next page 10号へ
top page
menu page

盤洲干潟通信 9号 (2003.8.1発行)

 小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会代表 :小関公平  0438-23-1357
 事務局:〒292-0434千葉県君津市向郷681 tel&fax 0439-27-2245
  郵便振替口座番号: 00150-1-550544


  第6回盤洲干潟学校 大好評につき連続計画
  コアジサシの大群を見よう

   長靴、弁当、飲み物、帽子、(あれば双眼鏡)などご持参下さい。
   9月23日(秋分の日) 9:30集合
   場 所 木更津市金木橋(袖ケ浦側)
        *『千葉県野鳥の会』と共催です
   この季節はシギ・チドリの渡りのシーズンです。
  八月は夏の風物 「1万羽を越えるコアジサシの大群」 が見られます。
 また他のシギ・チドリ、カニや海浜植物も。4月の「第5回盤洲干潟学校」実施の際見られた植物の変化なども観察します。干潟を歩きますのでぬれてもよい靴、日ざしが強いので帽子も忘れずご持参下さい。


   予告

第3回総会&特別講演

    日 時 : 923日(秋分の日)  15時〜
    講 師 : 田久保晴孝氏 (三番瀬を守る会代表)
    場 所 : 木更津市民会館小ホール

詳細は次号


 過日、三番瀬円卓会議メンバーの依頼で盤洲干潟を案内した桐谷新三副代表が、その際「盤洲干潟の自然環境」として配布した一部を掲載します。実際の案内では更に多くの肉付けがされた内容になるわけですが、このままでも大変参考になります。会員の保存版にしたいと思います。

盤洲干潟の自然環境 (部分掲載)
盤洲干潟防人 桐谷新三

 歴史と変遷

 ※海岸線の変化
 昭和20年代初期の海岸線は自然海岸で、コンクリト堤防は建設されていなかった。牛込海岸から畔戸海岸まで太い丸太の櫓が組まれ、櫓の中に房州石が詰められた防波堤であった。3万坪理立地の前面で過去の名残を見る事ができる。海岸の陸上部には巨大な松並木があったが、昭和40年代の大気汚染で絶滅した。

 ※三角州の変化
 昭和60年5月に県のブルドーザによって破壊され、貴重なウラギクが絶滅した。現在は船の引き波による浸食が進んでおり、県に防止対策を要望書で提出したが対策がないとの事である。底生植物のシオクグやハママツナにも異変が発生しており、ハママツナは全滅状態である。

 ※浸透実験池
 1964年〜1966年にかけて建設されたが、目的は、君津市に進出した新日本製鉄株式会杜が鉄を冷却するため、小櫃川の流水を使用する計画であった。しかし、塩分濃度が高いため断念した。現在は、野鳥の棲息地となっており、川鵜が5年ほど前から住み着き糞公害が発生している。

 ※後浜干潟への土砂投棄
 昭和49年6月、後浜干潟の一部、4万3千平方メートルを所有している若築建設株式会社が、小櫃川の浚渫砂で埋め立てを開始した。しかし、自然保護団体や海洋学者の反対によって断念した。近年、小櫃川河口干潟の自然保護運動が高まったので開発を断念し、土地の全域を千葉県に寄付した。

 ※小櫃川の氾濫
 暴風や大雨による堤防の決壊についての話が多く伝承されている。特に享保16年の大洪水で堤防が決壊し、久津間村が分断された事は有名である。その後に、幕府によって堤防の改修が実施され、2年後の文政10年に完成した。この工事の時に砂防目的で松苗1万本が植樹された。その後の嘉永2年にも改修工事は継続された。

 ※東京電力発電所の影響
 昭和54年3月、金田漁業組合と牛込漁業組合は、4号発電機の稼働について覚書を締結した海苔養殖に温排水が被害を発生させないよう努める約束であったが、結果的には公害が発生した。手込漁業組合員に損害補償金が支払われ、多くの漁民が海苔養殖権利を放棄した。 金田漁業組合は・温排水の調査資料が無い理由で被害補償から除外された。

