next page 17回公判へ
top page
menu page

第16回公判 2004-10-28

 富津市田倉産業廃棄物処分場建設等差し止め裁判の第16回は10月28日午後4時から木更津裁判所第1号法廷で開かれました。年内結審を前に最終準備書面が双方から提出され、公判の内容は今後の補足説明や書証の提出手続きについて行われました。今後双方から最終準備書面に対する反論の書証等を提出することになりました。
 次回公判は当初11月25日を予定しておりましたが12月13日(月)午後1時10分〜2時10分に最終弁論を行うことになりました。原告提出の最終準備書面の要点については下記の通りです。

最終準備書面(要点)

第1 はじめに
1本件処分場の危険性と立地の不当性
 被害の蓋然性が極めて高い、飲料水汚染、大気汚染、農作物漁獲物被害、交通被害など。汚染は事後的に除去不可能、半永久的で被害の大きさははかりしれない。立地選定が不当、安全であるとの主張、立証がされていないなど
2安定型処分場は必要か
 「埋める」から「焼却する」に移行している今、安価な費用で多額の利益を上げようとする安定 型処分場は時代遅れ、「過去の忌まわしい遺物として放遂されるべき」との認識が一般的。
3被告主張の基本的な誤り
 「汚染水が地下水や河川を経由して井戸水に到達することはない」との主張は誤り。
4被告の悪性
 知事の勧告無視して工事を強行。嘘と脅しで同意書をとった事例。間接的いやがらせの事例 水道敷設があたかも現実に行われるごとき主張など。 
5本件処分場に対する原告らの反対運動
 知事への8800名の陳情。現地を見ることもなく行った不当な厚生省の判断。被告は仮処分決定を受け止めず本訴訟。住民の精神的・経済的負担は生活を圧迫する事態を招いている。原告を支えたものは自らの生存と子供の未来。など

第2 原告らの権利
1人格権
 憲法13条は生命・自由・幸福追求権を保障している。人格権は民法709条、同710条を根拠とする具体的権利として確立しているなど
2身体権
 身体権(生命身体健康を侵害されない権利)。身体権侵害者には侵害の排除を求める趣旨の人格的請求権が発生するなど
3平穏生活権
平穏生活権の一環として、適切な質量の生活用水の確保、将来生じる侵害行為のを予防するために事前に侵害行為の差し止めを請求する権利を認めた判例など
4生活環境を確保する権利
健康に生存する環境の確保、環境基本法3条、8条による保障など
5立証責任の転換
 立証責任の分配の指導理念である公平の見地に照らし、相手方に安全性に付いての立証責任がある。  

第3 本件処分場に埋設される廃棄物の危険性
1安定5品目の危険性
 神話の崩壊 平成10廃清法改正で安定型5品目の一部が除かれたなど。
 改正法による規制 5品目の絞り込みは不十分であるとの批判があるなど。
5品目の危険性(廃プラスチック、金属屑、ガレキ類、陶磁器屑、ガラス屑について説明)

2安定5品目以外の混入の可能性 現在の法規制、技術水準、経済性の問題などから廃棄物を厳密に分別することは不可能。
(1)法規制による分別
  極めて不十分な規制で有り、混入は避けることが出来ない例示。
(2)マニフエスト制度の実効性
安定5品目以外の混入防止の実効性はないといわざるをえない。
(3)中間処理施設の処理能力
  5品目以外の物質の混入は避けられない。(株)IWDトーア千葉との関係 
(4)IWDトーア千葉以外の施設の処理能力への疑問
被告小林証人の調書批判

3法改正後の汚染事例
(1)長崎県での硫化水素発生事例
同事例は改正法を遵守したとしても汚染事故が発生する危険性がある証左である。
(2)小林証人の証言の信用性
証人は熊本県水俣市にあるIWDの代表取締役をしているが隣県で起きた重大事故を知らない。証人が改正法による規制が絶対安全というが疑問。

第4 汚染水の流出(その1)馬の背西側への汚染物質の流出 
1本件処分場の構造
(1)安定型処分場としての基本構造
  シート、水処理施設はない、地下水等の汚染を防止する設備は全く考えられていない
(2)埋め立て方法
  廃棄物と覆土が互層に埋め立てられ、開口部から覆土の上に雨水が降り注ぐ。

2処分場に降った雨水の行方
 被告高橋証人は「開口部に降った雨は自然蒸発させる」「汚染水は底部まで行くことは想定していない」「念のため底部に溜まった雨水はポンプアップして散水する」と証言。それへの批判。雨水の殆どが表流水となり地下に浸透しないということは考えられない。雨水は汚染され処分場の地下や馬の背へと浸透する。
 
3処分場周辺の地層の浸透性について
 総体的に見れば周辺地層は透水性の低い地層といえるがその中でも比較的透水性の高い地層が存在している。被告の提出した地質調査報告書にも裏付けられている。 例えば深度5.00〜5.50mの砂岩層は8.55×10ー4 /sec(1年で270m水が移動する)被告は室内透水試験の結果のみを過大評価しているが、現場透水試験による方が現実に近いなど

