next page 44号へ
top page
menu page

小櫃川通信45号 2003-11-10


発行者「小櫃川の水を守る会」 代表:渡辺みつ                      事務局:〒292-0434千葉県君津市向郷681 御簾納照雄方                tell&fax : 0439-27-2245   mail: szk-nrys@luck.ocn.ne.jp            年会費 個人 500円 団体:3000円 郵便振替口座:00140-0-405615


目次  第18回総会のご案内
      田倉処分場建設差し止めまであと一歩
      許可制になった小型産廃処理施設(新聞記事)
      君津市独自の条例制定を求める請願書
      NHKサンデートーク「山は残せるか」(続)
      小櫃川河口・盤洲干潟を守るこの一年の活動

   第18回総会のご案内
      日時 1129日(土)午後1時〜4時
      場所 木更津市民会館第1・2会議室
く各地から特別報告>
 水環境に大打撃を与える残土・産廃問唐は日本全国各地域で発生しています。環境法はここ数年かなり整備されはしましたが、依然として実効あるものになっていないのが実態です。水源地が、取り返しのつかない状態になる前に手を打ち、次世代により良い環境を手渡したいものです。各地で活躍する皆さんと共に情報交換しながら、これからの活動を考えましょう.
<田倉産廃場差止裁判>・・・・・・・天羽の水を守る会 
鹿野山・マザー牧場南斜面に位置する富津市田倉に計画された大型の安定型産廃処分場に対して、地下水だけに頼る地域住民が原告団を組織して闘っています.
昨年、仮処分裁判で勝利し、本訴に入って10回の裁判を重ねています。
<kGM産廃処分場>・・・・・・波岡・水と緑を守る会 
木更津と君津市の境界に位置するこの管理型処分場計画地は八幡台ニュータウンに最も近いところではわずか500メートル足らずです。君津市八重原自治会連協と共に長い間反対運動を続けていますが計画は静かに進んでいます。今報告は処分場の概要、活動経過と現状、住民が反対する理由などですが、計画を阻止する効果的な活動を模索しています。
<糸川残土処分場>・・・・・・・糸川自治会長 
君津市小糸地区は小糸川流域を中心として平野部に100メートル前後の丘陵と谷
が入り組んだ地域です。堂本知事が視察したにもかかわらずその半年後許可となり、本年5月から残土搬入が開始されましたが、業者の違反を自治会が摘発し、現在搬入停止が続いています.
<大鷲新田残土処分場>・・・・・・・・計画反対地権者 
君津市大鷲新田北台地にジャパンディベロップメント(株)所有地を中心に地元地
権者所有を含めて9.5haの面積に130万uという超大規模残土埋め立て計画で
す。先日、地元自治会が中心となって反対していくことになりました。
<袖ケ浦残土処分場>(予定)
<銚子の残土・産廃>・・・・・・銚子市民運動ネットワーク 
銚子は首都口からやや遠いせいか残土問題はあまり深刻視されできませんでした。産廃問題では、県の個別形式審査による許可乱発で、管理型2、安定型3(隣接1を含む)の処分場が立地、水道水源への管理型については工事差止と許可取り消しの2件の住民訴訟を提起し運動しています。また大型畜舎集中と化学肥科多用による硝酸性窒素過多も深刻です。そこへ本年初め大型残土処分蝪計画が浮上しました。キャベツ生産基地の地元挙げての反対運動で最近業者は計画撤回で一先ず決着しました。今後の業者、行政の対応が注目されます。
<鴨川の残土・産廃>・・・・・・鴨川の環境を守るネットワークより報告
 大山平塚地区に計画されている産廃処分場の設置反対運動
 

