what's new
top page
menu page
next page

20.地下水・湧水学習会
(2001.12.6)

計画地西側斜面の写真1 処分場計画地のすぐ隣の沢では、深さ10m〜30mの井戸を掘り飲料水として生活している。
計画地西側斜面の写真2 処分場にゴミが捨てられた場合ゴミを通過した水が、同一平面の帯水層を通って反対側の地層に出ないという保証はない。
計画地西側斜面の写真3 処分場計画地の馬の背の下の沢は一年中水が枯れることはなく飲料水、農業用水等として使用されている。写真のように亀裂から水のしみ出ている箇所もある。

 末永先生の説明

地下に広がる水を世界は?

「地下水は川のように流れているか」「それとも地下に池のようにたまっているか」

地下水と地質の関係が重要 
地下水は地層の中の流れやすいところを流れている。砂の層の下に粘土(シルト)がある場合、砂の層を水は流れる。粘土のように粒子が細かいところは水が流れにくい

湧水の出方 
層状水=地形の変換点(砂層と粘土)から湧水が出る、通しやすい地層から出る。
裂果水=割れ目を伝わって流れる湧水(溶岩中に割れ目が多い)

自噴井戸とは
井戸を掘ったとき地下の粘土(シルト)の下の被圧帯水層を井戸のパイプが貫通すると水圧がかかりパイプを通して自噴する。

湧き水の見つけ方  
谷や沢を歩いて確認する。地形が急に変わるところから出ている。植生の変化しているところを環境を破壊しない程度に剥がして地層を見る

湧水調査現場野帳をつくって記入しよう。 
日付 時間 天気 場所 湧水機構 水の利用 湧水量 気温 水温 標高 スケッチ 写真 植生などを記入する。

地下水の特性(埼玉県と市原市の市民調査の事例により説明)  井戸の水位、湧き水の高さを記録する。雨によって変化する、高いところから低いところに流れる。年間いろいろに動いている。速さは地層と傾斜で決まってくる。電気伝導率の高い程いろいろの物質を含んでいる(汚染の標識となる)電気伝導率はゆっくり流れる水は高くなる。シルトでも水を通す、伝導率は高くなる。どこの地層から出るかによって水質は違う

シルトの多いところは水を通さないか?
処分場などでは水が少しの動きでもあれば重大である。

沢の中の水量調査から分かったこと
下流に行くほど水量は増えるが何カ所かで水量が下がり地下へ浸透している箇所があった。一概に川底が岩盤だから入らないとは言えない。

トンネル工事で井戸の水位が下がる(地盤沈下の原理) 
地下水は必要以上にくみ上げると他の地層の自由水を引っ張るので地盤が沈下する粘土(シルト)層に含まれる水は動きにくいが量は多い。

地下水は自然に流れていればおかしな問題は起きない、自然の許容量を超えると異常を起こす、地下水は素直であり、素直であるだけに弱い、地下水の特徴にはそれぞれ理由があって調べることによって予測も見えてくる。皆さんのように自然を見つめて考えていこうという姿勢はすごく大切だと思います。

今日一緒に歩かせていただいて見た感じでは
地層の傾斜は確かに北へ向かっているが、細かいところはもう少し図面をよく見てみる必要がある。大きな流れというのはやはり地層の傾き、分布の仕方に大きく規制される、つまり傾いた方向に流れていくが、ただそれだけでない、細かく見た場合そうでないこともちょっと感じました。


今日最後に沢を一番奥まで行ったときに
地層の傾きに沿って湧き出す水とはちょっと違う形態の、割れ目に沿った可能性のある湧水がちょっとありました。ただ量が少ないので処分場とのつながりでどうなるかはわかりませんが、ただああいうものが広く分布しているとしたら地層の傾きとは違う方向での水の流れがあるのではないかと感じた


 坂巻先生の説明

*ここでの汚染はまず処分場の水が尾根を超えて漏れるか、もれないかということが一つの大きな争点です。向こうの言い分は「傾斜に沿って流れるから脇にはもれない」と言っています。ところが私達がお天気続きの時に行って見ますと帯水層から水が黒くにじみ出しているのが分かるわけです、今の状況でそうですからあすこへゴミを積んだらゴミの中を通ってきた水が溜まった場合は、水が安藤さんの使っている生活用水まで汚染してくる危険があるのではないかと主張したわけです。

