next page
top page
menu page

盤洲干潟通信 12号 (2004.8.7発行)

 小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会代表 :小関公平  0438-23-1357
 事務局:〒292-0434千葉県君津市向郷681 御簾納方 
 tel&fax 0439-27-2245   郵便振替口座番号: 00150-1-550544


夏休みの1日を、日本に誇る盤洲干潟で楽しく過ごしませんか!
コアジサシ(カモメ科.環境省絶滅危慣種)の大群を見よう !

盤洲干潟学校(観察・学習会)

長靴、弁当、飲み物、帽子、(双眼鏡)など持参して下さい。
(資料代200円)雨天中止

日時
 814日(土) 9:30集合
場所 木更津市金木橋(袖ケ浦側)
講師 盤洲干潟防人桐谷新三氏

*参加のご希望は上記、代表または事務局までご連絡下さい。

 小櫃川河口周辺に広がる盤洲干潟は1400ヘクタールの面積を誇り、砂質干潟としては日本最大といわれています。
河口北側の三角州には広大な塩性湿地帯があり、アシ、アイアシが混生しています。さらに貴重なことは、この周辺の前浜の干潟と後浜の塩性湿地帯が護岸で仕切られることなく連続している自然海岸ということです。
全国的にも珍しいほど自然の残された(先人たちの守ってきた)大切な財産を守ることからも盤洲干潟を知ることから始めましょう。
たくさんのコアジサシ,カニたちも歓迎してくれます。ご参加をお待ちしています


東京湾・盤洲干潟が危ない

御簾納照雄(小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会)

 干潟の概要

 現在、東京湾に存在する干潟は、三番瀬、谷津、盤洲、富津などが挙げられますが、その中でも盤洲干潟は、1400haの広大な面積を持つ日本最大級の砂質干潟です。
 干潮時には、目の前に広がる広大な砂浜(前浜)と自然海岸の後背地には約43haにおよぶ塩性湿地帯(後浜)があり、ここにはヨシが生い茂り、大昔から引き継がれた自然干潟を形成し、原風景をとどめています。
 1988年、千葉県環境部の調査報告書によりますと、盤洲干潟、小櫃川河口域で確認された生物は、植物約350種、野鳥128種、魚類60種、底生動物約40種、特に今や地球上でこのアシ原のある局地的な場所にしか棲息しない昆虫も発見され、学術的にも貴重な財産といえます。

広大な芦原の写真
冬の盤洲干潟。43haの広大なアシ原。

芦原の川原の写真
向こう側はアシ原。上げ潮時、カニ穴から
泡がたくさん出て海水中に酸素が供給
される。


 アクアライン開通後の周辺開発

  しかし、東京湾アクアライン開通後、この地域に開発の目が向けられ、千葉県企業庁が埋め立て、地元金田漁協振興のために払い下げられた土地はホテル業者が1999年4月買収し、5階建温泉施設および11階建てホテル(高さ45m)の建設計画が発表されました。私たちは干潟環境に重大な影響を与えるとして建設見直しを求めて数回の話し合いをもちましたが、県が建設を許可、話し合いは一方的に拒否され、工事は進行し、2000年、温泉施設、翌2001年、ホテルも営業を開始し、現在に至っています。
 この時点で、干潟について法的保護が皆無の状況であることから自然保護団体が大きな輪をつくらなければ干潟は守れないことに気づき、県内の14団体が結集して当連絡会が発足しました。

ハママツナの写真
1月始めに発芽して3カ月で5cm程に
成長したハママツナ。

シオクグの写真
手前はシオクグ。先端が枯れ元気がない。
無くなったものも多い。


 排水の影響? ハママツナ壊滅状態

 温泉施設、ホテルの排水は合計日量1000トンに達します。その影響と思われることが、アサリ、バカガイ、海苔、魚、底生植物などに現れ始めています。 アサリ、バカガイの収量は激減し、海苔も収量が減少しています。環境省が調査対象としているハママツナ群落は、既に群落ではなくなり、昨年段階でほぼ3カ所に数平方メートル単位で散見するまでになりました。特に昨年からの減少は著しく、本年1月からの追跡調査でも種は周辺に落ちて発芽はしてもそれから先が育たなくなっています。今年5月に入ってから3カ所のうち1カ所は1本もなくなってしまいました。全滅が近づいていると危惧します。同じことが底生植物のシオクグにも現れており、既に30パーセントは根腐れでなくなりました。現在、かろうじて生きているものも先端がほとんど枯れており元気がありません。弱いものから影響を受けていると考えられます。

干潟の防人桐谷新三氏の写真
40年間の干潟防人・桐谷新三氏。
干潟観察会に参加した人々
桐谷新三氏を講師に迎えての盤洲干潟
学校(干潟を守る日2004)。
「しかけ」にうなぎが入っているかな?


