next page
top page
menu page

第11回公判(2003.12.11)

 第11回公判は12月11日午後4時より5時まで千葉地裁木更津支部第1号法廷で開かれました。参加者は裁判官3名、原告代理人6名、被告代理人2名、傍聴者40名でした。
 まず裁判長から新たな原告(1人)の提訴があったことが報告され内容が同じなので当事件に併合してよいか諮られ、原告被告双方が了解しました。

 簡易水道・公営水道の拡張について
 次に原告側で提出した準備書面(7)について原告代理人から説明しました。
* 被告は代替設備として、簡易水道を主張しておりましたが、それについては安全性については主張していない。
* 簡易水道を使っている住民の話を聞くと、水量が不足しているとか、水が白濁していると言われている。
* 前回準備書面の中で公営水道の延長計画があったが、弁護士照会で富津市水道部に聞くと、第一期は着工済みで、寺尾橋から恩田橋、第二期工事は恩田橋から安田宅、それから東大和田方面までだがまだ具体的な実施計画は検討中ということ。第三期については正式な計画は出ていないという回答だった。被告の主張する公営水道は本管から枝管の費用負担は本人が負い、工事自体も未だ不明瞭な点があり、設備の維持管理も使用者に強いられている。
* 被告は「公営水道が普及しているので、水道を使うとよい」と言う主張しているが、原告には井戸を使うか水道水を使うかの選択権がある。
* 水道水自体の安全性についても人体に影響があるのではないかと言うことで問題になっている。
* 最近水道水が緊急災害時などに対して見直しされてきている。井戸水を使うような体制をとる自治体も増えている。
 以上のように原告は、「簡易水道が十分機能していないこと」、「被告側は水道設備を設置すると言ってるが、水道設備の計画自体不十分」なことを説明しました。原告には井戸を使う権利があって、水道水を強要される義務はないことを主張しました。また水道水の危険性についても主張しました。
 これに対してし、被告側の反論書は、「水道設備を設置する以上、経済的な負担がかかるのは仕方ない」「全国96.6%、水道が普及しているから、原告も水道水を使ってはいいんではないか」ということが書いてあるけれども、被告側はそれは違うと反論しました。

 証人尋問の申請について
 続いて、原告・被告から尋問の申請をしました、まず原告側から証人2名、原告5名の審問申請をしました。原告側2人の証人からは、「処分場から出た汚染水が原告の井戸を汚染する経路について」「安定五品目の危険性について」「全国安定型処分場の実態」「本件処分場の危険性について」立証すると説明しました。原告5名からは「井戸水の被害に対する不安」「この間の住民反対運動の経過について」「設置反対運動の思い」「道路交通生活に対する不安」などについて立証すると説明しました。
 それに対して被告側は証人として、専門家2名と事業者社員1名の3名を尋問申請しました。被告側証人Aからは「IWD中間処理施設の技術と安定型処分場の説明」、証人Bからは「水の関係」、社員Cからは「事業者の代替施設である簡易水道の関係」について証言するとしました。

 今後の日程について
今後の予定について裁判長は、原告側の「地下水汚染経路についての意見書」は1月初旬提出、原告陳述書と「安定5品目の危険性に関する」意見書は一月末提出と確認しました。被告側証人の意見書、陳述書提出も1月末と確認しました。次回公判は2月5日4時からとし、弁論で今後の立証計画などについておこなう。次々回のスケジュールは尋問に入る前に現地調査になる可能性があることから日程は未定とし閉廷しました。

next page
top page
menu page