next page
top page
menu page

盤洲干潟通信 11号 (2004.2.20発行)

 小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会代表 :小関公平  0438-23-1357
 事務局:〒292-0434千葉県君津市向郷681 tel&fax 0439-27-2245
  郵便振替口座番号: 00150-1-550544


恒例となった 「1.3干潟観察会」

暖かい日でした

代表:小関公平

毎年1月3日実施の盤洲干潟観察会は、千葉県野鳥の会と共催のため、 40名ほどの参加者でした。 最初に立ち寄った河口中洲では一時絶滅かと危慣していたハママツナは 新芽がいくらか点在していて、このまま育ってくれることを願いながら、 その周囲に各人が手分けして人が踏まないように小笹を立てました。次に 枯アシに囲まれた一本道をとおり前浜へ出ました。そこで鴨撃ちに使った と思われる薬きょうを拾ったと見せてくれた人がいました。また、鍋いっ ぱいにアシハラガニを捕らえてカニチャーハンにして食べてしまったとか年末のテレビ朝日を見た何人かの話を聞いてあきれ果ててものも言えない気持ちになりました。このような例はごく一部で、貴重な干潟は荒らされ放題になっています。この地域がなんら法的な保護がなされていない結果 であり、今年こそ県や地元住民との話し合いを再開し、「千葉県自然環境保全地域」に指定されるよう運動しなければならないと思った次第です。 昨年同日は干潟防人・桐谷氏の指導で中洲クリークや、前浜に浮いてい た海苔を集めて一昔前の手すき用道具を使ってみぞれのちらつく中で震えながら手作り海苔を実習した思い出があります。しかし今年はクリークや遠浅の水面に漂流しているちぎれ海苔はどこにも見当たりませんでした。 これは全国的な温暖気候に加え、近年、近くに開業したホテル・温泉の放流温水で養殖海苔に大きなダメージがあったことがうかがい知れます。 先日、地元金田の人は海苔もダメだがあさりも粒が小さくてダメだとこぼしていました。さて、いくらか明るい話題を一つ.かねてより建設反対をしていた干潟に隣接する「民話・童謡の里」計画は、不況の折り柄、業者があきらめたのではないかと地元の噂ですが、施工業者に直接尋ねて確認したいと考えております。 会員の皆様方には今後ともよろしくご支援の程お願い申し上げます。


ハママツナの新芽を確認

                           本会幹事・会計 北沢真理子

 1月3日、恒例の盤洲干潟観察会が千葉県野鳥の会との共催で開かれ、40人ほどが小小櫃川を河口まで歩きました。当日はおだやかな快晴で、丹沢山系の山々は雪をまとって霞み、わずかにある雲はもう春の色をしていました。 河口では干潟の防人桐谷新三さんを中心にまずハママツナの調査。この地で 生まれ育ち、毎日でも来ていたいという愛する干潟を歩く桐谷さんの軽やかな足取りが参加者を元気づけます。今年の新芽が1センチほどの鮮やか黄緑の若葉を出しているのが確認されました。これからどんどん芽を出してスバ龍宮城からの廃液に負けないで育ってほしい願いながら、踏まれないようにと青竹を立てました。
年末に放映されたテレビ朝日の「いきなり黄金伝説」という番組で、この場所で取ったアシハラガニを大量に茹でてカニチャーハンにして食べてしまった ということが参加者から報告され、地元金田小の子供たちが「干潟の生き物を大切にしよう」と観察会や調査、浜辺の清掃なとしているのに、番組で面白半分に生き物の命を扱っていることについて異議の申し入れをしようということ になりました。
海岸に到着し、まずは1年を健康で干潟を守る活助に頑張ろうと乾杯。十勝産小豆を使った自慢のお汁粉、とん汁、それぞれの家の自慢のおせちを持ち寄 って楽しくお昼を食べました。
鵜を追い払いながら、ハヤブサの若い雄が交互に現れ、一番大きな杭に留ま り、あたりを脾睨、長い間その精悍な姿を見せてくれました。この日確認された猛禽類は、オオタカ、ハヤブサ、チュウヒ、ハイイロチュウヒの4種類で川 のほうで確認された400羽、500羽のヨシガモ、ヒドリガモの大群を始め として49種類の鳥たちに会うことができました。砂浜ではニホンスナモグリが見つかり、また割れたムラサキイガイの中からオオシロピンノの大きな個体が見つかり、子供たちが興味深そうに観察していました。ハママツナやシオクグの成育調査などを引き続き行い、また県への盤洲干潟保護の申し入れや東京湾のほとんど消失してしまった大規模な前浜、後浜を残したこの干潟の重要性 を広く市民に伝える活動などを確認して、新春干潟観察会は犬成功で終わりま した。今年も「ものわかりのよい」自然保護団体ではなく、「本当に自然を愛 し、自然を守る」自然保護団体として活動していきます。


