next page 42号へ
top page
menu page

おびつ川通信 第43号 2003-04-08


  発行者「小櫃川の水を守る会」 代表:渡辺みつ
    事務局:〒292-0434千葉県君津市向郷681 御簾納照雄方
        tell&fax: 0439-27-2245 
          mail: szk-nrys@tokyo-bay.ne.jp  

  講演 / シンポジウム
  「生命の水源を守ろう!」 ゴミ弁連主催

全国規模でゴミ・環境問題に取り組む弁護士連絡会が、参議院議員:中村敦夫氏と共に木更津に集結します。またとない学習のチャンスです。多数のご参加をお待ちしています。

   日時 427日(日)午後1時〜5時
  
場所 富士屋ホテル(木更津市富士見)

 1..基調講演「21世紀の課題・循環型社会の実現に向けて」
               参議院議員中村敦夫氏
   現地調査報告「カナダ:ハリファックス市の具体的取組」
               環境総合研究所青山貞一氏

 2.各地からの報告 (千葉県:田倉.海上.館山:茨城県)

 3.パネルディスカッション「住民を守る武器としての条例」
   梶山正三氏(弁護士)    北山喜宣氏(行政法研究者)
   守春男氏(君津市職員)  石渡正佳氏(千葉県職員)
   御簾納照雄(小櫃川の水を守る会)

      資料代:500円 
 *会場の都合で先着500名です
 *駐車場に限りがありますのでできるだけ乗り合わせでご
  来場下さるようお願い致します。


  富津市田倉処分場建設差し止め裁判 
     第1回〜5回 公判進む
 水源地への特大処分場設置を 阻止にご協力下さい!
    
天羽の水を守る会報告

──────────────────   
 皆様の暖かいご支援に感謝申し上げます  
本件処分場建設は、恩田川・湊川周辺地域の飲み水、農業用水、地下水等に及ぼす影響は計り知れないことから、平成10年6月富津市議会は全会一致で反対決議し、市長も反対を表明して現在に至ります。ところが平成13年2月、事業者が工事を強行したため、仮処分裁判を千葉地方裁判所に提起しました。その結果、平成14年2月千葉地裁は「建設、操業及び使用してはならない」と決定し、現在建設は全面的にストップしております。しかし、事業者は撤退せず本裁判を望んで「起訴命令の申立」をしたため昨年5月15日、弁護士8名、原告団142名で本裁判を千葉地裁木更津支部に提訴しました。以下その後の公判経過について概略ご報告させて頂きます。今後とも皆様のご支援ご協力をお願い申し上げます。

「産廃場建設差し止め裁判」 1回〜5回公判の経過  
 
 第一回公判は2002年9月5日。公判に先立ち裁判長に地元天羽地域住民4035名の署名による「建設差し止め判決を求める要請書」を提出しました。多くの人が健康と命を守るためこの処分場の建設差し止めを裁判官に求めました。公判は第1号法廷で50名を超える傍聴者のもとで開かれました。公判には被告は誰も参加しませんでした。原告側は弁護士6名、司法修習生4名が参加し、5人の地元原告者と梶山正三弁護士が意見陳述をしました。地元原告者は「仮処分裁判は私たちの願いを受け止めてくれた」「つらく苦しい反対運動だった」「井戸の汚染が一番心配」「大気汚染・悪臭・交通災害が心配」「覚えのない同意書でつらい思いをした」「湊川の自然をいつまでも大切にしていきたい」など陳述しました。梶山弁護士の陳述は下記に別記します。 
 第二回公判は10月31日。被告側代理人2名が出席しましたが、被告は出席しませんでした。原告側代理人は6名、50名を越す傍聴者が参加しました。裁判長は、争点について@「有害物質が処分場に混入するか」A「入った有害物が外へ流出するか」B「流出によって周辺環境へ影響を与えるか」C「代替設備の問題」の四点で良いかなど確認しました。
 第三回公判は11月28日。原告は計画地に草が生える前の状態を写したビデオの検証を裁判所に求めました。その結果その検証を実施することになりました。   第四回公判は12月26日。被告もビデオで立証したいと発言。ビデオ文書の扱い検討、また中間処理場の解体など詳しい主張をしたいとしました。今後の日程等確認しました。
 第五回公判は2月6日。中間処理場関係の証人は双方から出す。ビデオは準文書扱い。証拠文書の提出日程など確認。文書の提出、主張の調整が終わり、今後本格的な証拠調べになります。傍聴者は毎回50名を超えるため補助椅子が用意されました。

