next page
top page
menu page

第14回公判 証人尋問

私達は、貴職に高裁判決の日(2007.11.28)、「二度とこの地に産業廃棄物処分場建設を認めないよう」要請しました。

 第14回公判は、6月10日午後1時〜5時木更津裁判所で開かれました。
前回は争点1「有害物質が処分場へ混入するか」について証人尋問が行われましたが、今回は争点2「仮に混入した場合に処分場の外へ流出するか」について双方の証人に対する主尋問、反対尋問が行われました。参加者は原告側代理人6名傍聴者は33名、被告側代理人2名でした。

原告側証人(坂巻幸雄氏)の証言
証言趣旨 「本件処分場から汚染水が流出し、原告らの健康被害並びに農作物 被害等を発生させること」
原告側証人への主尋問事項
(1)経歴、職業。
(2)意見書の作成について、甲A72甲A74甲A80甲E3
(3)意見書の作成にあたり、現地調査をしたか。
(4)どのような資料を参考にしたか。被告提出の資料も含まれるか。
(5)本件処分場の建設が原告ら地域住民に被害を及ぼすと考えられるか。
(6)本件処分場予定地周辺の地層の特徴について。
(7)有害物質を含む汚染水が地層に浸透する根拠について。
(8)その汚染水が、原告らの井戸等に浸入する経路・帯水層の役割など
(9)被告の主張、例えば、「不透水層である」、「地層の北傾斜」、「東西からのせめぎ合い」など について、どう考えるか。
(10)井戸屋さんの陳述書(甲E8)から何か言えるか。
(11)恩田川などの河川の汚染が原告らの井戸へ及ぼす影響について。
(12)その他、以上に関連する事項。

地下水汚染の特徴
 坂巻証人は「日の出処分場」「敦賀市の処分場」「栗東町」など20を超える処分場問題に取り組んだ豊富な経験から説得力のある力強い証言を行いました。冒頭、地下水汚染の特徴として「汚染はじわじわと非常に長い時間がかかる」「一度汚すと復元が非常に難しい」と述べました。

本件処分場予定地周辺の地層について
 地層は「上総層群に分類され浅い海の底に溜まった泥と砂の層」で「基盤全体に緩みがあり細かい割れ目がたくさんある」「地下水は透水層である砂層、火山灰層を通って流れている」被告は地層は不透水層といっているが、「それほど早い流れではないが割れ目やクラックに沿って流れている」「地層の傾斜は北傾斜約10度、南に行くにつれて傾斜は緩くなり、処分場南側で一時水平となり、その後南傾斜となる背斜構造になっている」と証言しました。

馬の背西側の沢に染み出る地下水

馬の背を通って汚染が広がるしくみについて
 証人は、本件処分場には「下部帯水層」「中部帯水層」「上部帯水層」という「相対的に地下水を通し易い地層」が確認される。馬の背西側の地層には「白くて細かい白色凝灰岩層(鍵層)と黒くて粗い層(火山灰層)がペアになっている」「黒くて粗い層が水をよく透す」、沢から地中に潜り込んでいる様子を捉えた写真について、「これは地下水がしみ出ている様子」「水面と地層が交わる部分が黒ずんでいる。これは、鉄分が酸化し、鉄バクテリアが繁殖している様子である。ここに水が染みだしている証明がある」と証言しました。
 被告は、水の浸透は「重力の働きにより方向は真下である」「汚染物質は東西に広がらない」としてるが、証人は「大局的に見て下流に広がるが一直線に一点だけにのびるのではなく扇形に汚染は広がる」「帯水層は馬の背の中で東西につながっている」「地層は平面ではない。でこぼこや、傾斜が異なっていたり、割れ目が存在する」「動水勾配の影響」「毛細管現象」などあると証言しました。

馬の背西側に浸出してからの流れについて
*処分場に最も近い原告A宅井戸の汚染の仕組みについて
 「まず、下部帯水層を伝ってきた地下水による汚染が考えられる。次に帯水層などが馬の背直下の沢を切っているので、上流部で沢水が汚染され、それが沢底から地中を通り井戸水に入り込む」と証言しました。被告は、「下部帯水層は井戸1の上を通っているので井戸水には入り込まない」としているが、「被告の作図が違うこと」「馬の背の地中内で上下間の水の行き来があるので、汚染水は地中内で井戸を汚染する」「井戸周辺は水圧が低くなっているので、その周辺の地下水を集める役割を果たすし、地層内の割れ目等による地下水の上下間の行き来もある」「沢水も、地下に浸透して井戸水を涵養している」と証言しました。

