next page
top page
menu page

第9回公判(2003.8.28)

地層など法廷でビデオ検証

 東京から大学生がインターネットで知ったということで、傍聴参加もあり超満員になりました。本日は、法廷でビデオ上映しました。原告側提出の4本は「計画地現場の様子」を撮影したもの2本と、他2本は「君津市の安定型処分場ビオトープの硫化水素流出」、「NHKクローズアップ現代放映の硫化水素流出」を録画したものです。
 被告も反論のビデオを2本上映しました、内容は「TOの環と題した東亜道路工業(株)の建設廃棄物処理一元管理システム」「千葉県白井市の白井中間処理工場」の説明ビデオ。もう一本は「乙B37号証、地層についての反論ビデオ」でした。原告提出ビデオの内容について簡単に紹介します。

 原告のビデオの内容「甲D1号証」・・・ここをクリックすると写真が開きます。
天羽漁港 → 海苔加工工場 → 白魚漁の網 → 花輪取水口 → 道滝橋  → 原告渡辺宅の絞り水の水源 → 処分場は林道を登り切ったところにある →原告安藤宅の地層の傾斜 → 処分場に近い原告安藤宅井戸 → 馬の背西側の沢 → 原告安藤宅の絞り水の井戸 → 原告太田宅田圃 → 処分場の排水口(コルゲート管) → 処分場の貯水池 → 処分場内の帯水層 → 処分場最上部からの風景(写真右の尾根の下に原告などの井戸がある)

 原告のビデオ「甲D2号証」 ・・・ここをクリックすると写真が開きます。
馬の背の西側の沢 → 沢の上流に地層が傾いて沢にもぐっている → 地層はスコップで削るとさらさらである → 断層がはっきり見える → 指で押すとバラバラになる崩れる地層 → クラックはいたるところにある → 白い層が北へ下がり沢に入っている → 上流にもいたるところに地層がみえる → 壁が切り立っている所もある → クラークから、水がしみ出ている → 林道へ登る坂道。

 原告のビデオ「甲D3号証」
君津市久留里大谷安定型処分場ビオトープのガス抜き管のビデオ写真。

 原告のビデオ「甲D4号証」
NHKビデオ、クローズアップ現代を録画したもの(10分)あらすじは次の通り。
 福岡県筑紫野市の処分場で、硫化水素が発生した。そのにおいを消すために、硫酸第一鉄を撒いた結果、それを大量に撒きすぎたために、硫酸イオンが発生し、それが、地中の微生物と反応して硫化水素が発生し、そのために作業員が三名死亡した。ビデオは、「なぜ硫化水素が発生したか」、について説明したもの。
 滋賀県の栗東町では、薬品がまかれなかったにもかかわらず、致死量の20倍という硫化水素が発生した。
 廃棄物や化学物質に詳しい専門家で組織された調査委員会は、なぜ安定型処分場から硫化水素が発生したのか調査を進めました。その結果、建設廃材として、石こうボードが大量に捨てられたことが判り、調査委員の滋賀県立大学の菊池教授は、実験をおこない、その結果、わずかの量の石膏から、致死量の2倍、1600ppmの硫化水素が発生していることが分かりました。安定型処分場には、本来、腐って変化する有機物を捨てることは許されていきません。ところが現場を調べてみると、有機物が紛れ込んでいました。現在、地元の住民たちは、処分場に持ち込まれたごみから、猛毒のガスが発生したとして県と業者に廃棄物を撤去するように求めております。しかしこのガス抜き作業もいつになったら終わるのか、そのめどは立っていいません。・・・・・

 今後の公判予定
 今後当裁判では証人尋問などでよって地層のことなど証言していきます。今回ビデオ上映の前に、準備書面のやりとりをいたしました。下流の川が汚染されて、川から井戸へ影響が出るという準備書面です。被告の反論は「川より井戸が低いから影響しない」といいますが、「処分場から川は、下ってくる間に帯水層と川が交わっているところがあり、そこから帯水層に入ると帯水層のなかで広がり下の方の原告の井戸が汚染される」と反論を提出しました。ですから大きく恩田川流域の地形とか地層を見ないと判らないということです、被告のようにその地点だけ見て高いとか低いと言ってもそれはナンセンスだ。という内容で準備書面を出しました。
 次回公判は10月2日です。地質専門家の意見書を提出します。次々回の12月11日あたりでお互いに書類のやりとりは終わりにして来年からは証拠調べに入る予定です。今年いっぱいで主張関係は終わり、来年からいよいよ証拠調べに入ります。これから本格的に始まりますので、ご支援をお願いいたします。

next page
top page
menu page