next page 43号へ
top page
menu page

小櫃川通信44号 2003-8-28


  発行者「小櫃川の水を守る会」 代表:渡辺みつ  
  事務局:〒292-0434千葉県君津市向郷681 御簾納照雄方                tell&fax: 0439-27-2245    mail: szk-nrys@tokyo-bay.ne.jp 
目次 産廃場拡張申請を不許可に ビオトープ
     田倉処分場裁判 公判進む
     小糸地区の残土埋め立て反対運動
     ケー・ジー・エムが訴訟
     NHKサンデートーク「山は残せるか」
     搬入路変更に住民反対(久留里の処分場)
     ゴミ弁連主催「講演とシンポ」
     他案内


  小櫃川は水道水源    堂本暁子知事宛要請書提出
産廃場拡張申請を不許可に!
      ビオトープ:旧竹内商事(君津市川谷)
    有毒ガス・硫化水素発生中  悪質排水も

 (株)ビオトープ(君津市川谷)・旧竹田商事の産廃処分場拡張申請のうごきについて、前号でお知らせしたとおりですが、去る4月18日、水源保護条例に基づくビオトープ社の説明会が上総公民館で実施されました。参加者は市外から7名(おびつ川通信で知った)、亀山から1名、そして渡辺みつ代表と私(御簾納)の計10名。たった10名です。市外から参加したYさんは、久留里の住民の関心の低さにあきれ返っていました(全国的に調査しているが、こんなことはどこにもなかったと)。しかし少ない人数を跳ね返す時間オーバーの質問攻勢で社長や2名のコンサルタントも回答ができない部分が多くありました。そこで5月16日、以下の内容(現在も有専ガス・硫化水素が指導目標値以上発生、悪質排水等)で要請書を提出しながら県庁産業廃棄物課室長、及び直接の担当者と話しあいました.要請事項について調査すると約束しました。間もなく次回の話し合いが持たれます。

<主旨>
 硫化水素ガスに起因する臭気濃度が、県の定める未指定地域の指導目標値20を上まわっていること、また排水についてもCOD値が50を示すこともあり、廃棄物の搬入を停止し、原因の究明をすると同時に、これ以上の拡張申請については許可しない旨要請致します。

 本変更許可申請の処分場は、小櫃川の支流、御腹川の上流域に位置します。この大福山系から清澄山系にかけては、県内で最も自然の残された地域であり、動植物層の豊かさは日本全国にも誇れるものです。本処分場は君津市域に計画されていますが、隣接する市原市域では周辺を水源かん養林、自然公園、保安林などとして大切に保護しています。
 小櫃川の水は、木更津市大寺で取水され、6市(木更津、君津、富津、袖ヶ浦、市原、千葉)の住民の飲料水として、また流域3市(君津・袖ヶ浦・木更津)の農業用水源として大変重要な河川です。
1995年、小櫃川流域3市(木更津、君津、袖ヶ浦)に水源保全条例が制定されたが、条例制定を検討した木更津市水道水源保護問題協議会(1991年、木更津市長が設立、各界を代表する16名で構成)は、概略、次のような提言書を木更津市長に手渡しました。「水道は、現代社会において健康で文化的な生活を営む上で欠かすことのできないものです。木更津市は、山紫水明の自然に恵まれ、いたるところに上質で豊富な地下水源があり、かつては飲料水のすべてを地下水で賄ってきました.‥・途中略・‥現在の水質は大腸菌群を除き、環境基準のB類型(水道2級)の水質を満たしているが、将来にわたって、安全で良質な水を確保することには不安があるという状況にある・・・途中略‥・したがって、将来に禍根を残さないためにも、立地規制を骨子とする規制型条例にすることが望ましい」。さらに「小櫃川河川環境管理基本計画」によると、流域住民へのアンケート結果として、回答の4分の3が現在の小櫃川を「かなり汚れている」と答え、多くの住民が水遊びができる、そのまま飲めるほどきれいな小櫃川を求めています。同計画書の本文12ページにある「他に代えがたい小櫃川の資質を最大限に尊重すること、これが最も重要な課題といえよう」とあり、県行政の多くの部署、流域3市長、学識経験者、専門委員の参加によるこの基本計画は尊重されなければなりません。したがって、主旨に記したとおり現在営業中の廃棄物搬入を停止させ、具体的に次の要請をいたします。

<要請事項>
1.放流水の水質をBOD、COD、それぞれを20mg/1以下と計画しているが、私たちの調査によると、CODは低いときで25、高いときでは50mg/1に達しています。無機イオンの量も相当量に達しています。水処理施設が設置されてもこのような状態であることから安定5品目以外の物質が搬入されていること、あるいはまた水処理施設が汚濁負荷に耐えられない状況になっていることも推測できます。この件について原因の究明を要請致します。

2.本処分場において、過去に高濃度の硫化水素ガスが発生していましたが、去る4月18日君津市条例に基づく(株)ビオトープ側の説明によると、現在においても硫化水素ガスによる臭気濃度は県の未指定地域の指導目標値20を上回っているとのことです。この件についても詳しい原因の究明を求めます。

3.本処分場の許可申請地は表流水の水源であるとともに、久留里地域に自噴する地下水のかん養域でもあり、廃稟物処分場など環境へのリスクの大きな施設は避けるべきであり、拡張申請については、不許可とする旨要請致します。                                              以上


 「おびつ川通信」ホームページを開いています。
 小櫃川の水を守る会:盤洲干潟を守る遠路会:天羽の水を守る会
 水と緑を守る会など千葉県内房のゴミと水問題を取り組む団体の
 活動が写真入りで判ります。是非リンクしてください。
 URL http://www8.ocn.ne. jp/ ~szk-nrys/ 


富津市田倉処分場建設差し止め裁判
 第6回〜9回へと公判進む
   「天羽の水を守る会」報告

小櫃川の水を守る会の皆様の暖かいご支援に感謝申し上げます。  
 本件処分場建設差止裁判は、富津市湊川上流の恩田川流域の飲み水、農業用水地下水等に及ぼす影響は計り知れないことから、2002年5月15日、弁護士8名、原告団142名で本裁判を千葉地裁木更津支部に提訴しました。仮処分裁判では、2002年2月18日、千葉地方裁判所は有限会社浅野商事(本社・木更津市)に対して、この場所での「処分場の建設、使用及び操業をしてはならない」と決定しました。同裁判所は、処分場近くに居住する6名の債権者について、「汚染された地下水が井戸水に流入することで、健康被害を受けるがい然性は極めて高い」「侵害の防止を事後的に阻止することは物理的、経済的に極めて困難」であり「健康への被害のおそれが永続的に継続する」として、現状保全の必要性を認めました。現在建設は全面的にストップしておりますが、事業者が撤退せず本裁判を望んで「起訴命令の申立」をしたため本裁判で現在係争中となっています。第1回〜第5回の公判経過については既にご報告させて頂きましたがその後の公判経過について報告させていただきます。今後とも皆様のご支援ご協力をお願い申し上げます。