4処分場周辺の地層と地下水の流動
(1)周辺地層は総体的には透水性の低い地層だが、中に比較的透水性の高い地層があり帯水層中を流動する 
(2)透水性の低い地層でも割れ目(クラック)による流動が充分考えられる
(3)全体として傾斜に従って北側に流れつつも扇型に左右にも広がっていく、更に本件処分場が埋め立てられると圧力がかかり汚染水は、帯水層中を東(処分場側)から西(原告宅)側へと流出する。
(4)動水勾配にしたがって地下水の流動が起こっているのでその方向が必ずしも地層の傾斜方向と一致するとは限らない。被告は汚染水は北向きに流れて東西には広がらないと主張するが誤った見解と言うほかない。

5馬の背西側へ進出する仕組み
帯水層の分布と広がり
帯水層は、本件処分場周辺に複数存在している。(最上部、中部、下部帯水層)
帯水層は、一枚の層として四方に広がりを持っており、処分場から浸出した汚染水は帯水層 の中を北及び東西に広がり地表に現れている露頭から徐々に染みだす。

6原告らの井戸等に汚染水が到達する仕組み

井戸1への影響
ア下部帯水層による汚染
  井戸1は馬の背西側の直下にあり、下部帯水層の直近に位置している。従って下部帯水層に汚染水が浸出すれば井戸1が汚染されることは明らかである。
イ沢水からの汚染
中部,下部帯水層は北傾斜に伴いやがて馬の背西側を流れる沢と切り結ぶ、そうすると帯水層から浸出した汚染水が沢水を汚染し、その沢水により井戸1が汚染される。

絞り水1、井戸2、絞り水2への影響
絞り水2は「下部帯水層中の被圧地下水が、小断層と見られる裂か中に集まってきたものを直接集水している設備」である。 井戸2は、「下部帯水層下底の泥岩層を堀抜いて、さらに下位の帯水層中の被圧地下水を採水している井戸」である「下部帯水層の汚染」「沢水の汚染」によりこれらの絞り水、井戸が汚染される可能性は極 めて高い。 

第5 汚染水の流出その2 恩田川下流域の井戸汚染

1汚染物質の流出
調整池の水は何らの処理もされず恩田川へ流出する、また馬の背西側の沢に染みだした汚染水も小川を通じて恩田川に流れ込む。そして恩田川の水は湊川から東京湾に注ぎ込む。
2恩田川支流から湊川にかけて流域の地質構造
処分場200m下から南傾斜に変わっている。地質は砂泥互層
3川水が井戸水を汚染する2つの経路

(1)比較的深度の浅い部分での川から井戸への水の進入
 南へと傾斜するこの帯水層は恩田川を切ってその断面を川底にさらしている地点が存在する。この部分では川水が帯水層に活発に浸透している。井戸水を涵養する帯水層により汚染水が浸透し、川に近い原告の井戸を汚染する。
(2)深度60m以上の深い部分での川の井戸への進入
坂巻証人は「川底から広く周辺基盤岩中の透水露頭や割れ目を通じて広域的な地下水汚染 を招く」と指摘する。地元井戸業者は「泥岩層はあるものの帯水層が幾筋も存在する」と指摘 している。井戸が枯渇しないで常用出来るのは地層に普遍的に存在する割れ目などを通じ て上下方向に豊富な水の流通があるといえる。

4処分場から直接に周辺へと広がる汚染物質
仮処分決定では本件処分場より半径300mに居住する原告らへの危険性を認めているが汚染物質の拡散がこの範囲に止まる保障はない。

5最上部帯水層からの原告鹿子宅井戸汚染
処分場北端部には標高94m地点に帯水層が存在している。北傾斜10°で作図すると帯水 層は原告宅付近では標高79mに位置する。標高84.3mが原告井戸の地下水面の標高であり、井戸底は更に下にあることや帯水層の厚みを考えるならば最上部帯水層が同井戸を涵養していることは間違いない。

第6 原告らの損害

1浄水享受権の侵害
  質量共に生存・健康を損なうことのない水を確保する権利
2農業浄水権の侵害
人格権としての良質の農業用水を確保する権利
3漁業被害
川魚河口海苔養殖への被害を未然に防止する権利
4交通被害
身体的人格権侵害を未然に防止する権利

第7 代替施設について
1代替施設という考え方自体について
人格は個々人固有の権利であり、一身専属的な権利である。したがって人格権においては代 替ということ自体そもそも観念し得ない。人格権侵害は事後的な救済ができない。

2簡易水道
被告は資本金300万円の企業であり、当初簡易水道費用が約5500万円要している、更に 公営水道敷設に7900万円の借入を起こそうとしており健全な運営に疑問がある。簡易水道 は濁った水が出たりして機能していない。本件処分場の北側に井戸を掘り水源としているが簡 易水道の水源自体に汚染の危険がある。

3公営水道
被告の主張する「計画」は虚偽に満ちている。被告が工事計画について使用している「第1期」 「第2期」「第3期」という名称は富津市水道部で使用しているものではない。被告主張の「第2 期」工事は、富津市が検討しているものであり平成16年以降の計画にすぎない、「第3期」工 事は富津市水道部において計画自体が存在しない。

4水密コンクリートについて
被告は、処分場内の帯水層露出面に水密コンクリートを吹き付けることによって汚染水が馬 の背地下に浸透することを防ぐと主張が技術的にも費用的にも疑問、まじめな防止策とは到 底思えない。 

第8 最後に
以上の通りであるから原告は建設操業の差し止めを求める


next page 17回公判へ
top page
menu page