next page 8号へ
top page
menu page

盤洲干潟通信 7号 (2002.9.18発行)

                                     
  小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会代表 :小関公平  0438-23-1357
  事務局 :〒292-0434千葉県君津市向郷681 tel&fax 0439-27-2245
        御簾納照雄  郵便振替口座番号:00150-1-550544


ハママツナ群落絶滅! シオクグも危ない !


  去る8月3日(土)、第2回盤洲干潟学校でも参加の皆さんにご確認いただいたとおり、小櫃川河口域に元気に成育していた底生植物・ハママツ ナ群落(県が特定植物群落として設定)はほぼ絶滅してしまいました。 シオクグも少なくとも3分の1以上はなくなり、残った群落のほとんどが先の部分が枯れています。
 原因としては、付近に昨年開業した温泉施設が疑われますが、早急な原因調査を県・市に要請しています。先日、県から回答がありましたが、市が許可した施設だからと逃げています。県の担当者に直接合って、再度、 詳細な調査を強く要請します。(要請書と回答書は下記に掲載)


第3回盤洲干潟学校 大好評につき連続計画


盤洲干潟学校 長靴、弁当、飲み物、帽子、(あれば双眼鏡)などご持参下さい。

 9月23日(秋分の日) 9時半集合
場所:木更津市金木橋(袖ケ浦側)
  注:雨天中止 (資料代200円)
講師:盤洲干潟防人桐谷新三氏

*「千葉県野鳥の会』と合同で実施します。
東京湾は渡り鳥の結集地でもあり、この季節はシギ・チドリの渡りのシーズンです。またカニや海浜植物もたくさん見られます。干潟を歩きますのでぬれてもよい靴、まだまだ日ざしが強いので帽子も忘れずご持参下さい.しています。
終了後幹事会を予定しています。


                                    2002年8月9日

  千葉県知事堂本暁子様


                        小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会
                          代表 小関 公平
                         事務局君津市向郷681御簾納照雄
                         tel&Fax 0439-27-2245

要請書


 知事におかれましては、日夜、県民の文化・福祉向上のためご配慮下さり、 深く感謝申し上げます。 さて、私たち連絡会は、名称のとおり小櫃川河口域に残された東京湾唯一の貴重な干潟を保存するため、昨年6月設立された市民団体です。 この度の要請は、去る7月1日付、金田の海を守る会・桐谷新三代表より知事宛提出済「要望書」にも記されているとおり、今春より小櫃川河口周辺域の植物群落に大きな変化が現れている事についての調査と原因の究明についてです。

1.東京湾沿岸では小櫃川河口域のみにしか植生しない貴重な植物であるハママツナ(特定植物群落「小櫃川河口の塩湿地群落」)が壊滅状態になっている事について

2. さらにシオクグについても既に3割以上は枯れてなくなり、葉先が黄色に枯れたものが目立っていることについて(このままでは全減は時間の問題です)

環境の変化で考えられるのは、2000年7月開業した三日月ホテル経営温泉施設の日量500トンの排水です。さらに本年7月開業の三日月ホテルの排水を合計すると日量1000トンに達します。また、つい先日判明した事は、 小櫃川河口三角州に隣接して子供対象の巨大遊戯施設が開発許可されました。 これらの事から、日本に誇る小櫃川河口・盤洲干潟の貴重な自然は次々と 失われる危険性が高く、早急に現地調査と原因究明を要請致します。


                                       自第351号
                                    平成14年9月5日

小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会
            代表'小関公平様

                     千葉県環境生活部自然保護課長

  要請書の回答について


   平成14年8月9目付けで要請のあったこのことについて、別紙のとおり、回答します。

(別紙)

回答書

1 現在、自然保護課で行っている施策について
千葉県の優れた自然の風景や自然環境を守るため、自然公園や自然環境保全地域等の指定を行い、法令等の規定に基づき、開発の規制を行っています。また、法的規制のかかっていない区域の自然を守るためには、レッドデータブ ックの活用等により、地域住民や開発事業者に対し自然保護思想の普及啓発を行 い、自然環境の保全を進めていくことにしています。