 第1回公判(02年9月5日)  
   梶山弁護士の陳述(要旨)


 差止を認めた裁判例は既に相当の数に達する。(判例を示す)それも事業者側に無害であることの立証責任があるものとして、請求を認容する例が目立つ。ところが裁判例の傾向と逆行して、地域住民の意思を無視してでも処分場等の建設強行ができるように法の改悪されてきた。建設強行を可能にした法令の「改悪」が地域粉争の激化と司法による救済事例の増加という社会現象をもたらした。  
 本件提訴は、数ある廃棄物紛争の中でも特に深刻な汚染と地域住民の生活破壊が容易に予測される事例である。住民の側から見れば、「決して敗訴することが許されない」裁判であると言える。本件処分場は安定型としては、「特大」の部類に属する。予測される汚染規模も、流出する汚染物質もこれにともなって「特大」になる。典型的な「水源地型処分場」であって、このような特大汚染源が稼働し始めたら、その被害の広がりと深刻さは測り知れないものとなろう。しかも、巨大な「底の抜けた廃棄物貯蔵庫」からの汚染物質の流出は半永久的に継続する。原告らは子々孫々に至るまで、本件処分場から深刻な被害を受け続けることになる。、原告らにとって不可欠の生活用水、農業用水等が本件処分場から流出される有害物質で確実に汚染されるのであるから、如何なる観点から見ても、本件処分場の建設・操業は許されない。


  原告者交流集会開催
    03年3月9日 峰上公民館
 

 公判が5回終わった段階で中間総括の意味で弁護士と地元原告や有識者との意見交流が行われました。次に参加者の発言を紹介します。

  裁判の経過説明  田中弁護士

 本日は皆さんの意見を広く聞き訴訟に反映させていきたい、公判には大勢の皆さんが傍聴に来ていただき裁判官も緊張した気持ちで進めている。経過は次の通りです。第一回の公判では、原告者がどんな思いで提訴したのかを裁判所に聞いて頂きたいということで、5人の原告の陳述をしました。特に水の汚染について切実な問題があるということを裁判所に認識していただきました。まず仮処分の経過を裁判所に分かってもらうため原告、被告双方から仮処分の証拠関係の書類をすべて提出しました。次に裁判所に現地を見ていただきたいと要請しましたが、この段階で実現となりませんでした。そこで、仮処分の段階で撮影したビデオを裁判所で上映していただきたいと要請しました。「湊川河口から処分場の上まで経路を撮影したビデオ」「水汚染がどのように起きるか解明した地層を撮影したビデオ」の2本を提出しました。特に現地を見ていない裁判官にとっては非常に重要な資料だろうと思います。相手方もビデオを撮り裁判所に提出しました。相手方から出たビデオは非常に簡単なもので専門家の説明を短くまとめたものです。こちらのビデオの方が勝っているなと思っています。今後は仮処分では実証されていない部分を重点的にやっていきたい、証拠調べについては双方専門家を証人に立てることになる。