*今回で一件落着しない場合第2ラウンドに入りますので末永先生の指摘した細部を調査しなければなりません。水を通しにくいシルトの層でも川の水と出入れがあると言う話は非常に貴重なデータです。と言いますのは相手方は汚染水が出ても川底が岩盤であるといって田圃にも、川沿いの井戸にも入らないと言っているが「シルト層でも川の水と出入れがある」と言うデーターがあるのは貴重です

*全国的にどういう問題は起きているかということを話したいと思います。いろいろなところからお話がございまして処分場など四か所を見て回っております。ここは幸いにしてまだゴミが捨てられていません。これで差し止められばめでたしですし、強引にやってきた場合は汚染を証拠立てて言うことができる。

*10年前宮城県丸森町に安定型の産廃処分場を作ろうという話があって、運動を起こして裁判で止めたという話があります。京都大学の防災研究所の中川先生が活躍され裁判で証人に立って止めた。その先生は現在中津川市の市長をやっております。業者の方は「ここは不透水層である」と裁判で主張しました。住民の人達は「だったらなぜ雨が降るとうちの井戸水は増えるのだ」と反論しました。それは裁判官にもよく話が通りまして差し止めができました。向こうも弁護士を立てて裁判の中では科学論争になっていきます。

*相手方は室内と室外で値が100倍異なるデーターを出しています。どちらが本当かということになってしまいます。 ボーリングをして塩水を入れた電気伝導度試験では、北側の井戸に出るのは当然としても、南側の井戸にも塩分が出た。「水は高きから低きに流れる」(重力の法則)、つまり地層の傾きだけでは言えない要素があることを示している。裁判官は水は流れなくても塩分だけがにじみ出してくる拡散があったのではないかと言っている。それから50メートルくらい下流の井戸には塩水が来ませんでした。これは来ないのは当たり前で相手の透水係数で計算しても2〜3か月はかかるがそれを一週間の観測をやってきて来ませんでしたといってもそれは話にならない。向こう自体がやっている実験のデータの意味をあまりよく理解していないのではないかと思われる。とにかく相手はお金はありますので裁判所にはよくやっていると言うことを認めてもらおうという作戦ではないかと思う。

*産廃場をめぐる水を巡る問題の何が深刻な問題になっているかと申しますと周辺の地下水汚染それと川の汚染です。行政は規制基準を作っています、それが満たされていれば行政としては責任がないという態度です。企業の経営の自由、土地を持っている人の財産権の問題だからがたがた言うなというのが厚生省の姿勢です。ところが環境ホルモンのように非常に微量で悪さをするものは最近どんどん見つかってきているので、そういう意味では規制が後追いになってきています。

*福井県の敦賀の処分場に27日行ってサンプリング調査の立ち会いをやってきましたが、違法操業をやっていても県が目をつぶっている。 違法状態を追認して後で処理をだしてチャラにしようという密約ができていた、住民が国会議員を通じて厚生省に申し立てをし、「後から書類を出せばよいのか」と聞くと厚生省も面と向かって聞かれるとそれは合法ですとは言えない。それがきっかけとなってその処分場は止まった。そのようなインチキな県のごみ行政は厚生省の天下りの人間がやっていた。エイズ・ヤコブ病といい、今の厚生省のやり方は決してほめたものではない。

*ごみが積まれてしまってからのその影響は、科学的にかなりわかってきました。住民ができることとしては電気伝導度を測る、塩化物イオンを測る、機械の調整を慎重にやればわりと簡単に測定できます。電気伝導度はスイッチを押して数字を読み取るだけです、塩化物イオンは小さなガラス棒に試薬を詰めてその変色を見て測ります。汚染源が近くにあればこれはてきめんに出ます。流れてくる粒子状のものをチェックするとすれば、今のところ鉛が一番効果的です。最近は砒素の汚染がきつくなっています。家電・携帯電話・テレビ・パソコンなどはあと数年で全部使えなくなり、そういうものが廃棄物となってくると、半導体の中のガリウムヒ素がでてきます、また環境ホルモンなどが今問題になっていきます。

