top page
menu page

「盤洲干潟通信15号」05−08−15

  小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会
 代表 :小関公平  0438-23-1357
 事務局:〒292-0434千葉県君津市向郷681 御簾納方 
 tel&fax 0439-27-2245  
  郵便振替口座番号: 00150-1-550544        
  夏の一日を日本一の干潟で過ごしてみませんか?
 夏の盤洲干潟学校(観察会)
  長靴、弁当、飲み物、帽子、(双眼鏡)など持参して下さい。
  (資料代200円) 雨天中止
  8 月 2 0 日 (土)  1 0時  集合
  場 所 = 木更津 ̄市 金木橋(袖ヶ浦価)
  講 師;盤翻千海防人 桐谷 新三民 地
 盤洲干潟の夏の風物ともいえる渡り鳥・コアジサシ(環境省絶滅危惧U類)の大群が集う様子を見てみませんか。チゴガニ、アシハラガニなども歓迎してくれます。
 *参加のご希望は上記、代表または事務局までご連絡下さい。

  小櫃川河口・盤洲干潟とは?
 東京湾に残された、ただ一つの自然干潟(海水〜汽水〜淡水)。
 1400b aの広大な面積を持つ日本最大級の砂質干潟。約43b aの
塩性湿地帯にはヨシが生い茂り、大昔から引き継がれた自然がそのまま残っています。1998年、県の調査によると、小櫃川河口・盤洲干潟で確認された生物は植物350種、野鳥128種、魚類60種、底生動物40種、特に地球上でこの干潟にしか棲息しない昆虫(キイロホソゴミムシ)も発見されています。

  盤洲干潟写真展     木更津
 木更津市沖の盤洲干潟の大切さと保存を訴えている小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会(小関公平代表)、小櫃川の水を守る会(渡辺みつ代表)、小櫃川源流域の自然を守り育む連絡会(佐野今朝
雄代表)の3団体が企画もた「盤洲干潟写真展」千潟は生きもののゆりかご″が21日、木更津市太田の県立上総博物館で始まった。
 盤洲干潟は約1400ヘクタールもあり、東京湾最大の干潟。県環境部によると、植物約350種、野鳥128種、魚類60種、底生動物40種が生息する。しかし、東京湾沿岸では小櫃川河口域でしか育たないハママツナの群生やシオグサ、ウラギクなどが全滅に近い状態だ。またアサリ、アオヤギ、ノリの収穫が大幅に減っている。
 写真展は、東京湾に唯一残された貴重な原風景である小櫃川と一体の干潟の大切さを知ってもらうのが目的で、46点を展示。カニや力ワウなどの生き物や、ノリの養殖、干潟の民俗行事の梵天などを紹介している。また盤洲の防人≠ニ呼ばれ半世紀以上にわたり干潟を見守っている桐谷新三さん(77)=木更津市中島=ら会員たちが撮影した「美しい波紋が広がる干潟」 「干潟に群れるコアジサシ」「貴重なウラギク」 干潟を楽しむ子供たち」などもある。
 7月10日まで。入場料は大人200円、高校大学生100円。問い合わ
せは同博物館(0438・23・0011)へ。
   毎日新聞 05.5.22 (児玉賢二)

 『盤洲干潟写真展』終わる
『盤洲干潟写真展』は、海と陸の水際の干潟で生息する生き物や干潟と人との関わりを再発見すること、及び現在の干潟を取り巻く環境を知ることで、貴重な干潟を守り育む県民の気持ちを醸成すると共に、環境の保全・再生という社会的な課題に対して県立博物館と県民が互いの特性を生かし協働して取り組むことを主旨とするものです。 私たちは、本年2月19日から同月27日まで、県内で初めて博物館と市民協働による『三番瀬・盤洲 干潟展』を千葉県立現代産業科学館にて開催し、成功裡に終了することができました。本写真展はその第2弾として夷施されたもので、盤洲干潟及び小櫃川流域保全に関わる会員の作品展示です。5月から7月まで、延べ44日間にも及ぶ長期間でしたので入場者も多数に上りました。 2007年早々.には中央博物館での写真展開催も企画中です。

 市川三番瀬を守る会と交流
 去る6月11日(土)、「市川三番瀬を守る会」の秋山胖代表はじめ7名の皆様が盤洲干潟を訪れました。当連絡会は小関公平代表、桐谷新三・盤洲防人佐野今朝雄(小櫃川源流域の自然を守り育む連絡会代表)の3名が案内致しました。
 三角州のヨシ原、砂質の前浜を歩いた三番瀬を守る皆様は「三番瀬が失ってしまった原風景に接し、新しいエネルギーが沸いてきた」、「三角州や前浜で嫌な臭いは全く無い。底生生物による水質浄化がきちんと機能しているのだろう」、r歩いたとき砂の感触がとても良い」などなど感想を述べておられました。 参加のほとんどの皆様が市川で生まれ育ったとのことで、故郷の自然をできるかぎり次の世代に残したい、が基本理念だそうです。(私たちも同様ですが三番瀬を守る団体の数と質はうらやましい限りです) 当日夜は君津市向郷所在の県の施設「久留里荘」に宿泊し、翌12日(日)は久留里の湧水を「利き水」しながら久留里城へ歴史探訪でした。夜の部以降は当会事務局の所在地と目と鼻の先でしたので地酒持参で交流を深めました。市川と木更津・君津、距離はかなりありますが今の時代、目的を同じくする人々との心の距敵は全く感じられませんでした。本年2月、市川所在の現代産業科学館で実施した『三番瀬・盤洲 干潟展』では三番瀬を守る皆様から多大なエネルギーを頂き、その延長で5月から7月まで上総博物館において『盤洲干潟展』を開催することができました。このエネルギーはまだまだ持続しそうです。
 東京湾に残された三番瀬・盤洲はラムサール条約登録も夢ではないと思えるようになりました。これからも協力して頑張りましょう。(M)

