next page 第3回控訴審
top page
menu page

第2回控訴審口頭弁論

 田倉産廃処分場建設差し止め裁判 
  (平成17年(ネ)第3157事件)

  控訴審第二回口頭弁論
   とき  2005年1026日(水)午前10時30分より
   ところ 東京高等裁判所法廷 民事第12部 824号 



 この裁判は平成15年5月、原告142名が本件産廃処分場は危険なので事前の差し止めを求めて提訴したものです。平成17年5月12日の第一審判決で、千葉地裁木更津支部は原告住民の訴えを認め、事業者浅野商事に「本件産廃処分場を建設、使用、操業してはならない」と申し渡しました。しかし事業者は撤退せず判決を不服として控訴したため引き続き東京高等裁判所で争うことになり現在に至ります。 
 私たち原審原告(以下原告と表示する)94名は生命・財産・環境に対する危険性の高いこの産廃処分場の設置を止めるため最後まで一丸となって奮闘する決意です。署名等にご協力頂きました富津市民の皆様、支援する会の皆様の暖かいご支援に厚く御礼申し上げます。
 控訴審の第一回口頭弁論は、8月31日開かれました。原告側からの意見陳述は、「原告の控訴理由説明」の陳述、「控訴の早期棄却を求める」陳述と「被告の控訴理由への反論」陳述、最後に地元原告からの「建設差し止めを求める」切実な陳述が行われました。
 同日、今後の裁判の進行について協議が行われ、原告は裁判官の現地検証を要請しました。第一審千葉地裁は、現地進行協議という形で実際に本件処分場とその周辺を精査し、処分場予定地の地形や地層を観察し、処分場と原告ら住居の位置関係や距離などを調べました。現場をよく見て、そこにある事実を重視し、机上の論理や計算を排したということです。そのことが原判決の正しい認定の基礎となっていることは明らかです。高裁でも是非現地検証をするよう要請しました。裁判長への差し止め要請署名は2,173筆を提出しました。


 第二回控訴審1万9千を超える市民の要請署名を提出!
  裁判長が「現地を見に行く」と表明しました。

 去る10月26日、控訴審第二回口頭弁論が開かれました。傍聴席は原告側総計39名で満席状態でした。口頭弁論に先立ち「建設差止判決を求める要請署名」19,005筆を提出しました。前回提出分と合わせ合計21,178筆となりました。この署名は天羽地区、大佐和地区、富津地区の市民と「訴訟を支援する会」の協力で行われたものです。
 公判の冒頭裁判長は「現地を見に行く」ことを表明しました。具体的なスケジュールは今後進行協議(裁判所・原告・被告が参加)で協議することになりました。原告は「下流域の恩田川流域の井戸への汚染」について準備書面を提出すると表明しました。原判決は汚染水が河床から井戸へ流入することを認定していません。その理由として「井戸と恩田川の間の土地の形状、地層の状況、亀裂の有無などに関する立証が十分でない」「希釈の可能性がある」と述べていますが原判決のこの点は事実を見誤るものであると考えています。
 被告は「公営水道の延長について富津市職員を呼びたい」と表明しました。第一審判決は「簡易水道も公営水道も代替設備と認めることはできない」と明言しております。
  次回第三回控訴審は12月12日(水)午前10時半から高裁824号法廷で開かれます。
 私たち原告団は生命・財産・環境に対する危険性の高いこの産廃処分場の設置を止めるため最後まで一丸となって奮闘する決意です。今後とも皆様の暖かいご支援とご指導ご協力をお願い申し上げます。
  2005年(平成17年)11月1日
           田倉産業廃棄物処分場建設差止裁判申立住民 
              天羽の水を守る会 代表 安田 貞夫                

next page
top page
menu page