田倉産廃処分場建設差止裁判申立住民
天羽の水を守る会 代表 安田 貞夫
富津市恩田213 電話0439-68-1562

第6回公判(2003.4.17)
 原告にはどんな権利があるか
 今回特に向こうから出された主張に「原告にどんな権利があるのか」、という主張がありました。私達はきれいな水を飲む権利、いい空気を吸う権利、安全で環境の良いところに住む権利、そういうことを主張しております、特にきれいな水を飲む権利を前面に打ち出してやってきております。それに対して「そういう権利がそもそも保証されているのだろうか」、というような主張がありましたので、私たちは、いい水を飲む権利があるのだということを主張いたしました。きれいな水を飲む権利があるにもかかわらず、それが汚される可能性があるわけだから、それを事前に差し止めをする権利がある、ということを再度主張いたしました。

 安定型処分場に入れられるものは本当に安全か?
 全国の多数の安定型処分場から有害物質が出ていることに対して被告は「出ている箇所はごく僅かだ1割から4割で他の処分場は問題ない」という主張がありましたので「そのようにとらえることは間違っている、本来有害物が出るはずがないところから4割も出たこれが大問題なのだ」「その程度の認識しか持っていない被告は業者としての資質を欠くのではないか」と言う主張をしました。 被告は,「安定型処分場に入れるものについては法律が改正されて限定されるようになった、石膏ボードが硫化水素のもとになっていたが、石膏ボード自体が入らなくなった、ということになれば硫化水素は発生することはなくなる」と主張してきました。から安定型処分場の中に入れられるものは安全である」、という主張をしてきました。それに対してこちらは安定5品目といっても危険性があると主張しました。法自体の改正があったとしても安定5品目自体の危険性は何ら変わりはない。安全なものと安全でないものをそもそも分別することは不可能である、いくら分別をするといっても、混入は避けられない。目視で分けるだけでは分別はできない。したがって安全ではないということを再度主張いたしました。その他に相手方が主張しているのは、こちらが危険だと言っている物質については、「千葉県の飲料水の水質基準の項目にはなっていない」と主張しています。これに対して千葉県の基準を見てみますと基準項目と監視項目があります。基準項目の中には確かに入っていないのですけど、監視項目の中には私達が危険と言っていると物質が記載されています。そもそも水道の水質基準というのは非常に遅れておりまして、環境ホルモンとか危険なものがどんどん出てきているのに水道法の基準というものは、非常に遅れています。基準だからといって安全かというと必ずしもそうではありません。さらに監視項目には入っていることからみますと水質基準にはなっていないけれど危険だということを認めているということになります。

原告の意思を無視してつくられた「区と業者の協定書」を業者側が提出
 第6回公判で被告は「田倉区と業者が結んだ協定」を出した来ました。協定を結んでいるのだから周辺の住民は同意しているといってきております。しかし、これは区民の全員の同意ではありません。処分場計画地周辺に居住する方々は自分の飲料水を守るために裁判の原告となって闘っているわけですから、区が多数決で決められる問題ではない、それを多数決で決めるのはおかしいと主張しています。昨年11月、田倉区区長は富津市長に「関係三区で協定について話し合いをしたい」と申し入れをしましたが、富津市長は昨年12月25日付け文書で「協定に関する三区の協議は中止する」ことを寺尾恩田区長、東大和田区長、田倉区長に通知しました。富津市長は平成10年6月市議会全一致による反対決議以来「設置は反対、業者と協定は締結しない」と表明しています。
 また被告は富津市水道部の資料を利用して書証をつくり、処分場近くまで富津市が市営水道を引くと主張しましたが、原告が富津市水道部に確認に行ったところ「今予定はない」ことが判り、被告が証拠として裁判所に提出した図面も富津市の計画ではないことが判りました。今後準備書面で主張していく予定です。

第7回公判 (2003.5.29)
下流域住民の井戸への影響について
 本日は、恩田川下流の方たちの被害について主張し、処分場周辺だけでなく原告全員に被害があるということを準備書面で提出しました。特に川から流れた汚染水がそれぞれの方々の井戸水を汚染すると主張しました。本件処分場にはコルゲート管が出ておりそれが恩田川、そして湊川へ流れ出て井戸水を汚染します。たくさんの井戸水使用者を調べましたけれども川に最も近く処分場にも近いということで2人の原告のことを主張いたしました。他の方たちについてもいずれも川に近いし、井戸水が汚染される可能性が十分あると主張しました。

農業・漁業への影響、大気汚染、交通被害について書面提出
川の汚染による農作物汚染また魚介類汚染によって健康被害が起きるというこということを主張いたしました。大気汚染については、ビオトープ(君津市)を見学しビデオを撮りました。そこも安定型処分場で、硫化水素の発生が見られます。全国各地の処分場で硫化水素が発生しているように本件処分場に置いても同じ可能性が十分にある、と主張をしました。それから、現地調査を行い、狭い道路に6トンダンプがどんどん通ることになると交通被害も起こるし、粉じん被害も起こると写真を付けて提出しました。そういった諸々の被害について準備書面で主張いたしました。次回これに対して被告の方から反論が出てくると思いますので、またそれを受けて再反論を検討します。

ビデオテープ・地質の意見書・位置図など提出
 本日、提出の書証は、「ビデオテープ2本」です、(君津市のビオトープの経営する安定型処分場を撮影したビデオとNHKのクローズアップ現代)。これについては内容説明書を提出したうえで裁判所としては正式に書証として受理という扱いになりました。それから証拠としては、「道路の状況に関する報告書」、これは現地調査を行い4トントラックが運搬道路を通る危険性について写真を撮影しました。道幅の計測資料と写真付きの報告書になります。道路の災害が発生しやすいということを主張いたしました。
 坂巻意見書では河川が汚染されることによって井戸も汚染されてしまう危険性が高いこと、それからか富津市の水源となっている湧水群についても汚染の可能性を否定できないということ、について書かれています。それから原告がどこに住んでいるかということを地図に落として裁判所に提出しました。どのような経路で、汚染が広がるのかということの参考にしていただくために提出いたしました。処分場に隣接する原告の住んでいる地域の地区がありますが(例えば田倉区)それがどのあたりなのか地図に落とし書証として提出しました。