2 ハママツナ群落等の絶滅問題について
当該地は、東京湾沿岸に残された貴重な干潟であり、環境省により、「小櫃川河口の塩湿地群落」として、特定植物群落に選定されており、その生育状況及び変化の状況の把握に努めているところです。 地域の自然環境を守るためには、行政、事業者、一県民等がそれぞれの役割に応 じて取り組んでいくことが必要です。
御指摘のあった開発事業は、木更津市の許可を受け行われたものであり、開発 行為が環境に与える影響は、事業者が必要に応じて調査していくことが重要と考 えています。


  盤洲干潟環境に大きな変化
     盤洲干潟学校参加者 驚きの声
   千葉県野鳥の会と共催

 8月3日(土)・本会主催 干潟学校(観察会)、千葉県野鳥の会は自然観察会を 開催しました。参加者は総勢40名でし た。盤洲干潟防人:桐谷新三氏(当会副代表)から、 底生動植物など含む環境すぺてにわたる詳しい説明を受けました。すでに1〜3 ぺ一ジにも触れられているとおり、ハママツナ・シオクグクは大打撃を受けている 様子が良く分かりました。このことを県や市に文言(要請書・要望書)をもっ て知らせているにもかかわらずまったく腰が重いといわざるをえません。 県は「市が許可した開発行為であり、それが環境に与える影響については業者が調査することが重要」と述べていますが、業者が例え自ら調査したとしても、悪い結果が出たときそれをきちんと公表するでしょうか。開発行為そのも のも私たち環境団体との語し合い途中で打 ち切り、工事を強行した会社です。桐谷新三氏は金田の海を守る会代表、また元木更津市社会改育委員としてもこの件は黙っていられないと謡っています。連絡会としても早急な原因の究明を求めています。なお、この日確認された野鳥は38種類で、コアジサシは20,000羽でした。


   木更津市 遊戯施設開発許可!

 木更津市は6月17日付けで「民話・童謡の里」開発を許可しました。連絡会は許可に関わるすべての書類を情報公開で得、現在精査中です。

                                     2002年8月19日

千葉県総合企画部
 三番瀬プ回ジェクトチーム御中

                               小関公平
                               木更津市清見台2-9-111
                               tel.&F 0438-23-1357
                               御簾納照雄
                                君津市向郷681
                               tel &F 0439-27-2245

三番瀬の再生に関する意見

 私たちは、三番瀬の埋立が中止と決定したとき、このことは盤洲干潟と共に 東京湾の自然の一部を後世に残すことができる、と安堵しました。しかしそれもつかの間、「三番瀬の再生」という名のもとに「造成工事」をするという声が大きくなっているとのマスコミ報道に驚いております。 同じ東京湾に残された、小櫃川河口・盤洲干潟の地域から意見を申し上げま す。
  私たちは、今春実施された三番瀬を守る市民主催の猫実川河口域生物調査に参加しました。2回参加しましたが、そこで感じたことを一言で表現すると、 「この海域は生きているいる」ということです。 5月の参加では、深さ1Oセンチメートルまで引いた瀬に船で実際渡りまし た。そこで浅瀬特有の水のきれいさに出会いました。護岸からは見えませんが 透明度の高さに、やはりこの広大な瀬が水を浄化していると納得しました。粘土質の浅瀬は穴だらけなのです。そこに棲息する底生動物、微生物たちが水を きれいにしているわけです。 浦安方面のマンション群、高い護岸の狭間にありながら海の香りがして、ま さに都市近郊のオアシスであると感じました。三番瀬周辺は埋め立てられた詰果、現在があり、しかしその自然は踏ん張って多様な底生動物を育んでおりま す。
この海域は死んでいる、人工干潟が必要だ、などの声は単に事業をしたい側 の発想ではないでしょうか。まだまだ生きている海を死に追いやるものです。 アサリが取れるようにとの発想も、なぜアサリがいなくなったかを考える必要があります。自然を「目先の利益を失むもの」としか見ないのは間違ってい ます。人工干潟が成功した例があるでしょうか。前例の愚は繰り返さないというのが人知と言うものです。市民がその自然に触れられる、いわゆる親水域と しての整備、つまり護岸から降りられる場所を数カ所程度造ることで、東京湾 に残された少ない自然をありのまま残すことを要請・提案致します。  以上.



