top page
menu page

天羽の水を守る会総会&「残土問題学習会」開催

 2009−5−31 峰上公民館
 5月31日(日)富津市峰上公民館にて天羽の水を守る会総会と残土問題学習会が開かれました。総会は先ず会長の安田貞夫氏より挨拶がありました。「水源地の産業廃棄物最終処分場建設差し止めのため長い裁判に支援協力いただいた」ことに御礼を述べ、「この処分場計画地周辺は、市営水道がなく井戸水を飲料しているため、地下水汚染が不可避であり、操業した場合には、住民の健康生命に重大な危険が予想された」「今から20年前の昭和62年頃より本件処分場の差し止めを求める住民の必死な運動が始まり、地域への広報活動、会議や集会、行政への要請行動、裁判傍聴、資金のための野菜の栽培と販売など、多くの原告の皆さんや「裁判を支援する会」などの皆さんの協力をえて勝利判決までたどり着いた」と経過を述べました。    
 更に事務局から「判決の内容」と「裁判の勝因」について述べ、第一の勝因は多数市民や関係団体の支援があったこと。富津市議会の反対決議(1998.6)、8,000名を超える知事への反対陳情署名提出(1998.12)、そして全市区民の協力による21,000名を超える東京高裁への富津市民の差止要請署名(2005.12)があったこと。そして千葉地裁、東京高裁の裁判官の現地視察も実現した。決定的な勝因は、8名の弁護士の調査と膨大な書証提出と有力な弁論があったこと。そして日本環境学会の坂巻幸雄先生の科学的で綿密な調査と証言があったこと。千葉地裁、東京高裁の裁判官が現地調査をして処分場予定地の地形や地層、処分場と原告ら住居の位置関係、地下水の流動を判断して、原告の人格権を正当に評価したこと。これらが裁判の勝利した要因と話しました。 2008年10月21日千葉県から事業者へ「廃止確認通知書」が交付され行政上も廃止が確定。判決を受けて環境省は、「安定型処分場の存廃、規制強化」について検討を始める」と報道。今後の動向を注目し行動していくとしました。
 
 産廃場差し止め裁判は終わりましたが、この数年間、天羽地域を含む富津市では新たな環境問題が続発している。「大塚山処分場漏洩問題」「金谷残土処分場問題」「田倉残土処分場問題」「鬼泪山国有林山砂採取問題」「相川地域残土処分場問題」等々。このような状況から今後とも私たちは環境を守る運動を続けていく、本日の集会は差し止め裁判の運動を切り替え、新たな出発点として総会と残土学習会を開催することになったと説明しました。
 
 来賓あいさつは、残土産廃問題ネットワークちば、小櫃川の水を守る会、盤州干潟を守る会、水と緑を守る会の各代表と、元市議、大学の先生等から発言がありました。
 議事は1.経過報告承認の件 2.会計報告承認の件3.規約改正の件4.役員承認の件について承認されました。代表は引き続き安田貞夫氏が行うことになりました。
 
 残土問題学習会は小櫃川の水を守る会の山田周治氏の司会進行で行われ、報告は1.金谷残土処分場問題(金谷自然を守る会 鈴木裕士氏)2.木更津河野牧場残土埋立問題(残土産廃問題ネットちばの金井珠美氏)3.千葉開発残土処分場問題(天羽の水を守る会 松原和江氏)から行われ有意義な質疑・討議が行われました。

top page
menu page