被告は住民の分裂を招く意味不明な書証を提出しました
 原告Aさんが使っている絞り水と井戸について土地所有者の方から「勝手に使っている」とか言うことを陳述書に書いてだしてきたので、それはどういう趣旨でだしたのか、はっきりさせてほしい、いたずらにそういうものをだしてきて住民の間で分裂生むような行為はやめて欲しいと指摘をいたしました。陳述書というのは証拠関係です、そもそも主張があってそれを裏付けするために証拠が出されるのが一般的です。ところが証拠だけポンとだしてきて何も主張していない、これはいったいどういうことを言いたいがために書証をだしたのか、その整合性を書面できちんとだしてほしいということで次回準備をするとになりました。
  
第8回公判(2003.7.16)
 双方から準備書面を提出
 はじめに前回被告から出された準備書面に対して原告から質問しました。被告の提出した準備書面では、原告A宅のしぼり水を、原告B宅のしぼり水と勘違いしているのでそれについて釈明を求めました。即答はなく確認するという回答でした。
 次に、元本とコピーを照合する作業を行いました。ほとんどは原告から提出をいたしましたが、被告からは、乙B57号証で写真を提出してきました。(川の位置と原告の住宅を遠くから撮影した写真)前回、原告は恩田川・湊川周辺の人の井戸の汚染の可能性について、坂巻意見書と準備書面を提出しました。これに対して、被告から、反論の準備書面4と、2ページ半の写真を提出してきました。写真は、要するに位置関係を言っているだけのもので、井戸の底と川の位置を比べると、川の方が低いというものです。これに対して、補充の意見書を次回提出する予定です。
 次に、前回被告の提出した書証について質問しました。被告は富津市水道部の書証で処分場近くまで水道を引くというが、原告の方が富津市水道部に確認に行ったところ事実と違うことが判ったので、基本的なところの確認をしました。被告は、「市営水道を引く予定になっているのだから引かれれば井戸水を飲まなくてよいから被害は出ない」、と言いたいのだろうと思います。被告が裁判所に提出した書証は、「区から富津市への要望書」「富津市から区への回答書」「区域、予定時期の書いてある地図」それと「見積書」です。見積書は業者が仮に水道を引くとしたらいくらかかるかというものです。
 地図乙B54号証に示してある「第3期」ルートについては富津市では「今やる予定はない」と説明しましたが、公判では、被告は「富津市は住民説明会の中で第3期ルートについても水道管の大きさを示した図面を示して説明した」としましたので、今後、確認の問題があります。また、「第三期」工事を富津市が予定しているがごとき記載になっているので、これは、違うだろうということを準備書面で、主張していく予定です。
 今後、原告の立証は「学者の地下水意見書の補充」「安定5品目の危険性を研究している学者の立証」を予定しています。

第9回公判 (2003.8.28)
地層について法廷でビデオ上映
 東京から大学生がインターネットで知ったということで、傍聴参加もあり超満員になりました。本日は、法廷でビデオ上映しました。2本は「計画地現場の様子」を撮影したもの、他は「君津市の安定型処分場の硫化水素流出」、「NHKクローズアップ現代放映の硫化水素流出」を撮影したものです。被告も反論のビデオを2本上映しました。
 深入りした質議はなく、とりあえず裁判所がビデオを検証し見たということです。今後証人尋問などでよって地層ことなど証言していきます。ビデオ上映の前に、準備書面のやりとりをいたしました。下流の川が汚染されて、川から井戸へ影響が出るという準備書面です。被告の反論は「川より井戸が低いから影響しない」といいますが、「処分場から川は、下ってくる間に帯水層と川が交わっているところがあり、そこから帯水層に入ると帯水層のなかで広がり下の方の原告の井戸が汚染される」と反論を書きました。ですから大きく恩田川流域の地形とか地層を見ないと判らないということです、被告のようにその地点だけ見て高いとか低いと言ってもそれはナンセンスだ。という内容で準備書面を出しました。
次回は10月2日です。坂巻意見書をまとめて提出します。次々回の12月11日あたりでお互いに書類のやりとりは終わりにして来年からは証拠調べに入る予定です今年いっぱいで主張関係は終わり、来年から証拠調べに入ります。これから本格的に始まりますので、ご支援をお願いいたします。

「ふれあい農園」便り
 裁判を進めていくには費用が大変必要です。私たちは野菜を作り、朝取りで新鮮野菜を販売しております。お陰様でいつも全部売れています。これも皆様のご支援のお陰だと感謝しております。
カンパにご協力頂ける方は下記にお願いします。
郵便振込口座「天羽の水を守る会」
00170−1−250210


     小糸地区の残土埋立反対運動
                           君津支部 山田周治

 君津市小糸地区は、小糸川流域を中心とする平野部に100m前後の丘陵と谷が複雑に入り組んだ里山地域です。農家の多くはそれぞれの里山の麓に住居を構え、集落を形成しています。
 山砂採取が小糸地区の重要な産業となっていることからも分るとおり、この地域の山のほとんどは、数百mに及ぶ砂礫層で形成されています。広大な水田と日本−のカラー栽培を支えている豊富な自噴地下水が、なによりも強くその事実を物語っています。
 それだけに、この地区で残土や産廃の埋立が行われた場合、地下水汚染が急速に住民の生命と生活の安全を脅かし始めます。しかもその汚染は非常に広範囲に拡散し、数十年、数百年も継続するおそれがあるのです。残土埋立は絶対に許すわけには行きません。

●糸川椎木谷では、業者の許可違反を自治会が摘発。目下作業停止中。
 急傾斜崩壊落危険地区に指定されている君津市糸川椎木谷の、民家から200mの間近で行われている残土埋立事業は、埋立事業面積12,827m3 埋立予定容積111,383m3(有)君津建興の申請に対し平成11年4月許可が下りたものの、地元糸川自治会・大井戸自治会の強力な反対運動により事業の進展をみないまま平成12年12月31日、一旦許可期限は終了しました。が、君津建興は平成13年夏、経営陣を変更して事業許可を再申請。地元の反対にもかかわらず平成14年10月申請は許可され、今年5月残土搬入が開始されました。しかし、6月、ダンプが現場から山砂を搬出しているのを、監視していた自治会員が発見し、直ちに県に通報。県は許可条件違反を理由に事業者に搬入作業停止を命令、今日に至っています。