 ※水銀の影響
 昭和48年を前後として、金田漁場の隣接地で操業する住友千葉化学工場より大量の水銀が東京湾に捨てられた。そのため、膨大な奇形魚が発生し、甚大な被害を受けた。特にハゼやスズキに背骨の曲がったものが多く見られた。東京の築地魚市場では、東京湾のスズキは取引停止となった。

 ※東京湾横断道路の影響
 木更津人口島の工事でヘドロ対策が不十分であった。そのため、ヘドロの拡散が進み、海苔養殖に被害が発生だ。しかし、日本道路公団の調査結果では、ヘドロ拡散は無いとの発表が続き、漁民は反発した。 潮流の変化は現在も続いており、魚の棲息地が変動したと.いう事である。
 
 ※ホテル三日月の影響
 金田漁業組合・金田区長連合会は温泉排水の被害補償協定書を締結した。温泉排水公害については様々な意見があり、確証を握ることは困難である。 しかし、三日月スバの操業以来、干潟のシオクグやハママツナに異変が発生している事は事実である。

 ※民話・童謡の里
 すでに建設許可がおりているが、汚水対策が不十分である。そのため、木更津市は最終的な許可段階で、自然保護団体と話し合いをする事が約束された。


 去る5月、桐谷氏の奥様がご逝去されました。謹んでお悔やみ申し上げます。
前号「盤洲干潟通信」などでお知らせしているとおり、昨年から金田地域では、ノリ、アサリが採れない、底生植物群落が枯れるなど大きな問題が発生しています。今までなかったことが起きた原因は、一昨年そして昨年、開業した温泉及びホテルの日量10()()トンに及ぶ排水ではないかと、当連絡会で調直を実施しています。その結果、COD20、アンモニア性窒素8 (単位はいずれもPPM)など、水質汚濁防止法の上限をはるかに上回る数値、それに近い数値を示しています。
 私たちは、温泉施設やホテルがどのような水処理施設をもつのか、千葉県の建築指導課に「建築確認申請書」の情報公開を求めましたが、大切な部分は非公開ないしは情報がない、という回答でした。その件について次のように「異議申立」をしたところ、情報公開審査会に諮問したとの通知が届き、第三者機関が非公開とした部分について審査することになりました。情報を公開するための条例(県の情報公開条例前文)が泣きます。


 異議申立書

平成15年5月29日

千葉県知事堂本暁子 様

異議申立人 御簾納照雄

  次の通り異議を申し立てます。
  1. 異議申立人の住所、氏名
    下葉県鳥津市向郷681番地  御簾納照雄
  2. 異議申立てに係る処分
    平成15年3月28日付「建第618号」による行政文書部分開示決定に係る処分
  3. 異議申立に係る処分があったことを知った日
    平成15年4月4日
  4. 異議申立ての趣旨
    2に記載の処分について、個人の印鑑の印影を除く部分について公開を求める。
  5. 異議申立の理由
    (1)行政文書の開示があった、去る4月4日、「公開できる部分の文書はこれだけです」と担当者から32枚の書類を渡された。
    その中には文書の目次もなければ公開できない部分についての書類名の明示もない。従っでどのような書類が存在し、そのうちの何が(どの部分が)公開できないのかがまったくの不明である。
    (2)公開できない部分の書類名が判明しなければ、何についての、どのような生産技術上のノウハウなのかも不明である。
  6. 処分庁の教示の有無及び内容
    「この決定に不服があるときは、行政不服審査法第6条の規定により、この決定があったことを知った日の翌日から起算して60日以内に、千葉県知事に異議申立をすることができる。」との教示があった。   以上

    以上の申立に対して下記のような「諮問通知書」が送達されました。

 

諮問通知書

建 第   150号
平成15年6月25日

御簾納照雄 様

千葉県知事 堂本 暁子 公印

 千葉県情報公開条例第20条第1項の規定により、次のとおり千葉県情報公開審査会に諮問したので、同条例第21条の規定により通知します。
 不服中立てに係る開示決定等
 年月日等  
    平成15年3月28日付け 建第618号 部分開示決定
 行政文書の件名又は内容
    平成11年11月1日付けH11認建千建000200号に関わる
    確認申請書の図
 不服申し立ての内容(諮問に係わる部分)
    平成11年11月1日付けH11認建千建000200号に関わる
    確認申請書の図書の部分開示決定に係わる異議申し立て
 不服申立てがあった日
    平成15年5月29日
 諮問した日
     平成15年6月24日
 担当課(所)
     都市部建築指導建築企画室
     電話番号(043)223−3181

