next page 9号へ
top page
menu page

盤洲干潟通信 8号 (2002.12.25発行)

 小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会代表 :小関公平  0438-23-1357
 事務局:〒292-0434千葉県君津市向郷681 tel&fax 0439-27-2245
        御簾納照雄  郵便振替口座番号:00150-1-550544


大好評につき連続計画 第4回盤洲干潟学校  

湿地帯で説明する写真 

写真:ほんのわずかに残ったハママツナの生態について説明する
  桐谷副代表。 2002.10.20.

今回は海苔のこと、たくさん見られる鴨のことについて学習します。
2003年1月3日(金)9時半集合 注:雨天中止
場所:木更津市金木橋(袖ケ浦側) (資料代200円)
講師:盤洲干潟防人 桐谷新三氏 (本会副代表)
『千葉県野鳥の会』と合同で実施します。
長靴、弁当、(あれば双眼鏡)などご持参下さい。

  高校退職教員の会「盤洲」を学習

 11月19日、高校を職8された15名が盤洲干潟学習会に参加しました。東葛、松戸、印旛、船橋から安房地域まで、県内広範囲からの参加です。講師は当連絡会の桐谷新三副代表、小関公平代表らが務めました。
金田地域の歴史、底生動植物、海苔養殖の歴史など、そして、昨年・今年と相次いで温泉施設やホテルが干潟に隣接して開業したことによって、現在ハママツナ群落が絶滅の危機にあること、シオクグも3割以上枯れてしまった様子など詳細にわたり、約3時間にわたる講演に皆さん熱心に聞き入っていました。
スコップで、地中深く冬眠に入ったばかりのアシハラガニを掘りとって手のひらに載せると手のぬくもりから横になっていた目が90度起きて周囲を見始め、やがて動き出すなどなど大変おもしろい体験もしました.

 湿地帯で説明する写真02

 写真:シオクグの生態について学習する高校退職教員の皆さん
     2002.11.19


  ここ3ヵ月の動き

9/23(日) 第3回盤洲干潟学校(6ぺ一ジ)

9/26(木) 県自然保護課へ9月5日付回答に対して再要請(4.5ぺ一ジ)
小関代表、桐谷副代表他参加。前号3ぺ一ジに回答書を掲載してありますが、ハママツナなど底生植物が全滅の危機にあることに対して、あまりに無責任な回答に驚き、直接県庁に出向いたものです。
全滅の危機の原因調査要請に対して自然保護課には調査の手段を持たないとのことです。同じ環境生活部の中には水質保全課があるにもかかわらず、横のつながりはとりにくい(調査依頼ができない)とは情けなくなります。県中央博物館に相談すると回答しました。 *同日自然保護連合幹事会参加

9/30(日) 木更津市宅地課長、環境部長へ要請 
小関代表、桐谷副代表、植田幹事他参加
県自然保護課へ提出した文書を示しながら、ハママツナやシオクグが壊滅的な状況になっていることについて、県と連絡を取りあらて調査するよう要請しました。そして温泉施設とホテルが開業してこのありさまですから遊戯施設「民話の里」は開発を凍結すべきであると宅地課長に迫りました。遊戯施設は毎回開かれる説明会で私たち市民団体に入場予定を350名と説明していたものが「開発許可申請書」の情報公開請求によって研修棟は350名収容であるものの日帰りを含めると1500名の入箏を計口していることが判明しています。
1日あたり入場が350名とし、その人数に基づいて水処理施設・排水量などをわたしたちに説明してきました。入場者数、排水量を3分の1と少なめに説明してきたことは干潟へのダメージを小さく見せかけるもので市民を欺くものです。そのような会社がこの施設を準教育的な施設だと説明しても私たちは納得できるものではありません.宅地課長は建築確認申請書が提出された段階で私たち連絡会にそれを(水処理施設も含め)公表すると約東しました。

10/20(日)ウラギク満開
昭和50年代に県が誤ってブルドーザーでほぼ全減させてしまったウラギク群落跡に今年は数株が薄紫色の可憐な花をつけました。来年は同じ時期に「ウラギク観察会」を実施したいと思いますので楽しみにしていて下さい。

10/27(日)小櫃川の水を守る会総会(木更津市民総合福祉会館)
盤洲干潟を守る活動報告

10/28(月)自然保護連合幹事会参加(千葉プラザ・菜の花)