●大鷲新田に残土埋立計画発生。大鷲自治会が事業者に反対を声明。
 平成15年7月27日、潟Iーク建設が大鷲自治会に対し、大鷲新田北台地のJ.D.(ジャパンデべロプメント株式会社)所有地を中心に、地元地権者所有地を含む9.5haの面積に埋立容積1,300,000m3に及ぶ超大規模残土埋立事業計画の説明会を実施。
 予定地は極めて透水性のいい砂礫層です。もし残土埋立が実施されたら、付近一帯の地下水が汚染されるのは時間の問題です。先祖から受け継いだかけがえのない水と緑を守るためにと、大鷲自治会はJ.D.とオーク建設の残土埋立計画に反対の決意を固め、説明会の席上でJ.D.とオーク建設に対し、反対を声明しました。事業者から県に対する許可申請はまだ行われていませんが、申請が行われたら直ちに千葉県および君津市に対して、不許可の要請を行う予定です。

●『廃棄物・残土に関する君津市独自の条例制定』を請願、8月議会で採択。
 改正されたとはいえ、千葉県の残土条例では、多大な危険が予知される事業であっても申請は容易に許可され、地元住民の生活と生命の安全が脅かされるのは明白です。
 一方で堂本千葉県知事は、廃棄物及び残土の埋立事業計画に対して、各市町村が県条例よりも厳しい規制内容の独自の条例を制定すれば、それを優先させると表明しています。
 現在及び将来にわたって、私達君津市民の生活と生命の安全を守りぬくために、糸川・大井戸自治会は、君津市議会に対し『廃棄物および残土に関する君津市独自の条例制定』を求める請願を行いました。請願は6月議会では継続審査となりましたが、8月議会で採択されました。
9月の選挙で選ばれた新議員による市議会が、これを受けて、君津の水と緑、私達市民の生活と生命をしっかり守る条例を制定してくれるよう、注目して行きたいと思います。 2003年8月


 (株)ケー・ジー・エムが訴訟

 今年になって(株)ケー・ジー・エムは「(仮称)君津市新子安土地区画整理組合設立準備委員会」および「14の地権者(設立準備委員会メンバーの共有地の地権者)」を相手取って訴訟を起こしました。
(*共有地の地権者とは、(株)ケー・ジー・エムが北子安の飛地、上滝沢に計画している「(仮称)君津廃棄物最終処分場」への搬入道路の土地所有者をいいます)
 訴訟は、「平成15年(ワ)第1159号 通行権確認等請求事件」で、すでに東京地裁で公判が進み、1回(3月)、2回(5月)、3回(6月)、8月には4回目が実施されました。現在、手続きの段階ですが、裁判官から円卓会議でどうかと提案されているといいます。設立準備委員会では2人の弁護人を用意し、14地権者の中の大手企業の2社がそれぞれ弁護人を用意したといいます。
 事の起こりは、平成8年5月、(仮称)君津市新子安土地区画整理組合設立準備委員会と(株)ケー・ジー・エムが取り交わした約束(契約書ではない)で、区画整理事業地内の通行について、8項目の条件付きで、平成8年から18年までの使用を認めたことにあります。
 平成12年3月、(株)ケー・ジー・エムが千葉県君津支庁産業課へ林地開発の許可申請を出して以降、設立準備委員会では8項目の条件を満たしていないことをもって、約束は無効とし、また、区画整理事業にも差し障るということで、土地区画整理事業地内の通行を認めない意向をかためました。
 従って、(株)ケー・ジー・エムは林地開発の許可申請を出しましたが、搬入道路の部分についての補足文書の提出を、千葉県君津支庁産業課林地担当者から指摘されたにもかかわらず、未だに提出できないでいます。そこで「あらゆる手段を講じても同意を得る」と訴訟に及んだやに考えられます。
 私たちは、この訴訟が設立準備委員会や14の地権者の勝訴となるよう願っています。しかし、訴訟は予断を許しません。今後とも訴訟の進行状況や(株)ケー・ジー・エムの動向には十分注目していかなければならないと思つています。
 また、設立準備委員会や14の地権者への支援激励とともに、設置の断念を目指した活動を続けていくことが大切であると思っています。
                             (文責 佐野今朝雄)


NHKサンデートーク「山は残せるか」  2003−6−8 放送
  出演 女子栄養大学教授  佐久間 充氏 
     小櫃川の水を守る会 御簾納照雄氏

東京湾内房の地域の景色はどう変わったか

司会
山と言いますと「国破れて山河あり」とか「動かざること山のごとし」といわれますが千葉県の中西部ではこの山は消えたり新しくできたりということが続いています。周辺の景色がすっかり変わったところも出てきています。この変化は山砂の採取と産業廃棄物や建設残土などの処分によるものです。今夜はスタジオに女子栄養大学教授で保険社会学専攻の佐久間充さんと千葉県立君津青葉高校教諭で小櫃川の水を守る会事務局長でもある御簾納照雄さんにお出でいただいております。
千葉県中西部の山の状況について「山は残せるか」というテーマで話し合っていただきます。千葉県の中西部というのは外房に対して内房を言いますが、都市名でいますと北から、市原市、袖ケ浦市、木更津市、君津市、富津市当たりでしょうか、佐久間さん、この地域はそんなに景色が変わったのですか。

佐久間氏
今お話になりました東京湾沿いでありますけれども、まず富津市にありました標高170メートルの浅間山、これが全部無くなっております。それから中央に至りますと鹿野山という、昔、虎が逃げて有名になった山ですが、あの山も各方向からずたずたに切ってありまして、200メートルの絶壁とか、それからもっと奥に来ますと小櫃というところがありますが、見渡す限り山が消えています。それから市原にかけても同様でございます。(写真参照)鹿野山から見たところに200メートルくらいの山があったのですが、すろっとなくなっています。そこだけでなく至るところに削り取った山があります。

司会
御簾納さん、川の方も景色が変わってきたのでしょうね

御簾納氏
そうですね、川の景色も川の水質も変わりました、小櫃川流域の山はなくなりましてその結果水質もずいぶん悪くなりました。それで私達は小櫃川の水を守る会を発足させました。私は昨年も今年もカヌーで小櫃川を下りました、すると川から見る景色も山肌が見えたりずいぶんと変わりました。

千葉の山はなぜ消えたのか
司会
お二人とも千葉県中西部のご出身だそうですね。懐かしいふるさとの景色が変わっていくことをずっと見てきたわけですが、佐久間さんは「山は消えた」という本も最近書かれておりますが、その話から行きたいと思いますが、なぜ千葉県の山は削られて消えていったのでしょうか、その辺からお話してください。

佐久間氏
ちょっとさかのぼりますが70万年から100万年前、関東地方の南部一帯が海に沈んでおったんですね、その頃栃木や群馬の山々から土砂が流れてまして、それが堆積して沈殿しました。それがやがて隆起しまして、出来たのが房総半島です。その川底に積もった山砂層を今採掘しているのです。その山砂の用途ですが、まず東京湾の埋め立て、もともと12万ヘクタールあった東京湾は2万5千haを埋め立てました。そこに京葉工業地帯、京浜工業地帯、三つの製鉄所、それから羽田空港、それから15万人位が住んでおります千葉海浜ニュータウンやデイズニーランド、横浜のみなと未来、等日本の発展を支えた重要なものができたのですが、そこには膨大な千葉の山砂が使われました。

