top page
menu page

富津市田倉産業廃棄物処分場
建設差止訴訟勝利判決報告集会



 日時 2008年9月28日(日)午後1時〜4時
 場所 富津市東大和田 興源寺

 日程
 1.天羽の水を守る会会長挨拶・経過報告 安田貞夫
   原告紹介 物故者名紹介(9名)

 2.来賓紹介・挨拶 
   富津市長(代理藤平様)挨拶
   元市議会議員・天羽の水を守る会顧問 岩崎二郎様
   区長代表 天羽地区区長代表  諸岡善蔵様
   田倉産廃差止訴訟を支援する会  代表 佐野今朝雄様
   小櫃川の水を守る会 事務局長 御簾納照雄様
   残土産廃ネットちば  事務局長 金井珠美様
   水と緑を守る会 事務局長 酒井 薫様
   東総住民連絡会(銚子)阿部一成様

 3.祝電・メッセージ紹介
   吉本充様、坂巻幸雄様、銚子ネットワーク様、田原康子様、大野博美様、白井敏夫様 八尋信英様、      自然保護連合様、残土産廃ネット藤原寿和様、今泉ゆう様、山本友子様 井村弘子様 

 4.経過報告 天羽の水を守る会 事務局 鈴木紀靖  

 5.弁護士の報告
   弁護士紹介
   弁護士 田中由美子様 弁護士 田久保公規様 弁護士 井出 達希様 弁護士 植竹 和弘 様       弁護士 馬屋原 潔様 弁護士 中溝 明子様 弁護士 坂本 博之様 弁護士 福田 光宏様

 6.質疑
 7.その他報告
 8・アピール文採択
 9.終わりの挨拶 登坂幸子


  田倉産業廃棄物処分場建設差止裁判勝利判決にあたってのアピール
 地域の環境を守るため真摯に取り組みをされている参加の皆さんに深く敬意を表します。8年という長い期間にわたって、本件安定型処分場建設差し止め訴訟にご支援ご協力いただきありがとうございました。多くの団体、個人の皆様に厚く御礼申し上げます。
 本件処分場計画地周辺は、市営水道がなく井戸水を飲料しているため、地下水汚染が不可避である産廃処分場が操業した場合には、住民の健康生命に重大な危険が予想されました。  昭和62年頃より本件処分場の差止を求める住民の必死な運動が始まりました。以来長い月日が経過して今日に至ります。地域への広報活動、夜遅くまでの会議、資金を集めるために野菜の栽培と販売など、地元の皆さんや「支援する会」などの協力をえて何とか今日までたどり着きました。この間私達の運動に対する妨害や地元の分裂という精神的負担や経済的な負担が重くのしかかってきましたが、私たちは必死な思いでこの裁判を闘ってきました。
 控訴審においては、21.000名余の富津市民が裁判所に対して本件処分場の差止を求める署名を提出しました。そのことによって東京高裁の裁判官の現地視察も実現したと考えています。長い間、私たちの弁護を引き受けてくださり、闘いの羅針盤となって活動していただいた8名の弁護士の先生の献身的な調査と強力な弁論があったこと、そして地層や地下水について科学的で綿密な調査と証言をいただいた坂巻幸雄先生の存在があったればこそ今日の勝利が実現したものと考えています。そして千葉地裁、東京高裁の裁判官が、処分場予定地の地形や地層、処分場と原告ら住居の位置関係などをよく見て事実を重視し、また地下水の流動を科学的に判断して、原告の人格権を正当に評価してくれたことです。皆様のご尽力に敬意を表しここに厚く御礼申し上げます。
 第一審判決の内容は、「安定五品目の中には、有害物質が混入することは不可避である」とし、「埋立量は大規模なものであり、たとえ微量であっても一か所に集中的に有害物質が蓄積される」また「地層中のクラックあるいは水みちを通じて処分場外へ拡散することが認められ、汚水が流れて井戸に混入すれば、飲料水の汚染により身体健康に被害が及ぶ」、と判決しました。被告浅野商事は、「簡易水道」「公営水道」という代替設備があるから、原告は井戸水を飲まなくてすむと主張しましたが一審判決でも第二審判決でも、本件処分場の北側に設置された簡易水道井は、「本件処分場の廃棄物による影響を全く受けない」とは断言できないとし、公営水道についても、代替設備と認めることはできないとしました。これは、本件処分場の危険性を真正面から認めたものであり、画期的な判決となりました。
2007年11月28日、東京高等裁判所は、浅野商事の控訴を棄却し、第一審判決を支持する判決を申し渡しました。私たちの差し止めの主張が第二審においても認められました。代替施設(簡易水道、公営水道)が争点となりましたが二審と同様裁判所は代替施設は危険を回避するものとは認めませんでした。2007年12月7日浅野商事は上告手続きをしましたが、2008年7月4日最高裁判所は上告を棄却しました。これによって第一審、第二審の差し止め判決が確定しました。私たちは、許可権者の千葉県に「許可の取り消し」を申し入れました。千葉県は「環境省と相談する」と回答しましたが、その後9月10日千葉県は事業者から「廃止確認申請書」が提出された旨原告代表に通知してきました。
 長い裁判は終わりましたが、今後とも私たちは環境を守る運動を続ける所存です。今判決を受けて環境省は、「安定型処分場の存廃、規制強化」について検討を始める」と報道されています。動向を注目し行動していく所存です。今後とも皆様のご指導ご鞭撻をお願いしてアピールとします。
      2008年(平成20年)9月28日
                             田倉産業廃棄物処分場建設差止裁判申立住民 
                               天羽の水を守る会 代表 安田 貞夫  
 

top page
menu page