next page 45号へ
top page
menu page

小櫃川通信46号 2004-09-01

発行者 「小櫃川の水を守る会」 代表:渡辺みつ
事務局 〒292-0434 千葉県君津市向郷681 御簾納照雄方
tell&fax : 0439-27-2245
mail : szk-nrys@luck.ocn.ne.jp 
年会費 個人500円 団体3000円 
郵便振替口座 : 00140-0-405615

  目次 

田倉産廃差し止め裁判 あと一歩

直接の飲料水源、農業用水へ多大な悪影響を及ぼす産業廃棄物処分場建設撤回まであと一歩というところまで来ました。平成14年5月、提訴以来15回の公判判を終えて、事実上、大きな山を越えましたが、最後まで応援をよろしくお願い致します。次回公判は10月28日ですが、これが最後になるかどうかというところです。こ
れまでの概要を2〜5ページに掲載しましたのでお読み下さい。
  なお、10月28日の公判は午後1時から木更津裁判所で行われますので、ぜひとも傍聴をよろしくお願い致します。

御腹川.上流域に管理型処分場稼働

小櫃川支流・御腹川上流域(君津市怒田字花立)に大型の管理型産廃処分場が新たに営業を始めました。新井総合施設(東京新宿区〕が設置した処分場は総面積7万6千m2、埋め立て容量107万m3で県下3番目の規模といいます。この件については、小櫃川の水を守る会では10年来、反対を続けてきましたが、3年前の知事選で落選した沼田前知事が、新知事に交代する直前3月30日付で許可してしまいました。前後して、ごみ搬入路となる君津市蔵玉(上総亀山地区)、銘水の里として地下水を街興しのひとつとする久留里地区の自治会を中心とした組織の反対運動が起こりましたが、それを押しての営業開始です。水源保護条例制定前の申請とはいえ、地域住民は「こんな細い林道がダンプでのゴミ搬入路になるとは思ってもみなかった」と反対運動の遅れを反省しています。これからは排水の水質監視が重要です。

小櫃川、小糸川など水質調査実施

 本会で購入した電気伝導度計を用いて、小櫃川、小糸川、湊川、御腹川、矢那川などを始めとする河川、湧水など、かなり広範に調査を進めています。小糸川について6ぺ一ジに概要を掲載しましたが、小櫃川、小糸川、湊川などは川床のいたるところに鉱泉が湧き出ている影響から電気伝導度は高めですが生物相は豊かです。

──────────────────
田倉の産廃場建設差し止め裁判の中間報告

 2004-8-10  天羽の水を守る会
 田倉産業廃棄物処分場建設阻止については皆様のご協力に厚く御礼申し上げます。建設差し止め裁判は、平成14年5月15日提訴以来15回の公判を重ね佳境に入っております。今年の主な経過は次の通りでした。
4月12日(木)裁判官の現地視察
5月27日(木)第13回公判瀬戸証言
6月10日(木)第14回公判坂巻証言
7月08日(木)第15回公判原告尋問
 この間の現地視察、証言で原告・被告がどんな主張をしているか、報告させて頂きます。処分場差し止めまでもう一歩です、今後とも皆様の暖かいご支援をお願い申し上げます。

──────────────────
裁判官が計画地を視察

 千葉地裁木更津支部の仲戸川隆人裁判官他2名の裁判官は、4月12日湊川の状況や計画地周辺の視察(現地進行協議)を行いました。裁判官が視察した地点は次の8カ所でした。

1.更和取水口
 処分場から汚染水が流れた場合湊川の汚染が心配されます。花輪浄水場は現在休止しておりますが、富津市水道部は「水質検査については、大佐和地下水と同様の検査を実施しており、今後も検査を実施し水質の変動を把握したい」と話しています。