司会
それを持っていってできた土地なのですか

佐久間氏
それが1つ目の用途ですが、もう一つは首都圏にご覧のように「高層ビル」が林立いたしました、それから首都圏の交通機関、土木機関ほとんどが千葉の山砂が使われました。

司会
千葉の山砂は建築には良い砂なのですか

佐久間氏
はい、良質な砂でございます。

司会
どのくらいの量が入ったのですか

佐久間氏
これまでの私の試算では7億立方メートルです。一辺が百メートルの立方体で、700個分です。それだけ掘ったら地殻が持ち上がってしまうのではないか、私は「ああダンプ街道」でそう書きました。そうしたら編集の方が「それはちょっと言い過ぎではないか」そういう冗談も言いたくなると付け加えてくれと言いましたのでそうしました。ところが東大の工学部で講演したときに、フロアから手が上がって「実際そのような論文はもう出ている」それは国土地理院の多田隆先生が書かれた「山を削ると地殻が隆起する」という本で、実際にその当時8cm上がっていました。マグニチュード5.8位の地震に相当すると言って建設省はちょっと色めき立ったそうですがよく見たら富津の浅間山とか小糸の方で山が削られていたので、そのせいであるとわかったそうです。まあ7億立方メートルというのは、そのように地球レベルで変化が出るほどの量でございます。

司会
重しである土がどかされると隆起してくるということですか、現実にデータ的に隆起していたわけですね。

佐久間氏
建設省国土地理院の多田隆先生の論文で「地震」という学術雑誌に「山を削ると地殻が隆起する」という論文となっておりました。

司会
山砂を掘ると山が無くなっていくのはわかりますが、地層的にはもっと深く掘っていくわけですか。

佐久間氏
普通は山の高さを削ってそれでおしまいになるのですが、ところがその水平よりもっと地下に、地底に良質な山砂があるときはもっと掘ります。

司会
どれ位深く掘るのですか?

佐久間氏
50mとかいうレベルだと思いますが、最近ではそれにはもう一つ意味がありまして、そこへ建設残土、あるいは産業廃棄物を持ってきて埋めるには地下に下げた方がいっぱい捨てられるわけです。というわけでこのごろは意識して地下をさらに深く掘っていくことがおこなわれております。

司会
もう少し山が消える話をお聞きしたいのですが、いつごろからの話ですか。

佐久間氏
昭和40年頃から東京湾の埋め立てが始まりましたから、そのころから一斉におこなわれました。

司会
掘った砂はどのように運ばれるのですか

佐久間氏
先ほどの富津の浅間山の場合は海沿いでしたから、2本のベルトコンベアで山から海に4kmを運びました。そして舟に直接積みました、そして神奈川県川崎市の扇島、製鉄所の敷地になったりしました。内陸部になりますと、今度はダンプカーで運ぶわけです。少しのダンプカーではすみませんから、一日に3000台と運ぶダンプ街道が三本できました。そしてその沿道の人たちはダンプ公害で長年苦しむことになりました。

司会
3000台の車というと切れ目がないですね

佐久間氏
そうですね、騒音とか振動、粉塵それと交通事故、そのような悲惨な状況が出現しました。私はその方の測定とか調査もいろいろいたしました。

千葉の川はどう変わったか

司会
山は消えたというお話を佐久間さんにしていただいたのですが、御簾納さん、川との関連でそのとき川はどのようになっていったのですか。

御簾納氏
水は段々汚濁していきます。山がきれいな水を作ってくれていたのですが、自然林には下の方に大切な土壌が出来、その土壌の中には「土壌菌」という水をきれいにしてくれる菌類がたくさん生息しているわけですが、そこをはがされてしまったので、水は今までと比べものにならないくらい汚れます。きれいな沢水が流れてくるところと、削られた山の方から流れる沢が合流するところがありますが、そこは全く違った水質になっています。

佐久間氏
雨上がりなど見ますと採取場から出た赤い水とはっきりみてとれる、その汚れが東京まで行き、東京湾の漁民が怒ってきたということを地元では聞きます。とにかく採取場は広いですからそこを削って大雨が降りますとそのまま採取場の地表の泥水が小糸川や小櫃川に流れそれが東京湾まで行ってしまうわけです。

司会
川が汚れたということ、それからどんなことが出てきたのですか、水質とか井戸水のなどはどうなったんですか。

御簾納氏
井戸などもずいぶん枯れたところがでてきておりますし、それから住民への健康も考えられるようになってきました。小櫃川の面積は273平方キロメートルありますが、これは16.5km四方と考えると良いと思います。現在山砂採取は稼働中が350haあります、終了分がそれ位あるとしまして(佐久間先生はもっとあると申しますが)、実はこれについて県はデータを持っていません、それは無責任だろうと思います。それにさらに今現在ゴルフ場は12か所1200haありましてトータルすると1900haが裸の状態にある、そういったことから水質がどんどん悪くなっているといえます。これは面積にしますと7%、つまり1キロメートルの四角に270メートルの四角が裸になっていると考えられます。

司会
水が枯れてくる、井戸が枯れてくるとなると生活にはどういう影響が出てきますか

御簾納氏
もうおいしい地下水を飲めないというところも出てきております、小櫃川流域では地下水が減ってきているところもあります。市原の方では山間部の方まで地下水が、出なくなってしまったといわれております。つい先日ですが市原の方に回った時に住民の方が「水質がおかしい」「体の節々が痛い」という方がおりました。(地下水が直接原因かはわかりませんが)。

佐久間氏
そこは井戸水が真っ赤になって市営水道の方に頼らざるを得なくなった、でも今でもその水を使っていると言っておりました。かって小糸地区の方では、山を掘り出した頃のことですが、集落一つ分の水が出なくなったことがあります。それで急いで業者に埋め立てるようにいいましたら、その業者はどこかに行ってしまっていた、そこでほかの業者が埋めたら、水がまた出てきた、ということですから因果関係ははっきりしております。

司会
水が出なくなるということは地下水の水脈を絶ってしまうということですか

佐久間氏
そういうことです、山に雨が降って山に染み込んだ水、それが地下水となって出てきます、それが飲み水ですから、山を取ってしまえば地下水が染みこまないのででなくなる。