 追い討ちをかける開発

  さらに2000年末、干潟直近に子どもを対象とした広大な敷地(約8ha)を持つ遊戯施設の計画があり、既に千葉県は開発を許可してしまいました。着工には至っていませんが建築確認申請がいつ出されるか分からない状況にあります。なお事業主は三番瀬円卓会議の委員であった方です。
 本来であれば、盤洲干潟に隣接するこの計画地は、干潟を守るための緩衝地帯であるべき地域です。干潟への大きな影響として騒音(自動車、放送)、夜間照明、排水が予想されます。水はリサイクルして使用し、最後は敷地内の植物などに散水するとのことですが、いずれは干潟へ排出されます。
 残念なことに、この遊戯施設建設に当たって、一部の自然保護団体(?)が事業主側の手に乗って「法的に止めることができないのならば条件を出そう」ということ
で早い段階で条件を出してしまい、開発許可まで進行してしまいました。事業主側との最後の話し合いの席で事業主代理人は「自然保護団体が結束して反対していたら出来なかった」と述べています。反対を貫いていれば最悪の場合でも業者側が逆に条件を出してくるのです。まだ建築確認申請が出ていませんのでこれからもねばり強い反対運動が必要です。
 三番瀬を守る皆さんとも連帯しながら、東京湾に残された貴重な自然である浅瀬・干潟を、出来うる限り開発負荷なく残すために、行政や関連団体に要請していくことを主眼に粘り強く活動していきます。


「自然と人間を考える会」の盤洲干潟学習

会員:山田周治

  8月3日(火〕、君津市八重原公民館を拠点にしている学習クループ・自然と人間を考える会(本年度会長:山田)の8月講座『盤洲干潟観察学習』が、桐谷新三・御簾納照雄・小関公平3講師の指導のもとに行われました。
 60代70代が中心の会だけに、この猛暑続きの中での戸外学習とあって、さすがに参加メンバーは41名中14名と、やや少なくなりましたが、その代わり集まったのは自然好き、観察好きの精鋭GE&BAAS。桐谷さんの観察指導に嘆声・歓声をあげながら、あっという間に5時間が過ぎました。

 「盤洲干潟の豊かな生態を心ゆくまで実感』

  ちょうど潮が引いた直後だったので、干潟にはまだ足跡ひとつなく、チコガニ、アシハラガニ、コメツキガニ,ヤマトオサガニ、ケフサイソガニ、マガキ、ムラサキイガイ、シオフキ、ウミニナ、アラムシロカイ、イポキサゴ、ヤドカリ、ニホンスナモグリ、ゴカイなどさまざまな底生生物の生態を存分に観察学習して、あらかじめテキストを読んでいた盤洲干潟の生態系の豊かさと浄化能力を実感することができました。

 『消滅への道をひた走るハママツナ、シオクグに驚愕!』

  メンバーの半数ほどは既に2〜3回は観察会に参加した経験があり、ハママツナやシオクグの緑豊かな群生との出会いを期待していました。それだけに三角州の砂地を剥き出しにしたハママツナの群生の跡、葉先を枯らし緑を失って疎らに広がっているシオクグの原に一瞬声を出すこともできない状態でした。
 スパ龍宮城とホテル三日月ができ、毎日1000tの排水を干潟に流出し始めた直後からハママツナが勢いをなくし、シオクグが根腐れし始めたこと。ハママツナの群生が消え、シオクグが細々と残るだけになった見るも無残なこの悲しい風景への変貌が、たった2年間のできごとであること。しかもなお、県は両者の因果関係について真剣な調査を行おうとすらしないこと。などを桐谷講師からうかがい、一同の驚きはさらに深まりました。

