next page 7号へ
top page
menu page

盤洲干潟通信 6号 (2002.7.25発行)


   小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会 
   代表:小関公平 0438−23−1357
   事務局:〒 292−0434千葉県君津市向郷 681 
   御簾納照雄 tel&Fax O439−27−2245


  第2回 総会・シンポジウム特集号
 総会で承認された1年間の活動のまとめ・決算報告・方針・今後の役員体制・東京湾の干潟保全を目指すシンボジうム宣言」など掲載されています・最終ページには行事案内があります。夏休みの行事には小学生歓迎です。友人・知人・ご家族でご参加下さい。


   小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会総会

                           
 
「東京湾の干潟保全を目指すシンポジューム」を開催

    吉田・大浜・桐谷三氏が講演(6月23日)

 小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会(小関公平代表)では23日、木更津中央公民館で「第2回総会並びに東京湾の干潟保全を目指すシンポジウム」を開催した。
 同会は、平成13年6月、東京湾最後の自然干潟・盤洲干潟を守るため結成された市民団体。現在、金田の海を守る会、小櫃川の水を守る会をはじめ、東京湾岸の自然保護に関わる14団体と個人で構成され、環境大臣や県知事、木更津市長等に要請・話し合いを繰り返し行っている。
 最近、盤洲干潟の後背地では開発か急速に進み、このままだと河口三角州・北側後背地消滅の可能性が大きく、本来の自然を残すとは、自然を取り戻すとは−などが各所で議論されているが、総会終了後の同シンポジウムは、「干潟を守る日2002」行事の一環。シンポジウムには80人が参加。吉田正人(財)日本自然保護協会常務理事が「東京湾全体から干潟保全を考える」大浜清千葉の干潟を守る会代表が「三番瀬保護運動から東京湾を見る」、桐谷新三金田の海を守る会代表が「盤洲干潟保護運動から東京湾を見る」と題し、東京汚全体の動向、盤洲干潟の状況等について講演。この後、会場での発言も歓迎しながら討論を行い、今後の東京湾の浅瀬・干潟保全のあり方等を会場全体で考えた。
                          房総新聞 02.6.28

     1年間の活動のまとめ

 本会の会則「基本方針(1)小櫃川河口・盤洲干潟をできうる限り負荷のない状況で保全します」に則り、前項・日誌に記した活動をしてきました。以下いくつかの項目に分け、概要を記します。

(1)行政への働きかけ

 小櫃川河口・盤洲干潟保全を訴えるため、次のとおり、要請・話し合いを実施しました。


 環境大臣(環境省)宛・・・・・・・・・3/13
 千葉県知事(自然保護課)宛・・・11/13 5/30 6/14
 木更津市長(環境衛生課)宛・・・3/5 5/27 6/10

 地方の時代といわれるように、近年、国、県がさまざまな権限を市町村に委譲する傾向にあり、小櫃川河口・盤洲干潟周辺の開発については木更津市長が権限を持つに至っています。
 木更津市長(環境部)へ別紙要請書を提出しながら話し合いを行ってきました。また、本年3月、木更津市長選実施時に、本会から全立侯補者宛質問書を送付し、回答を得ました。その回答を基に当選した水越市長へ要請・質問書を提出し、 6/10、議会中ということから環境部長対応で回答がありました。
 この回答では、現在計画中の子供向け遊戯施設「民話・童謡の里」(山形屋商事)については現行法のもとに審査を進める。「木更津市環境市民会議」が作成中の木更津市環境保全マスタープランは、基本的に長期的な視点に立つもので、個別具体的な規制をするものではない。したがって今年度未に出されるプランを待つものではなく、規制することはできないと結論づけています。
 環境保護団体の意向をどれくらい盛り込むのか、つまり、緩衝地帯をどれだけ設けるのか、排水の水処理施設は具体的にどのようなものか、体験学習のソフトはどのようなものかなど示されないうちは、私たちは納得する訳にはいきません。
 尚、このとき(6月10日、回答での話し合いの時)明らかになったことは木更津市環境保全基本計画(マスタープラン)は、市民会議の意見を聴いてまとめる(具体的に計画を策定する)のは外注ということです。自分たちの市の環境保全を東京のコンサルタント会社にお任せというのでは環填保全の姿勢を
疑いたくもなります。しかもこのコンサルタント会社は干潟に詳しいという訳ではないとのこと(年間コンサル料金800万円×2年)からなおさらです。
 千葉県知事への要請については、自然保護課を窓口に進めました。2月15日の地元7漁組との話し合いに自然保護課も参加したことを加えれば合計4回の会合を持ったことになります。自然保護課は、現在、漁組を個別に回り、自然保護地域指定について理解を求めていますが、反対の声はなくなっているとのことです。6月14日の段階では、保全地域指定について準備は進んでいるとの回答がありました。環境省要請については「盤洲干潟通信』参照。

(2)干潟周辺域開発業者への保全要請

 子供向け遊戯施設「民話・童謡の里」(山形屋商事)建設会社東急建設との話し合い・・・7/5,11/29,3/25,(6/21)

