next page
top page
menu page

第8回公判(2003.7.16)

 第8回公判は、2003年7月16日(木)午後4時〜5時 原告代理人6名 被告代理人2名 傍聴者48名で木更津裁判所第1号法定で開かれました。
 はじめに前回被告から出された準備書面に対して原告から質問しました。被告の提出した準備書面では、原告A宅のしぼり水を、原告B宅のしぼり水と勘違いしているのでそれについて釈明を求めました。
 次に、元本とコピーを照合する作業を行いました。ほとんどは原告から提出をいたしましたが、被告からは、乙B57号証で写真を提出してきました。(川の位置と原告の住宅を遠くから撮影した写真)前回、原告は恩田川・湊川周辺の人の井戸の汚染の可能性について、坂巻意見書と準備書面を提出しました。これに対して、被告から、反論の準備書面4と、2ページ半の写真を提出してきました。写真は、要するに、位置関係を言っているだけのもので、井戸の底と川の位置を比べると、川の方が低いというものです。これに対して、補充の意見書をだしていくのが、次回までのこちらの作業になります。
 次に、前回被告の提出した書証について質問しました。被告は富津市水道部の書証で処分場近くまで水道を引くというが、原告の方が富津市水道部に確認に行ったところ事実と違うことが判ったので、基本的なところの確認をしました。被告は、市営水道を引く予定になっているのだから引かれれば井戸水を飲まなくてよいから被害は出ない、と言いたいのだろうと思います。被告が裁判所に提出した書証は、「区から富津市への要望書」「富津市から区への回答書」「区域、予定時期の書いてある地図」それと「見積書」です。見積書は業者が仮に水道を引くとしたらいくらかかるかというものです。
 地図乙B54号証に示してある「第3期」ルートについては富津市では「今やる予定はない」と説明しましたが、公判では、被告は「富津市は住民説明会の中で第3期ルートについても水道管の大きさを示した図面を示して説明した」としましたので、今後、確認の問題があります。また、「第三期」工事を富津市が予定しているがごとき記載になっているので、これは、違うだろうということを準備書面で、主張していく予定です。
 今後、原告の立証は「坂巻意見書の補充と準備書面」「安定5品目の危険性を研究している学者の立証」を予定しています。
 次回公判8月28日には、四本のビデオ上映します。2本は「計画地現場の様子」を撮影したもの、「君津市の安定型処分場の硫化水素流出」、「NHKクローズアップ現代放映の硫化水素流出」を撮影したものです。被告も反論のビデオを2本だすということです。次回は法廷で、テレビをみることになります。
 本日開廷前に建設差し止めの要請署名を1,237筆を追加提出しました。昨年9月に4,035名分を提出しております。原告傍聴者には資料として、NHKサンデートーク「山は残せるか」の記録を配布しました。次回は「地層」関係の資料を出す予定です。
 原告側傍聴者の多数のご参加をお願い申し上げます。

next page
top page
menu page