next page 通信41号へ
top page
menu page


小櫃川通信 42号 2002-8-25


おびつ川通信第41号 2002年8月25日 小櫃川の水を守る会 代表:渡辺みつ 事務局:〒292-0434 千葉県君津市向郷681
          御簾納 方 TEL&FAX 0439-27-2245
  年会費 : 個人500円  団体:3000円
  郵便振替口座 : 00140-0-405615「小櫃川の水を守る会」


『天羽の水を守る会』より報告
 田倉処分場本裁判原告142名
 第1回公判は95日午後2時
 千葉地裁木更津支部


 田倉産集廃棄物処分場建設差し止めの請求訴訟について、「小櫃川の水を守る会」 の皆様のご支援ご協力に深<感謝申し上げます。 本件処分場については、昭和63年の当初から「農業用水、飲み水、地下水等に及 ぼす影響は計り知れない」と多くの人から懸念が表明され反対陳情が行政機関に提出 されました。そして平成10年には富津市議会は全会一致で反対を決議し、富津市長 も反対を表明して現在に至ります。
 ところが昨年2月、事集者が工事強行したので地元民247名は仮処分裁判を千葉地方裁判所に提起しました。その結果、地元住民の 主張が認められましたが、事業者は撤退せず本裁判を望んで「起訴命令の申立」をしたために平成14年5月15日、 千葉地方裁判所木更津支部に原告団142名で本裁判を提訴するに至った次第です。 第1回の公判は9月5日午後2時、木更津裁判所にて開かれます。 傍聴はどなたでも自由に出来ます。是非多数の方が傍聴頂きますようご案内申し上げます。

 本訴訟裁判ではどんなことが争点となるか

この裁判の争点は、@有害物質が処分場に入るか、A入った有害物質が外へ流れ出るか、Bそして原告の人達に到達して健康・財産に被害を与えるかです。 私達は、安定型処分場には有害物質が入りそれが浸透し.それが川に入ったり. 井戸水などの生活用水に染み込んで汚染され被害が出ることが予想されるので差し止めを求めています。(弁護士の説明は下記に掲載)

 訴状の内容についての説明
                 植竹弁護士の説明


私達が今回提訴した訴訟の目的・緒論は、「被告(浅罫商事)は、別紙物件目 録記載の各土地について産秦廃棄物最終処分均を建設、使用、操業してはならな い」ということです。この結論に向け、これからいろいろ主張したり、証拠を提 出していくことになります。被告は処分場の建設開集をしようとしている浅野商事です。原告は処分場の建設によって様々な影響、被害を受ける可能性のある土地に住んでいる人達です。井戸水や絞り水を飲料水・生活用水・農業用水に使っている人、あるいは川で漁業を営んでいる人、搬入路を生活道路・通学道路として利用している人です。

(1)原告毎の被害状況

 どういう被害が生ずるかを明らかにするため原告142名を6グループに分けま した。
 Aグループの原告は水道設備がなく、もっぱら飲料水を地下水や山の絞 り水に頼っている者です。
 Bグループの原告は水道設備はあるものの地下水・絞り水を飲料水として併用している者です。
 Cグループの原告は地下水川の水を農業用水として使用している者です。
 Dグループの原告は、水道設備の利用者だが水道水源の汚染により被害を受ける可能性のある者です。
 Eグループの原告は、湊川の漁業者です。
 Fグループの原告は道路の使用や生活環境に影響を受ける者です。

(2)本件処分場の概要
 
 処分場には安定型と管理型があります。今回の処分場は安定型の処分場です。 埋められる廃棄物は安定5品目に限られています。処分場の構造は素掘りの穴を 掘ってそこに埋めていきます。廃棄物を埋めるとその上に土を入れその上にまた 廃棄物を入れるサンドイッチ式に埋めていきます。管理型処分場の場合は遮水シートを敷いて汚染物質や地下へ浸透しない構造になっていますが、この処分場は素通りの穴に埋めます。シートも水処理施設もありません。埋め立て面積は4万8 千平方メートル、埋め立て容量は97万立方メートル、埋め立て期間が11年で、 搬入台数は9万8千280台、一日について6トン車39台と予定されています。