 私たちの活動の目的は、河口・干潟の自然を保護することです。それは当然周辺の開発についての抑制も含みます。なぜならば河口・干潟を守るためにはその先進国共通の対策として、周辺は緩衝地帯として守らなければならないとされています。その意味からも、ここ1年は子供向け遊戯施設建設計画を主に取り上げてきました。この計画に対し、私たち連絡会は、水処理施設の内容が明らかにされないこと、緩衝地帯がほとんどないこと、交通対策が不十分であること、児童生徒への教育ソフト面が明らかでないことなどを理由に計画見直しを要請していました。
 盤洲干潟をまもる会(藤平量郎代表)、日本野鳥の会千葉県支部、木更津市民ネットの3団体は、この計画を昨年から条件付きで認める方向に転じたためこれを突破口に業者は計画を進めています。
 しかし、私たち連絡会は、計画の詳細が示され、小櫃川河口・盤洲干潟が負荷を受けないこと(計画を実行すること自体が負荷となる)が確認されるまで粘り強く要請していきます。

(3)木更津地区7漁協との協議会  
通信5号に詳細報告 「漁協は小櫃川河口干潟を自然保護地域指定に反対しない」との言を得る。

(4)他団体との交流

@第12回全国トンボサミット
 千葉県市川大会・・・8/4〜5

 市川市文化会館を会場に、全国規模で実施されたこの大会に、本連絡会からは延べ8名が参加しました。
 準備段階から連絡会を代表して鈴木優子幹事(千葉エコツーリズム代表)が加わり、大会2日間を通じて第2分科会「もっと知りたい市川のトンボ」にコーディネーターとして参加し、大会を盛り上げました。また第4分科会「里山の再生と保全」にコメンテーターとして御簾納事務局担当が参加しました。
 さらに、ブースを借用して七里川渓谷から盤洲干潟までの写真展を実施するとともに「盤洲干潟通信」を準備して配布しました。
 トンボをテーマとした自然保護は湿地保全そのものであり、県内だけでなく全国の仲間と情報交換できたことは大きな収穫でした。

A国際湿地シンポジウム 
 日本湿地ネットワーク千葉大会・‥9/15〜16

 去る9月15・16日、和洋女子大学(市川市)を会場に開催された「2001国際湿地シンポジウム1n東京湾三番瀬」に、協力団体として参加しました。
 ブースを借用できましたので、干潟関連の写真を20枚ほど展示し、「盤洲干潟通信」1号を配布しました。また桐谷副代表は盤洲干潟の生きたアサリ、カニ類、シオクグなどの植物、さらに世界で盤洲干潟だけにしか棲息していないキイロホソゴミムシの標本など持参し、会場隣の特設会場に展示しました。
 当連絡会は「団体紹介」の中で10数分の時間をスライドを交えて活動報告しました。
 尚、このシンポには全国から300名ほどが参加して連帯を深めました。

Bメッセ・TOKYOボランティア国際年記念大会・・・12/9
 東京ボランティア・市民活動センター主催(後援:東京都他)
 環東京湾干潟サミット

 日比谷高校、星陵会館を会場に11の分科会が実施されました。本連絡会は第10分科会「環東京湾干潟サミット」にパネラーとして参加しました。
 小櫃川源流域から河口までの大判写真10枚ほどを示しながら、首都圏に近いにもかかわらず、残された自然の豊かさをアピールすると同時に、保全活動を報告しました。行徳野鳥観察舎友の会、神奈川・海をつくる会、東京港野鳥公園レンジャー・東京など5組織がそれぞれの立場から現状と展望を訴え、情報交換をしました。

C千葉県自然保護連合・総会・シンポジウム・・・2/17
 千葉県全体の自然保護に取り組む連合団体であるだけに、三番瀬保全、残土・産廃、千葉・市原丘陵開発問題などあらゆる分野のテーマが存在します。しかし根はひとつ、公共工事に群がる利権とそれによる自然破壊です。その点で私たち市民は大きな連合体が必要となります。一つ一つの自然破壊に大きな市民の連合体で対処していく必要性をシンポジウムで確認しました。

(5)木更津市公民館のつどい・・・3/3
 木更津市内15の公民館利用団体、公民館職負が一同に会して中央公民館を会場に毎年、年度末3月に実施される事業です。今年も午前の部・全体会、午後の部・7分科会で開催されました。
 小関代表は、第4分科会『環境めがね・私たちの暮らしと地域を見つめてみよう!』に参加し、その中で「盤洲干潟を守る活動」を報告し、同時に会場内に干潟の写真を数十枚展示しました。環境に関心のある市民30名ほどが参加し、熱心に討論しました。