  田倉の産廃場建設差し止めまでもう一歩!
    裁判はもうすぐ証拠調べに入ります
 皆様のご支援をえて提訴した田倉の産業廃棄物処分場建設差し止め訴訟は、これまで10回の裁判を重ね、争点について原告、被告双方が主張を展開してきました。第9回公判(8月28日)では法廷で双方が提出したビデオの上映をしました。原告側は、処分場予定地周辺を撮影したビデオなど四本を上映し汚染水が処分場外に汲み出すことを裁判官に理解してもらいました。今後、原告からは、処分場予定地周辺を調査し、その危険性を指摘している地質学者の先生などを証人申請する予定です。裁判はいよいよ「佳境」に入っており、みなさまのご支援がさらに必要です。
 争点は明確、原告の主張に理があります
 簡単に訴松の争点をご紹介します。と言ってもそんなにむずかしいことではありません。常識的に考えれば誰でも納得できるのが原告の主張です。
 第一は処分場にはありとあらゆる廃棄物が投げ込まれるということです。被告は厳重に分別するから大丈夫と言っていますが、全国各地の実態を見れば、とうてい借用できません。処分場に入れられた有害物質は、雨水に触れて汚染水となります。
 そこで第二の争点は、この汚染水が処分場の外に浸み出すかどどうかです。被告はいろいろなことを持ち出して外には滴れないと主張します。しかし、皆さん、ちよつと考えてみてください。田倉の処分場は、「安定型処分場」といって、底には何も敷かないのです。要するに素堀の穴に直接ごみを捨てるのです。さえぎるものが何もないのですから、汚染水が地面から外に浸透しないわけはありません。常計的に考えれば、誰でも納得できるというのはこのことです。特に地質学者の協力で処分場予定地には極めて水を透し易い地層があることが分かっています。この地層から汚染水が浸透することは明白です。
 そして第三は、右のようにして処分場から汲み出した汚染水が・原告らの井戸に達して井戸水を汚染するかという問題ですが、一番近い原告は処分場予定地から百メートルと触れていないのですから、影響することは確実です。そもそも、この予定地周辺が原告らの井戸やしぽり水の水源であるからこそ、命と健康にかかわる問題として反対してきたのです。
 いったん処分場が建設されてしまえば、有害物質は、50年、100年という単位で残り続け、周辺の水系に影響を及ぽし続けます。問題は原告らだけでなく、後代にも続く、世代を超えたものなのです。
 農園を始めました。勝利に向かって頑張っています
 このような処分場は絶対に建設させてはなりません。訴松の前に、私たちは、建設禁止の仮処分の申立てをしましたが、裁判所は処分場の危険性を認めて「建設するな」という決定を出し、そのため現在工事がストップしています。私たちは最終的に建設を止めさせるため、今、本裁判でたたかっています。
 最近、原告や応援していくれる人たちが触れあい、同時に、運動資金にあてるために「ふれあい農園」を始めました。新鮮で安心な野菜を作って皆様に喜ばれています。世代を超える問題ですから腰を据えた息の長い運動が必要です。
ふれあいあい農園も私達の裁判に掛ける意気込みの表れです。みんなで勝利に向かって頑張っています。
 皆様のさらなるご支援をお願いします。
 言うまでもないことですが原告だけでは裁判には勝てません。処分場建設をストップするためには、多くの市民のみなさんのご理解とご支援が絶対に必要です。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
 カンパにご協力いただける方は、左記までお願いします。また、裁判のことなどの問い合わせは左記連絡先までお願いします。
  郵便振込口座00170(1)250210
  「天羽の水を守る会」
     今までの公判で明らかになった
             争点と原告の主張