写真で見る 「1.3盤洲干潟学校」

  写真をクリックすると大きくなります
ハママツナ
手前は枯れた昨年のハママツナ
左向こうに見えるのはシオクグ。
ハママツナの新芽
ハママツナの新芽
オオシロピンノ
ムラサキイガイと共生する
オオシロピンノ
砂浜の泡
潮が満ちてくるとゴカイ・カニ穴か
ら泡がたくさん出る。この様にして
干潟では海水に酸素がたくさん溶
け込む。(桐谷氏談)
ニホンスナモグリ
ニホンスナモグリ

1ヶ月後のハママツナ
見通しは明るくない     御簾納照雄

 1月3日の調査では新芽が1センチ程伸び、数もまあまあで、小関代表、北沢さんが報告しているとおりでしたが、1カ月後の2月1日(日)午後、再び調査に出かけました。現場に着いてびっくり、なんと新芽は育つどころか大きさははとんど変わらず、数は激減しているではありませんか。昨年の親木(枯 れて固く小さな木のように見えることから)がかばうように枯れたまま頑張っているのですが、あまりに数が少なく成育範囲も狭くなっていることから、昨年よりも激減することは確実ではないかと思われます。このまま盤洲干潟から姿を消すのでしょうか。ということは東京湾から姿を消すということになります。底生植物のシオクグについても、昨年は3割は枯れたと報告しましたがそれ以降被害はさらに拡大しています。
 海苔が採れない、アサリが育たない、採れない、このようなことが、干潟に隣接して建設された温泉施設やホテルが開業以来続いています。昨年、県自然保護課へ調査を要求しましたが、その後何の連絡もないまま推移しています。
 近日中に再度原因究明と対策を要請します。

ハママツナの新芽
ハママツナの新芽。 枯れた親に保護されながら必死で育とうとしているが数は激減している  04.2.1撮影
 *写真をクリックすると大きくなります

木更津CT制作が優秀賞に

「自然の宝庫・小櫃川河口干潟を守る防人」

NHK千葉ビデオコン 明日いっと6県で放映

03.10.28 新千葉新聞

 NHK千葉放送局開局六十周年を記念してこのほど、NHK千葉放送局主催「CAT ビデオコンクール」が行われ、木更津ケーブルテレビ制作の報道番組「自然の宝庫・小櫃川河口干潟を守る防人」が優秀賞に選ば れ、あす二十九日(水) 午前十一時五分からの 「いっと6県(NHK 総合・1チャンネル)」 の番組の中で紹介される。同コンクールには、県内のケーブルテレビ十三局が参加、最優秀賞一点と優秀賞三点が選ばれた。木更津ケーブルテレビ制作の同作品は、小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会(小関公平 代表)の協力で、地元金田の干潟の防人、桐谷新三さんにスポットをあて、盤洲干潟に飛来するコアジサシの観察会を取材、貴重な干潟の動植物などの保護に取り組む桐谷さんの思いを伝えている。この作品は、木更津ケーブルテレビで、九月の「週間トピック ス」で放映されたもの。


2004年2月16日

株式会社テレビ朝日様
番組制作担当者様

小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会
代表小関公平
千葉県木更津市清見台2-9-11
事務局:千葉県君津市向郷681
TEL&F 0439-27-2245