2.道滝橋
 産廃車の林道使用禁止を求める要請署名が5000名を超える市民から提出されましたが富津市は次の条件で使用承諾しています。使用の方法 (1)通行車種及び総重量(積載量を含む)=6t車総重量12t以内 (2)1日の通行台数(片道)=39台 (3)平均走行速度=20km/h程度 (4)通行時間=午前9時〜午後5時(5) 運搬物の種類=建設廃材・廃プラスチック類 ガラス陶磁器類・金属屑・ゴム屑 なお次の付則がついてます「各号の条件を遵守しなかった場合、又は公共、公益もしくは市の事業上必要が生じた場合は、承諾を取り消すことがあっても異議申し立てしないこと」(2000−06−29)

3.コルゲート管、調整池
 ここは処分場に降った雨水の恩田川への流出口です。管は林道茅朶野線の下にいけられていて富津市が管理しています。直径=1.5m,長さ=56mで林道茅朶野線工事の時に敷設したものです。

4.計画地最上部と原告宅の井戸
 計画地の頂上に行くと見える最上部帯水層と原告k宅井戸の位置関係を確認しました。原告の地質学者は「この井戸水が最上部帯水層から供給されていることは明らかである。したがって、本件処分場の廃棄物の堆積が最上部に及んだ場合、原告の井戸が汚染されることは必至である」と述べています。

5.馬の背(尾根の名称)を歩く
 処分場と原告宅の位置関係確認するため馬の背の細い尾根道を北から南へ歩きました。処分場を左側真下に見ながらすぐ右を見ると原告の家が真下に見えます、いかに至近距離であるかが分かります。

6.馬の背西側の帯水層          
 処分場の汚染水が馬の背の地層に浸透して西側井戸を汚染するかが大きな争点ですが、裁判官は西側から見える地層の傾斜や断層、常に流れている沢の状況、原告井戸や絞り水との位置関係を視察しました。仮処分決定では「健康被害を受ける蓋然性は極めて高い」判断しました。

7.恩田川に最も近い原告宅の井戸   
8.道滝橋に近い原告宅の井戸
 被告は「井戸底の標高が河川底の標高よりも高い」から川から井戸へは入らないとしているが、原告証人は「地質学的特性を考えれば、下流側井戸へ汚染が波及する危険性が大きい」としています。現地視察は16時00分に終了しました。
参加者は裁判官、弁護士、証人、地元原告報道関係者で総計約40名でした。

──────────────────
第13回公判 証人尋問
 「安定五品目の危険性」をめぐって

 第13回公判は、5月27日午後1時〜5時木更津裁判所で原告側代理人6名被告側代理人2名傍聴者は47名、が参加して開かれました。原告側証人瀬戸昌之氏(東京農工大環境科学)の「産業廃棄物最終処分場建設等に対する意見」は概ね次の通りでした。

I. 持続可能な社会へ(物質循環の完結)

 全ての人々が共有すべきは持続可能な社会の構築である。社会を支えているのは自然であるから、自然を持続させることが必要である。自然の資源は有限であるが、自然は資源をくり返し使うことによって持続的である。したがって、人間活動も自然の物質循環の完結に融和させることが必要である。

U.持続可能な社会のための廃棄物処理
 1.基本的な視点
日本の廃棄物処理は「燃やして」、「埋める」であるから、物質循環の完結の視点が欠落している。安定型処分場も、安定5品目のみが厳密に分別されて埋められたとしても物質循環を遮断するから、持続可能な社会の構築には価値がない。

 2.安定型処分場の現実
 安定5品目以外の汚染物質混入は不可避である。このとき物質循環の遮断のみならず地下水などの環境汚染も必至である。厳密な分別は採算を無視すれば技術的には可能であるかも知れない。しかし多額の分析費などを必要とするから、採算がとれないであろう。採算を無視した産廃業者は存在し得ない。

