top page
menu page

残土の山より里山を

 共栄運輸残土処分場事件
 共栄運輸の残土に産廃174トンを混入して捨てた不法投棄事件は、木更津市の環境へ大きな不安を残すことになり、大変残念です。
 千葉県は東京、神奈川の大都市に近く、効率良く運搬できることから、「残土、産廃銀座」と言われてきました。
 今回事件現場となった処分場は、木更津市霊園と隣り合わせのところにあり、近くには十数本の井戸があります。処分場は現在、何が混入されたのかわからないまま放置され、営業が停止しています。
 対岸から運ばれた残土は港で荷卸をして一旦野積みをします。その一時堆積塘は、市の許可が必要です。今回、申請から許可まで一日で下りている場所があることがわかりました。許可が下りた日に共栄運輸から市は200万円の寄付を受けていることから「寄付は便宜を図ってもらうためではないか?」と質問しましたが、「寄付とは直接関係ない」との答弁でした。既に何度か寄付を貰っていることから、答弁は納得行くものではありませんでした。

 安全の保証は誰が?

 残土や産廃処分場事業は、企業には大きな利益をもたらしますが、私たち市民には何のメリットもありません。処分場の問題を指摘している学者や専門家、市民団体は、『一番大きな問題点は「水問題」です。例えば、混入しているものが焼却灰ならダイオキシン、工場汚泥なら重金属、プラスチックなら有機溶剤などが溶け出す心配があります。これらが、川や地下水などに流れ込んだときには飲み水だけではなく農業、漁業などに多大な影響が考えられる』と指摘しています。すぐには被害が出ないとしても、被害が出たときには誰が責任を取るのでしょうか? ひとたび問題が起きたときには徹底して問題解決を図らなければ、将来へ問題の先送りとなってしまいます。法整備だけでは解決とはならず、政策として「市外からの残土は持ち込まないようにする」姿勢が大事です。 何かあってからでは遅い、常に監視していく市民の目があることが問題を回避することにつながりま
す。今回この大きな問題を議会で質問したのは3人だけでした。市議会を傍聴することで、わかることもたくさんあります。ぜひ市議会を傍聴しましょう。
         2006-8-1     木更津市民ネットワーク 金井珠美
 
木更津市矢那の残土処分場
共栄運輸株式会社の経営する残土処分場(木更津市矢那)