「山が消えたところにまた新しい山ができた」とはどういうこと

司会
住民の飲み水にも困るでしょうし、農業用水も使えない水があったと言うことですが、そういう水が汚れる原因として山が消えてゆくという現象があったわけですが、先ほどちょっと話がありましたが、「山は消えたところにまたは山が新しくできはじめた」ということですが復活したというと聞こえがいいのですが、また山ができはじめた、この話に移りたいと思うのですが、佐久間さんこれはどういうことなんですか。

佐久間氏
日本では年間に4億トン産業界から建設廃材など産業廃棄物が出ます、一般家庭からは5000万トンと言われております。一般家庭からでるごみの量の8倍くらいの量が産業界から出ます。最終的にどこかに埋め立てなければならないというごみの量は7000万トンですね。かっては羽田空港400haから800ha拡張しまして1200haにしたのですがそこへとかなり持っていきました。その埋め立てが終わるのは平成の初めごろで、終わってしまったら今度はもっていくところがなくなってしまった。それで千葉をはじめ全国至る所へ持ち出したわけです。全国で最大量が持ち込まれたのが千葉県です。

司会
その山砂をとった後へまず持っていったわけですか

佐久間氏
そうです、絶好の捨て場ですからね、今まで山砂を持っていった輸送経路、例えば内陸部からダンプカーで木更津港、北袖港へ持っていきそこから船で消費地へ持っていったわけです。ところが今度はその逆ですね、その船が産業廃棄物を持ってきたわけですね、今までは上りで山砂を持っていったわけですが、今度は下りで残土や産業廃棄物を多量に持ってきまして、それをダンプが山の方へ持っていってすてる。今までの山砂の流れが内陸から海そして首都圏へ向かったのですが、今度は逆に舟が首都圏からごみが持ってきましてダンプがそれを内陸部へ持っていくという逆流が起こりました。

司会
平成新山とか言われているそうですが、いつからそういうことが起きたのですか

佐久間氏
平成になってからです。羽田空港の拡張は終わって、持っていく場所がなくなって、それから激しく始まりました。以前からもありましたが、こんなに大量に押し寄せてくるのは平成になってからです。市原市にある武士(たけし)の残土山、これは非常に大きく、間口が600メートル奥行き300メートル高さ五十メートル、これは大変な山です、山へ上がってみますと下の方に杉の木立ちがあり遠くに君津や木更津の平野が広がって見えます。ただただ現代社会が生み出すゴミの量には驚きます、それが武士の残土山だけではなくて似たような規模は至るところにある。武士の残土山は私の推計では200万立方メートルくらいあると思います。そしてその周辺には多数至るところにあります。

司会
残土産廃などは谷などに埋められると聞きますが佐久間さんの話では平たいところに埋めるということですけど、谷底へ埋められることもあるのですか

御簾納氏
産廃などは沢が多いですね、これは家庭ごみなども結構含まれているのですが、プラスチックごみ建設廃材などが多いですね、

佐久間氏
それから廃車でリサイクルできる部分は取り除いてそれ以外のものをシュレッダーにかけて、香川県の豊島に捨てられて有名ですが、千葉県の方にも大量にしております。それから鉱滓も多いですね。

御簾納氏
これは製鉄所から出てくるものですが、鉄鉱石から鉄をとった、残りかすですね、これには非常に有害な金属屑も含まれておりますし、水を非常に汚濁する物質です。これを敷きますとダンプが通ってもへこまない、車が通るのに都合のいいように土が固まる、そういうことから水源地にたくさん運び込まれております。これは将来大変なことになると思っております。

司会
新しい山ばかりではなく、谷も埋められているということですね

佐久間氏
先ほども言いましたが山砂を取ってさらに掘り下げて水平面より下に大量に捨てると言いましたがそこは地下水脈ですね、地下水脈に有害な産業廃棄物を大量にするということは、次の世代に何が起きてくるか、非常に危険な話です。それがすでに大量におこなわれているのが千葉県です。

司会
その埋めたところに土をかぶせてまた木を植えるとかいうことではなくて、さらされて見えるわけですか。

御簾納氏
例えば砂を取った後は、栄養のある土壌がないわけですね、有機物をたくさん含んだ地層が全くないわけですね、ですから例えば植物の種が飛んできたとしましても、砂漠に種が飛んできたようなもので、また風が吹くと飛んでいってしまう状況で、砂をとったあと40年経つ訳ですけれども全く木が生えていないところが多いわけです。

佐久間氏
産業廃棄物をそのまま放っておきますと有害成分を含んでおりますしそのままでは元の森に戻るはずはありません。その辺は関西と比較すると顕著な差があるのですが、例えば京都の城陽市というところでは積極的に植林しましてニュータウンを作ったり、また大阪の阪南市では1万人くらい住むニュータウンがもうすでにできております。あすこは関西国際空港のための土砂をとった所ですけれども、それから京都へきますとJリーグの練習場になったり、そういうように山を削った跡地の利用が積極的に行われているのに対して、首都圏の場合特に千葉県の場合はほとんどそのままというのは大変な問題です。

御簾納氏
形の上では山砂の業者は木を植えているのですが、しかし土壌と一緒に植えていないものですから、結局木はつかないわけです。きちんと、県なりが指導してくれないと復元は不可能です。自然林ができるまでには数千年がかかるというのは実感としてあります。

地元の人々はどう考えたのか

司会
お話をずっと聴いて来ますと地元の方はかなり辛いものがあると思いますが、地元の方の動きというのはどうだったのでしょうか。

佐久間氏
まず最初にダンプ公害の調査をやりましたのは昭和50年からでありましたけれども、そのときダンプが走って「うるさいか」「家が揺れるか」「ほこりがすごいか」「ダンプにひかれたか」それと一緒に「山が削られて残念か」という質問をしたのですが、ほとんどの方が「残念だ」と答えます。ではなぜ黙っているのかというのが私の素朴な疑問でした。そこで私はダンプ公害に対する住民の社会的反応ということに焦点を当てまして分析をして博士号も取ったのですけれども、そうしますと人によって利害関係がいろいろあるわけですね、山砂の採取場近くは従業員が多い、ちょっと離れた商業地区になりますと、被害がとても多いけれどもなぜか「うるさい」と言わない、それは物を買ってもらわなければならないということです。そういうことは一切ない人はシャカリキになって反対をいたします。それがうまく足を引っ張り合ってしまう、それからダンプ街道沿いは被害があるけれども、ちょっと離れたところはうるさくないということで、被害の状況と利害関係が凹凸している。それからもう一つは関西と違うのですけれども山砂採取の経営者が関西の方はいわゆるよそ者ですが、千葉の場合は地元の方が半分位おります。そういう方が中央議会の議員になられたりしておりますとやはり住民の口も重くなる。というようなことであれほど困っていても反応ははっきりしないと言うことが解析してみるとわかります。