  地下水汚染について  田久保弁護士  

 管理型、遮断型はシートや、コンクリートで、廃棄物と地面が直接触れないような構造になっているが、本件の安定型処分場は、いきなり地面を掘って穴に廃棄物を埋める。したがって雨が降れば廃棄物を通って浸透した有害物が地面に染み込んでいく。被告は「安定型処分場には有害物質は入れないから大丈夫だ」ということを言っているが、安定型5品目以外のものが混じって有害物が入ることは間違いない。すると次に「有害物にふれた汚染水が流れ出るかどうか」が争点となる。被告の方は「あそこは岩盤であるから、水を通さない、安全である」といっている。これが基本的な姿勢です。前後しますが県の許可の時の書類を見ますと廃棄物にふれた水はどうするかというと、廃棄物にふれた水は「地下に浸透させる」と言って県に許可を求めています。ところが裁判になって我々が廃棄物の危険性を言い出すと、今度は「地面は透水性がないので地面には浸透しない」と変えてきています。県には「浸透する」といい、裁判所には「浸透しない」と使い分けをしています。  現地を見ますと確かに全般的には地層の透水性は高いわけではない、しかしサンドイッチ状にいろいろな地層が重なっており、部分的に非常に透水性の高い地層が挟まっています。処分場を見ますと岩肌が見えていますが、そこに何本か透水性の高い地層が見えます。それは色が違っている、水があるので雑草が生えていることからわかります。したがってその地層に汚染水が浸みだして、馬の背の中を伝わって処分場の外へ流れ出してくる。これが我々の主張です。もう一つ被告は、「地層の傾き」のことを言っています。地形は南に下がっていますが地層は、北へ傾斜しています。被告は「地層は北傾斜なので南側には汚染水は流れてこない」と主張しています。これについてはまっすぐ北へ流れるというだけではなく右にも左にもじわじわとしみ出していくというのは通常です。被告は「重力に従って流れる」「高いところから低いところへ水が流れていく」と主張しますが、西にも東にも広がっていくのが実態だと思います。左右に広がって汚染水がしみだして沢へ流れていき、その沢が南側に流れていますので、井戸に影響することになります。

 安定五品目の裁判上の争点   中溝弁護士  

 安定型処分場に持ち込まれるものは安定型五品目ですが、これらは安定しているので直接投棄をしてもよいとされていますが、実際のところ安定5品目を構成している物質自体に重金属が、あるいは化学物質が含まれていて、それが浸み出すことによって地下水を汚染する可能性がある。これをまず主張しております。さらにこれに付着したものが分別が難しくて、付着したもの自体に危険性の高いものがあり、これが水に溶け出して地下水を汚染する危険性がある。この2点を当方では今まで主張しております。 仮処分段階ではこの点について被告は資料も出さずに事実上争点とはならずに被告側も認めるという形で裁判が進んでおりました。今回の本訴では被告もこの点に関してかなり反論をしてきております。まず安定5品目自体の危険性についても反論してきているのでありますが、全国的な統計として安定型処分場で有害物質が検出されている数が割合が少ない、低いから問題はない。という反論がまず一つありました。それから問題のあった処分場というのは平成10年よりも前の処分場(平成10年に廃棄物処理法は改正され規定が厳しくなった)であるから、平成10年以降のものは問題がない。それから中間処分場の技術は向上しているから安全である。大きくみるとそのようになります。
 割合が少ないというのはナンセンスな主張でありまして、割合が少ないことが問題なのではなくて「あってはならないことが起こっている事実が問題なんだ」ということです。それから中間処理場の技術が向上しているという点ですが、被告が主張している中間処理施設ですが、海老名と白井の2か所に関する宣伝業務用の資料を提出しておりますのが、ここで必ずしも処分されるとは限りませんし、またここで処分された結果、本当に汚染物質が排除されるかどうかもわからない。平成十年以降は大丈夫であるという主張ですが、確かにこれまでの裁判の資料を洗ってみましたら、平成7年8年の裁判例がほとんどでしたので、平成十年以降の資料については今後洗い直して検討していく必要があろうかと思います。ただ法律が改正されたからといって本当に分別が可能なのかどうかというところは技術的にかなり疑問があります。この点に関しても今後反論予定しております。