11/9(土)博物館シンポジウム(千葉)参加協賛
今年6月、県が「行財政改革」の一環として県内にある11博物館の焼廃合を検討していることが報道されました。これについて、県内外の50の自然保護団体・NP・個人が統廃合反対と博物館機能の一層の充実を求める要請書を県宛提出するとともに、関係者による開かれた対話を行うことを申し入れ、このシンポが実現しました。
当日、三番瀬関連の行事他が重なったにもかかわらず約180名が県立中央博物館に集まり、関心の高さを示しました。地域の文化の中心となるべき博物館の一層の充実(陳列・展示の場から、対話・協同へ、総合学習や生涯学習の場としてなど)を求める意見が圧倒的に多く出されました。県側から参加した教育庁生涯学習部文化財課主幹はこれらの声を持ち帰ることになりました。
県自然燥護課も盤洲干潟のハママツナ群落など絶滅に瀕している状況調査については、頼る部署は博物館と発言しています。博物館は自然保護の罰点からも大変重要な役割を担うなくてはならない『部署』です。

11/19(火)高校退職教職員の会 盤洲干潟学習会(1ぺ一ジ)

11/30(土)紅葉の七里川渓谷観察会
今年は紅葉がやや早かったものの、佐野今朝雄講師(小櫃川源流域の自然を守り育む連絡会代表)の解説を聞きながら色とりどりに染まった山を川床から、また林道からめでながら楽しみました。
 裁判中で多忙の中、天羽の水を守る会代表・安田貞夫ご夫妻も参加されました。まずまずの天候の中20名が参加しました。

12/14(土)君津市君津中央公民館主催小学生30名が盤洲千葛学習会



平成14年9月26日
千葉県知事堂本暁子殿

                      小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会
                              代表小関公平
                              木更津市清見台2-9-11
                           金田の海を守る会桐谷新三
                              木更津市中島1962-7
                 要望書
             (仮称)
        民話・童謡の里の開発行為許可の凍結を

 謹啓 秋冷の侯、堂本知事殿には、日夜、県民の福祉向上と県政発展のため、御尽力されている事に深く感謝を申し上げます。
さて、小櫃川河口干潟に接続して建設計画が進められている、(仮称)民話・童謡の里計画の開発行為認可の問題であります。
平成14年9月12日、木更津市役所都市部宅地課において確認したところ、開発行為許可が決定しておりました。しかし、開発行為許可書には、汚水処理施設の計画が無く、汚水を中水として敷地や植木に撒いて処理する計画になっております。建築物には、汚水処理施設が最重要課題であるのに納得できません。
現在、小櫃川河口干潟は、スバ三日月の温泉排水が原因と思われる環境破壊が進行し、環境省が指定した、「千葉県指定記念物のハママツナ群落」が絶滅いたしました。シオクグ群落も絶滅の寸前です。
小櫃川河口干潟の自然環境保全のため、以下の5項目を指摘し、民話・童謡の里計画の開発行為許可決定を凍結して下さる事を要望いたします。

1 (仮称)民話・童謡の里建設計画凍結の理由として、汚水排水処理施設計画が明確にされておりません。
 1年間に、54万人もの入場予定者数が記載されており、その汚水を中水として敷地や植木に散布して処理する計画は無謀です。環境行政を無視した暴挙であります。
汚水排水処理施設計画を明確にし、排水口の設置を確認するまで、開発行為許可を凍結して下さい。

2 (仮称)民話・童謡の里建設計画図は、宿舎を干潟こ接統して建設する計画でした。宿舎の前面には浸透実験池が位置し、野鳥の生息環境を破壊いたします。また、地球上で最初に発見されたキイロホソゴミムシの生息場所でもあり、宿舎の建設位置を変更しビフオート池を前面に建設する事に変更しました。設計変更した図面が添付されておりません。

3 アプローチ計画では、自動車の乗り入れは、海岸道路整備以降の平成15年からの通行を予定していると説明しております。この海岸道路は、建設省がサイクリング道路やジョギング道路として整備したものであり、観光バスの乗り入れは禁止です。現在、高須水門地点は、ガードレールによって車両の通行を遮断しております。
また、高須水門は、金田(西・東)特定土地区画整理事業で、雨水排水動力ホンプを建設する事が確定しております。大型車両の進入は禁止です。安易なアプローチ計画には納得できません。