司会
小櫃川の水を守る会ではそういうことに対して声を上げていこうということですか

御簾納氏
私どもは最初は産廃の処分場建設についてこれがスタートです。最近は環境面全体について運動しております。

司会
今佐久間さんの方から、声を上げにくい人もいるということなのですけれども、一生懸命やっている方もいらっしゃるわけですか。

御簾納氏
そうですね、その地域で仕事をしている方もおりますし、いろいろ難しい面があるわけですね。先ほど佐久間先生から話がありましたように有力な方が業者だったりするわけです。そうしますとなかなか声が上げにくいことがあります。

佐久間氏
にもかかわらず85才の渡辺みつさんのような場合は、山が削られ川汚れ魚も取れなくなって残念だ、後世の人達に対して申し訳ない、その思いばっかりで過ごしてきたのですね、ところがある時おかしなダンプが夕方になると山に上がっていく、これは何だと思って一人で山へ上がってみると産業廃棄物が捨てられていた。その方の場合は初めは本当に一人で反対していきました。その時は一人でしたからいやな電話が何度もかかってきたりして、眠れぬ夜を過ごしたりしたそうです。そのうちに渡辺みつさんの反対運動に賛成する主婦が現れてきてやがては集落全体が渡辺さんに同意するようになりました。そのような特筆すべきこともございました。

司会
渡辺みつさんがそのように声をあげたというのは具体的には飲み水がなくなるそういうこともあったのですか。

佐久間氏
あの場合は飲み水というよりも目の前の山が削られる、ダンプが走り生活環境が悪くなる、川底が上がり魚もとれなくなり、洪水の時は水田をつぶしたりする、そこへ今度はゴミがやって来る、これは黙っていられないということになって、立ち上がったわけです。「昔は本当にいいとこだった」ところが山砂採取が始まって惨憺たるものになった、その上にごみが来るこれはもう駄目だということで立ち上がった。

御簾納氏
すべての産業廃棄物の中には何が入っているかわからない、という考えですね、そのころはまだ産業廃棄物という言葉自体も聞かれなかった時代(1988年)ですが、それよりもさらに十年ぐらい前から産業廃棄物に対する反対の意向を地域の農協とか市議会とかあるいは県に訴えてきたわけです。

佐久間氏
その前段階に川の魚が死んで浮いたとか、田圃が泡で真っ白になってしまったとか、それが繰り返しあったわけですね、それがきっかけとなったわけです。それを化学的に実証したのが御簾納先生です。最終処分場から流れる水を雨に日も風の日も採取して測定したらヒ素とかシアンという恐ろしいものが出てきたのです。

司会
千葉県が太古の時代にまた川の底であった頃に流れてきた土砂というものは、復興の時期の日本の首都圏の建設資材としてどんどんとられていってしまった、そして山が消えていってしまった、そういう中で水も汚れてきた、それだけで済むと思ったら今度は建設残土や産業廃棄物が今度は帰りの車で乗っかってきてそこに埋められてきた、そうすると水質もどんどん変わってきた。そういう今の流れの中でどうもおかしいなと思った地元の方々が声を上げたというところまでお話が来たのですが、後半はどう具体的に考えていったらいいのか、千葉県だけがこういうことを引き受けなければならないのか、そういうことではなく全体として考えなければならないと思いますがその辺を話していきたいと思いますのでニュースの後、後半をお話し願いたいと思います。

後半は次号小櫃川通信に掲載します。


搬入路変更に住民が反対

 知事選後、任期切れ間際の2001年3月30日付で沼田前知事は、市原と君津市の境界となる小櫃川支流・御腹川流域へ管理型産廃処分場・新井総合施設(株)の設置を許可したことについては、『おびつ川通信40号』でお知らせしましたが、「水を守る会」は1988年設立以来この計画を察知して県や市、水道企業団などヘ計画撤回(不許可)を要請し、また周辺自治会に早期に反対運動を実施するよう訴えてきたところです。
 その結果、3年程前から搬入路となる亀山地区自治会連協、地元が設立した「御腹川と久留里地区の水を守る会」が反対運動を始めたました。そして事前協議における二つの水利組合(久留里大谷、末吉土地改良区)の承諾が得られない状況が続いていましたがその中での不当な許可でした。私たち「水を守る会」は許可の出る直前3月上旬、県産業廃棄物課直接の担当者との話し合いで「未決事項(水利組合の承諾が得られないこと)があるので当面許可はない」との言を得ていたものです。したがって40号でも記したとおり、この許可は陰の大きな力が働いたと考えざるを得ません。
 工事は進んでいますが、水源地を守るため計画撤回を訴えながら廃棄物を搬入させない運動を重ねるしかありません。そもそも『林道』は林業に使用する目的で造られたものであり、亀山・蔵王地区住民は林道の一部に所有権を持っており廃棄物の搬入に地域をあげて反対をしています。ダンプ1台がやっと通れる地域の県道も、生活道路・小学生の通学路でもありますから1日に105台もの大型トラックが通ることは大変な間遠です。これは市原地区もまったく同じことで、今回の千葉日報の第1面のトップ記事となったものです。

君津、市原の市境に産廃最終処分場
搬入路変更に住民が反対  8月10日 千葉日報 2003
周囲に大福山など景勝地
 君津と市原の市境に建設されている産業廃棄物最終処分場の搬入路変更をめぐり、市原市の住民が「貴重な自然の破壊につながる」と、県と市に反対文書を提出したことが9日分かった。周囲には県指定天然記念物の大福山や自然環境保全地域の梅ケ瀬渓谷などがある景勝地。当初は君津市側の林道だけを使う計画だったが道路の形状などを理由に急きょ、市原市側へのルートが浮上しただけに施設を許可した県も対応に苦慮している。
 最終処分場の設置地は君津市怒田。事前協議や生活環境影響調査、県廃棄物処理施設設置専門委などの審査を経て01年3月、県から設置許可が出された。総面積7万6千平方メートル、埋め立て面積5万3千平方メートル、容量107万立方メートル。燃え殻や汚柁など13品目を対象とした管理型で、規模や質の面では県内トップクラスの施
設だという。
 工事は当初の申請に沿って県中部林業事務所が管理する林道戸面蔵玉線(君津市)を工事用通路としてスタートしたが、幅員が約5メートルと狭いうえ砂利道で路肩が崩れるなど大型車両の通行には支障の多いことが判明。道路用地の所有権を持つ住民の苦情もあって、施設者側が昨年十月、中部林業事務所に車両通行ルートの変更を申請したことから市原市側を巻き込んだトラブルに発展した。
 変更内容は、進入については現状のまま君津市倒の林道を使い、工事用の資材や土砂などを降ろしたあとの帰りの空車をUタウンさせずに、市原市側へ抜けさせてほしいというもの。往復使用ではなく片道通過とすることで、スムースな通行を碓保するのが目的。しかし中部林業事務所から協議を持ち込まれた市原市側は「当初は市への意見照会もなかった計画。本来、県の自然環境保全地区に隣接している場所に処分場を許可した
こと自体が問題で、住民の生活や周辺環境への影響を考えると簡単に同意できない」と事実上の拒否を伝えた。さらに施設者側から説明を持ち込まれた地域住民も何回かの協議の結果、「日常生活ばかりでなく風光明媚(び)な地域の環境が壊される。春、秋の観光シーズンにはハイカーヘの影響も心配」として今月末、地域全体の「加茂地区町会長会」名で、県と市原市に相次いで反対の要望書を提出した。現在は工事用道路の変更申請だが、これを認めるとそのまま事業開始後の搬入路として使用される可能性か高いことも住民側の強い不安となっている。ただ市原市側については林道部分がわずか700メートルで、その先は市道。道路交通法的には「公道から一般の通行車両を締め出すのは難しい」だけに、県では「施設者側の考えや市、住民など今後の協議を見守りたい」としでいる。施設は来春から稼働予定だが、その前段として今度は工事用道路から営業のための搬入用道路の許可が必要となる。