*ごみを入れさせるということはそれだけのリスクを認めることになるので、本腰を入れてきちんと主張するやりがいがあると思います。最初の挨拶のところでホットしていることは富津市の場合は市の当局はじめ議会も支持していただいていることは非常に大きな力です。住民が悪戦苦闘しているところはだいたい厚生省や県の圧力に屈して地元の自治体が当たらず触らずのところが多い。

*今日歩いたところのデータは次の通りです。

  2001年12月6日と2001年7月17日の測定データ

計測日 PH 伝導率 水温 水量
f−1  沢の入り口  12/ 6 8.01 276 11.3 7.5
  7/17 7.56 583 25.2 4.5
f−2 井戸前  12/ 6 7.96 269 10.8 240.0
  7/17 7.82 406 28.4 3.2
f−3 馬の背西沢  12/ 6 7.89 325 10.9 60.0
  7/17 7.79 437 25.0 5.0

*今日は末永さんに現場を見てもらうことが目的だったので網羅的にできなかった三地点を調査した。

*f−1の地点は、古い風呂桶のある入り口の地点です。pH=酸性アルカリ性の度合いと伝導率はマイクロジーメンス/cm 、水温、水量を調べました。

*7/17の調査地点は多少違いますが、f−1は沢の中でとっています。

*水温は夏と冬ですからだいぶ違います。水量は、雨が降っていますので増えています

*井戸前は安藤宅井戸の前ですが毎分3.2リットルだったが今日はまともに流れている。その代わり導電率は雨に薄められて下がっています。沢の入り口と井戸前はほとんど同じ値です。馬の背の西で上がってきています。これは雨水が少ないことと尾根の上からのごみの不法投棄がありそれが中流まで流されてきていやな臭いも漂っていますがそれに影響があるかもしてません。雨水の導電率というのは20〜30と言うところです。相手の反論に「それは地層を通した水ではなく雨水が入っているからだ」と言うのがありましたがそれだったら 100を超える値が出るはずはない、やはり地層と雨との絡み合いの中でこのような水質が出ているのである。 ここの地層の中をはかなりゆっくり移動し導電率が上がっているのである。400〜500という導電率は他の地域と比べるとかなり高い方です。    

*ここではゆっくりじわっと通してくる水の影響を考えなければならない。特に裁判所でも言ったのですけれど、処分場でおかしいことが起きても住民の方で気がつくまでには時間がかかると言うことです。日ノ出町の場合でも操業を開始してから住民の井戸がおかしいと気づくまで3〜4年かかっています。あすこは割れ目の水です。ここも簡易水道水源に到達するまで100年かかると言っていますが、10年〜20年経ってしまえば処分場はすでに停止しどこへも尻拭いを持っていく場がない、地質のファクターからもそのような危険があるなと思っています。とにかくあらゆる点から見ても安全が確認されないようなことをやってもらっては困る、と言うだけの正当性はあるし、皆さんはいままでそれを言って来たし今後も主張されたらよいと思います。

 質疑

質問  質問ですが、井戸水の水位を自動的に測るシステムはありますか?

坂巻先生 お金を掛ければ自動測定器はあるがおもりに糸をつけて測ることはできる。

永末先生  ナマズの会の測定データ(地震予知のため測定)=毎日測定と週に1回測定した データのグラフによる比較。週一回でもかなり傾向は反映される。道具を自分で つくることもできる。測ることの効果を見るならば一つの井戸だけの測定では結論付けは難しいかと思う。雨との関係を調べるなら数カ所でやる方がよい。

質問  地層の傾斜は北へ向かっているとしているが、天羽高校の開放講座でこの地域の傾斜は東京湾へ向かって南東から西北に向かって金田の盤洲の先に向かって傾斜 していると教わったが?

質問  傾斜が北へ向かっているからといってすべてが北へ流れないのではないか、不透 水層は絶対水を通さないものなのか。現実に水が南へ出てきていることもある。 原因は地層だけでは分からないのではないか?