*原告B宅井戸2、原告A・B宅の絞り水1,2の汚染の仕組みについて
 汚染は「時間的に井戸1より遅れることは考えられるが処分場からの汚染が広がる可能性がある」そのメカニズムについては「下部帯水層による汚染」「中部帯水層が沢の上流部を切っているのでそこからしみ出した水が沢を汚染する」と証言しました。被告は「位置的に見てこれら井戸が汚染されることはない」としているが、「帯水層がスポンジ状で全体に汚染水が通っている時、一部が沢でカットされても止めきれない、下部帯水層、中部帯水層、その他たくさんの帯水層があるので全体として考えなければならない」「沢があるだけで井戸2、絞り水1,絞り水2は安全であるという評価は出来ない」と証言しました。この沢の下流にC宅井戸、原告O宅田圃があるが「上流が汚染されれば当然そこも汚染の危険がある」と証言しました。

最上部帯水層とK宅井戸の汚染について
 証人は、「最上部帯水層」から原告K宅井戸までの地下の断面を作図し、どのようにK宅井戸を汚染するかを証言しました。「処分場にゴミが持ち込まれると処分場の中に水位が発生し、その水位が上部帯水層の水位より上に来た場合汚染された地下水が帯水層の中を流れK宅の井戸を汚染する」「最上部帯水層はK宅井戸を涵養している。井戸では豊富な地下水が汲めている。周辺の地層を観察すると有力な帯水層は最上部帯水層以外には考えにくい」と証言しました。

恩田川下流域の井戸への影響
 証人は、処分場から恩田川に流れ出た汚染水が本件処分場南側、恩田川下流域の住民井戸を汚染すると指摘しました。恩田川下流域にある地層の特徴は、「基本的に処分場周辺と変わらないが処分場南部に背斜構造が存在し、地層が全体に南に傾斜している」恩田川下流井戸汚染の仕組みとして、「川と井戸とが近接していて、河川水が直接井戸へ影響する事例」と「川底からいわゆる岩盤中の透水層露頭や割れ目を通じて広域的な地下水汚染を招く事例」の2通り考えられると指摘しました。比較的川に近い原告W宅、原告Y宅に代表される井戸への汚染について「井戸と川の水位が連動する事例」「特に本件処分場では背斜構造が存在し南に傾いた地層は川底に断面をさらしており、ここに水が入り込みやすい」と証言しました。次に、60〜100メートルの比較的深い井戸を持つ原告の井戸汚染の仕組みについて「深い深度に地下水が存在するがこれは、井戸業者の陳述書から「比較的難透水の土丹層の下から豊富な水が取水されるのは土丹層に割れ目が存在していることを物語る」と証言しました。

最後の証人意見
安定型処分場は、「水に溶ける物質が入らない」という思想で設置された。しかしその後事故や汚染の拡大が起きている。石膏ボードやシュレッダーダストは外されたが素堀の穴で雨ざらしにするので汚染の拡大は止められない。数世代後までの人間の生活や健康を危険にさらす可能性のある安定型処分場をつくることは、企業や自治体のする事ではない。

被告側証人 平林憲次氏(主尋問60分)
証言趣旨
(1)本件処分場内に降った水が、原告らの井戸に移動しないこと
(2)本件処分場内に降った水の移動方向
(3)本件処分場周辺の地層の透水係数
(4)原告が主張するクラックや割れ目の性質
(5)その他
尋問事項
(1)本件処分場付近の地質と透水性
(2)原告が帯水層と主張する部分に水が浸透するか。するとすれば、浸透した水はどの方向にどのような速さで移動するか。
(3)原告らの井戸水は、どの地層から涵養されているか.
(4)原告が主張するクラックや割れ目が存在するか。存在するとしたら、処分場内 の水を馬の背の西側に通すようなものか.
(5)その他上に関連する事項

next page
top page
menu page