top page
menu page

田倉産業廃棄物最終処分場建設差し止め裁判

      最高裁判所決定 2008−7−4 
 田倉産廃処分場建設差し止め裁判の最高裁判所決定について 

  富津市田倉の産業廃棄物最終処分場建設差止について、2007年11月28日に東京高等裁判所は原告勝訴の判決を言い渡しましたが、それに対し事業者淺野商事は最高裁判所に上告及び上告受理の申し立てをしていました。このことについて2008年7月4日最高裁判所は次のように決定しました。
  
 主文
  • 本件上告を棄却する
  • 本件を上告審として受理しない
  • 上告費用及び申立費用は上告人兼申立人の負担とする
 理由
1 上告について
 民事事件について最高裁判所に上告をすることが許されるのは、民訴法312条1項または2項所定の場合に限られるところ、本件上告理由は、違憲及び理由の不備をいうが、その実質は事実誤認又は単なる法令違反を主張するものであって、明らかに上記各項に規定する事由該当しない。
2 上告受理申立てについて  
 本件申立ての理由によれば、本件は、民訴法318条1項により受理すべきものと認められない。
 よって、裁判官全員一致の意見で、主文通り決定する。  
  2005年5月12日、第一審判決は、本件処分場の危険性について、「安定五品目の中には、有害物質が混入することは不可避である」とし、「埋立量は大規模なものであり、たとえ微量であっても一か所に集中的に有害物質が蓄積される」、また「地層中のクラックあるいは水みちを通じて処分場外へ拡散することが認められ、汚水が流れて井戸に混入すれば、飲料水の汚染により身体健康に被害が及ぶ」、と 判決しました。 被告は、「簡易水道」「公営水道」という代替設備があるから、原告は井戸水を飲まなくてすむと主張しましたが一審判決でも第二審判決でも、本件処分場の北側に設置された簡易水道井は、「本件処分場の廃棄物による影響を全く受けない」とは断言できないとし、公営水道についても、代替設備と認めることはできないとしました。これは、安定型処分場の危険性を認めた画期的な判決でありました。
 2007年11月28日、東京高等裁判所は、淺野商事の控訴を棄却し、第一審判決を支持し、原告の差し止めの主張を認める判決を申し渡しましたが、事業者は最高裁判所に上告していました。去る7月4日、最高裁判所は業者の上告を棄却する決定をしました。本件安定型処分場設置計画は中止が確定しました。
 仮処分決定、一審判決、そして控訴審判決で明らかなようにこの処分場が操業を始めた場合は「健康被害を受けるがい然性は極めて高く」「侵害の防止を事後的に阻止することは物理的、経済的に極めて困難であり」「被害のおそれが永続的に継続する」ことは明らかです。原告団、弁護団は一致団結して本日の勝利まで闘ってまいりました。今後は、今日に至るまでの多くの経験と教訓を生かし水源地に廃棄物処分場の建設が許されないよう活動していく所存です。長い間、暖かく今日まで力強いご支援いただいた皆様に心から感謝申し上げます。
  2008年(平成20年)7月4日
              田倉産業廃棄物処分場建設差止裁判申立住民
               天羽の水を守る会 代表 安田貞夫

top page
menu page