4 小櫃川河口干潟の埋立て地に進出したスパ三日月の温泉排水が、干潟の環境破壊の原
因になっている疑いがあります。
平成14年7月1日、堂本知事殿に、環境省が指定した、千葉県指定記念物のハママツナ群落が絶滅し、シオクグ群落も絶滅寸前にある事を報告し、因果関係の究明を要望いたしました。県からの回答は、木更津市が認可したものであり、木更津市が事業者(スパ三日月)に調査を要請すべきと書かれておりました。
早速、木更津市の水越市長様に要望書を提出いたしました。今後も、堂本知事殿の御指導をお願い致します。

5 小櫃川河口干潟の環境破壊が更に深刻になり、金田漁協の海苔養殖場やアサリ養殖場にまで拡大しますと、金田漁民は死活問題になります。
小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会は、関係機関に対して因果関係の早期究明を要望しております。
(仮称)民話・童謡の里建設計画の開発行為が許可されており、着工されますと、環境破壊は複合汚染となり、原因の究明が困難になります。
(仮称)民話・童謡の里建設計画の開発行為許可を凍結し、因果関係の究明を早期に実現して下さる事を要望いたします。
                                       以上

 枯れたシオクグの写真

   写真:根腐れで枯れたシオクグ、数百メートル先は巨大温泉施設とホテル
       2001.9.23

  無残 ! 盤洲干潟

                                   北澤真理子
去る9月23、小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会の干潟学校に参加しました。千葉県野鳥の会の定例観察会のメンバーとも合流し、30名ほどで歩きました。
金木橋から畔戸に向かっていくと、いつも富士山が見えるはずのところに龍宮城のホテルがあってまるで城壁のように視界をさえぎり、これが手始めのショックでした。干潟の防人・桐谷さんの説明を口きながら河口を歩きます.台風の残した雨量の間から空がのぞき、八丈菜の花の黄色も鮮やかです.クコの花はしみじみ見ればフランス風の洒落た紫でした。気持ちの良いいつもの干潟です。でも何かが違います。
 私はパソコンの壁紙にこの河口の一年前の写真を使っています。毎日見ている写真と違うのは、岸辺にあったハママツナ、シオクグがなくなってしまっていたことです。砂地になってしまったところに「ハママツナを大切にしよう」のメッセージが墓標のように建っていました。この急激な変化は龍宮城から出る洗剤まじりの多量の排水からではないか。素人の私にはそうとしか思えません。
 続いて桐谷さんがウラギクの咲く場所に案内してくれました。一面ウラギクの写真を見たことがあります。桐谷さんの資料によれば万葉集に「植えてみるところなにも似ぬものは畔戸に咲ける白菊の花」という歌があるそうです。
昭和60年5月にブルトーザーの侵入によって一面が破壊されました。ウラギクはやっと少し増えて、毎年10月半ば過ぎ5日間ほど咲いて綿毛となって散っていくそうです。桐谷さんはその綿毛のほとんどが風向き関係で川に落ちて流されてしまう。反対側の風が吹けば種が落ちてもっと増えるのにと、残念そうでした。この場所も反対側の護岸工事によってポートなどの波が強く当たり、砂が洗われでどんどん後退しています。
 さて、小櫃川洞口・盤洲干潟を守る連絡会は、この隣接地に子供用遊戯施設「童謡の里」の建設を知り、木更津市の仲介のもと、建設及び住民対策を請け負った東急建設と着工主の市川商工会議所会頭・佐藤フジエ氏と話し合いを続けてきました。県の自然保護課とも、この地域を保全する方向で合意してきました。ところが、その話し合いの途中で木更津市の宅地課が開発許可をし、この施設は子供たちを自然に触れさせる情操教育の場として建設されることになり、運営にかかわるという自然保護団体まで現われてきました。この日、無惨にも枯死寸前の讐しいハママツナ、シオクグの群落を目の当たりにし、羽を休めるシロチドリや群れになって元気に飛ぶカワウたちの姿に、この遊戯施設が開設された場合の自然に対する負荷を思うと心配でたまらなくなりました。
 盤洲干潟を守るために、この場所が直面している危機を広く知らせる必要を感じます。あらゆる方法で守っていきましょう。

next page 9号へ
top page
menu page