(3)周辺境境の汚染の危険性

 第一は水質汚染の危険性です。素ぼりの穴に埋めるわけですから有害物が含ま れていれば地下に浸透していくわけです。安定5品目自体にも危険なものが含ま れます。廃プラスチックには可塑剤が添加されていてこの中にはフタル酸化合物があります。最近問題となっているダイオキシンももちろんそうですが、環境ホ ルモンは、極めて微量な物質ではありますがそれが体内に取り込まれることによ って生殖異常(子供が生まれなくなるとか、赤ちゃんが奇形で生まれるとか)が 起きる可能性があります。金属くずの中にも鉄とか銅だけではなくて、クロム・ 水銀・カドミウムというような有害物質が微量ながら含まれています。そういう ものが地中に溶け出す可能性があります。特に危険なのは最近降る雨は酸性度が 強く、それが廃棄物に触れることによって化学変化を起こして金属中に含まれているクロム・カドミウム・水銀が溶け出して地下へ浸透していく可能性です。さ らに建築廃材には、白あり駆除剤、石綿(アスベスト)のような発ガン性のある物質も含まれますがそのまま捨てられています。

(4)安定5品目以外の物質の混入

 それから本当に安定5品目だけが分別されて捨てられるのかというと、現実は 必ずしも厳格に分別がされていません。ごみを排出する事業者がきちんと分別する保証はどこにもない。それをやっていたら費用がかかるのでそもそもできないということです。仮処分裁判で浅野商事側は「きちんと分別するから大丈夫」と言いましたが費用の面、効率性の面からまずできない。全国のかなりの安定型処分場からメタンガスが排出しており、水銀・カドミウム・鉛・砒素といった重金層が検出され、トリクロロエチレンという有機化合物が検出された報告もあります。全国のあちこちの処分場で有害物の発生している現状を訴状に書きました。

(5)地層の透水性

 安定型処分場というのはゴミが直接地面に後触します(シートは貼ってありません)。計画地を見るとわかるとおり幾筋もの透水層が存在しています。そういう層を通って汚染された水が地下に浸透し、馬の背の反対側に流れ込む危険性があります。この点が一番重要な争点である本件処分場の「透水性」です。仮処分の時点では「透水性がある」ということで処分場の中の汚染物質が外へ流れ出る危険性があるので差し止めの決定が出ました。とりあえずはこの点を裁判所は認めましたが、今後はもっと詳しい証拠や様々な資料が業者の方からも提出されてくるでしょうし、ここが一番大事なところだと思います。

(6)原告らへの汚染水の到達と被害の発生

 廃棄物から汚染水が地下へ浸透するということになれば、山から絞りでる水を利用している原告らにとっては飲み水が汚れることになり、水道を利用している人にとっては水道の水源が汚染されることになる、その汚染水を利用して農業を営んでいる人にとっては作物が汚染され、川で漁をしている人はとった魚が汚染された物質を含むことになる、そのような被害を被ることになります。

(7)生活環境の破壊

このように水が汚染される以外にも生活環境の破壊があります。例えば大気汚 染。あれだけ広い面積のところで廃棄物が埋められるわけですから、そこから粉 じん等が風によって舞い上がり、ダンプからも廃棄物がまき散らされ大気汚染が生じます。現場に至る道は非常に狭いのでそれによって通学する子供たちの交通事故が起きたり、道路環境の被害も生じてきます。そういうことを主張しており ます。

(8)原告らの権利侵害

 私たちの訴えの根拠は広く考えれば人格権ということです。憲法13条・25 条の生命・自由・幸福追求を総括して考えれば人格権といいます。これは裁判所ですでに認められている権利です。それをさらに細かく分けると「生命身体健康 を害されない権利」「平穏な環境のもとで生活する権利」そういうことが今まで の裁判で権利として認められています。今度の裁判でも皆さんの人格権にもとづいて裁判を起こすということです。さらには生活環境を侵すことにもなるので環境権も根拠になっています。