(6)干潟観察会・調査・盤洲干潟学校 
  8/4,(8/11),9/24、1/3, 4/4, 5′3, 5/12

 
<会則。4>の中に、目的を達するための活動として「(3)調査、観察会など各種の自然とふれあい、知る活動。」があります。初年度は、予定した一般参加者を含めた観察会・調査など、千葉県野鳥の会との共催を含め、6回実施しました。8/11実施分については、大雨のため中止としたものの、昼近くになって雨があがったため、有志15名で実施したものです。
 5/3実施分は全国規模で実施される「干潟を守る日2002」に参加したもので「盤洲干潟学校』と名付けて桐谷新三副代表を講師に干潟の観察学習会を実施しました。30年間も地元小学校の児童たちに「干潟とその大切さ」を講義してきた(このことから木更津ユネスコ協会よりユネスコ大貫受賞)だけに参加者は「話がおもしろく、しかも奥が深い」、「何を質問しても詳しい説明が開ける」など、参加者60名にとっては充実した「学校生活」となりました。

 尚、この日の解散後、4/4、貝類調査時に偶然見つけたサキグロタマツメタガイ(アサリなピ貝類を捕食する巻き貝)の調査を有志10名で1時間余り実施しましたが、それが205個も発見され、盤洲干潟一帯に広がっていることが確認されました。このことがきっかけとなり、船橋漁協が漁場回復のために計画していた小櫃川河口から砂を運搬しての三番瀬への覆砂は中止となりました。
 また、5/12、小関代表、桐谷副代表をはじめ有志で盤洲干潟における植物の成育状況を調査した結果、ハママツナは絶滅、シオクグが広範囲で根腐れく根の先端が腐り始めている)をおこし、枯れている、または枯れかかっていることが判明しました。低い位置にあるものほど枯れている傾向にあります。
 桐谷副代表は地元に生活し30年以上も干潟を見つめてきましたが、このようなことは初めてとのことです。植物に異変が起こっているのです。周辺の開発の影響が既に現れ始めているのかも知れません。これからの継続調査が必要です。

(7)広報活動・・・『盤洲干潟通信』発行

 私たちの活動を広く市民に伝えるため、通信を等5号まで発行しました。
           第1号 2001年 7月30日発行
           第2号         9月21日
           第3号      10月22日
           第4号 2002年   1月30日
           第5号          4月25日

(8)最後に

 以上が設立後1年の活動概要です。盤洲干潟を守る法的手だてがない現段階では、これはという結果は得られにくいものです。しかし7項目についての報告のように、私たちの実施する活動は、初めは小さくとも除々にその裾野を広げているのは確かです。
 千葉県は環境再生を大きく打ち出していますが、失われた自然を再生すること、それ自体は聞こえは良いのですがその方法が大きな問題です。またその一方で、今ある大切な自然は破壊することが自由であることはもっと大きな問題です。
 今ある自然を破壊して自然の移植事業をすることなど真の自然再生ではないはずです。事業起こしのための環境再生にさせないためも県民である私たちが最しく監視しなければなりません。
  その意味でも東京湾で唯一、原風景を留める小櫃川河口・盤洲干潟を後世に負荷のない状態で残すべきなのです。漁業を営む人々も魚介の生まれる干潟は大切に守るべきということは一致しています。残るは守り方にあります。報告にもあるとおり、開発が始まって間もない現在でも干潟の植物に大きな異変が現れています。まだまだ時間がたってみなければ判らないことがたくさんあります。取り返しのつかない状態になる前に何としても原風景を守りたいものです。
                                  以上
                          

 
「干潟を守る日2002」
 東京湾の干潟保全を目指すシンポジウム宣言

 2001年6月23日設立された本連絡会はちょうど本日、1周年を迎えました。
 総会でも報告したとおり、この間、連絡会としては可能な限りの活動をして参りました。
 私たちの活動は、時には行政や開発業者などと対峙することもありました。
 また、これからも避けて通れないと考えますが、それは、その中から新たな方策が見いだされ、自然が大切にされる方向に進むと信ずるからです。
 現行法では、その運用によって自然はおろか命の水でさえ守れないのが実態です。したがって現状を広く市民に知らせ、市民の声を結集して、更に意を同じくする団体と協同してそれを行政や業者に訴えることから問題解決の糸口が見えてきます。
 千葉県は、現在、環境再生を声高に打ち出しています。失われた自然を再生するというものですが、再生の方法に充分な議論が必要であり、現在残されている貴重な自然を保全することが前提でなければなりません。破壊と再生のサイクルでは真の自然は残りません。

 干潟を守る人々の連帯は確実に広がっています。7団体で出発した連絡会も現在では県内の主な干潟・自然保護団体が結集する14団体までになり、大組織に発展しています。そして本日実施のシンポジウムは、全国の干潟を守る仲間と連帯する『干潟を守る日2002』の行事の一環として計画されたものです。それは、30年来、三番瀬や金田の海など、東京湾を守ってきた先達のふたたぴの出会いでもあります。
 これを機会に私たちは、さらに多くの市民・環境保護団体と情報を共有、協力しあって、地域での干潟保全を訴え、東京湾全体の環境保全を目指します。
   以上、本シンポジウム参加者の宣言とします。

   2002年6月23日

   東京湾の保全を目指すシンポジウム 参加者一同

next page 7号へ
top page
menu page