next page
top page
menu page

第12回公判(2004.2.5)


 第12回公判は、2月5日(木)午後4時〜5時千葉地裁木更津支部第一号法廷で開かれました。参加者は原告側代理人6名被告側代理人2名傍聴者38名でした。
 原告側は昨年暮れから今年1月にかけて新たに証拠申請書類を提出しました。今回提出の準備書面は「恩田川下流域の原告の井戸水汚染」と、「原告の井戸への影響」について述べております。新たに提出した坂巻補充意見書は「恩田川下流の原告の井戸水の汚染の経路として「川と井戸が近接していて河川水が直接井戸へ影響する場合」と「川底から広く周辺基盤岩中の透水層露頭や割れ目を通じて広域的な地下水汚染を招く場合」の2通りが想定されるとしています。
 前者については前回の準備書面の通りです。この度坂巻意見書で新たに指摘しているところは、「川底から広く周辺基盤岩中の透水層露頭や割れ目を通じて広域的な地下水汚染を招く場合」についてです。地元の井戸業者の経験と地層データを坂巻証人が地学上の見地から分析し、河川周辺の原告井戸への汚染の可能性を指摘しました。要点を述べますと、河川周辺は「泥岩層はあるものの帯水層が何層もある」こと、そして「泥岩層の下から豊富な取水ができる」ことです。「泥岩層の下から豊富な取水ができる」ということは泥岩層にも割れ目などが存在し、上からくる水を下の方へ導く道が存在することを意味しております。つまり泥岩層だから不透水層だとは言えないことになります。川底から浸透した水は周辺井戸を涵養していることが明らかです。河川水が深い井戸を涵養してるということはいったん川が汚染されれば地下水を汚染するのみならず汚染の範囲が広範囲に広がっていくことを示しております。以上処分場から排水された汚染水は恩田川の河川水を通じ、あるいは地層内を流れて河川周辺の多くの原告に重大な影響を与えることは間違いありません。
 次に原告への井戸への影響ですが、原告は本件処分場北東約百メートルほど離れたところに住んでおります。本件処分場の北端部には標高94メートル地点のところには「最上部帯水層」が存在しています。そして被告の主張に従って「地層が北側に10°傾斜している」前提で特定をすると「最上部帯水層」が原告の井戸水を供給しているということが分かります。したがって本件処分場の廃棄物の堆積が最上部におよび「最上部帯水層」を塞ぐようなことがあれば原告の井戸が汚染されることは必至であります。
 新たにお願いした瀬戸証人には、やや広い観点で「循環型社会」論を展開していただきました。業者の方は「処分場は必要悪」だ「ごみが出るのだからどこかへ作らなければならない」という議論をやるわけですが、そうではないということを大所高所から書いていただきました。(田久保・井出弁護士)

今後の予定は次のように確認されました。

4月 5日(月)現地進行協議の準備の協議。
4月12日(月)現地進行協議午後1時〜5時
5月27日(木)公判 瀬戸証人と小林証人の証拠調べ
6月10日(木)公判 坂巻証人と平林証人の証拠調べ
7月 8日(木)公判 

next page
top page
menu page