next page
top page
menu page

産廃講座」 日本環境学会 坂巻幸雄氏



   産廃講座 下仁田自然学校だより
裁判でも勝った 廃棄物処分場反対運動
 千葉県富津市・田倉処分場の例
2005.10.05 
                             
処分場位置図・断面図

1.プロローグ
 千葉県は、残土・廃棄物問題では大きな矛盾を抱え込んだ地域です。
 首都番の一部をなしていて、質の良い山砂が取れるので、あちこちで里山が切り崩されている。京浜間同様、臨海工業地帯が発達していて、大量の産廃が出る。建設・開発工事も活発で、多量の残土も発生する。保守王国で、「県政は大企業側への目配りが優先し、一般住民の声はかき消される」、そんな中で、一つの産廃処分場建設反対運動がたたかわれ、そして勝ちました。下仁田町では有志が、この11月末にバスでその現地・富津市田倉地区を妨れ、現場を自分たちの目で調べ、そして、この運動を推進してこられた地元の方々と親しく交流することになっています。その予備知識を提供する意味で、ここでは運動の流れと現地の自然環境の特徴、そして、なぜ勝てたのかを、手短かにご紹介します。 


 2.事の起こりと展開
 房総半島中部・東京湾に面している富津市。その一隅の里山・田倉地区に、容量約100万m3の安定型廃棄物処分場の建設計画が持ち上がりました。
 1987年のことです。やりとりの末、千葉県は条件を付けて1998年に許可を下ろしましたが、市議会は建設反対の請願を採択、県も、条件不履行のまま着工しようとした業者に対し、翌1999年、許可を取り消しました。ところが業者は厚生省(当時)に対して行政不服審査を請求、厚生省は現場も見ずに、2000年3月、この不服を受入れて県の措置を無効とし、着工を許したのです。
 業者は2001年2月に本格工事に着手、立木を切り倒し、予定地内の表土をはぎ取りました。危機感を持った近隣の住民有志247人は、ことここに至った以上裁判に訴えるほかはないとの意志を固め、エ車差し止めの仮処分を千葉地裁木更津支部に申し立てました。 原告団は、同時に裁判支援のアピールを発信、日本環境学会や応用地質研究会の有志も、それを受けて具体的な支援方法を検討しました。私たち専門家ボランティアもこの時以来現地調査に参加、主に地質環境の解析を通じて、裁判に係わることになったわけです。
 幸い、この仮処分は2002年2月に認められて工事を停めることができ、引き続く本訴訟の判決でもその主張が容れられて、本2005年5月に原告住民勝訴の判決が出ました。しかし、被告業者側はこの判決に納得せずに東京高裁に控訴したため、住民側もそれに対抗、現在、高裁段階での審理が開始されたところです。
 この判決は、下流側住民の被害の可能性を認めていないなどの弱点はありますが、まだ被害が現実に発生していない今日の時点で、地下水汚染発生の可能性と、環境修復の困難さを積極的に認定したという、画期的な内容を持っています。多くの裁判が、現実に起こっている被害にさえ日をつぶっている状況下にあって、この判決を有効に使って行くことの大切さは、おおいに強調して良いでしょう。最近では、この判決の考え方と調和的な判例も、徐々に各地で見られるようになってきています。


背斜軸の位置図

 3.どんな地形・地質環境なのか
 問題の処分場とその周辺を構成するのは、上総層群長浜層・市宿層に相当する砂泥互層で、全体としてシルト(砂と泥の中間の粗さ)分が多い地層です。業者は、「このシルト層は不透水層だから、廃棄物をその上に積み上げたとしても、汚水が周辺に漏れることはない。」と主張し続けて来ました。
 処分場の敷地は、南北に延びた狭い谷で、・地表の水は北から南に流れています。地層は走向がほぼ東西、傾斜は、敷地内では緩い北(上流側に向かう)傾斜です。しかし、処分場の南端、つまり谷の出口側のところには背斜構造があって、それより南(下流)側では地層は南傾斜に変わります。
 処分場の西側境界を走っている尾根は、通称「馬の背jと言われるほどの痩せ尾根で、両側が崖といっても良いくらいの、急傾斜の斜面となっています。

 4.地下水の流れと汚染の危険
 ところが、よく見ると、前記のシルト層の中にも、厚さは薄いものの、砂や細かい礫、火山灰などからなる地層が繰り返し挟み込まれているのが分かります。表土をはぎ取った後の崖を遠望すると、これらのやや粗めの物質からなる地層の中には地下水が浸み通っていて、暗い色のバンドになっているのが良く分かります。さらに付近のお宅を訪ねると、まだ水道がないので、この帯水層の中の水を井戸や横穴の中に集め、飲み水をはじめとする日常の生活用水に使っておられることも分かりました。不透水層と言われているシルト層中にも、多くの割れ目があって、そこを水が浸み通っている場合も珍しくありません。廃棄物が一旦積み込まれてしまったら、カミソリの刀のような「馬の背尾根」の堤を通して、汚水が漏れ出す危険は極めて大きいのです。
 シルト層中の水の流れやすさを数値化した、「透水係数」の実験値も、業者側は提出してきましたが、同じシルト層なのに、実験室での測定値と、現場試験の値が2桁も違うという結果でした。また、業者は「地層が北傾斜なので、万一汚水が漏れたにせよ、汚染地下水は山奥側へ流れ、下流側には行かない。」と説明していたのですが、食塩水を注入した現場試験では、下流側でも明らかな浸み出しが検出されました。このほかにも業者側が主張した珍妙な「理論」は数々あったのですが、この現場はもとより、各地で私たちが経験していた豊富な事例からは、そのどれもが成り立たないことが明らかにされました。生活用水が汚されたら、憲法が保障する「健康で文化的な生活」どころの話ではありません。業者は追いつめられていく中で、最後には「処分場内壁で透水層のある部分は、モルタルを塗って保護する。」「代償措置とし.て現在設置してある簡易水道を拡充する。j等の妥協案を出してきましたが、裁判所はいずれも、「安定した、永続性のある措置」としては認めませんでした。当然のことと言えるでしょう。

 5.勝訴。そして、引き続く闘いへ
 この一連の運動の中で得た、私たちの偽りのない実感としては、やはり、「事実ほど強いものはない!」ということがあります。下仁田の場合でも全く同じで、現在進めている詳しい調査は、どのような主張をするにせよ、将来必ずや強いよりどころとなるでしょう。
 −審では、処分場隣接地域での生活用水汚染の問題を最重点に据えたため、中流域の原告がどのような被害を受けるかという点の主張がやや弱く、この部分については認定が得られませんでした。控訴審では、相手側の主張を重ねて粉砕することと併せて、この中流域の被害可能性についての補強が求められていて、最近そのための現地調査も再開されました。これらの引き続く調査活動と裁判に対しても、ぜひ皆さんからさらに強い応援を頂いて、一層の前進をめざしたいものです。もちろんその前進を,全国の処分場反対運動の共通の財産として、活かして行きたいと願っています。                 (05/10/09)



群馬県下仁田からの視察者

 2005年11月27日群馬県下仁田町の産廃に反対する「馬山連合会」のみなさん50人が富津市田倉処分場計画地を見学にきたときの写真です。掲載文書はそのとき参加者に説明のため配布した文書です。(天羽の水を守る会)

 

next page
top page
menu page