 今後の立証と現地調査  井出弁護士

 今後の立証の予定と現地調査について報告します。皆さんに生ずる被害としては5点ぐらいあると思います。飲料水汚染、農業用水汚染、漁業汚染、交通災害と悪臭が根底になると思います。農業用水汚染と漁業汚染については汚染された水をそのまま恩田川に流してしまうので、蓋然性が高い、汚染された物質が農作物や魚に取り込まれてどう人体に影響を与えるのかということについて科学的に文献等で実証しなければならないと思っています。交通災害については、道滝橋から林道に入って現地調査で道の幅と実際にコンクリートミキサー車と4 トントラックを入れてすれ違わせたりして写真を撮ったりしました。一番狭いところで3.9m位ということで、10 トントラックが入った場合、幅は2.5mですから地元の人にとっては交通事故の起こる可能性が大きいのではないかと思います。
 2月25日、26日に行った現地調査について説明します。仮処分決定では処分場から半径300メートル以内の住民の飲料水の被害は認めたのですけれど、仮処分段階では認められなかった東大和田地区とか恩田川周辺の住民の方の井戸の汚染を中心に調べるため現地調査をおこないました。川の水がどのように井戸の水を汚染するのか、そこが問題になってくると思います。調査に参加されたのは坂巻先生、石川さん、地元の井戸屋さんに協力をいただき、非常に参考になりました。調査したことは、「井戸の深さ、PH、電気伝導率、水温、など」です。井戸と川の関係を調べればつながっているか予想は立つと思います。そういう観点から水質調査をおこないました。それから恩田川と湊川の川底を見て回りましたが、「水を通さないような地層ではない」ことがわかりました。川が汚染されれば川底から染み込んでいって井戸を汚染するのではないかと思います。
 二日目は馬の背西側の再調査を行いました。そして簡易水道と宝竜寺の富津市水道水源を見に行きました。 今回水質調査を行って皆さんの井戸の電気伝導度は200〜300でしたが、調査は終わった後(2月28日) に鴨川の安定型処分場跡地を坂巻先生が調査したところ、電気伝導度が2,600ありました。処分場を建設された末路がどのようになるか明らかになるのではないかと思いました。

  意見・発言  小櫃川の水を守る会 御簾納照雄 氏

 安定型処分場の排水の水質について、久留里のビオトープの下の電気伝導度、塩素イオンの濃度が高いことを測定しました。昨年10月5日恩田川の生物・水質調査をしました。生物調査ではヘビトンボやカゲロウがたくさんおり、生物層は非常に豊富です。 君津市が廃棄物処分場を作るにあたっての資料で廃棄物処理施設審議会が作った資料があります。産業廃棄物処理場は基本的には水源に作るべきではないというのがこの答申の結論です。これは裁判で使える資料だと思います。

  今後とも皆様のご協力をお願い致します

 天羽の水を守る会では「ふれあい農園」で無農薬野菜を栽培し出荷して裁判費用の一部を捻出しています、経済事情厳しいなかで大変恐縮ですが皆様の暖かいご支援をお願い出来れば幸いです。カンパにご協力いただける方は左記にお願いします。                      
                              平成15年4月5日

   郵便振込口座「天羽の水を守る会」  00170−1−250210

 田倉産廃処分場建設差止裁判申立住民
 天羽の水を守る会 代表 安田 貞夫 富津市恩田213
                          電話 0439 68 1562


ビオトープ処分場拡張のうごき

 ビオトープ:旧竹田商事産廃処分場(君津市川谷)は、4月18日、水源保護条例に基づいて現処分場拡張の説明会を実施します。(上総公民館AM1O時) この処分場は小櫃川支流・御腹川流域(久留里地域)に計画されたときから 水道・農業水源域であることから大きな反対運動が起こり、「水を守る会」設立のきっかけになりました。しかし、安定型処分場に全国でも例のない管理型並の水処理施設を付けたとして1990(H2)年、県は営業を許可し、投棄 が始まりました。この間、有害排水で営業停止1年以上、管理型への再申請も市民の反対でならず、竹田商事は倒産し、後を引き継いだビオトープが営業しています。 今回は埋立の斜面の角度を急にして埋め立て面積の拡大を図ろうとするもので、水源にこれ以上のゴミ搬入は許せませんし、斜面の角度を急にするだけ崩落の危険性が高まります。説明会に多数参加して意見を述べ、拡張を阻止しま しょう。