 3.地下水=未来世代の主要な水源
 持続可能な社会に水資源は不可欠であるが、日本は地下水以外に新たな水資源の開発の余地はない。したがって、地下水を清澄に保全することが日本において持続可能な社会を構築するための必須条件である。その地下水が廃棄物処分場などによって全国的に汚染されつつある。
 地下水を利用しながら生活してきた人々の地下水が廃棄物処分場で汚染しても簡易水道で代替できるとする被告の論点には、簡易水道の主要な水源が地下水であることを見落としている。さらに、処分場と地域の人々の井戸の位置関係から、井戸の汚染はありえないとする被告の議論も短絡的である。地下水は広域的につながっているから、一ヵ所の地下水の汚染はやがて広域の地下水汚染につながる。

V 持続可能な社会は「処分場」を必要としない
 廃棄物処分に関して、0ECD(経済協力開発機構)はEPR(拡大生産者責任)を宣言している。日本はOECDの加盟国である。EPRは製品の価値に、その製品が廃棄されたときの回収費と処理費を上のせすることを主張している。これを実施したら、不法投棄はなくなり、メーカーは長寿命の製品、修理しやすい製品、処理が容易な製品を工夫し、ユーザーには良いものを選び、大切に使うインセンテイヴが働く。このことは廃棄物問題解消の唯一の方法、すなわち廃棄物そのものを発生させないことに直結する。廃棄物を発生させない予防原則のみが持続可能な社会の構築に有効である。廃棄物処分場問題の解決は容易である。前述のEPRの実施で解決する。新たな処分場の開設を認めることは、EPRを否定し、万人の願いの持統可能な社会の構築を否定することになる。

被告側証人尋問
 被告側証人小林景子氏(神奈川県海老名市(株)IWD役員)は概ね次の証言をしました。
(1)中問処理施設の技術向上により、安定型処分場に投入される廃棄物の分別が厳密にできること。(2)安定型処分揚の社会に対する位置づけ。(3)廃棄物処理法の改正の経過と処分場における事故の発生。(4)その他
尋問は概ね次の点についておこなわれました。
「証人の経歴等」「被告との関係」「最終処分場の使命と最近の行政、司法の傾向」「IWDの所有する中間処理施設の目的、仕組み、能力」「中問処理と最終処分場の採算性」「IWDが所有する安定型最終処分場の状況」「近年における廃棄物処理法の改正とこれまであった処分場の問題点の改善」「その他上記に関連する事項」等。

──────────────────
第14回公判 証人尋問
「地層の透水性」をめぐって

 第14回公判は、6月10日午後1時〜5時木更津裁判所で開かれました。原告側証人坂巻幸雄氏は「本件処分場から汚染水が流出し、原告らの健康被害並びに農作物被害等を発生させる」ことについて証言しました。冒頭、地下水汚染の特徴として「汚染はじわじわと非常に長い時間がかかる」「一度汚すと復元が非常に難しい」と述べました。

本件処分場予定地周辺の地層について
 地層は「上総層群に分類され浅い海の底に溜まった泥と砂の層」で「地下水は透水層である砂層、火山灰層を通って流れている」「それほど早い流れではないが割れ目やクラックに沿って流れている」「地層の傾斜は北傾斜約10度、南に行くにつれて傾斜は緩くなり、処分場南側で一時水平となり、その後南傾斜となる背斜構造になっている」と証言しました。

汚染が広がるしくみについて
 本件処分場には「下部帯水層」「中部帯水層」「上部帯水層」という「相対的に地下水を通し易い地層」が確認される。馬の背西側の地層には「白くて細かい白色凝灰岩層(鍵層)と黒くて粗い層(火山灰層)がペアになっている」「黒くて粗い層が水をよく透す」、沢から地中に潜り込んでいる様子を捉えた写真について、「これは地下水がしみ出ている様子」「水面と地層が交わる部分が黒ずんでいる。これは、鉄分が酸化し、鉄バクテリアが繁殖している様子である。ここに水が染みだしている証明がある」と証言しました。
 被告は、水の浸透は「重力の働きにより方向は真下である」「汚染物質は東西に広がらない」としてるが、証人は「大局的に見て下流に広がるが一直線に一点だけにのびるのではなく扇形に汚染は広がる」「帯水層は馬の背の中で東西につながっている」「地層は平面ではない。でこぼこや、傾斜が異なっていたり、割れ目が存在する」「動水勾配の影響」「毛細管現象」などあると証言しました。