(9)経過の説明

 富津市議会は反対を決議し(平成10年)、市長も反対を表明しています。千葉県も条件付きの許可を出していたが、富津市との協定を結ぶこともなく工事を したので県はいったん許可を取り消しています。それにもかかわらず事業者が環境省の方に行政不服審査請求の申し立てをし、その結果環境省の方で、県の取り消し処分を取り消し、今回の工事着工に至ったわけですが、そういった経緯から いっても、干葉県としてもこの計画には疑問があり、かなり問題のある処分場です。私達はこれから地質学者など専門家の知恵を借りながら何とか操業できないように頑張っていきたいと思います。仮処分では時間がなくて急がされましたが 今度は本腰を入れてじっくりやります。裁判で決着がつくまでは工事はできないわけですから、いろいろな証拠の提出をする時間があります。頑張っていきたい と思います。(以上2002年6月29日交流集会の記録より)

「小櫃川の水を守る会」の皆さんにお願い

是非裁判の傍聴にご参加下さい。
第一回公判は9月5日(木)午後2時より

千葉地裁木更津支部で開きます。
公判後木更津市民会館で説明集会を開きます。

 田倉産業廃棄物処分場建設差止裁判申立住民
  天羽の水を守る会 代表安田貞夫
  郵便振込口座番号 00170250210 天羽の水を守る会


 千葉県知事堂本暁子様
                                                      2002年8月9日                       小櫃川の水を守る会 代表渡辺みつ

                要請書

 知事におかれましては、日夜、県民の文化・福祉向上のためご配慮下さり、 深く感謝申し上げます。
私たち「小櫃川の水を守る会」は名称のとおり主に小櫃川流域で生活する、 またその河川水を飲料水とする5市(君津・木更津・富津・油ケ浦・市原)の 住民で構成され、1988年に設立されました。設立から現在に至るまで広範な水環境問題に関わっております。去る5月2日付、当会と残土・産廃問題ネットワーク・千葉による署名要請 「県外の残土を持ち込ませない条例の制定について」について、6月12日付 けでご回答(産廃第311号)頂いたところですが、その内容は不十分と言わ ざるを得ません。しかし後段の『県民から寄せられた意見を取り入れながら残土条例の改正・検討を行う準備を進めているところです」に期待致します。

 さて、今回の要請書は去る8月6日、君津市川谷地域を流れる小櫃川の支流 ・御腹川が雨も降らないにも関わらず濁流と化した事件についてです。地元住民から当会へ通報があり、「異様な臭いのする汁粉のような」と表現される泥濁りが朝晩流れているとのことです。早速、君津市環境保全課へ通告し調査を依頼するとともに、翌日、水質調査もしました。 水田では現在稲が実る最中であり、水質はもっとも重要な時期を迎えており このような事態は農家にとって、また飲料水として河川水を利用する市民にと っても大変重大です。 そこで具体的に以下の要請を致しますので3週間以内にご回答下さるようお願い申し上げます。

1.濁流の再上流には千葉県の許可した(株)ハマケン(旧・大福山開発)の残土処分場があります。この業者への指導と原因について調査し、その結果を知らせること

2.雨が降ると『新井総合施設」産業廃棄物処分場工事のための濁流があるので、その防止の指導とその結果について知らせること

3.(株)ハマケン周辺の尾根一帯に鉱さい、廃車が投棄されている件につい ての調査と指導について、その結果について知らせること                       (以上)


                             産廃第311号
                           平成14年6月12日

残土・産廃問題ネットワーク・千葉
おびつ川の水を守る会    様

                       千葉県知事 堂本暁子印

 県外の残土を持ち込ませない条例の制定について(回答)