  ここ3ヵ月の主な活動

 1/ 3(金) 第4回盤洲干潟学校千葉県野烏の会と共催
 1/17(金) 講演会r産廃不法投棄問題を考える」残土・産廃ネット主催
 1/18(土) シンポ「2003三番瀬・盤洲」船橋盤洲干潟を守る活動報告
 1/23(木) 第170回幹事会議
 1/25-28 全国教育研究集会(奈良)千葉高教組:盤洲干潟を守る活動報告
 2/ 1(土) ゴミ弁連総会第1回準備会(千葉:田中法律事務所)
 2/ 6(木) 田倉産廃場差し止め裁判第5回公判
 2/ 8(土) 「水と環境を考えるシンポ」石けん連絡会・残土産廃ネット共催
  〃    小糸・糸川地区役員会へ参加(山田,御簾納)
 2/17(月) ゴミ弁連総会第2回準備会(千葉:田中法律事務所)
 2/20(木) 第171回幹事会議
 2/25・26 天羽の水を守る会:地層・水質調査坂巻幸雄氏
 3/ 1(土) 「東京湾沿岸海岸保全計画」公聴会県土木部主催福祉会館
 3/ 4(火) 県産廃課交渉(天羽の水を守る会)
 3/ 8(土) 映画「アレクセイと泉」君津市民文化ホール
 3/ 9(日) 田倉産廃場差し止め裁判報告会峰上公民館
 3/12(水) 盤洲干潟水質調査
 3/16(日) シンポ「大型公共事業と行政改革」県教育会館
 3/19(水) ゴミ弁連総会第3回準備会(千葉:田中法律事務所)
 3/20(木) 第172回幹事会議
 3/25・26 高校生活指導研究会(高生研)講師:佐野七里川温泉
 4/ 1(火) ゴミ弁連総会・木更津地区準備会
 4/ 4(金) 三日月・温泉:情報公開


県土木部主催
「東京湾沿岸海岸保全計画」公聴会

  意見陳述

 03年3月1日(土)、県土木部主催による「東京湾沿岸海岸保全計画」公聴会が木更津市総合福祉会館において開催されました。 全体で数十名が参加していましたが、小櫃川の水を守る会、盤洲干潟を守る連絡会からも代表など5名が参加し、それぞれが活発に次のように意見を述べました。
「保全といっても何が原因でこうなった(汚濁が進んだ)のかをはっきりさ せ、それを取り除くことが先決である」(佐野今朝雄)。
「金田地区では、温泉施 設、ホテルが開業し、(写真を提示しながら)貴重な底生植物群落が絶滅の危機に瀕し、新たな汚濁を進める施設(民話の里)が開発許可になった。海苔も大きな打撃を受け、漁民の生活は大変な状況にある。真の保全計画を立てることを要請する」(桐谷新三)。
「現在、東京湾の海岸90%がコンクリート護岸工事済であり、これからは新たな工事は控え、できるかぎり自然工法を用いるべき。直立護岸と埋立が水質汚濁の大きな原因となった。保全計画といいながら 工事を実行する土木部が主管で、自然保護課、環境保全課など環境部関連が計画策定の段階で入っていないのはおかしい」(御簾納)。
そのほか牛込漁協からはアオサ対策の予算要請もありました。 電気伝導度測定器購入しました。小櫃川の水を守る会、小櫃川河口盤洲干潟を守る連絡会は共同で、電気伝導度、pH、塩素イオン濃度、酸化還元電位など測定できるポータブルタイプの計測器を購入しました。この計測器は無機イオンについて、かなり詳細な数値 が出ます。現在、有機物の測定についてもかなり簡単に、また安価に測定できますのでこれからは総合的な水質の監視が可能となります。既に小櫃川、小糸 川、湊川流域などで調査を始めています。 ある水質の専門家は、産業廃棄物処分場の排水の特徴として特定の無機イオン増加を挙げています。もちろん違反があれば有機物も検出されます。 いずれにしても、いつでもどこでも使えるr水を守る強い武器』を得たこと になります。


傍聴においで下さい

田倉産廃場差止裁判第6回公判

4月17日(木)午後4時〜5時
場所 : 木更津裁判所

本誌2〜5ぺ一ジで報告のとおり、天羽地域のみなさんは週に何度もの会議を重ねながら、飲料水、農業用水を守るため奮闘しています。 仮処分では勝っていますが裁判はこれからが正念場です。 現在まで毎回傍聴席を満席にしてきましたが、ぜひともこれを続けま しょう。 どなたでもご参加できます。開始10分前までに裁判所においで下さい。よろしくお願い致します。
ー一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一一

爽やかな春の1日を日本に誇る盤洲干潟で楽しく過ごしませんか?

盤洲干潟学校 (観察・学習会)

長靴、弁当、飲み物、帽子、 (双眼鏡)など持参して下さい。(資料代200円)

      日時 4月19日 (土) 9:30集合
      場同 木更津市 金木橋
      講師 盤洲干潟防人 桐谷新三氏
   
   主催:小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会
        代表:小関公平 0438-23-1357


next page 42号へ
top page
menu page