 ゴミ弁連主催「講演とシンポ」

 4月27日(日)木更津市富士屋ホテルを会場として「生命の水源を守ろう」をテーマとして全国から環境問題に取り組む弁護士・学者・行政関係者・市民ら約200名が参加して、シンポジュウムが開かれました。今、産業廃棄物や残土が地方の緑の谷間を埋め尽くし、貴重な水資源の汚染が進行しています。このシンポはゴミ弁連(たたかう市民とともにゴミ問題の解決をめざす弁護士連絡会)が、年1回全国を巡回で企画している集会です。特に今年は「水源保護条例」に焦点を当てて討議されました。地元からは「残土・産廃ネットワークちば」「産廃反対東総住民連絡会」「小櫃川の水を守る会」「天羽の水を守る会」が協賛団体として参加しました。
 
 「基調報告」は「21世紀の課題・循環型社会の実現に向けて」と題して中村敦夫氏 (参議院議員)が行いました。「地方経済は公共事業に頼りきっている」「産廃処分場をめぐる政治家、暴力団、業者の強力な三角関係」「ゴミ問題解決の基本はゴミの量を減らすこと」「イラク戦争の根底には大量消費・大量浪費型の社会構造がある」「浪費型から節約型へ転換する必要」「自然と共存できるゆったりした社会をつくるべき」など報告されました。続いて「現地調査報告」として、青山貞一氏 (環境総合研究所) が特別講演をしました。カナダのハリファックス市(人口は36万人)で最終処分場の立地選定を市民参加で行なうなかで、(1)生ゴミの堆肥化、(2)容器のデポジット制、(3)紙、プラスチック、タイヤなどの再資源化を柱とした資源管理を生み出した経過を現地調査してスライドによって報告しました。氏はハリファックスでは、ゴミ処理も環境も、そして雇用もうまくいっている。これに対し、日本はどれもうまくいかない。国がやらなくても地方がやることが必要だと結びました。
 地元各地報告では、天羽の水を守る会(安定型処分場問題)、産廃反対東総住民連絡会(管理型処分場問題)、 館山照葉樹林を守る会 (館山残土処分場問題)、みみずの会(茨城県笠間市)から「ふじみ湖裁判」の運動の経過と問題点が報告されました。

 シンポは『住民を護る武器としての条例』と題して、梶山正三弁護士(ゴミ弁連代表)、北村喜宣氏(行政法研究者)、守春男氏(君津市職員)、石渡正佳氏(千葉県職員、「産廃コネクション」著者)、御簾納照雄(小櫃川の水を守る会)がパネラーとして参加しました。 梶山氏は自らが起草した条例について経過を説明し、「市町村に何の権限もないということはおかしい」「地域の中で環境を守るルール作りをするのだからみんなが一緒になってやらなければ守れない」と発言しました。北村喜宣氏は「分権を踏まえた条例づくりが出来ないか」と発言しました。石渡氏は「許認可行政の限界」を述べ、「かなり思い切った規制の必要」「市町村の条例制定」を訴え、「千葉県では残土条例が改正され、市町村条例を優先するという条項が入った」など報告しました。守氏は君津市の処分事業の状況を説明し「住民の目線に立って住民の生活を擁護する観点が大切」と発言しました。御簾納事務局は「小櫃川の水を守る会発足」「木更津市の水源保護条例制定」の経緯について説明し、「水質規制型というのは地域住民が監視していかないとなかなかむつかしい」と発言しました。
なおこの集会の詳細は「ゴミ弁連シンポジュウム資料」をご覧下さい。ご希望の方は事務局へお申し込み下さい。(一部200円)


  第7回 盤洲干潟学校 大好評につき連続計画
  カニ,野鳥観察会
  長靴、弁当、飲み物、帽子、(あれば双眼鏡)などご持参下さい。
  日  時 = 9月23日(秋分の日)9:30集合
  集合場所 = 木更津市 金木橋(袖ヶ浦側)
  小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会,千葉県野鳥の会共催

 この季節はシギ・チドリの渡りのシーズンです。
 カニや海浜植物も観察します。干潟を歩きますのでぬれてもよい靴、日ざしが強いので帽子も忘れずご持参下さい。


   第3回小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会 総会
      9月23日(秋分の日)15時〜  木更津市民会館 小ホール
      特別講演:『盤洲干潟・三番瀬と野鳥』・・・禁しいお話
  講  師 : 田久保晴孝氏、(三番瀬を守る会代表)
        どなたでも参加できます。講師は写真集なども出版しています。
        当日は観察会があり、そのあと総会・講演となります。


   小関公平氏 水道審議会委員
 小関公平氏(木更津市清見台在住:本会会員,盤洲干潟を守る達格会代表)は今年度から一般公募により木更津市水道審議会委員となりました。任期は2年。水に関する知識が豊富であることから、水道事業・政策への良識ある積極的な提言が期待されます。


    会費納入のお願い
 8月から新年度になります.個人500円,団体3000円です。
 15年間値上げしないで頑張っていますが会計は大変苦しい状況です。
 法の整備がまだまだ環境を守るまでには程遠いのが実態です。水源を守
 るのは地域の市民がそれぞれに運動を盛り上げ、さらに他の地域とつなが
 って行政を動かしていくしかありません。
  世相は大変厳しい経済状況ですが会費またカンパもよろしくお願い申し
 上げます。すでに納入済の方にはお詫び申し上げます。


next page 43号へ
top page
menu page