 田倉の産業廃棄物処分場建設差し止め裁判は、平成14年5月15日住民142名、訴訟代理人弁護士8名で提訴し、現在係争中です。
原告被告双方から証拠書証がほぼ提出され、今後は証拠調べの段階に入ります。裁判所が確認した主な争点は次の4点になります。
1.有害物質が処分場へ混入するか?
2.有害物が処分場の外へ流出するか? 
3.有害物質が周辺環境に影響を与えるか?
4.代替設備は有効か?
 これまでの裁判で原告・被告がどんな主張をしているか報告させて頂きます。
 争点(1)有害物質が処分場へ混入するか?
        「安定五品目の危険性と有害物混入をめぐって」
 全国の多数の処分場から有害物質が出ていることに対して被告は「出ている箇所はごくわずかだ、1割から4割で他の処分場は問題がない」という主張がありましたので、「そのようにとらえることは間違っている、本来有害物質が出るはずがないところから4割も出た、これが大問題なのだ」「その程度の認識しか持っていない被告は業者としての資質を欠くのではないか」という主張をしました。被告は,「法が改正されて安定型処分場に、石膏ボードが入らなくなったので硫化水素は発生することはなくなる」という主張をしてきました。それに対して原告は「法の改正があったとしても、目視で分けるだけでは有害物は分別はできない」と主張しました。また被告は、原告が危険だと言っている物質については、「千葉県の飲料水の基準項目に入っていない」と言っています。基準項目の中には確かに入っていないのですけど、監視項目には記載されています。そもそも水道の水質基準というのは非常に遅れており、環境ホルモンとか危険なものがどんどん出てきているのに水道法の基準というものはそこまで追いついていないのが実態です、基準だからといって安全かというと必ずしもそうではありません。さらに監視項目には入っていることからみますと水質基準にはなっていないけれど危険だということを認めているということになります。
 争点(2)有害物質が処分場の外へ流出するか?
        「地層の透水性」をめぐって
 現地へ行くとわかりますが、処分場の中を見ると20センチメートルくらいの帯水層が何本もあります。そこから処分場の中の汚染水が入り込んで「馬の背」の反対側の原告の宅の井戸の方へ汚染水がしみ出ていきます。被告の反論は、「地層は北向きに傾斜している」「水は重力に従って北にしか流れない」という主張です。しかし、水はじわじわと毛細管現象とかいろいろな現象で北だけではなく横にも広がる。横に広がって、「馬の背」東側に出てくる。それに対して被告の方は北の方にしか行かない、仮に横に広がったとしても「せめぎあい」によって結局北へ行くと主張しています。これについては仮処分の時のように地質専門家の意見書で十分論破できると思っています。
  争点(3)下流域住民の周辺環境への影響は?
 本件処分場の貯水池に溜まった雨水は水処理もされず恩田川、そして湊川へ流れ出ていき川の周辺の井戸水を汚染する可能性があります。たくさんの井戸水使用者を調べ処分場にも近い原告について井戸の危険性を主張いたしました。他の原告についてもいずれも川に近いし、井戸水汚染・農業・漁業で汚染の可能性が十分あると主張しました。
大気汚染については、君津市の安定型処分場(ビオトープ)で、硫化水素の発生が見られると主張いたしました。全国各地の処分場で硫化水素が発生していると同様に本件処分場においても同じ可能性が十分にあると主張をしました。
 それから、狭い道路に6トンダンプがどんどん通ることになると交通被害、粉じん被害も起こります。現地調査を行い道幅の計測資料と写真付きの「道路の状況に関する報告書」をつくり、道路の災害が発生しやすいということを主張いたしました
 争点(4)簡易水道は代替施設となりえるか?
 被告は簡易水道をつくると言っていますが、住民には、昔からの井戸水を飲む権利があります。井戸水を飲めなくなること自体住民の権利を侵害することになります。また業者がつくる代替施設としての簡易水道が将来的にいつまでも安定して飲むことができるだろうか?
そもそも会社がつぶれてしまったら簡易水道の維持もできなくなる、将来とも安定して給水する保証はないのだから、このような簡易水道というものは決して代替施設たりないと主張いたしました。
 ビデオによる法廷での検証を8月28日第9回公判で行いました
 現在、処分場計画地は草が生えてしまっているので路頭線が見えません、それで裁判官にはビデオで見て欲しいと申し立てていました。ビデオは内容説明書をつけてを提出し、正式に書証として受理という扱いになりました。そのビデオの検証を第九回公判で、4本を上映しておこないました。1本目は処分場の外観を撮影したもので、計画地の谷の帯水層から水の漏れている様子です、これを見ると水を通しやすい層が幾筋もあることがわかります。2本目は馬の背の反対側の沢を遡って処分場の帯水層が反対側の斜面にも通じていてそれが沢に潜り込んでいるところを撮影してあります。他の2本は、「君津市の安定型処分場の硫化水素流出」、「NHKクローズアップ現代放映の硫化水素流出」を撮影したものです。被告も反論のビデオを2本だしました。
 今後の公判予定
第11回公判 日時 平成15年12月11日(木)午後4時〜5時
場所 千葉地裁木更津支部 2階 第1号法廷
第12回公判 日時 平成16年2月5日(木)午後4時〜5時
場所 千葉地裁木更津支部 2階 第1号法廷


 芋煮会で交流
 10月20日天羽の水を守る会と年金者組合が恩田川のほとりにある「ふれあい農園」で芋煮会を開催し交流しました。晴天に恵まれ40名を超える参加者で賑わいました。前日から仕込みが行われ大鍋に野菜を煮込み手作りのおはぎや田舎料理、魚の薫製に舌鼓をうち、竹筒のカップで御神酒を交わし、歌や演説まで出ました。そして川釣りでもくぞう蟹やハヤをつり上げ、秋のひとときを楽しみました。
 この日の参加した陸肆玖さんは次のような漢詩を紹介しました。

     観 田 倉 紅 葉
              陸 肆玖 
    十月黄花秀 天人獨愛楓
    田倉一夜染 街上萬家空
    碧宇横紅錦 群崗繞彩龍
    興君同欣賞 歓笑半空中

                田倉に紅葉を観る
                十月の菊は見事だが
                天人が好むのは楓だけだ
                田倉が一夜にして色づき
                街上の家は何処も彼処も空になる
                碧い空に紅い錦が横たわり
                連なる丘を彩色のある龍が繞る
                君と共に楽しんで中空に喜び笑う