『少数とはいえ、念頭のコアジサシとも対面できて一同歓声!』

  観察学習のメインテーマであったコアジサシ観察には、「10日早い」と、桐谷講師からは宣告されていたのですが、気象異変のお陰でしょうか、1000羽程が浜に群れていて、持参の双眼鏡を駆使する幸運に恵まれました。



千葉県に情報公開請求

  ハママツナ、シオクグなど底生植物が被害を受け始めたことから、昨年2月28日付けで千葉県情報公開条例に基づき、ホテル三日月の排水処理施設などの設計図公開を求めていますがなかなか開示しようとしません。審査会も委員は知事が任命ですから。とにかくのらりくらり、つまらぬ事をたくさん書いてごまかそうとしている事がよく分かりますから会員の皆様お読み下さい。開かれた県行政?の実態とはこんなものです。結論はまだ先のようです。

理由説明書

 1異議申立て提出までの経過及びその趣旨
@平成!5年2月28日付けで提出された行政文書開示請求に対し、同年3月28日付け建策618号で部分開示決定をしたところ、同年5月29日付けてこの決定に対して異議申立てが提出された。

A異議申立ての趣旨は平成15年3月28日付け建策618号による行政文書部分開示とした決定に係る処分を取り消すとの決定を求めるというものである。

2異議申立ての対象となっている行政文書(以下「本件文書」という。)について
 平成11年11月1日付けH11認建千建000200号に係る確認申請書の図書

3本件文書の構成
確認申請書、スパ棟の図面(案内図、全体配置図、立面図)及び関係法令確認書類

4 本件文書の不開示部分及び非公開情報

文書 不開示部分 千葉県公文書公開条例第11条
委任状 代表者印の印影 第3号
開発行為等に係る申告書 代表者印の印影 第3号
確認申請書(建築物) 代表者印の印影 第3号
スバ棟(案内図) 図面作成者欄の
代表者印の印影氏名
第3号 第2号
スバ棟(全体配置図) 面作成者欄の 代表者印の印影(図中を含む) 氏名 第3号 第2号
スバ棟(立面図) 図中の具体的な寸法等 第3号
図面作成者欄の
代表者印の印影
氏名
第3号 第2号

5 部分開示決定とした理由

 千葉県情報公開条例(平成12年千葉県条例第65号)による廃止前の千葉県公文書公開条例(昭和63年千葉県条例第3号。以下「旧条例」という。)第11条には、非公開情報が記録されている公文書は公開しないことができる旨規定されており、この規定の趣旨は公文書の公開を請求しようとするものの権利と、請求された公文書に情報が記録されている個人、法人、その他の団体の権利利益及び公益との調和を図ることにある。旧条例第11条の非公開情報に該当するかどうかの解釈は、行政側の恣意的な解釈、運用を排除し、規定の文理及び趣旨に照らして厳格にされるべきであり、実施機関の主観的な判断を基準として解釈するのではなく、公文書の内容等に照らし、客観的に判断すべきものと思われる。
 以上から、具体的に行政文書開示請求があった都度実施機関において判断を行うこととなり、本件文書は、以下に述べるとおり旧条例第11条第2号及び第3号に該当する部分があると判断した。

(1)旧条例第11条第2号の該当性について
 旧条例第3条において「実施機関は、個人に関する情報がみだりに公にされることのないよう最大限の配慮をしなければならない」と規定されており、この趣旨を十分尊重し、個人に係る情報については、特に慎重に取り扱う必要があることから、旧条例第11条第2号において個人情報は、ただし書に該当する情報を除き公開しないことができるとされている。
 部分開示決定通知書では、開示しない部分を「個人の印鑑の印影」としたが、正しくは「氏名」であるので訂正する。
 図面作成者欄の氏名は、特定個人が識別される情報であって、ただし書のいずれにも該当しないことから、非公開とすることができる情報に該当する。

