next page
top page
menu page

第10回公判(2003.10.2)

 富津市田倉の産廃処分場建設差し止め裁判第10回公判は、10月2日(木)午後4時より、千葉地裁木更津支部第1号法廷で開かれました。原告代理人6名、被告代理人2名、原告側傍聴人は44名が参加しました。
 はじめに、9月29日付け被告提出の、乙準備書面6(近隣住民の飲料水の実態、公営水道の延長など)について質疑がありました。この内容については後日原告から反論のj準備書面を提出する事になりました。今後原告側は「原告の陳述書」「地質について専門家の補充意見書」を提出する予定です。立証については原告2〜3人、地質専門家、安定型処分場に詳しい専門家を予定しています。被告側の陳述は、地質の学者、中間処理場に詳しい人、簡易水道、公営水道の説明について会社の関係者を出すとしています。

 第10回公判はあまりやりとりがなかったところですけれども、原告としては双方主張もかなり進んでいるので、早く進行してもらいたいと希望しました。裁判所としては争点をはっきりさせ、誰が証人に出るか、尋問計画を立てたい、ということで次回12月で終わりかと思っていたのですが、来年2月まで延びることになりました。そのあと立証に入るということで、原告側は地質専門家や原告の陳述手続きを進めていくことになります。
 被告の立証計画は、仮処分のときと違ってきたのは、公営水道が引かれるからいいではないか、という主張が出されていることですが、これについて私達は反論しております。昔から井戸水を飲んでいる人が、処分場ができるから放棄してしまってよいのか、そういう問題ではないと主張しております。原告には井戸水を享受する既得権があり、井戸水を飲めなくすること自体が原告らの権利を侵害するものであると主張しています。処分場の問題は水だけではなくて、硫化水素の問題、粉塵の問題、交通災害の問題、周辺環境に非常に迷惑をかけることがあるわけですからそういうことも主張していきます。
 今後の日程はについては、次のように確認されました。
      第11回公判は平成15年12月11日(木)午後4時から。
      第12回公判は平成16年2月5日(木)4時〜。 

next page
top page
menu page