要請書

 私たちは、房総半島中部を流れ木更津市で東京湾に注ぐ小櫃川河口に広がる盤洲干潟を守る活動をしています。また本会は、小櫃川の水を守る会、三番瀬を守る会、千葉県自然保護連合などを始めとする県内の自然保護を進める14団体から構成されています。
盤洲干潟は東京湾に残された1400ヘクタールに及ぶ日本最大級の砂質干潟です。干潮時には広大な砂浜が現れ、自然海岸の後背地には43ヘクタールに及ぶ塩性湿地帯があり、ここにはアシが生い茂り大昔から引き継がれた自然干潟を形成し、原風景を留めています。朝日新聞社が「21世紀に残したい自然100選」に選定したことでも知られます。
さて、昨年12月25日、貴局の番組「いきなり黄金伝説」のなかで、この盤洲干潟でアシハラガニを採取してカニチャーハンにして食べてしまった様子が放映されました。地元金田小学校を始めとして市内の小学校や公民館に集う市民がごみ拾いをしたり、カニや野鳥観察など広く環境学習の場として日頃からこの干潟を大切にしています。また私たち連絡会は早期に千葉県自然環境保全地域に指定すること、そして三番瀬と共にラムサール条約登録も視野に入れて行政や市民に呼びかけているところでもあります。したがいまして二度と、このような番組を制作・放映(再放映も含めて)しないよう、ここに強く要請致します。
 放映からかなり日数が経過しましたが、本会の幹事会議で要請が必要との判断に至りました。2週間以内にご回答下さるようお願い致します。   以上


千葉県自然保護連合総会&講演会 参加報告

 2月14日(土)、船橋市役所女性センターで実施された千葉県自然保護連合総会・講演会に参加してきましたのでその概要を報告致します。千葉県自然保護連合lは、互いに団体加入している協力団体であり、小関代表 が副代表も務めています。総会は活動・会計報告等がなされ、すべて原案通り承認されました。そのあと、ルポライター・永尾俊彦氏の「三番瀬円卓会議を傍聴して」という題で講演がありました。実はこれが聞きたくて参加したのです。以下要旨を記します。
 円卓会議、専門家会議、小委員会など、会議と称するものはこの2年間で合計163回にも及んだ。さまざまな人々が一同に会し、2年間分裂せず情報公開、住民参加の原則で一応実行された。しかし問題点も多かった。会議の場が多く、意思決定がどこでなされたのか不明確のことも少なくなかった。情報公開や住民参加も形式的(傍聴者の発言、意見などへの対応も含め)であった。 議論が少なく報告中心で対立点が出てくると司会者は「想いは同じだから」などと議論を深めないことから共通認識も深まらなかった。会議の回数は多かっ たが現場を1回も見なかった。
 内容的には「現在残っている干潟・浅海域は保全する」「海域をこれ以上せばめない」ことが原則とされたことは千葉の埋め立て開発の歴史を考えると画期的成果。「海と陸との連続性」「水循環」「順応的管理」などの考え方が表面的にせよ取り入れられた。 問題点として、「自然は再生できる」が前提になってしまった。自然再生は人間が手助けはできても再生はできないのではないか。市民の調査・問題提起をまともに取り上げなかった。会議でも市民の多くが求めていたラムサール条約についての認識を深められず、また登録ができなかった。最大の問題点は第 2湾岸道路の問題を話し合わなかったこと。堂本知事は第2湾岸は必ずつくると表明しているが1月22日の記者会見で「三番瀬を通さないで第2湾岸ができるか」との質問に「今は調査段階」と答えた。第2湾岸が地下、橋、どちらの方式にしても三番瀬に致命的な影響を与えかねない。
 今後の自然保護運動の課題として2つの敵との闘いがある。一つは従来型の利権政治や開発行政との闘い。もう一つは環境保護にも理解を示すニセモノ政治家、学者、市民団体との闘いである。(以上、講演要旨)
 このあと会場からたくさんの意見がありました。いずれも三番瀬を守ってこ られた皆さんの層の厚さを示す内容であり、その皆さんからも「住民参加は大切だけれども難しい」との意見に象徴される答申内容ということでしょうか。 東京湾・盤洲を守る運動にも円卓会議の答申が活かせる様努力せねばと思った次第です。三番瀬を守る運動をここまで引っ張ってこられた皆さんに敬意を 表します。中身のぎっしり詰まった講演ありがとうごぎいました。(御簾納)