 盤洲干潟の環境変化 ハゼの棲息に影響かも
  東京湾最大の盤洲干潟で生物の観測をする催しがありました。4月24日は大潮の日にあたり、日本で最大級(1400ヘクタール) といわれる小櫃川河口域の 「干潟学校」 に参加して、棲息している生物を観察し、近年の環境の変化によって生育が悪化している状況を見聞きしてきました。
 アシとアシハラガ二の共生
小櫃川の右岸に沿って海岸に向かうとアシ原に入ります。小櫃川から運ばれてきた砂の堆積したところに、アシ原がひろがっています。アシハラガニがアシの根元に穴を掘り、棲息しています。その穴がアシに空気を供給しているとのこと。取り上げると大きめのハサミをもった10センチはどの大きさです。干上がった砂地では小さいチゴガ二が穴の出口でそれぞれ一斉にハサミを振っています。とてもユーモラスな光景です。
 枯れたシオクグ 温泉で? 
 シオクグ…昔はこれを干して「みの」をつくったそうです。干すと麻と同じような丈夫さで、底引き網の「底ずれ」に使ったと、漁師の桐谷さん(金田の海を守る会代表) が説明してくれました。このシオクグが、ホテル三日月ができて以降、枯れ始めているということです。小櫃川河口域のみにしか植生しないハママツナ (特定植物群落「小櫃川河口の塩湿地群落」) も同様に壊滅の危機にあると、写真を示しながら話していました。 この調査と原因の究明をすることを求めて「小櫃川河口−盤洲干潟を守る連絡会」 は、3年前に堂本知事宛に要請を行っています。
 アクアラインによる潮流とホテルの排水による影響に疑念
アクアラインの橋脚による潮流の変化があるといいます。満潮時には水没することもある「塩性湿地」は、堆積した砂が小高くなっているところですが、ここが浸食されて崩れている状態がみえます。以前の写真を見せてくれましたが、いまは状況が変わって削られて、丘になっているところが小さくなっています。アクアラインの影響があることは、当時、付近の堤防をかさ上げしたことが証明していると話してくれました。 ホテルと温泉施設の排水は合わせて1000トンになるそうで、その汚れと水温上昇は相当の影響があると考えておかしくありません。汚水の状態の調査までは、まだ至っていないとのことでした。 干潟に向かう途中で、シーバス狙いだという青年の釣り人に出会
いましたが、青年は 「最近エイが多いので、気を付けたはうがいい
ですよ」と話していました。水温上昇の影響があるのかも知れませ
ん。 河口域の環境変化は、水生生物や魚頬の生育にも影響なしと言えない状況でしょう。
 川鵜が「浸透実験池」を占拠
 1964年から86年に、工業用水確保のための河口湖計画に関して、海水の浸透実験が行われた「浸透実験地」が残されていますが、そこにカワウがコロニー(集団営巣) を造っていました。1000羽はいるのではないかと、野鳥の会の人が概算していました。大量の黒いカワウが、一定方向を向いたり、警戒して飛び回っている様や、占拠している場所の草木が糞のために枯れて、そこだけ白っぱく禿げているように見える様子は、非常に異様でした。これも自然のバランスが壊れている現れかも知れません。
 干潟を守ろうの声をもっと
 01年6月に「小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会(代表小関公平氏)」が設立されて、干潟を守る運動が発展しました。堂本知事への申し入れもおこなって、「東京湾の干潟を守れ」の声に重みが増していることほ幸いです。この地域を借りて「ハゼつり大会」を実施している私達も、何かの手伝いができればいいなと思うところ大であった観察会でした。 当日、小関さんには車に同乗させていただいてお世話になりました。
 追記 
この原稿を書いている頃、1R中野駅のガード下で、絵画の展示会が行われていました。9歳の子供が二人、海を描いていましたが、一人
はクラゲを、もう一人はエイと鮫でした。子供の眼から見た海はこうとしか写らないのでしょうか。自然破壊の極みと言いたくはありませんが……。     【伊藤亨】