 陳情書について拝見いたしました。
千葉県のいわゆる残土条例については、平成9年7月に制定し、ご存知の 通り、平成10年1月1日より施行しているところです。また、平成12年 6月から「千葉県土砂等の埋め立て等に関する指導指針」により事前協議制 を取り入れ、より慎重に埋立事業の許可を行っています。 私も「菜の花県民会議」に出席すると建設発生土や産業廃棄物の問題が意見としてよく出ます。多くの意見は環境破壊、地下水源の汚染等が訴えられ れます。
 建設発生土の全てが悪いるわけではありませんが、建設発生土は建設工事に伴って必ず発生するものでありますので、循環型社会を実現するためには 資源としてのリサイクルも必要です。 現在の残土条例では、汚染された土砂を埋立事業場に搬入させないことに より土壌の汚染防止、また、たい積構造を規制することにより土砂流出等による災害の未然防止を目的としており、土砂の埋め立てそのものを規制する ものではないので県外からの土砂搬入を規制していません。また、隣接者・ 周辺地域住民の同意については、残土条例では直接規定していませんが、こ れに代わるものとして「指導指針」により埋立事業者へ、近隣住民の方々へ の説明会の開催や環境保全協定書の締結を指導しています。
 なお、立ち入り調査権については埋立事業の許可条件に関係者が立ち入り を求めたときは埋立事業区域内に入れるようになっており、また、平成13 年9月21日からは地元市町村職員にも付与しています。 マニュフエスト制度の導入については、県外排出事業者への直接的な規制 をこの残土条例で行うことは難しいため、土質検査や施工監視を強化するこ とで対応しています。 残土条例については、いろいろな機関、さきに申し上げたように県民の皆様からもさまざまな意見が寄せられています。県では、これらの意見を取り 入れながら残土条例の改正・検討を行う準備を進めているところです。

今後とも、残土条例の適正な運用を図り、県民の安全確保に努めていきた いと思います。


堂本知事宛 13,000名分の署名提出   
 県外残土を持ち込ませない!

会員の皆様にご協力頂いた署名は短期間に13000名分に達しました。 去る5月2日、県庁産業廃棄物課長及ぴ主幹が対応する中(千葉テレビも撮影・当日夜ニュース放映)知事宛署名を提出しました。正式な知事回答は掲載のとおりですが、充分な回答ではありませんので再度8月28日に直接知事と交渉することになりました。房総の水源域を産廃を含む残土で汚染させないた めにさらに要請を強めていきます。皆様のご協力をお願い致します。


小櫃川の水を守る会第16回総会

特別講演
「21世紀の水環境はどうあるべきか」
                
 (前号の続き)
                   
