top page
menu page

富津市金谷木梨残土処分計画

  千葉県知事が許可 2008−5−30
 
富津市金谷新梨・木梨残土埋立計画申請・許可の経緯

 平成1910月18日 許可申請書提出
  • 事業者       株式会社 トシマ (東京都足立区)
  • 資本金       1,000万円
  • 計画地       富津市金谷字新梨・木梨
  • 事業所面積    118,451m2
  • 特定事業区域    56,140m2
  • 土砂等の量     885,080m2

            特定事業許可書
                               千葉県廃指令第529号 
                       株式会社 トシマ (東京都足立区)
 平成19年10月18日付けで申請のあった特定事業については、千葉県土砂等の埋め立て等による汚染および災害の発生の防止に関する条例(平成9年条例第12号)第10条の規定により下記の通り許可する。         
    平成20年5月30日
                           千葉県知事  堂本暁子        
                      記
  1. 許可する特定事業場及び面積
    • 富津市金谷字新梨2831番1 ほか29筆
    •      118,451平方メートル
  2. 特定事業区域の面積
    •       56,140平方メートル 
  3. 許可の期間.
    • 平成20年5月30日から平成23年5月29日まで
  4. 許可土量
    •       885,080立方メートル
  5. 許可条件
    • 別記のとおり
  (教示)  
  1. この処分に不服がある場合は、この処分があつたことを知った日の翌日から起算して60日以内に、千葉県知事に対して異議申立てをすることができます(なお、この処分があったことを知った日の翌日から起算して60日以内であっても、この処分の翌日から起算して1年を経過すると異議申立てをすることができなくなります。)
  2. この処分については、この処分があったことを知っ.た日の翌日から起算して6箇月以内に、千葉県を被告として(訴訟において千葉県を代表する者は千葉県知事となります)、処分の取消しの訴えを提起することができます(なお、この処分があったことを知った日の翌日から起算して6箇月以内であっても、この処分の日の翌日から起算して1年を総趣すると処分の取消しの訴えを提起することができなくなります。)。ただし、上記1の異議申立てをした場合は、当該異議申立てに対する決定があったことを知った日の翌日から起算して6箇月以内に、処分の取消しの訴えを提起することができます。

  別記 許可条件
  1. 本許可申請書類その他知事に提出した書類及び図面の写しを事務所内に保存し,利害関係者の縦覧に供すること。
  2. 次の各項のいずれかに該当する場合は,速やかに特定事業を中止(ただし,応急工事は除く。)し、環境生活部廃棄物指導課へ連絡すること。
    1. 特定事業区域の土壌中に安全基準に適合しない土砂等があることを確認した場合。
    2. 特定事業の施工中において特定事業区域以外の地域へ土砂等の崩落、飛散又は流出等のおそれが生じ若しくは発生した場合。
  3. 上記行為が確認された場合は速やかに改善計画を作成し環境生活部廃棄物指導課に届出るとともに定期的な職員の確認を受け、完了確認が得られるまでは特定事業の再開はできないものとする。
  4. 特定事業の施工による土壌汚染の防止及び災害の発生の防止についで,土砂発生元,運搬業者及び従業員に周知徹底させ指導すること。
  5. 現場責任者は,作業時間内は特定事業場内に常に駐在し,現場監督を行うとともに立入検査及び現地調査等に立ち会うこと。
  6. 記立入検査又は現地調査等の際に,職員が必要と認めた場合,特定事業区域内の土砂及び排水のサンプルの採取について協力すること。
  7. 特定事業区域と特定事業区域以外の地域との境界を示す旗等を設置すること。また,許可期間内において旗等が破損した場合は遅滞なく補修すること
  8. 本許可期間内において,他法令等の許認可等の期間が満了する場合又は新たに他法令等の許認可等を必要とする場合は,.遅滞なく当該許認可等の手続きを行い,新たに当該許認可等を受け当該許認可等の写しを環境生活部廃棄物指導課へ提出すること;
  9. 特定事業の施工については特定事業施工計画書の工程及び施工方法のとうり行うこと。
  10. 特定事業場へ改良汚泥等の産業廃棄物は、一切搬入しないこと。
  11. 土砂等を搬入する際には必ず事前に条例第15条に基づく、土砂搬入届を提出すること。
  12. 各関係機関からの別紙意見を十分遵守のうえ、事業を遂行すること。
  13. 土地所有者が条例第26条の2第2項による当該事業の施工状況を定期的に把握する行為を拒まないこと。
  14. 特定事業への搬入土砂等の管理(般人伝票と土砂等搬入届との突合せ等)を十分に行うこと。
  15. 土砂の搬入開始前までに、富津市金谷全区に対して説明会を実施し理解を得るとともに、協定の締結に努めること。

 関係機関意見等一覧表   意見等の要旨

  富津市
  1. 工事期間中に公共用財産(認定外道路、水路)を使用する場合は、事前に協議すること。
  2. 残土搬入の時間帯が8:OOから17:OOという説明があっ.たが、児童生徒の通学路と搬入路が一部重なることが予想されるため、登下校時の安全確保に十分留意すること。
  3. 事業区域への土砂の搬入路として、林道金谷元名線を使用する計画であるが、当該道路は鋸山への登山コースとして利用されているので、登山者に対する安全対策には十分留意すること。
  4. ダンプ等の走行及び重機等の作業.の騒音、振動、粉じんの発生には十分注意すること。
  5. 荷揚げ場付近は、常に清掃や散水を行い、粉じんの発生には十分注意すること。
  6. 調整池か、ら汚濁水が流出しないよう、施工中、施工後の調整池の管理を徹底すること。
  7. 苦情等問題が発生した場合は、誠意をもって対処すると共に関係担当部局へ速やかに報告すること。
 富津市教育委員会
  1. 意見なし。
 君津農林振興センター
  1. 意見なし。
 君津地域整備センター  
  1. 道路及び道路の構造物を破損したときは、直ちに道路管理者に 備センター 通報し、その指示に従うこと。
  2. 千葉県土砂運搬適正化対策要綱に基づく届出をすること。

top page
menu page