        連絡先 富津市恩田213 代表 安田貞夫
              電話 0439-68-1562
              郵便振込口座 00170-1-250210
              「天羽の水を守る会」


 許可制になった小型産廃処理施設 
   取得業者、一割に満たず

      ”一年の猶予”実らず不法堆積の増加懸念      
                             千葉日報 03.9.30         産業廃棄物の悪質な処理に歯止めをかける「県廃棄物の処理の適正化等に関する条例」(県産廃条例)で新たに許可制となった小規模産廃処理施設について、既存施設の許可申請期限をあす十月一日に控え、許可を取得した業者が約四百三十の既設施設のうち一割にも満たないことが二十九日、分かった。県は一年間の準備期間中、業者らに申請を呼び掛けてきたが「予想以上に少ない数字」(県)に戸惑いを隠さない。一日以降は、既存業者といえども無許可稼働は摘発対象になるため、これまで焼却処分されていた廃棄物の不法堆積の増加といった新たな問題も浮上してきた。
 県産業廃棄物課によると、県産廃条例は、不法投棄の産廃が全国一多い千葉県で昨年十月一日、全国に先駆けて施行された。自社処分を隠れみのにして、廃棄物処理法の規制を逃れる悪質な行為に対し、県独自の防止・規制策を盛り込んだのが特徴だ。
 条例では、処分能力を超えた産廃を不法に堆積されることを防ぐため一時間あたりの処理能力が二百`未満の小型焼却炉や破砕施設など、法律が規制していない小規模処理施設までを県知事の許可が必要な施設と規定。違反業者には最高で二年以下の懲役もしくは百万円以下の罰金が科せられる。
 このため同課は、自社処分を実施している四百二十七の既存業者らに対して、昨年十月の条例施行から一年間の経過措置期間を与え、許可申請を行うよう呼び掛けてきた。
 しかし、今年八月末現在で申請があったのは、四百二十七施設の一割にも満たないわずか二十六施設。十月一日の本格施行までを含めても、五十〜六十施設にとどまる見通しという。
 同課は「不適切施設を稼働できなくさせるのが条例の目的」としているが、予想以上に少ない許可件数に頭を抱えている。「これまで焼却してきた木材チップなどの処理に困り、不法堆積を行う業者が増える可能性がある」と新たな問題も生じてきた。
 その一方で、多くの既存業者が経過措置期限後も事業を継続するとみられるため、駆け込み申請や無許可業者の取り締まりなどの対応にも追われることになりそうだ。
 千葉日報 03.9.30

      残土及ぴ廃棄物埋立について
          君津市独自の条例制定に関する請願書

《趣旨》
私違君津市民の生命と生活の安全を守るために、君津市内における廃乗物や残土の埋立処分事業による地下水及ぴ流域の汚染・土砂崩壊の危険を、確実に防止できる君津市独自の条例制定を請願いたします。
《内容》
君自市糸川字椎木谷1826の1外の山林・面積(12,827u)における有限会社君津建興による建設残土等埋立事業計画は、私達地元自治会挙げての反対と君津市議会及ぴ市長の強力なご支援のお陰で、事業の推進がないまま去る平成13年12月31日をもって許可期間が終了しました。しかし、同社より再度許可申請が行われ、君津市長及び千葉県知事に対する私違の要請も効なく、平成14年10月4日、県は再び計画を許可し、事業が推進されようとしています。
ご存知のとおり本地先は、地下数百mに及ぶ砂礫地層であり、しかも高さ数十mに及ぶ急傾斜が両側に迫る深い谷地の底に24世帯の民家があり、平成4年度には急傾斜地崩壊危険地区の指定を受け、防災工事が施されています。砂礫地層は地下水の浸透性が高く、豊富な清水が湧き出ており、現在も飲用として利用され、また広大な水田の灌漑用水及ぴカラー栽培用水となっています。平成14年3月16日「君津市なのはな県民会議」の際に、堂本千葉県知事自身も現地を視察し危険性を認めたような専業計画地です。
 現在の県条例では、このように多大な危険が予知される事業であっても許可され、地元住民の生活と生命の安全は脅かされることが、明白となりました。
一方で堂本千葉県知事は、廃棄物及ぴ残土の埋立事業計画に対して、各市町村が県条例よりも厳しい規制内容の独自の条例を制定すれば、それを優先させると表明しています。
 現在及ぴ将来にわたって、私達君津市民の生活と生命の安全を守りぬくために、廃棄物・残土埋立事業の計画及ぴ運営を厳正に規制し、土壌・地下水・流域に対する一切の危険を防止する、君津市独自の条例をぜひ早急に制定施行することを、地方自治法第124条の規定により、請願いたします。
                                  平成15年5月27日
君津市議会議長 鴇田 剛 様
                               請願者
                                糸川自治会長
                                大井戸自治会長
                                大月・淀根水道組合長
                                外 糸川 525名
                                大井戸 630名