                                   沖縄大学教授  宇井純

 次に、これは知っているとケンカの時に役立つ訳です。お前の国の援助で俺たちはこんな 酷い目に遭っている、どうしてくれると文句を言われる。先程の世界地球環境の話と同じよ うに、その国の政府・支配層がその国の国民を代表しているとはとても言えない状況があり ます。こういう中でも発展途上国でネットワークがそれなりに色々な活動をやっています。 個人・団体が国(政府)を通してやらなくても直接連絡が取れます。
実際にこれをやって知 られているのは「アジアヒ素ネットワーク」で宮崎県の土呂久ヒ素中毒の深刻な事例があり ましたが、それを支援した熊本大学の医者・自主講座の人達もいましたが、そういう人達が 独自のネットワークを組みまして、アジアのあちこちで飲料水の中にヒ素が出てさて大変な 問題になっている。それはタイ・台湾・バングラデシュ・ベンガル・内モンゴルで国によっ て原因は色々なんですが、人間の活動で飲料水の中にヒ素がたまって出てきて、それによる 中毒が集団で起こっている。そういう状態に対して、日本でヒ素中毒で苦しんだ経験を何とか生かそうと、現地の対策活動に参加した例があります。それから、バングラデシュ女性の 工芸品を日本に持ってきて売り、そのお金で現地の生活改善に役立てているサプラニーとい う民間団体があります。私が期待するのはNGO同士の交流です。
今、沖縄では米軍基地があり、日本政府は暴行件があったということで50億円、知事が 代わったということで1TO億円、普天開基地を名護に移すことで関係市町村に大変な金が流れ て行きます。沖縄の中でこれ以上お金を使う宛が無いというお金が飛び回っています。巨大 な釣り堀にしかならないような港湾を作ったり、自然の海岸に生えている阿檀(あだん・タ コノキ科の熱帯性常温低木)を、ぶった切って、コンクリートの護岸とテトラポットを作って かえって塩害が増えているという情けないことが起こっている。国民の税金を無茶苦茶使っ て自然を破壊している。那覇市に漫湖という入り江があり、渡り鳥の中継地で有名ですが. ここに必要の無いような橋を作ったんです。渡り鳥が何千キロもやって来て下りようとする と、ロープで吊った橋が壁のように出現し、獲り鳥に迷惑千万の物です。たかが渡り鳥では ないか、と言う人がいるかも知れませんが、我々の回りの物質循環は大変デリケートであっ て、日本が緑の山々に取り囲まれているのは、鳥が沢山いてその鳥が海から栄養を取り、山 に行って糞をする、下から上への肥料循環なのです。今日、干潟を見せて頂いて、ここに45m の建物が立つと聞いて、また馬鹿馬鹿しい事をやるかと、鳥にとってみれば大変な障書物が 作られるということです。環境基本計画の中に、鳥の身になって景観を考える人が入ったな らば今よりは大分良くなるのではないか。そういうことをどんどん持って行ける代表を運ん で、どんどん会講に出てもらって、また、審議会にしてもこの人なら信用できるという人を 推薦する。本当にましな人は国立大学には長くいられない。
水源保護条例について皆さん随分いい仕事をされているわけですが、宮古島の事例をお話 します。米軍の占領下で水道を作ってやるというお触れが来まして、その後、お恵みで作っ てもらうのはいやだということから自分たちで水道条例を用意した。宮古島は地下水しかあ りませんで、地下水が汚れたらアウトになる島で、地下水が足らなくなったら飲み水も無く なるので、宮古島の人たちが作った水道条例は、企業組合で一応上水道企業です。井戸を掘 って水を使う者は必ず企集団の許可を得なければならない。地下水は最初に飲料水として使 うとと言うふうな経験が、こちらも40年公害問題と取り組んで来た者だからいくつかの経験があります。まず最初に小櫃川については昭和41年頃に水質検査をやっております。同じ研究室の市川しんさんたちが千葉県内の主要河川の水質検査をしました。千葉から西はこれは もうダメだと言うのが当時の結論で、千葉から東の河川は手を打てぱまだまだきれいである。小櫃川も養老川も40年前ですから随分きれいだった時代です。今日ざっと見まして、小櫃川 についてはその頃に比べて、思ったよりも汚れていないな、というのが結論です。今手を打てばまだまだ守れるでしょう。ぜひ皆さんの活動で守って頂きたい。全国教育研究集会に出 ましても、千葉高教組(小櫃川の水を守る会)の報告のように、このようにして産廃焼却場 (東海焼却場)を潰した、こういう風にダム(追原ダム)を潰したという報告は日本全国に そう無いのです。ですから千葉からの報告を聞きますと元気が出る、と言うことで大変評判 が良かった。ぜひ続けて頑張って頂きたいと言うのがお願いです。