  干潟を守る日  2 0 0 4 参加事業

盤 洲 干 潟 学 校 参 加 募 集

 春の干潟で底生植物、カニ、野鳥の観察をします

日   時 3 月 2 1 日 (日) 9 時半
場   所 木更津市 金木橋(袖ヶ浦側)集合
講   師 盤洲干潟防人 桐谷新三氏

*資料代200円です.
*雨天の場合中止します.
*長靴、弁当、双眼鏡(あれば)などご持参下さい.
*参加できる方ご連格ください 昼 0438−23−1357 夜 0439−27-2245


13.37%引き上げ等

 「木更津市水道審議会」が水越市長に答申

19年度末までに管理職4人の削減も
新千葉新聞 2003年12月3日

 水道料金などを審議してきた木更津市水道審議会(杉井一和夫委員長・委員19人)は、水道事業の平成19年度末の累積欠損が約24億4千万円が見込ま れ、健全財政運営の確保のため料金改定以外に方策はないとして、19年度までに管理職4人の削減と、料金を16年4月から現行に対して13.37%引 き上げるなどの最終答申青をとりまとめて、水越勇雄市長に答申し た。
 これを受けて、市は 来年3月市議会にも改定案を提案する予定で準備を進めることになっており、可決されると七月にも、平成9年度の値上げ以来7年ぶ りの値上げが具体化する。
 同市の水道審議会は、前回平成8年度に開かれて以来7年ぶり。今年7月に設置、同10月に市長から水事業建設改良計画と水道事業財政健全化計画に関する諮問を受けて、先月26日まで計7回にわ たって会合を開いて審議を重ねてきた。答申内容は水道事業建設改良計画と鉛給水菅の更新事業に関する実施計画と費用負担の方法、水道業務財政健全化計画に関する料金決定基準と体系・改定・ 改定施行日、水道事業 への提言の4項目。一部委員から広域水道の先行投資のあり方や赤字改善努力ヘの疑問等を背景に値上げ案の撤回を求める意見等もあったが、当初示された料金改定率20%案は最終的に13.37%に抑えた。提言項目でも、自己水源を維持する環境保全努力や、事業内容等の一層の情報開示と業務執行の管理監督、受水費抑制面から広域事業団に対して経営効率化を積極的に求めるよう要望。水道事業を取り巻く社会環境が大きく変化しなが ら7年間も市民の立場で水道事業経営のあり方等が審議されなかっ た点なども踏まえて、今後は水道審議会を毎年開くなかで建設改良計画や財政健全化計画等に関する評価を行えるよう求めるなど、審議会の機能の充実も提言した。
 同市の水道水は地下水と君津広域水道企業団からの小櫃川表流水の受水で賄っておLり、受水率は約64%。長引く経済活動の停滞や水需要の変化等で経営環境は厳しく、今答申は費用対効果を考慮した経営の効率化は必至との共通認識のもとにまとめられた。
 建設改良計画で拡張事業は請西地区の土地区画整理開発地区と富来田地区は継続、18年度着手予定だった仮称・北部配水場は平成20年度着手に先送り して金田地区の土地区画整理事業の進展に合わせた事業計画へと変更。耐用年数の過ぎた浄水場の施設改良や、老朽管や石綿セメント菅の敷設替えなどは妥当とした上で、事業実施は既存施設の効率的運用などを図るよう要望。
 受水者の健康にかかわる鉛給水菅は、依然として給水件数約5万6千件のうち約8千8百件で使われていると され、当初計画の10年間での解消努力は経費面から今後15五年間に改められ、解消員用は料金改定への影響を抑 制するため事業の一部を起債で実施するよう求めた。料金改定の算定期間を16年度〜19年度まで4年間とした点は妥当としてお り、市によると、前回平均改定率14.3% の値上げで一般家庭の2か月平均使用料(50トン)は8,600円程だったのが、今改定が決まると9,850円程度になるという。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
話題:小関代表が水を守る会から審議会委貝として出席し孤軍奮闘の結果このような答申となりました。


next page
top page
menu page