top page
menu page
next page

1. 残土埋立に関わる質問書 

2001(平成13)年10月26日

袖ヶ浦市長小泉義弥 様

小櫃川の水を守る会
袖ヶ浦支部

残土埋め立てに係る質問書

袖ヶ浦市は私たちの要請により平成3年に全国に先駆け「環境保全都市宣言」を制定し、 市民・行政・業者が協力し合って袖ヶ浦市の環境を良好に保全するため努力することを宣言しました。平成7年には「水道水源保護条例」を制定して良好な水質を様々な汚染から守ることとしました。 さて、近年市内に残土による埋め立てが非常に多くなっており、土壌・水質の悪化、ダンプの騒音・振動、など市内の環境の悪化が起こっております。 つきましては下記の件について質問をいたします。

質問事項

1、市は市内に残土を埋め立てることに対して反対の立場をとっているか。

2、市は残土埋め立ての様々な問題・環境汚染に対して市民にどのような啓蒙・指導・助言をしているか。

3、市内にある残土埋め立ての現況はどうなっているか。 場所、規模、事業者名、埋め立て内容物、埋め立て開始・完了日、等。

4、残土の埋め立てにおいて3000m2以上は県の許可範囲であるが、その場合市は県に対して意見書を付けることになっているが、その意見書の内容はどのような内容か。

5、袖ヶ浦市内に入る残土は大部分県外からのもので袖ヶ浦埠頭に陸揚げされたものであるが、港に入る船の積載量・積み込み港・残土の出所・排出事業者名・埋め立て先を 把握しているか。把握していればその結果を公表して欲しい。

6、残土及びそこから出る水を定期的に検査しているか。検査していればその検査結果を公表して欲しい。

7、県外または市外から持ち込まれる残土を市は受け入れない方針をとっているか。

8、埋め立て地の所有者に対して事業者が埋め立て等の同意書を強制的に取ろうとした場合、市は市民の味方に立つのか。

9、残土を運ぶダンプにより沿線住民から騒音・振動などの苦情が出ているが、市はどのような対策をとっているか。

10、以上の質問に対して11月  日(  )までに文書で回答していただきたい、 その際、私たちとの話し合いの場を設けて回答をいただきたい。


top page
menu page
next page