 春の盤洲干潟学校に参加された伊藤亨氏の了解を得て転載させて頂きました。東京勤労者つり団休連合会発行「新しいっり」05年7月号より

 遊戯施設 撤退か
 水処理施設の詳細についてなど充分な説明がないことから、当連絡会が盤洲干潟を汚瀕し生態系に重大な影響を与えるとして木更津市や業者に対し設置を見合わせるよう要請してきた子供対象の遊戯施設「民話・童謡の里」計画(山形屋商事)についてH14年6月、木更津市が協定を結び開発許可を出しました。しかしその後建設を請け負った東急建設が倒産し隣接するホテル・温泉共に集客状況が良くないため(木更津市内はどこもアクアライン開通後・単なる通過点と化している)もあってか業者は着工を見合わせています。担当の木更津市企画政策部企画政策室では「正式に撤退とは聞いていないが進める意志はあまり感じられない」とのコメントです。

 富来田・冨岡小児童 盤洲干潟を観察
 去る8月10日、木更津市富来田公民館・冨岡公民館主催「子供ワクワク自然休験教室」の17年度第1回目として小櫃川河口・盤洲干潟観察学習会が開催されました。
 木更津市の小櫃川河口に位置する盤洲干潟は同じ市域にあっても内陸に位置する富来田・冨岡地域からはかなり遠い存在です。聞いてはみませんでしたが河口の三角州に広がるヨシ原へ行ったことがあるという児童ははとんどいなかったようです。市内の多くの小学生も(大人も)同様だと思います。その意味ではこれから公民館の果す役割は非常に大きいと考えます。 1年生から6年生まで定員を越える31名の参加で案内は当会の御簾納が務めましたのでその概要を報告致します。 市の生涯学習バスを下りて400メートルほど歩くと三角州への入り口ですが、そのすぐ先の亀山ダム警報機付近でさい先よく?カルガモ親子に出会いました。ほんの5メートルほど先を背丈20センチ(親のほぼ半分)ほどに成長した子ガモ10羽を親が先導して間もなく笹の中に消えました。数秒ほどのことでしたので、これを見ることができた児童は先頭を歩いていた5名はどでした。その位置から100メートルほど歩くと左側に淡水混じりの水路・中央クリークに出ます。その途端チゴガニ、アシハラガニの大歓迎を受け、児童も大歓声。しばらくはカニとの追いかけっこです。やや落ち着きを取り戻したところでカニや底生植物の役割など話しました。子供たちにとってはやや難しい部分もあるかも知れませんが、他のことと同様、繰り返し学習する事によってやがては理解できるものと思います。
 このあと前浜へ出ましたが、前述の中央クリーク最後のヨシの根を掘った際長年使ったスコップ(山いも掘り兼用)が寿命で折れてしまい、底生動物の説明がやや少なくなってしまいました。午後は「アサリもどっさり採ろう!」と小櫃川を隔てた南側の久津間へバスで移動して昼食後、船で1キロはど沖に出ました。シオフキがアサリと同数くらいあり、子供たちにとって区別がなかなか難しいようでした。アサリは同じ模様がないので当然かもしれません。マテガイやヒトデ、サルボウガイなどをお土産に持ち帰った子もいました。「疲れたけど楽しかった」、子供たちの感想です。とにかく自然を楽しむ事(自然体験)を主眼としたこのような公民館主催事業は学校教育と密接なかかわりを持ちながら大切な部分になると思います。自然を満喫して育ち、そしてそれを大切にする大人に育ってほしいと願います。

 田倉産廃差止訴訟
 東京高裁第1回公判  傍聴支援のお願い
 8月31日(水)10;20〜
 午前10時 1階ロビーへご集合下さい)
 東京高等裁判所 法廷:民事第12部 8階824号

 裁判所までの交通JR東京駅で地下鉄丸ノ内線乗換「霞が関」近く
*唐突なお願いで恐縮ですが、富津市田倉地域で産業廃棄物最終処分場建設について、小櫃川の水を守る会の構成団体である天羽の水を守る会が裁判で差止を求めて闘っております。仮処分及び一審で勝訴し、産廃差止では全国で初めて高等裁判所で争われることになりました。かつて、盤洲干潟保全について私たち保護団体との話し合いの席で金田漁協の組合長は「盤洲干潟保全を言うなら上流域で起きている産業廃棄物処分場建設にどのように対応しているのか」と発言したことがあります。当連絡会が発足する前のことですが当たり前の発言であり、干潟と河川流域は一体のもので、上流の汚染は海を汚染することになります。そのようなことからも広く皆様に呼びかけをするものです。
 水源地に産廃場をつくらせないために、一人でも多く傍聴にお出で下さるようお願い申し上げます。
 また『支援する会』をつくりましたので、ご入会いただける方は事務局までご連絡下さい。(年会費は1000円です)

       天羽の水を守る会・田倉産廃差止訴訟を支援する会
       /小櫃川の水を守る会   

 沖縄 泡瀬(あわせ)干潟を守る裁判 基金について
 日本湿地ネットワーク運営委員として活躍されている浅野正富弁護士を含む10名の弁護士が泡瀬干潟自然権利訴訟に立ち上がり、基金の要請が当会に届きました。詳細については別紙を同封致しますのでよろしくお願い申し上げます。

top page
menu page