next page
top page
menu page

裁判官が現地視察 04−04−12

 富津市田倉産廃処分場建設差し止め裁判
  裁判官が視察

  富津市田倉に計画されている安定型産廃処分場の建設差し止め訴訟で、千葉地裁木更津支部の仲戸川隆人裁判官他2名の裁判官は、4月12日湊川の状況や計画地周辺の視察を行いました。裁判官は裁判上争点となっている8箇所を書証と付け合わせて確認し、計画地の地層や調整池、排水口、井戸などについて双方の代理人・証人から説明を聞きました。

 現地検証スケジュールは下記の通りでした。
  ( )内は立証趣旨

13時10分 上総湊駅に裁判官、原告、被告、集合、簡単な打ち合わせ。
 1.更和取水口(富津市の水道水源の汚染)
 2.道滝橋(恩田川と湊川本流の合流地点、大型車の通行)
 3.コルゲート管・調整池(処分場に降った雨水の川への流出経路確認)
 4.計画地最上部の原告の井戸(処分場と井戸の位置関係確認)
 5.馬の背(尾根の名称)を歩く。(処分場と原告宅の位置関係確認)

14時45分 馬の背を下りる
 6.馬の背西側の帯水層(原告井戸や絞り水の危険性の確認)
 7.恩田川に最も近い原告の井戸(川の位置関係を確認)
 8.道滝橋に近い原告の井戸(川との位置関係を確認)

16時00分 終了解散

飲料水取水口の写真 1.更和取水口
(富津市の水道水源、現在は休止している)
道滝橋付近の裁判官 2.道滝橋
(恩田川と湊川本流の合流地点、車両の重量制限は、14トンとされている)
処分場調整池の裁判官 3.調整池
(処分場に降った雨水は此処に貯水され恩田川へ流出する、水処理施設はない)
処分場から恩田川への排水口 3.コルゲート管
(処分場に降った雨水は貯水池を通ってここから恩田川へ流出する)
処分場上部の裁判官 4.処分場最上部より処分場の全景と上部帯水層が見える
(最上部は標高99m)
処分場全景の写真 4.下の貯水槽まで全長600m、安定型廃棄物をダンプ9万8千台捨てる計画。
処分場下部帯水層の写真 4.馬の背東側の「下部帯水層」と言われるところ。現在は水が溜まって側溝は見えない。
処分場中部帯水層の写真 4.中部帯水層といわれるところ。水を通す層には草が生えている。
処分場上部帯水層の写真 4.上部帯水層といわれるところ。処分場上部に居住する原告の井戸への汚染が心配される。
処分場上部にある原告 4.計画地最上部の原告の井戸。(処分場と井戸の位置関係確認)
馬の背から見下ろした処分場 5.馬の背を南へ向かって歩くと左手に巨大な処分場を見ることができる、50m下に谷底が見える。
処分場の上から見える原告に住居 5.馬の背を南へ向かって歩くと右手下にすぐ原告者の住宅が見える
馬の背から林道へ出る 5.馬の背を下りた地点。ここから馬の背西側の視察に向かう。
原告井戸を視察する裁判官 6.処分場に最も近い原告の井戸、柵の向こうに見える青いビニールシートの所にある
原告井戸を視察する裁判官 6.処分場に近い原告の井戸、生活用水は全てこの井戸で賄っている
馬の背西側にある断層 6.「馬の背」西側直下の断層の確認
馬の背西側の沢に湧き出す地下水 6.「馬の背」西側斜面に沿って長い沢が切れることなく一年中流れている。
馬の背西側帯水層を調べる裁判官 6.「馬の背」西側の地層を見る裁判官と弁護士。
恩田川河口近くの井戸をみる裁判官 7.恩田川に近い原告の井戸の位置確認
恩田川下流井戸を見る裁判官 8.道滝橋に近い原告の井戸の位置確認

next page
top page
menu page