 この請願は平成15年6月議会で継続審査となり、同年9月議会で採決されました。これにより今、行政で条例制定に向けて内容が検討されています。より有効な条例が制定されるよう「水を守る会」でも要請していきます。



NHKサンデートーク
対談 「山は残せるか」(続)
   2003−6−8 放送

 出演 女子栄養大学教授 佐久間 充氏   
     小櫃川の水を守る会 御簾納照雄氏


おいしい水が危なくなって住民はどうしたか? ・・・・条例制定運動起こる
司会
今日のサンデートークは「山は残せるか」というテーマで女子栄養大学の佐久間充さんと千葉県立君津青葉高校教諭で小櫃川の水を守る会事務局長の御簾納照雄さんにお話をいただいております。千葉県の中西部、房総半島の真ん中の西側東京湾岸ですけれども千葉市の南になりますがその中西部で首都圏の土木工事、などで千葉県の山はどんどん削られている、そしてそのお返しと言いますか、建設残土とか産業廃棄物が送り込まれ、それが埋められて水が汚れ住民へも影響が出ていると言うようなお話を前半はしてまいりました。後半まずは千葉県の中西部、佐久間さん、実は水がおいしいところなんだそうですね。

佐久間氏
江戸時代から「上総堀り」と言って豊富な水を使いまして、竹を割って竹の籤でもって、それを地下へ突き刺して井戸を掘ってそれを何百メートルも掘ってそこから水が吹き出るというその技術がこの地方で発明されまして(これを上総堀という)、この技術は中東からアフリカの方まで普及していまして海外でも非常に活用されております。それと言うのもやはりおいしい水があったからということです。その水を使いまして江戸時代から千葉県では一番古いお酒の醸造が非常に盛んにおこなわれてまいりました。

司会
そういうおいしい水を飲んで御簾納さんはお育ちになったんですね

御簾納氏
私も周辺を歩くのですが水を持って歩く必要は全くありません。水が湧いておりますからそれを飲んで歩くことができます。冬になりますとその周辺にセリがたくさん出ます、最近はクレソンも出ます、天然の香りの高いものでそれで一杯やるのは最高です。

司会
そういうおいしい水も場所によっては埋め立てとか、土砂の採取と言うことで出なくなったり危なくなってきた、というお話が前半だったのですけれども、それに対して黙っているわけにはいかないというわけで先ほどの話でも一部の女性の方の動きを紹介したのですけれども、もう少し法的に動きをしていくとかということはどうだったのでしょうか。

御簾納氏
私は授業で「水はどこから来ているか」「そして排水はどうなっていくのか」ということを調べてみましたところが、突然新聞に「産業廃棄物処分場の建設が始まった」という記事が出まして、それをたどっていきましたら渡辺みつさんのところに突き当たったわけです。産業廃棄物処分場と言いますのは私達がいくら反対しましても地元の議会や県議会に反対の要請書を出していきましても、結局は作られてしまったわけです。そして営業が始まりました。そして一ケ月もしないうちに下流でタナゴが数百匹死ぬとか、田圃が真っ白に濁るとか、そういう実態が出てきまして、これは何とかしなければとみんなで考えたわけですが、一つは千葉県に対し、「公害審査会」に訴えました、これは斡旋調停の機関ですのでなかなかうまくいきません。産廃処分場を止めるには至りませんでした。そこでさらに研究をしたところ、三重県の津市で「水道水源保護条例」ができたというニュースが目に止まりましてそこから今度は条例制定に向けて頑張ろうではないかということになりまして、それから五年ほどかかりましたけれども、市で条例をつくるために、市長あてに署名を集めることを始めました。まず木更津でおこないました.実は木更津は小櫃川の一番下流で、上流に残土処分場あるいは産廃処分場ができますとまず影響を受けますのは木更津周辺です。一か月で18000名の有権者の署名を集めました。当時の木更津市長は「水源保護条例ができるかどうかを検討しましょう」ということで「水道水源保護問題協議会」を設立しまして、これは16名の委員からなる訳ですけれどもその中に小櫃川の水を守る会から二名が入ることができました。それで三年ほど検討いたしまして、「現在の水質から水源を保護する」ことは必要である、という答申を市長あてに出しまして、それがきっかけとなりまして「水道水源保護条例」が1995年にできました。木更津が作りましたので君津市、袖ヶ浦市も作りました。ただし、できた条例が「水質規制型」であります。つまりこれ以上悪い水を流してはいけない、という規制を設けてあるわけです。しかしこれは地域住民がよほど監視していかないとなかなか水質はきれいなまま守ることは難しい、ということが最近わかってまいりました。

