだから周辺の住民は同意していると行ってきております。前もって原告の皆さんからうかがっていたところによりますと、これは全員の区の同意ではない。個々人が自分の飲料水のために反対しているわけですから、多数決で決められる問題ではない、それを多数決で決めるのはおかしい。今日も富津市の水道が延長される予定である、ということが出てきましたけれども、果たしてそれは本当なのかどうか、仮に本当だとしてもいつなのか、どこまでかという問題もあります。さらにそういうものが出てきたら反論していきたいと思います。
 地質学者に二月、現地調査をしていただきました。今月末までに意見書を書いて証拠として提出したいと思っております。恩田川の近くに井戸を持っている方について、恩田川が汚染された場合の汚染物質が回りの井戸を汚染しないか書いて提出します。詳細は後日ご説明したいと思います。


next page第7回公判
top page
menu page