next page
top page
menu page

22 堂本知事が田倉産廃処分場
予定地視察 2002-03-16

 千葉地裁は、2月18日有限会社浅野商事に対して、この場所での「処分場の建設、使用及び操業をしてはならない」と決定。その理由は「汚染された地下水が井戸水に流入することで、健康被害を受けるがい然性は極めて高い」「侵害の防止を事後的に阻止することは物理的、経済的に極めて困難」「健康への被害のおそれが永続的に継続する」として、現状保全の必要性を認めました。 3月14日「天羽の水を守る会」はこの決定を踏まえた行政の対応を求めて、大槻副知事に会見をし次の2点の要請をしました。@当処分場の現地視察 A許可の見直しと取り消し
その結果3月16日千葉県知事の現地視察が実現しました。

千葉県副知事へ許可取り消しの要請  2002-3-14

 3月14日午前9時15分〜 場所:千葉県県庁5階会議室  大槻幸一郎副知事に会見し、田倉産業廃棄物処分場許可取り消しを求める要請をいたしました。守る会会員のほか吉本県会議員、富津市小沢環境部長が同席しました。県は副知事ほか産廃課職員ほか4名が対応しました。
 「守る会」は現地の状況について、模型と写真で処分場の位置、債権者の位置、井戸の位置、裁判の争点となった地下への浸透などについて説明しました。そして千葉県の許可の見直しと取り消しを求めました。
 見直しを求めた点は、一つは千葉県の条件付き許可についてです。県は事前協議の終了について「地元の周知徹底理解」「市と業者が環境保全対策等について協定を結ぶこと」を条件として事前協議を終了しますと業者に通知(平成10年3月25日)しました。しかし許可(平成10年12月18日)の時点でこの2条件はクリアされておりませんでした。地元説明会は開かれておらず、計画地から300m以内の住民の同意も整っておりませんでした。
 見直しを求めた二点目は、厚生省裁決についてです。平成12年5月15日厚生省を訪ね当裁決の取り消しを要請したおり、厚生省は「業者から請求のあったことしか審査していない」「厚生省は千葉県の取り消し処分を取り消しただけ」だから「千葉県の条件付き許可は取り消されていない」ということでした。県が産廃法15条2の3に基づいて付けた「条件付許可」の行政責任は厚生省の裁決で消えておらず、現在も県に環境保全の責任があるということでした。
 見直しを求めた三点目は、県環境部は着工の前、「処分場にたまった水は浸透する」「浸透水と井戸との関係はまだ調べていない」と表明していました。今回の千葉地裁の仮処分決定では、「処分場への有害物の混入」 「有害物の地下への浸透」を認めました。千葉県はこの決定を尊重し、設置許可を速やかに見直し取り消しすべきです。
 以上3点を見直し、許可の取り消しを表明するよう求めました。
 同席した地元選出県会議員、富津市経済環境部長からも「県が仮処分決定を見直し、許可を取り消すよう」県の対応を求めました。
 大槻副知事は 「裁判所の仮処分決定についてはもう少し調べてみたい、6名の方に差し止めの仮処分決定がおりています。見直しについては改めて申し上げます。現地視察については、近々富津市で菜の花県民会議もありますので、知事に話してみます」と回答しました。

計画地を視察した千葉県知事の写真

  知事が田倉産廃物処分場を視察
                   2002-3-16

 堂本知事との一問一答

 2002年3月16日午後1時、堂本知事は、田倉産業廃棄物処分場予定地山頂部にて視察をしました。現地には、富津市長、地元県会議員、富津市経済環境部長、県産廃課職員、報道関係多数が参加し、「天羽の水を守る会」地元住民50名が出迎えました。主な対話は次の通りです。

知事: 今は裁判の結果で止まっているわけですね?

守る会: はいそうです。昨年五月の時に第二回審尋の時に裁判長からの要請で工事は止まっています。先日2月18日に決定が出まして法的にそれ以降止まっています。

知事: 2月にはどのような決定が出たんですか?

守る会: この処分場の建設、使用及び操業をしてはならないという決定です。

知事: 理由はどこかに書いてありますか?