司会
とりあえずそのような条例を作ったことによって、埋め立てとかにどのような規制がかかったのですか。

御簾納氏
まずこれは業者が計画の段階で情報が公開されます、条例ができる前は我々に全く情報がないわけです、これが一番の難点でした、情報が公開されるというのが最大のメリットです。

今、また首都圏では高層ビル建設ラッシュ・・・・どう考える?

司会
そのことによって動きの方向が見えてくるということでしょうね、そういう条例を作って少し動きを止めるというところまでお話をしていただきましたが、佐久間さん、そう言っても今首都圏は高いビルが至る所でひところよりもたくさんできているのではないかという気がするのですけれども。

佐久間氏
そのとおりです、高さ四十五メートル以上のビルを高層ビルと言います。東京だけで千四百三十九あります、百メートル以上が14本、二百メートル以上は一本、これはバブルのころにもなかったことで大変なビルラッシュです。これは危険な傾向だと思うのは、ニューヨークのマンハッタンというところは400mくらいのビルで埋まっています、でも私はあれが近代文明とは思わない、逆にあれは間違っているのではないかと考えます。東京に次々とビルがたてばそれだけ千葉の山は減る、ビルを建てるときには建設残土も発生してそれが来る、それからもと有ったビルを壊す、するとそのコンクリート廃材が千葉に来る、ですからビルが立つことによって山砂は消える、建設廃材はやってくるということでこの循環を沈静させなければいけない。もう少し消費を抑制すべきだ、高いビルを建てることは考えてみる必要がある。

司会
その辺はお話ししていただきたいと思うのですか、高層ビルがラッシュと言われるように景色が日毎に変わるような状況なのですけれども、そうなると山砂の需要はまだまだ続くかもしれない状況ですね、一方で高層化するためには今まであったものを壊してその残土はまた千葉県に来るかもわからない、という状況ですがこれをどうやって止めるか、どのように考えていったらいいのでしょうか。

佐久間氏
やみくもに高層ビルを建てるだけが産業のあり方、都市のあり方ではない。ロンドンやパリに行ってもそれほど高層ビルがあるわけではない。何かアメリカのマンハッタンを追いかけて、それをまねをしているような気がしてならない。その上それを立てるビルの寿命がまだ五十年くらいしかたっていない、それなのにコンクリートの寿命が来ているということになってきているようです。そうするとコンクリート寿命のために大量の建設廃材が出るわけですけれど、そういう五十年くらいの寿命のものは作らない、何百年も持つようなビルを作ってほしい。それが一つです。それからコンクリート廃材を何とかリサイクルできないか、今までは、リサイクルを考えず千葉の山へ持っていけ、あるいは地方へ持っていけということでしたけれども、「建材のリサイクル生産」が非常に重要なものになってくると思います。この番組のテーマは「山は残せるか」ですけれども山は残さなければならないのです。わが国では明治の初めには、栃木県の足尾で銅を生産し、いくつもの山が禿げ山なっています。その隣の埼玉県の武甲山を見ますと戦前から戦後にかけまして、コンクリートの原料である石灰石を削って今や無残な姿に変わっております。あの山を見て何も感じないというのはおかしいなと思いました。それからその後の高度経済成長の時には千葉の山はズタズタになったわけです。最初に私は千葉の山に立ったとき、驚くと言いましたけれども、それは人間の機械力のすごさです。山一つくらいあっという間に削ってしまう、その勢いでこれからも山を削っていくのか、私が言いたいのは、次代の人達に「山がない」あるのは「ゴミの山」だというのは、今日の我々のエゴイズム(勝手)だと思います。次の世代に対して保全して責任を待たなければならない。ということを強く感じております、山はみんなもの、後世のものであるという意識を持たなければならない。新聞テレビがもう少し千葉のあのように削られた山とか、秩父の武甲山とかそういうものをはっきり写して一般消費者にも問題提起して欲しい。