運動をする時に気を付けておいた方が良いと思われる事が二・三の経験的な事実がありま す。一つは、水俣の漁協の組織を調べた時に気が付いたことですが、この組織はピラミッド 型です。ところがこの組織は買収に弱いのです。つまりテッペンを丸められてしまうと全然 動かな<なる、中には買収に応じないのがいれば消してしまえばいい。物理的に消す場合や、 スキャシダルをでっち上げて辞めさせる手もあります。うるさいのは消してしまって、うる さくないのを買収すれば全体が動かなくなります。何故水俣漁協はいつもいざという時に動 きが取れなくて、チッソに負けたのかという事を分析したらこういう事が分かった。確かに ピラミッド型の組機を作っておくと命令一下全体が整然と動くかのように見えて、能率がい いように見えます。ですから近代の組織は企業・政党・労働組合にしてもピラミッド型の組織を持っています。幹部が買収されるか或いは消されるかによって全体が動かな<なります。 此れに対して1964年の三島湖公害反対動の頃から段々出てきたネットワーク型の組織があります。色々な人が地域でゆるいネットワークを作って公害反対運動をやる。これは買収がな かなか難しい。ここが中心と思って買収しても、他の仲間が生きていて影響が無い。どこか らとなく攻め寄せてくる。これはその後ベトナム戦争にベトコンが取った組織形態、日本で はべ平連が取った組織形態。一人一人はそれぞれの責任において活動し、各々は活動し易い ように協力する。その中には上下の関係が無い、皆それぞれの判既で動く。これは潰しに< いと言うことが段々分かって来まして、最近は公書反対動でもネットワークという言葉を多 く使うようになって来た。ネットワークというものは喧嘩する相手からすると実にしまつが 悪い。どこを潰しても全体は生きている。何処からともなく攻めてくる。このような運動が 日本の中で大分広がるようになって来た。特に今議論になっている0ADを含めました発展途上 国と付き合い方というのは、まあ、このネットワークの役割は大きくなるだろうと、日本の 国は比較的支配者と民衆の間が切れていない、上と下と社会の流通が無いわけでは無い。我 々は税金を納めて日本の支配層の為にせっせと働いているわけで、支配層の方は勝手に666兆 円の借金をしてくれて、これは後世にツケを払わせることになっていますが、これがインド ネシア・ビルマ・中国などに援助する時には、相手の支配層は日本より遙かにお金持ちであ る場合もある。それに一般大衆と完全に切れています。今の国際援助の理論ですと、日本か ら相手の国に向けて援助をしますと、例えばダムを作るとその効果が下々に滴り落ちてきて、 その国が段々良くなると言う話で援助が組まれていますが、実は行ってみるととてもそんな ものじゃなくて、上の連中が丸儲けして、我々は税金を払って援助してその国に行くと恨ま れるいう原則がありまして、それ以外の用途で使う者は許可を得なければならない。
旱(カン・ひでり・雨が長く降らない)になりまして水が足らなくなりますと、企集団は 飲み水以外の用途に対してそれを止めることが出来る。飲み水の水質確保では、全集団は植 林をやる、畜産排水で地下水を汚染する恐れがある経営体に対して、補助を出し処理施設を 作ってやる。条例を作る場合、宮古の事例を参考にして頂きたい。ヨーロッパの中世都市は 便所を作りますとお金がかかりまして、人間の住む家だけを作ってそれ以外のゴミ・汚穢(オ ワイ・よごれもの・おぶつ)は窓から外へ投げ出していたんです。道路は段々隆起して、雨 が降りますと汚水が一階に流れ込みます。これではたまらんということで、舗装し下水管を 埋めて汚水を町の外へ排除するというのが下水道の始まりです。20世紀なり下水道の末端に 処理場を作ることになリました。大規模の下水管を作って末端に処理場をつける、江戸川左 岸はまさに典型でして一日100万トン桁の処理が出来ます。ところが21世紀になりますとこの 水は非常に貴重な水資源になります。千葉県の計画通り三番瀬まで下水道を持って来て、あ そこで処理しても水は何の役にも立たない。またお金をかけて逆送しなければ使えない。と ころが上流の野田・松戸とかに小規槙の処理場が幾つか出来ていれば、そこの所で水が利用 出来る、実は下水道は分散させたほうが得なんです。21世紀には必ず下水の利用が入って来ます。もう一つ、今、環境教育が話題になっていますが、学校で環境問題を取り上げる、大変いいことなんですが教科も教材も混乱の中にありまして、結局文部省が考えつくのは、空さ缶を集めること、どぶ浚いぐらいしか無いのが実情です。いいと思うのですが、そこで終 わらないで、何故こんなにゴミ・空さ缶は出てくるのだろうか、辿って行げば今の日本の生産構造が見えて来ます。廃棄を全々考えないで大量生産・大量消費をやる、その結果大量廃 棄になってくる。それを根本から止めるにはどうするか、まず生産の構造を変えなければな らないと言うことがほぼ見当が付いてくる。例えば簡単な水質検査を小学生や中学生が木更津の周辺でどんどん歩き回ってやるようになったら、汚水を垂れ流している方としては非常 にやりにくいことなんです。小櫃川の水を守る会もそういう活動を進められたら宣しいので はないかと思います。 今日、小櫃川の水をホテルで飲んでみて、水道水としてまだ飲めるようだと、今日の私の診断でした。これ以上悪くしたらたまりません。是非、皆さんで守って良い方に変えて行 って下さい。
(第16回小櫃川の水を守る会総会、2001・8・19、木更津中央公民館)