(2)旧条例第11条第3号の該当性について
代表者印の印影は、法人の内部管理に属する楮報であって公開することにより、当該法人の競争上若しくは事業運営上の地位に不利益を与えると認められるものである。また建築士法第3条の規定により、ある一定の規模以上の建築物の設計は一級建築士でなければならないとされている。したがって、一級建築±をかかえる本件建築事務所は、法令の定める基準の範囲内で施主の依頼にできるだけ沿うように創意工夫をして設計を行うこととなる。
 創意工夫の結果である立面図の寸法等は、本件建築事務所の生産技術上のノウハウに関する情報であって、公開することにより、当.該法人の競争上若しくは事業運営上の地位に不利益を与えると認められるものである。さらに、それぞれの情報とも、ただし書のいずれにも該当しないことから、非公開とすることができる情報に該当する。


2003年10月2日

千葉県情報公開審査会
  委員長 古幡 浩 様

御簾納照雄
(住所:君津市向郷681)

 平成15年8月29日付(公開審第48号〕により送付されました「理由説明書」につい
て以下のとおり意見を述べます。

意見書

前段に、本件公開請求した理由を述べます。
一昨年、本件温泉施設が、そして昨年同地へ隣接してホテルが環境保護団体との話し合いを振り切って開業しました。その結果、金田地区は最初の海苔がほとんど取れない状況となり、今春、アサリ、さらに大切な底生植物群落も大きな被害が出ています。今までなかったことが起こっており、そこで温泉施設の詳細を求めています。


1 理由説明書「4.本件文書の不開示部分及び非公開情報」についての「5.部分開示決定とした理由」の(1〕についてはそのとおりだと思います。印影など公開を求める主旨ではありません。


2 公開となっていない部分に排水経路図、排水浄化装置のフロー図などがあるのではないでしょうか。
本件施設は水質汚濁防止法により規制を受ける施設ではないでしょうか。そして排水先が東京湾とあるからには、公有水面への温泉排水を冷却する装置や浄化装置など詳細を公開すぺきではないでしょうか。


 公開となった文書「放流先等の申告及び有無の確認」最下段の注意2,3に文書の存在が示されています。


 理由説明書「5(2〕9行目から創意工夫の結果である立面図の寸法等は本件建築事務所の生産技術上のノウハウに関する情報であって、公開することにより、当該法人の競争上若しくは事業運営上の地位に不利益を与えると認められるものである。以下略」によって非公開となるとすると漁業を営む地域住民、環境保全を目指す千葉県民(私もその一人〕は納得できるものではありません。
 最後に、平成15年5月29日付「異議申立書 5.異議申立の理由」(1)にも述べた
とおり、「建築確認申請書の図書」の公開を求めたのですから、建築確認申請書にはこのような図書があり、これは部分公開、これは非公開、そしてその理由、と明示すぺきではないでしょうか。それらが全く示されず、32枚の書類を渡され「公開になったのはこれだけです」では情報公開条例の主旨に反します。
                                          以上


木更津に残された盤洲干潟,湾奥の三番瀬など詳しく知るチャンス

総会&東京湾保全シンポジウム

日時 926日(日)14時〜
場所 木更津市中央公民館  
講師
  • 大野一敏 氏
  • 牛野くみ子氏
  • 桐谷新三 氏

観察会
総会当日午前
9/26(日)
9:30金木橋集合
2時間ほどのコースです

講師プロフイール

大野一敏 氏 東京湾巻き網漁協組合長。前船橋漁協組合長。東邦大学非常勤講師。著書「東京湾で魚を追う」〔草思社)など
牛野くみ子 氏 千葉県自然連合代表として三番瀬保護に大きく係わっている。県全体の自然保護に取り組んでいる。
桐谷新三 氏 盤洲干潟の防人。40年間東京湾の海を見つめ、守ってきた。金田の海を守る会代表

『テレビ朝日、本会の要請を受け入れ』

 前号でお知らせした、テレビ朝日の番組「いきなり黄金伝説」の中で、盤洲干潟に棲息するアシハラガニを現場で採取、蟹チャーハンにして食べる様子を放映した件について、2度とこの様な番組を制作しない事、再放送をしない事など含め要請書を番組制作担当者宛送付しましたが、1週間後に回答があり、「再放送は通常2〜3回する事になっているが取り止める。またこの様な番組を作った事で市民に誤解を与えた」、など要請を受け入れたことをここに報告致します。


top page
menu page