司会
御簾納さんどうですか、考えなければならないこと。

御簾納氏
私は「水源は清浄に保たれなければならない」という水道法二条をきっちり具体化してほしいと思います。そうすれば自然と山は残さなければならないということになります。現在の「森林法」、「水道法」にしても、「廃棄物と清掃に関する法律」「水質汚濁防止法」にしても水環境汚染に全く対応できる状態になっていない。10年前産廃処分場ができると言うときに、千葉県に対して不服の申立をしたときに、これは厚生省に対して不服の申立をするという形になったのですけれど、厚生省の判断は「廃棄物と清掃に関する法律」によれば「地域住民の利益を保護するものではない」つまりこの法律は産廃処分場を作るためにあるということで却下されたわけです。ですから山を守るためにはどうしたらよいかということについては、先ほど申しましたように条例に頼るしかないという結論になったわけです。

司会
50年で建て直さなくても良いもっとしっかりしたものを建てたらどうかと佐久間さんから指摘がありましたが、いきなりやめというわけには行かないわけですから、建てなければならないし、廃棄物も出てくるわけですから、そういう中でもう少し具体的な考えはないですか。

佐久間氏
実際に行われていますのは、関西空港とかは盛んに中国当たりから砂の輸入をしております。中国の黄河の下流とかに多量に埋まっている砂をもってきても別段影響がなければ、大きい船ならコストも安くなるしそれは、現実的に言えることだと思います。それからもう一つは先ほど言った産業廃棄物をリサイクルして建材に作り替えそれを利用する、というようなことはあります。

司会
その前に廃棄物の絶対量を減らすということもあるのではないですか

佐久間氏
当然です、それに気がつくのが遅くて気がついたら千葉に巨大な山が出現していた、千葉県の不法投棄も建設残土も産業廃棄物も量的には千葉県が一番多いと思います。これは大変なことになっているということがやっと気がつきまして、産業界も本腰で取り組みつつあると思います。また産業界に消費者もそのように働きかけていかなければならない。消費者の側でもグリーンコンシューマという言葉がありますけれども地球環境に優しくない、リサイクルできないような商品は買わない、というようなそこまで意識を高めていく必要があると思います。消費者がそのように賢くなれば企業もそれに合わせて行かなければならない。新聞テレビが報道しないから恐ろしい自然破壊が一般消費者にまだまだ伝わっていない。一般消費者は早くそのようなことに気がついて先ほど御簾納さんが言われたように法令の制定に働きかけるとかして行かなければならない。ただ傍観して賢くない消費者の生活を続けるということは大変なことになると思います。

司会
一般市民の生活態度から考えていかなければならない、という御意見ですが御簾納さんその辺はいかがですか

御簾納氏
ついつい便利な生活をしてしまいがちなのですけれども、例えば君津市などはプラスチックなども集めております。瓶なども色別に集めている訳ですけれども、しかし産業界が瓶の作り方にしましても、(つい最近買った瓶にはone-wayと書いてありました。つまり使い捨てでした、立派な瓶だったのでリサイクルできるんだと思いましたが)30回とか50回とか使える瓶を作ってもらえばいいわけです。つまりゴミにならないものを作る、そんな消費社会をつくってほしいと思います。

佐久間氏
私が1988年ドイツの旅をしたときにもうゴミの分別をやっておりました。親が子供に分別を教えていました。今日本では自動販売機があり老いも若きも無頓着に飲んでは捨てているがこれでは環境循環は改善されないと思います、消費者もこれからは十分自覚しまして、地球環境の保全ということに向けて自覚していかなければならないと思います。

司会
ゴミの捨て方を親が子供に教えているわけですか。

佐久間氏
ばったり子どもがゴミを捨てているのに出会いました。どこからか親の声がして、子どもが考えながら捨てていました。 4〜5才の坊やでしたが、ドイツは賢いなと思いました。

御簾納氏
いまドイツは賢いというお話が出ましたけれど、化学物質一つ取って見ましても、ドイツでは有害物質を330種類を認定しています、日本は2〜30種類です。日本の方が経済活動は上だと思うのですけれども、アメリカは480種類を有害物質と認定しています。山間地にものを捨てるとか産業廃棄物の処分場をつくるとか言いましても、よその国では有害物であるにもかかわらず、日本では害がないとして捨てられています。こういうことが実際行われているわけです。