       各市議会へ請願
    実効ある残土条例求め


県外残土が押し寄せている君津・木更津・袖ケ浦各市9月議会へ向け、実効 ある残土条例を県が制定するよう求める請願書を提出します。



    君津市糸川で地層調査
    君津建興残土処分場は不適



 去る7月6日、日本環境学会副会長・坂巻幸雄氏が地元佳民の依頼により、 (有)君津建與が計画する残土処分場周辺の地層・水質調査を実施しました。 その結果、水質汚染の可能性が大きいこと、また崩落の危険性も大きいことが分かり、7月22日、君津市長へ意見書を添えて県に反対の意見を提出するよ う要請しました。


   意見書 02/07/09
        坂巻幸雄(技術士・応用理学/地質)


2002年7月6日、君津市糸川自治会会長はじめ、自治会役員および地元有志15名に同行して、君津市糸川字椎木谷地先に、(有)君津建興が着工している残土埋め立て予定地(以下、「予定地」と記す)を予察した。その結果、おおむね以下の見解得たので意見を述べる。すなわち、

結論:

当該予定地に残土を埋め立て処分することは、飲料用の井戸水をはじめ、付近一'帯の地下水の汚染をもたらす危険性が甚だしく大きく、不適当である。

調査方法:

目視により露頭の観察を行うとともに、井戸、沢水、予定地内の湧水、溜水を採水し、 堀場製作所製の携帯用pH−導電率計(カスタニ一 ACT D24型)を用いて、pH、導電率、 水温を測定した、流水については容器法によって流量も併せて測定した.。

調査結果:

1)予定地及び付近'帯は、小糸川に沿って開けた水田地域と、それに接する丘陵地帯から成る。稜線部の標高は約90m、谷の出口の標高は約50mである、予定地は、小糸川 の右岸側(東側)支谷・台中川の左岸(南側)から流入する小谷の一つに当たっている。 この谷は、かつては谷頭からの湧水を利用した天水田があって、現在も地形には痕跡を残 すが、耕作が放棄されて久しいので、草藪となっている。谷壁は杉林と竹藪、稜線部は照葉樹林が主な植生である。

2)稜線部を走る林道に接続して、工事用道路がこの小谷の左岸斜面を削って、設けられ ている。この道路は敷地のほぼ中央部で、築堤によって谷の右岸側に渡るが、この築堤の 材質が粘りのない砂質土だったために、道肩が雨裂状に大きく崩壊し、現況では車の通行は出来ない、、谷の未端部には、コンクリ一ト擁壁に支えられた高さ約4メー一トルの土盛り堰堤が構築されているが、その谷奥側は、前述の道路築堤の崩落上で殆ど埋まってしまっ ている。この崩落土の表面は、シルトによって目詰まりを起こし、雨水起源の黄褐色の溜 まり水を保持している。

3)一帯の地質は、新第三系上総層群の市宿層に属する中粒砂層で、ほぼ水平か、僅かに 北に傾斜する。淘汰は良いが、部分的に薄い細礫層や砂質シルト層を挟む。砂質シルト層は主体をなす砂層よりは透水性が劣るので、その上面が湧水点となることが多い。この湧 水のうち最上部のものが、かつて天水田を涵養していた水源である。また、シルト層に接する砂層の露頭には、大雨などで砂層中の間隙水圧が急上昇したときに、圧力を持った地下水がスポット的に地表に噴出する、「パイピング現象」の痕跡が各所に見られる。 これらの事実は、この砂層の透水性が極めて良いことを示している。

4)観察された水は、以下のように大別される。
A)雨水:土盛り堰堤上の溜まり水。導電率が低い。
B)砂層中の普通の地下水〜支谷の河川水:弱アルカリ性で、導電率は稜線部で低く、 台俣川の谷底を更に掘り込んだ、共同井戸水源で高い。総じて、標高が低くなるほど導電率が上がる傾向がある。このことは、雨水が順調に砂層中を浸透していって、滞留時間に 対応してミネラル分を徐々に溶かし込むという一般的なモデルで、合理的に説明できる。
C)稜線直下の工事現場に見られる特異な湧水〜表流水:弱酸性〜微アルカリ性で、導電卒が約500マイクロジーメンス/cm程度と、B)の3倍近くある。湧出点も稜線直下の小 さな湿地帯で、前述の、放棄された天水田の水源である。この湧水の直止部では、本来の 軟弱地盤上に重機を通すために、工事に際して多量の鉱滓が埋め込まれたとの情報がある。 他に導電率に影響を及ぼす自然条件が全く見当たらないことから、この導電率の異常は、 鉱滓起源の汚染としか解決できない。ただし、総湧出量が4リットル/分と少ないので、 下流側の地下水水質に対する明確な影響は、今のところ確かめられていない。

