next page 第16回公判へ
top page
menu page

第15回公判 証人尋問 2004-07-08

 第15回公判は、7月8日午後1時〜5時木更津裁判所第1号法廷で開かれました。5月の第13回公判では「有害物質が処分場へ混入するか」について証人尋問が行われ、6月の第14回では「有害物は処分場の外へ流出するか」について証人尋問が行われました。第15回公判では「周辺環境に影響を与えるか」について「簡易水道を設置する」とする被告側証人への尋問と飲料水や交通など生活被害を受ける計画地周辺原告5名への尋問が行われました。原告側参加者は代理人6名傍聴者は44名でした。

被告側証人(高橋純氏)の証言

 簡易水道組合設置について
 被告側証人は「浅野商事の環境部長」として当処分場建設に当たり「県との折衝、簡易水道組合立ち上げ」の仕事をしてきたとし、簡易水道を設置した理由は「地元の要望」があり、「周辺の井戸は水道法の水質基準に適合しない井戸がある」からで「処分場を作ると井戸が汚染されるからではない」としました。
 被告側証人は、設備費用5500万円を使い水源井戸を4本掘った(現在3本使用)、掘削に当たって当初水量の不足があったので掘削業者を変えポンプの種類とポンプの位置を変えた。簡易水道組合の運営は現在16世帯で管理し浅野商事は関わっていない、設備の所有は「現在は浅野商事の所有だが処分場が事業を始めたら無償で譲渡する」と証言しました。
 原告代理人の「処分場の地層が北傾斜で処分場から簡易水道の水源井戸の方向に傾いているので水源が汚染される危険はないか」との質問に被告側証人は「そういうものは入れないので汚れるという意識は持っていない」と主張しました。
 原告代理人の「入水槽、ポンプ、給水管の耐用年は?」との問いに被告側証人は「入水槽が25年、ポンプは10年、給水管は不明」と回答しました。将来的な加入者の維持費用は明らかにしませんでした。
 公営水道の延長計画について
 被告側証人は、富津市公営水道の延長計画は「第1期恩田橋までは工事が終わり給水されている、第二期は計画中だが何時やるか示されていない、第三期は給水区域内だが計画されていない」とし、処分場が出来ることになったら、浅野商事の負担で「処分場周辺で公営水道のない家庭に7,893万円を使って延長工事費用を負担する」と証言しました。
 処分場の埋立方法と雨水の処理について
 被告側証人は、「処分場の外に降った雨水はU字溝とアスカーブで処分場への流入を防ぐ」「処分場の覆土された部分に降った雨水は仮沈砂池を作り表流水を集水してポンプアップしU字溝を通して調整池へ流す」「処分場の埋立部分に降った雨水は場内での乾燥、並びに場内での散水で処理する」と証言しました。

 原告側代理人の反対尋問と回答

 「処分場埋め立て方法と雨水の処理」について原告代理人の質問と被告側証人の回答の一部を紹介します。

Q「仮沈砂池の下のゴムシートはどうなるか」
A「自然乾燥させてから外します」
Q「開口部にたまった雨水は自然蒸発させるとというがどれくらい蒸発するか」
A「どれくらいの時間でどれくらい溜まるかというデータはない」
Q「蒸発しきれないものが、底まで行かない」とはいつ誰が言ったか
A「平成16年4月末」「千葉県産業廃棄物課です」
Q「水が底まで行かないとなると管理型処分場に遮水シートは必要ないことになるが安定型と管理型では浸透率が違うのか」
A「違うところはあると思う」
Q「ユンボ、転圧機械によって地層にクラックが生ずる危険性はないか」
A「そこまでの振動はどうかなと思う」
Q「閉鎖後の地下水のポンプアップは無いと言うことになるか」
A「はい」
Q「産廃課では自然浸透させると言うことだが何か根拠は示されたか」
A「根拠は示されません」
Q「埋立について初期、中期、とか仮沈砂池など示した詳しい図面を作ったのは今年の6月が初めてだったのか」
A「はいそうです」
Q「U字溝は初期に下にあったU字溝をとって上の方に付け直すということか」
A「はいそうです」
Q「埋立が進み最高部に降った雨は実際どれくらい浸透するか」
A「千葉県職員は、何層にも下に浸透することは考えにくい」 「自然に蒸発する方が多い、中に浸透する方は少ない」 「処分場の一番底まで雨水が行くことは考えにくい」と話した。
その他の証言
 原告証人は 「透水性の高い層へのコンクリートの吹きつけ工事について「この工事は処分場内に帯水層があるから行うのではない住民の不安を取り除くために計画している」「処分場が操業を開始した後の雇用について地元雇用を優先させる」と証言しました。

原告の証言(原告5名

 原告者の受ける被害
「川との位置関係から井戸水の汚染の恐れがある、健康被害が心配」
「稲の苗、野菜の作りにも使っている」
「その他にも風評被害、大気汚染、道路被害、漁業への影響など。」
「ダンプとか工事車両が入ると、道路が狭いので子供や年寄りの交通災害などが心配」
「道滝橋は12トンと決まっているので重量に耐えられるかどうか心配」
「道路も狭いので(路肩が)壊れる恐れがある。」
「あそこは風は下から上へと吹き上げる。」(ダイオキシンなどの心配)
「湊川や海の漁協の人たちは鮎・海苔の被害が増える」
「沢山生き物がいる、モクズガニ、もえび、沢どじょう、うなぎ、はや、ほたる、昆虫・・・」
 田倉区と浅野商事の協定書締結について
 原告は「田倉区では浅野商事と協定書を締結することについて平成13年5月13日に臨時総会を開いているが、このときには、浅野商事と協定書を締結することではなく、富津市に話を聞きに行くことについて賛成か、反対かということで決を採った」と証言しました。また「田倉区には賛成の住民が多いようですけれども、その方々はどのあたりに住んでいる方が多いか」との問いに、原告は「処分場の近くの方もいるが山の向こうの方でほとんど害がないと思います」と証言しました。
原告井戸からの大腸菌検出と簡易水道加入についてどう考えるか
 事業者は周辺住民の井戸水は飲料不適合としているがそれについて、原告らは「自分の井戸から大腸菌が検出されてるというが、子供のころから、ずっと生水を飲んで生活しているが、病気にかかるということはない」「飲み水は沸かして飲んでいる」「大腸菌は大体入っていると思う。自分の掘った井戸があるので、簡易水道に入る気はありません」「保健所で調べましたが何も問題ないということでありましたので今も使っています」と証言しました。
 事業者の簡易水道については一部処分場建設賛成の住民が使用しているが、処分場建設に反対している原告は簡易水道加入について次のように証言しました。「濁った水が出たとか。2〜3日水が来なかったとか。簡易水道について不具合があるということを聞いたことがある」「簡易水道の勧誘の話があったが加入しなかったのは、どういう趣旨でどういう契約で入るのかよく分からないし、何か不安に思いましたので、加入いたしませんでした」と証言しました。
 原告は公営水道の延長についてどう考えるか
 「公営水道が自分のとこにひかれてきたときに、その水を使う予定はあります。ただ自分の井戸がありますので、自分の井戸を中心に使って、足りないときには使います。」「水道が来たときには井戸水を中心に使って、足らない分を市営水道を使います」「水道だけにするということはありません」「市営水道だけを使うのは難しいです。料金も高いですし金銭的に大変です」「市長が見えたときに聞いたら、この地域は未給水地域だから、水が来ることは100%ありません。と話をされていました」(田倉在住の原告)と証言しました。

 次回公判予定は1028日です

next page 第16回公判へ
top page
menu page