司会
その辺は、素人考えで世界的に統一していないとおかしいと思いますけれどね

御簾納氏
国によって違います、それだけ日本が化学物質については管理が杜撰ということになります。

「ゴミがゴミを呼ぶ」とはどういうこと

司会
佐久間さんがお書きになっていたのですけれども「ゴミはゴミを呼ぶ」というのはどういうことですか

佐久間氏
あれは私が今から20年前に首都圏の鉄道調査(国鉄・地下鉄・私鉄)を5年掛けて行いました。学生の調査実習としてやったのですけれど、「汚れているところは汚される」当時新宿駅ではビルのところはタバコの吸い殻で真っ白になりました。当時地下鉄は禁煙ではなかった。地下鉄は閉鎖空間であるから真っ先に禁煙にすべきだと書きました。それからやがてそうなりましたけれども、汚れているところは汚される、これは今の千葉県にも当てはまる、家庭から出たゴミも不法投棄されている、それが産業廃棄物の不法投棄の近くへ行く、そのように汚れているところには一般廃棄物の不法投棄もされやすい。ですから自治体によってはそのようなものがあるとすぐに片付けてしまいます。そのままにしてあるとまたは他の人がまねをして捨てますので。条例も一種のバリケードです。ある自治体が条例で厳しくするということは、今度はよその自治体に捨てられます。(モグラたたき)ですから国全体の機運としてリサイクルとか自然環境の保全とかそういう意識で最良の物質循環と言うことを考えなくてはいけない。

司会
モグラたたきになるのは論外ですが、地域的に公平に分担して処分するというのはいかが。

佐久間氏
私もそう思います。ある自治体で総量規制をやりました。それも考えてよいと思います。

御簾納氏
理想論をいえば都市の分散が必要だと思います。あらゆる弊害を起こしていると思います。ビルも地方に分散すれば、大きなビルを造る必要もない訳です、通勤も楽になりますし、水もきれいになると思います。

司会
なるほど、すると廃棄物も分散して処分する。

御簾納氏
大きな処分場もつくらなくて済む、ゴミも廃棄物も自分から見えるところに有るようになる。もちろん水源もそういう形になると思います。

佐久間氏
それからコンクリート化に無頓着過ぎると思います。道路から小川から一切がコンクリートで埋まっております。そのあおりとしまして、わずかこの50年で100万年前に築かれた山々がなくなってごみを自然に捨てて、そして後世に向かって知らぬ顔をするということは許されることではない。

司会
そうですね、後世の方々に対してちょっと恥ずかしいですね。
今までお話をいただいた中からまずできることからやっていかなければならないことだろうと思うのですがどうもありがとうございました。今日のサンデートークは「山は残せるか」というテーマで女子栄養大学佐久間充さんと千葉県立君津青葉高校教諭、小櫃川の水を守る会事務局長の御簾納照雄さんにお話しいただきました

( 文責 小櫃川の水を守る会 鈴木紀靖 )
  
感想文を下記にFAXしてください
FAX 03−3468−6126
6月8日ラジオ深夜便
NHKサンデートーク「山は残せるか」係

             小櫃川の水を守る会

 小櫃川河口・盤洲干潟を守るこの一年の活動
 去る9月23日盤洲干潟学校終了後、「第3回小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会総会」が木更津市民会館にて開催されました。議事のあと、「三番瀬を守る会」
会長 田久保晴孝氏の特別講演「盤巣干潟・三番瀬と野鳥」が行われました。この一年の活動は以下の通り報告されました。
1.行政への働きかけ
千葉県知事宛底生植物破害調査要請自然環境保全地域指定要請
木更津市長宛底生植物破書調査要請遊戯施設建築確認書公開要請
*情報公開請求スバ三日月ホテル三日月遊戯施設(民話の里)
2.干潟観察会・調査実施
盤洲干潟学校
千葉県高校退職教員の会
千葉土建主婦の会
3.他団体との交流
JAPAN干潟シンポ
博物館シンポ
「2003三番瀬・盤洲」シンポジウム協力・参加
千葉県野鳥の会観察会と干潟学校共催
4.広報
「盤洲干潟通信」6号〜10号(総会お知らせ号)発行
新聞、テレビ等取材後報道
 ここ1年間の盤洲干潟保全活動について、前半(02.6〜12)は底生植物被書をくい止めるため、県・市行政への要請活動をおもに実施しながら干潟学校などを計画し、より多くの県民に干潟の実態を知って頂く広報に努めました。4月下旬、木更津市内において全国規模の『たたかう住民と共にゴミ問題の解決を目指す弁護士連絡会』総会・シンポが実施され、同じ水源環境保全の立場から小櫃川の水を守る会が全面的に協力することになり、準備段階から3ヵ月ほどそちらにエネルギーを注ぎ込む形になりました。6月以降観察会などかなりの頻度で実施してはいますが、一般市民の積極的参加を期待します。県行政へ保全地域指定の要請を今後ますます強めることが必要です。
              連絡先 小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会
                    代表 小関 公平 
                        電話 0438-23-1357

next page 44号へ
top page
menu page