考察ならびに意見:

1)「建設残土」の語感からは、「自然の土地を盛地した時に出る土」と意識されるが、 現実の残土には、本来安定型処分場に持ち込まねばならない建設廃材やコンクリート塊、 さらに工場跡地などから発生する汚染土壌などが混在することが一般的であり、それらに よる環境汚染の拡大も、各地で多くの事例が知られている。従って、現況では、「残土 の埋め立てだから、安全」と言う主張を、自明の理屈として認めるわけには行かない。

2)上記のように、この予定地は極めて透水性の良い砂層の上に立地する。汚染浸透水が 発生した場合には、それを抑止できる天然バリア・人工バリアが共になく、付近一帯の地下水が汚染されるのは時間の問題である。予定地の末端と、25世帯が常用する飲料水用水源井との間の直線距離は、わずか200m程度に過ぎないので、残土起源の地下水汚染が 直接生活の質と利便、さらには住民の健康を損なう蓋然性は極めて高い。
さらに今回発見された、谷頭部一帯の鉱滓による水汚染は、この場所に汚染原因物質が 持ち込まれた後の危険な状況を、たまたまミニチュア・スケー一ルで示した現象といえよう。

3)さらに、一旦汚染された地下水の復元が甚だしく困難で、しばしば実際問題として不可能であることは、環境地質学上の常識である。しかも、有機塩素系溶剤による汚染地下水の処理法として有効な曝気処理法は、重金属や内分泌撹乱物質(環境ホルモン)には全 く効果がなく、適用できない。

4)汚染が発覚した場合には、PPP原則に則って加害企業が責任を持って対応するのが大原則であるが、地質汚染の発現には、場合によっては数年以上の時間が掛かるために、事態が表面化したときには、加害企業白体が解散・消滅してしまっている恐れが大きい。 この予定地の起業者についても、小規模な有限会社であって、長期にわたって責任を持てるだけの規模・財政カと陣容を持っているとは、とても考えられない。

5)前述の粗雑な築堤工事に見るように、起業者の技術的水準と管理能力は、客観的に見 ても低いと言わざるを得ない。仮に、この予定地が操業を始めたとすると、搬入土砂に有 害物が混入しては居ないか、現地での日常的な監視と規制が不可欠となるが、起業者がこれを完全に果たせるという技術的保証も全くない。
以上が、冒頭の結論を導いた主な観察事実と論拠であって、かつ、現地・糸川白治会の主張に十分な合理性が認められることの証明である。<以上>


 盤洲干潟を守る連絡会 知事へ要請
   貴重な底性植物群落・ハママツナ壊滅状態

                              2002年8月9日
干葉県知事堂本暁子様
               小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会
                       代表小関公平
          要請書
私たち連絡会は、名称のとおり小櫃川河口域に残された東京湾唯一の貴重な 干潟を保存するため、咋年6月設立された市民団体です。 この度の要請は、去る7月1日付、金田の海を守る会・桐谷新三代表より知事宛提出済「要望書」にも記されているとおり、今春より小櫃川河口周辺域の植物群落に大きな変化が現れている事についての調査と原因の究明についてです。

1.東京湾沿岸では小櫃川河口域のみにしか植生しない貴重な植物であるハマ マツナ(特定植物群落「小櫃川河口の塩湿地群落」)が壊滅状態になっている事について

2.さらにシオクグについても既に3割以上は枯れてなくなり、葉先が黄色に枯れたものが目立っていることについて(このままでは全減は時間の問題 です)

環境の変化で考えられるのは、2000年7月開業した三日月ホテル経営温泉施設の日量500トンの排水です。さらに本年7月開業の三日月ホテルの排水を合計すると日量1000トンに達します。また、つい先日判明した事は、 小櫃川河口三角州に隣接して子供対象の巨大遊戯施設が開発許可されました。 これらの事から、日本に誇る小櫃川河口・盤洲干潟の貴重な自然は次々と失われる危険性が高く、早急に現地調査と原因究明を要請致します。


       総会のお知らせ
    1O月27日(土)午後1時〜

      場所;木更津市総合福祉会館


   特別講演;佐久間充氏
    (岩波新書ああダンプ街道、山が消えた著者)


next page 通信41号へ
top page
menu page