next page第1回公判  
top page
menu page

24.第1回公判に向けての交流集会
2002.6.29 峰上公民館

 弁護士を招き第1回公判に向けた説明と交流集会が6月29日富津市峰上公民館で開かれました。弁護士・市議会議員・地元区長・君津木更津の環境保護団体・原告など住民40余名が参加しました。 集会では市民の皆さんへの積極的参加を訴えるアピール文を採択しました。裁判勝訴のために皆さんのご協力をお願い致します。 * 計画地の現地見学会に参加して下さい。 * 調査資料等提供して下さい。(裁判で使用できる資料など) * 裁判の公判に是非ご参加下さい。(第1回は9月15日午後2時木更津裁判所です。誰でも自由に傍聴出来ます) * 裁判所へ設置反対決議・裁判所への要 請署名に協力して下さい。 * カンパにご協力下さい。
私たちの生命・財産・環境に対する危険性の高いこの産廃処分場の設置を止めるため、皆様のご支援ご協力をお願い申し上げます。


  訴状の内容についての説明   植竹弁護士

 私達が今回提訴した訴訟の目的・結論は、「被告(浅野商事)は、別紙物件目録記載の各土地について産業廃棄物最終処分場を建設、使用、操業してはならない」ということです。この結論に向け、これからいろいろ主張したり、証拠を提出していくことになります。  被告は処分場の建設開業をしようとしている浅野商事です。原告は処分場の建設によって様々な影響、被害を受ける可能性のある土地に住んでいる人達です。井戸水や絞り水を飲料水・生活用水・農業用水に使っている人、あるいは川で漁業を営んでいる人、搬入路を生活道路・通学道路として利用している人です。 原告毎の被害状況から原告142名を6グループに分けました。裁判所にどういう被害が生ずるか、明らかにするためです。 Aグループの原告は水道設備がなく、もっぱら飲料水を地下水や山の絞り水に頼っている者です。 Bグループの原告は水道設備はあるものの地下水・絞り水を飲料水として併用している者です。  Cグループの原告は地下水川の水を農業用水として使用している者です。  Dグループの原告は、水道設備の利用者だが水道水源の汚染により被害を受ける可能性のある者です。  Eグループの原告は、湊川の漁業者です。  Fグループの原告は道路の使用や生活環境に影響を受ける者です。

  本件処分場の概要

 処分場には安定型と管理型があります。今回の処分場は安定型の処分場です。埋められる廃棄物は安定5品目に限られています。処分場の構造は素掘りの穴を掘ってそこに埋めていきます。廃棄物を埋めるとその上に土を入れその上にまた廃棄物を入れるサンドイッチ式に埋めていきます。管理型処分場の場合は遮水シートを敷いて汚染物質や地下へ浸透しない構造になっていますがこの処分場は素通りの穴に埋めます。埋め立て面積は4万8千平方メートル、埋め立て容量は97万立方メートル、埋め立て期間が11年で、搬入台数は9万8千280台、一日について6トン車39台と予定されています。

  本件処分場による周辺環境の汚染

 第一は水質汚染の危険性があるということです。素ぼりの穴に埋めるわけですから有害物が含まれていれば地下にどんどん浸透していくわけです。その危険性が私達は一番重大な危険性だと考えて訴状を書きました。安定5品目自体にも危険なものが含まれます。廃プラスチックには可塑剤が添加されていてこの中にはフタル酸化合物があります。最近問題となっているダイオキシンももちろんそうですが、環境ホルモンは、極めて微量な物質ではありますがそれが体内に取り込まれることによって生殖異常(子供が生まれなくなるとか、赤ちゃんが奇形で生まれるとか)が起きる可能性があります。それから金属くずの中にも鉄とか銅だけではなくて、クロム・水銀・カドミウムというような有害物質が微量ながら含まれているわけです。そういうものが地中に溶け出していく可能性があります。特に危険なのは最近降る雨は酸性度が強く、それが廃棄物に触れることによって化学変化を起こして金属中に含まれているクロム・カドミウム・水銀が溶け出して地下へ浸透していく可能性があります。さらに建築廃材には、白あり駆除剤、石綿(アスベスト)というような発ガン性のある物質もそのまま捨てられてしまいます。そういったものが安定5品目の中には含まれています。安定5品目は安全ではなくて、それ自体かなり危険性が含まれるということです。

  安定5品目以外の物質の混入 

 それから本当に安定5品目だけが分別されて安定5品目だけが捨てられるのかというと、現実は必ずしも厳格にごみの分別がされていない。ごみを排出する事業者がきちんと分別する保証はどこにもない。それをやっていたら費用がかかるのでそもそもできないということです。仮処分裁判で浅野商事側は「きちんと分別するから大丈夫」と言いましたが費用の面、効率性の面からまずできないだろうと言うことです。全国のかなりの安定型処分場からメタンガスが排出しており、水銀・カドミウム・鉛・砒素といった重金属が検出され、トリクロロエチレンという有機化合物が検出された報告もあります。全国のあちこちの処分場で有害物の発生している現状にあることを訴状に書きました。