カニたちが熱烈歓迎
盤洲干潟観察会
                          千葉土建主婦の会:北沢真理子

 7月12日、千葉土建主婦の会千葉支部の一行が盤洲干潟観察会を行いました。
これは残された千葉の貴重な自然を守ろうと活動している主婦の会の環境部で、全労済の環境事業補助金を受けての行動の一環として取り組まれました。
当日は小関代表をはじめ、佐野さん、山田lさん、御簾納さんが出迎え、午前中、市原で産業廃棄物不法投棄現場の案内をしてきた片田勇さんも合流しました。
 釣り宿「与兵衛」での昼食休憩では、この干潟の貴重さと、温泉施設・ホテルの営業開始後、絶滅に瀕している底生植物たちとの関連性についてなど、小関さんと御簾納さんから説明を受けました。そしてそこにまた自然を売り物にした児童の遊戯施設をつくろうとしている業者が出現、木更津市に働きかけて計画を進めていることも。
 そのあと一行は干潟に向かいました。梅雨の中休みの陽射しの中、「子供の頃にこんなところを歩いたね」などと話ながら進む海への長いアプローチこそ今はどこにもなくなってしまった盤洲干潟の財産です。途中、潮の引いたクリークヘ出ました。そのとたん、参加者から歓声があがりました。数え切れないチコガニの群れです。狭いテリトリーでさざめき交わしあいながら白いハサミを振っています。人間たちの耳には「ワンワンワン」という鼓膜の振動しか感じられませんが、彼らは何を言い交わしているのでしょうか。熱烈歓迎に感謝です。カニたちの楽園の向い側の洲は塩性植物、シオクグとハママツナの被害が最もひどいところです。冬枯れのとき見たよりももっとひどくなっていました。温泉施設とホテルの方向から流れてくると思われる位置です。
「絶対あそこが犯人だよ」「ひどいね」、素人の強み。調査、検査の結果を待たなければならない専門家より素早い、素直な感想が出ました。
干潟に出て、「広いね」「何にもなくていいねえ」「ここにこんなところが残っているなんて知らなかった」「子供達を連れてきて見せてやらなくちゃ」など、参加者たちは海からの気持ちよい風にいつまでも吹かれていたい様子でした。
 地元金田小学校の「干潟を守ろう」の看板に励まされ、暑い暑いといいながらも、帰り道はそれぞれゴミを拾いながら帰りました。
 この日の様子は、8月28,29日に・千葉市の生涯学習センターで開かれる『山から川そして海へ・私たちの環境展』で報告される予定です。
小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会のみなさん、いろいろ教えて頂き、本当にありがとうございました。

 『山から川そして海へ 私たちの一環境展
    とき  8月28日 午後1時〜6時
           29日 午前10時〜午後4時
    場所 千葉市生涯学習センター
        千葉市中央区弁天3-7-7
    夏休みの子供たちに、クイズ、自然の絵の展示などもあります。
    子供たちの絵をお寄せ下さい。
    くわしくは 電話 043-254-6956 阿部まで

 <これからの予定>
 8/9(土) 盤洲干潟学校(観察会) 9:30金木橋集合
 8/16(土) 小櫃川水質調査 9:00 久留里駅前集合
 9/23(火) 盤洲干潟学校(観察会) 9:30金木橋集合
 9/23(火) 第3回総会'講演会(講師:田久保晴孝氏(15:00〜18:00)
        木更津市民会館小ホール

 く会費納入のお願い>
昨年・『小橿川の水を守る会』と折半で水質調査器具、電気伝導度計を購入しました。海を守るため、川を守るため大活躍中ですが、その関係から会計が苦しい状況にあります。今回、事務局の不手際で振替用紙の準備が間に合いませんでしたので、恐れ入りますが郵便局の用紙で1頁の振替用紙をご記入の上、お振り込み、または幹事に直接納入をお願い致します。

top page
menu page
next page 10号へ