末永先生  端的に言えば、地層の構造が分かってればそれに従って地下水は動いている。そうでないように見えるのは他の理由があるからである。東京湾を大きく見たと きに地層は確かに東京湾に向かって傾いていることは確かだがそれぞれの沢の構造によりここでは北側、やや東に向かっている。斜面では地層の構造よりも地形の構造の方が強く現れる。沢でも表面に近い水は谷に向かう。その量がどのくら いかという判断をするのは難しい、それは多くはない。多いのは地層に沿って流 れていく。特に谷底、それより下は地面だと言うところから下の部分では地形の影響はほとんど受けません。ところが谷より上の部分は地形の影響を非常に強く 受けます。そういう部分で逆に流れる場合もあると思う。そういう部分も考えな がら実際にものを埋めた時、(今の地形と地形自体変わってしまいますから)、を 考えなければならないと思います。それと割れ目があればそれと重なって違った方向へ流れることは当然あると思います。

質問  2つの沢の一つの沢が埋まった場合、自然の土よりごみを埋めた土ですから相当 水を含む量も多くなり、ダムのようになり高くなるわけですから、馬の背の方へ、 横へ浸透する力は強くなるのではないかと思う。(地層が北へ傾いていても)

末永先生  埋めるものが何か、埋める時にどのような埋め方をするか、サンドイッチ状に埋めた場合全体の水の動きやすさにどう影響するか、今の段階ではわかりませんが、 ただここに何もなかった時に比べればものが存在して、そこに水が放流される条件があるわけですから、当然細い尾根に入っていた水が脇に行っていたよりもも っと行きやすくなる。またどこの高さまで行くかと言うことですが、なかったところに新しい地面をつくってしまうわけですから、水が溜まりやすく、水位も当然上がり、脇の低いところに水が動きやすくなることは当然に考えなければなら ない。

質問  ゴミを入れたらいくら転圧しても堅くならないと言うことは常識です。

坂巻先生  透水層にセメントを吹き付ける工事をしますと言っているが・・・。安定5品目だから汚れるはずはないと言うのが行政の立場ですね、現実に汚れている、今更安定型処分場をつくることは時代錯誤である。

末永先生  昔処分場をつくる立場で仕事をしたことがある。入れるものに問題がないのだから、地下に入ってからのことは考える必要がないという発想で、調査もやらないのが当時でした。それに比べれば進んだのかもしれません。また下の地層が不透水層だからいいのだと言うが議論が進んでしまうが、そういいきってしまうことが問題だと思う、軟透水層と不透水層は違うのですけれど昔はそういう議論さえされないで、砂のスカスカの場所にどんどんつくっていた。それはまずいだろう と言うことで報告書に書くことをしてきた。

質問  産廃業者と話したこともあるが、心配ないものを捨てたのでは、業者は商売にな らない

坂巻先生  その結果、汚染者負担の原則などどこかへ飛んでしまい、今各地で問題になっているのが行政代執行でやって結局は業者が破産してしまえば市民なり県民の負担になってしまうことになる。 

質問  さきほで電気伝導度と塩素イオンの調査をやった方がよいと言うことでしたが、地元としてやることはこの2点ぐらいでしょうか?

坂巻先生  やっておくことはいろいろありますが、手軽にできるのが、電気伝導度、ph、塩素イオンの調査ですね

質問  西側斜面の湧水はじっくりゆっくり各地から出ている状況だと思う、湧水源をもっと見つける時のこつを教えてもらいたい。

末永先生  目で確認するのが基本、冬場の雨の降っていない時期、数は減るが年間通して出 ているところを見つけることができる。水温を測り気温と比較する。寒いとき測 れば明らかに分かる。場所は地形の急なところ。地層に沿った湧水を探すのであれば地層の下流側。割れ目を伝わって出てくる水を探す。(これは難しいかもしれ ない)崖の地層の色の変わっているところ、草の付け方が違っているところを注意する。冬は木も枯れて草も少ないので見つけやすい

司会  今日は住民学習会に参加いただき本当にありがとうございました。坂巻先生、末永先生には一日ありがとうございました。今後の私たちの活動の基礎にしたいと思います。希望を捨てることなく進んで参りますので今後も応援の程よろしく御願いします。               

what's new
top page
menu page
next page