  地層の透水性

 安定型処分場というのはゴミが直接地面に接触することになっております。計画地を見るとわかるとおり幾筋もの透水層が存在しています。そういう層を通って汚染された水が地下に浸透し、馬の背という処分場の縁を通ってその反対側に流れ込む危険性があります。この点が一番重要な裁判でも争われる本件処分場の「透水性」です。仮処分の時点では「透水性がある」ということで処分場の中の汚染物質が外へ流れ出る危険性があるので差し止めの決定が出ました。とりあえずはこの点を裁判所に認めてもらっているわけですが、今後はもっと詳しい証拠や様々な資料が業者の方からも提出されてくるでしょうし、ここが一番大事なところだと思います。

  原告らへの汚染水の到達と被害の発生

 廃棄物から汚染水が地下へ浸透するということになれば、山から絞りでる水を利用している原告にとっては飲み水が汚れることになり、水道を利用している人にとっては水道の水源が汚染されることになる、その汚染水を利用して農業を営んでいる人にとっては作物が汚染され、川で漁をしている人はとった魚が汚染された物質を含むことになる、そのような被害を被ることになります。

  生活環境の破壊

 このように水が汚染される以外にも生活環境の破壊があります。例えば大気汚染。あれだけ広い面積のところで廃棄物が埋められるわけですから、そこから粉じん等が風によって舞い上がり、ダンプからも廃棄物がまき散らされ大気汚染が生じます。現場に至る道は非常に狭いのでそれによって通学する子供たちの交通事故が起きたり、道路環境の被害も生じてきます。そういうことを主張しております。

  原告らの権利侵害

 私たちの訴えの根拠は広く考えれば人格権ということです。憲法13条・25条の生命・自由・幸福追求を総括して考えれば人格権といいます。これは裁判所ですでに認められている権利です。それをさらに細かく分けると「生命身体健康を害されない権利」「平穏な環境のもとで生活する権利」そういうことが今までの裁判で権利として認められています。今度の裁判でも皆さんの人格権にもとづいて裁判を起こすということです。さらには生活環境を侵すことにもなるので環境権も根拠になっています。

  裁判に至る経過の説明

 富津市議会は反対を決議し(平成10年)、市長も反対を表明しています。千葉県も条件付きの許可を出していたが、富津市との協定を結ぶこともなく工事をしたので県はいったん許可を取り消しています。それにもかかわらず事業者が環境省の方に行政不服審査請求の申し立てをし、その結果環境省の方で、県の取り消し処分を取り消し、今回の工事着工に至ったわけですが、そういった経緯からいっても、千葉県としてもこの計画には疑問があり、かなり問題のある処分場です。  私達はこれから地質学者など専門家の知恵を借りながら何とか操業できないように頑張っていきたいと思います。仮処分では時間がなくて急がされましたが今度は本腰を入れてじっくりやります。裁判で決着がつくまでは工事はできないわけですから、いろいろな証拠の提出をする時間がありますので頑張っていきたいと思います。


  民事裁判の流れについて    中溝 弁護士

 現在の時点は「訴状の提出」のところです,今後裁判の流れとしては被告側から「答弁書の提出」がおこなわれます。現在答弁書は被告からまだ提出されておりません。答弁書というのは私達の主張に対する反論書です。このような大きな裁判では、こちらの主張、相手方の反論これは多岐に渡ります。調査を続けていくうちに新たな事実が発見される場合もあると思います。主張と反論は準備書面に書いて順次提出していきます。準備書面というのは原告や被告の主張が書かれた書面です。これを裁判所に提出して争点の整備をおこないます。ここまでに相当な時間がかかるのではないかと思います。 「争点」は裁判所も交えて話し合って決めていきます。その段階で証拠として文書なども提出していきます。こちらの方で考えているのは、従前のほかの処分場で行った勝訴判決や有害物質の危険性、現地調査報告書なども提出していかなければならないと思います。当然相手方からもそれに対する反対の主張が出て来ると思います。こうして争点がある程度整理されたところで、「証拠調べ」ということになります。証拠として提出した文書は裁判官が随時見てくれますが、その他に実際に現地を見た人から話を聞きたいとか、現地がどうなってるか実際の実物を見なければならない手続きが残っています。そのために証人・原告・被告に対して尋問・鑑定・検証がおこなわれます。  「尋問」というのは証人尋問のことを言います。こちらとしては協力してくださる学者の先生方にお願いして実際に裁判官の前でこの処分場がどのくらい危険であるか訴えていただきます。相手方からは、調査に携わった人が裁判所に来て「この処分場は安全だ」という主張を裁判官の前でおこなうのではないかと思います。「鑑定」という手続きについては、一般的には中立の立場にある人が調査した結果を裁判所に報告する手続きになります。次に「検証」ですが、裁判官が現地がどうなってるか時間と場所を決めて見に行く手続きになります。  証拠調べもすべて終わった段階で「判決」ということになります。民事裁判では判決に至らずその前の段階(和解)で終わることもあります。「期日」が設けられて「話し合いで終わらせることができませんか」という機会が設けられる可能性があります。今回の事件は人体に危険をもたらすことにかかわりますので、こちらが納得できる和解案が提示できるかどうかわかりません。基本的には操業を停止してもらうしかないかなと思っております。以上が民事裁判の仕組みになります

 第1回公判は 9月5日(木)午後2時 木更津裁判所です裁判の傍聴 に是非ご参加下さい。どなたでも自由に傍聴できます。


next page 第1回公判
top page
menu page