盤洲干潟は貴重な自然

NGOオーストラリア副議長が調査視察


木更津市の盤洲干潟の調査のため29日、オーストラリア政府から依頼されたNGOオーストラリア・アジアのシギ・チドリ研究グループ(AWSG)の副議長のフイル・ストローさん(61)が来日、木更津の地元干潟研究家の桐谷新三さんの案内で現地を精力的に観察した。フイルさんに同行して来た、日本湿地ネットワーク運営委員の柏木実さんの通訳で、短時間であってが調査後、フイルさんは「この盤洲干潟の規模の広大さ、底生生物、塩性植物などの多様性等は、今回、日本の主な干潟を調査してきた中でも非常に重要な生産力の高い場所であると思った。これからはこの貴重な自然を市民が守っていくことが大事です」とコメントした。フイルさんは来日後、沖縄泡瀬、博多和白、四国吉野川河口、名古屋藤前、根室風蓮湖を視察して木更津市へ。そして30日には谷津干潟と船橋市川の三番瀬を調査視察し31日帰国した。          2002.9.3 房総時事新聞



                             2002年(平成14年)9月2日

木更津市長 水越勇雄様

                         木更津市中島1962-7番地
                          金田の海を守る会代表桐谷新三
                        小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会
                          代表小関公平

要請書

謹啓、残暑の侯、水越市長様には日夜、市民の福祉向上のために御心労下され、深く感謝を申し上げます。
このたびの要望は、平成14年7月1日に千葉県知事堂本暁子氏に提出した、小櫃川河口干潟に植生する底生植物ハママツナ群落「環境省により、小櫃川河口塩湿地群落」と して、特定植物群落に選定されている。」の絶滅と、絶滅寸前のシオクグ群落の原因究明 の問題でございます。(別紙参照) このような異常事態の中で、千葉県堂本知事からの回答は、「小櫃川河口の塩湿地群落」として、特定植物群落に選定されており、その生育状況及び変化の状況の把握に努め ているところです。 また、ご指摘のあった開発事業は、木更津市の許可を受けて行われたものであり、開発 行為が環境に与える影響は、事業者が必要に応じて調査する事が重要と考えています。と 回答してきました。 このため、木更津市長様は、早急に三日月ホテル側に現地調査を要請し、ハママツナ群落とシオクグ群落の絶滅に起因するものが温泉排水であるか、明確にして頂く事を要望いたします。 調査結果は、自然環境保護に関心の高い市民や自然保護団体に対して説明会を開催して下さるようお願い致します。                 以上


  小櫃川流域で水質調査

 去る8月17回(土)、当会事会他 6名が参加し、小櫃川上流及び君津市長者付近の同支流御腹川を水質調査しました。 調査項目は、水温、pH、電気伝導度、塩素イオン濃度、酸化還元電位、 COD、NH4、−N、N02、-N、な どで、その他水生昆虫なども調査しま した。その結果、異常が示されたのは 御腹川の上流に位置する日出沢です。 電気伝導度が通常の2〜3倍の値が検出されました。上流に産廃場があることから、県産廃課に連絡、原因の究明を要請しています。


10/27(日) 午後1時〜
小櫃川の水を守る会総会
 
場所:木更津市絵合福祉会館
  講演 佐久間充教授(女子栄養大)


        資料代;500円
        佐久間教授は岩波新書「ああダンプ街道」、「山が消えた・残土
        産廃戦争」の著者でもあります。


11/30(日) 紅葉の七里川渓谷観察会
集合場所:JR久留里線上総亀山駅

時間;午前10時半

   弁当、長靴等持参



      *18時から宿泊懇親会を予定しています。懇親会のみ
        参加も歓迎。
申し込みは事務局までお早めに。

<会員になって下さい>
盤洲干潟や周辺環境を守るため、行政・業者への要請や他組織との情報交換、学習会、通信発行など、行っています。これをさらに発展させるためにも会員を継続し、また友人・知人を お誘い下さるようお願い申し上げます。

年会費 個人1000円 団体2000円 便利な郵便振替口座をご利用下さい
.口座番号は
00150−1−550544 
        小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会

next page 8号へ
top page
menu page