守る会: 争点の一つは、安定五品目は本当に危険はないかと言うことですがそれについて「安定五品目それ自体は有害ではないが、それに付着、混在してくるものがありそれに有害性がある」と裁判所は判断しました。それから、入れたものが外へ漏れないか?と言うことですが、それについては地層を通して漏れる場合と、一番下の貯水槽からコルゲート管を通して川へ出る水があります。ここは安定型処分場ですから水処理施設もありません。ここに降った雨が汚染され地層に入り地下水入って周辺に影響はないかと言うのが最大の争点でした。この尾根の向こう側では井戸を使って生活している人がいます、裁判所はその井戸に入ると言う判断をしました。 債務者はこの地層が北向きであるということを主張しました。そして地下水は北へ流れるので南側の債権者には影響がないと言いました。私達は地質学者の意見書を出しました。帯水層に入った水は中がスポンジ状になっており、また凹凸もあり、毛細管現象もあって必ず広がって西側の沢へでると主張しました。私達は模型と写真を裁判所へ提出しました。業者の方はボーリング調査をした資料を裁判所へ出しました。が結局裁判所は漏れるという判断をしました。

知事: 川にも入る可能性がありますよね?

守る会: 下流では田圃で生活している人、鮎の放流も行われ、河口では漁業・海苔栽培をしている人もおり債権者として意見を出していますが、取り敢えずは早期決着をつけると言うことで井戸水で生活している人に絞って審尋を行いました。その結果6名の方が認められたと言うことです。

知事: 今後、業者の方はどうするのか?

守る会: 業者は起訴命令の申立を未だやっていません。私達は本裁判になる可能性もあると思っています。

知事: 市議会などはどういう考えですか?

富津市長: 反対です

県議: この地域は上水道の未整備地域ですから山のしぼり水や地下水で生活しております。県の条件付き許可、業者の工事強行、県の許可取り消し、厚生省の取り消し裁決に至る経過の説明・・・・。

知事: 土地の所有権は誰が持っていますか?

守る会: 谷に向かって右は業者が持っており、左側は借りる事になっています

知事: これで終わったと思えるんですか

守る会: 事業者は昭和62年からの話でかなりの投資もしておりますので裁判になると思う。私どもは行政の方に今までお願いしてきました。まず事前協議が終わっていない、許可についても条件付き許可が守られていない。県は地下水への影響がないかと言うことについて調べていないわけですから、それを調べて再審査して欲しい、厚生省が県の取り消しを取り消したので工事が始まったのですけれども、厚生省の取り消しは、千葉県の条件付き許可を否定してしまったわけではない。県の許可が出てから業者は行政不服審査請求をしましたから、千葉県の許可自体はまだ生きている訳です。千葉県はその時点で再審査をしなければならない。

知事: それは何時ですか?

守る会: 条件付き許可が出たのは平成10年12月18日です。(行政不服審査請求申立平成11年12月13日、厚生省裁決は平成12年3月30日)

知事: これからの段取りとしては県がボーリングしてやることが大事と言うことですか?

守る会: 裁判がどうなるかは債務者がどう考えるかですが、裁判所のこのような決定が事実として出た段階で県の方ではこれを踏まえてすぐ調査してして欲しい。本当に安全なものか、本裁判に入る前に早い時期にやってもらいたい。

知事: 業者がボーリングをしたのはどの辺ですか?

守る会: 4つ目の杭の所です。業者は透水係数が極めて低いと主張したのですが裁判所は結果として認めませんでした。県の方で調査し本当に安全であるという確認が出来ない限り、許可を取り消していただきたい。

知事: はい、よく相談してみます。

守る会: 馬の背の西側・東側の写真を説明して手渡す。

知事: これを使わなくなったらすごい破壊ね。使わなければまた回復するでしょうけどね。細かいことは副知事の方に持ってきていると言うことなのでよく相談してみます。

皆様のご支援を今後もお願いします

 事業者は、今後の対応を未だ表明しておりませんが本訴に望むことは必至と思われます。 債権者、弁護団は一致団結して、事業者が建設操業を断念するまで環境保全のために闘う決意です。今後とも皆様の一層のご支援を御願い申し上げます。

<天羽の水を守る会 通信 3月15日号より>

next page
top page
menu page