馬の背西側に浸出してからの流れについて

*処分場に最も近い原告A宅井戸の汚染の仕組みについて
 「まず、下部帯水層を伝ってきた地下水による汚染が考えられる。次に上流部で沢水が汚染され、それが沢底から地中を通り井戸水に入り込む」と証言しました。被告は、「下部帯水層は井戸1の上を通っているので井戸水には入り込まない」としているが、「被告の作図が違うこと」「馬の背の地中内で上下間の水の行き来があるので、汚染水は地中内で井戸を汚染する」「井戸周辺は水圧が低くなっているので、その周辺の地下水を集める役割を果たす」「沢水も、地下に浸透して井戸水を涵養している」と証言しました。

*原告B宅井戸2、原告A・B宅の絞り水1,2の汚染の仕組みについて
 汚染は「時間的に井戸1より遅れるが処分場からの汚染が広がる」そのメカニズムについては「下部帯水層による汚染」「中部帯水層からしみ出した水が沢を汚染して井戸を汚染する」と証言しました。被告は「位置的に見てこれら井戸が汚染されることはない」としているが、「帯水層がスポンジ状で全体に汚染水が通っている時、一部が沢でカットされても止めきれない、全体として考えなければならない」と証言しました。この沢の下流にC宅井戸、原告O宅田圃があるが「上流が汚染されれば当然そこも汚染の危険がある」と証言しました。

最上部帯水層とK宅井戸の汚染について
 証人は、どのようにK宅井戸を汚染するかを証言しました。「処分場にゴミが持ち込まれると処分場の中に水位が発生し、その水位が上部帯水層の水位より上に来た場合汚染された地下水が帯水層の中を流れK宅の井戸を汚染する」「最上部帯水層はK宅井戸を涵養している。」と証言しました。

恩田川下流域の井戸への影響
 比較的川に近い原告W宅、原告Y宅に代表される井戸への汚染について「井戸と川の水位が連動する事例」「特に本件処分場では背斜構造が存在し南に傾いた地層は川底に断面をさらしており、ここに水が入り込みやすい」と証言しました。次に、60〜100メートルの比較的深い井戸を持つ原告の井戸汚染の仕組みについて「深い深度に地下水が存在するがこれは、井戸業者の陳述書から「比較的難透水の土丹層の下から豊富な水が取水されるのは土丹層に割れ目が存在していることを物語る」と証言しました。

最後の証人意見
 安定型処分場は、「水に溶ける物質が入らない」という前提で設置された。しかしその後事故や汚染の拡大が起きている。石膏ボードやシュレッダーダストは外されたが素堀の穴で雨ざらしにするので汚染の拡大は止められない。数世代後までの人間の生活や健康を危険にさらす可能性のある安定型処分場をつくることは、企業や自治体のする事ではない。

被告側証人 平林憲次氏証言趣旨
(1)本件処分場内に降った水が、原告らの井戸に移動しないこと(2)本件処分場内に降った水の移動方向(3)本件処分場周辺の地層の透水係数(4)原告が主張するクラックや割れ目の性質(5)その他 
被告主尋問事項は次の通りでした。
(1)本件処分場付近の地質と透水性(2)原告が帯水層と主張する部分に水が浸透するか。するとすれば、浸透した水はどの方向にどのような速さで移動するか。(3)原告らの井戸水は、どの地層から涵養されているか.(4)原告が主張するクラックや割れ目が存在するか。存在するとしたら、処分場内の水を馬の背の西側に通すようなものか.(5)その他上に関連する事項

──────────────────
第15回公判 原告・被告尋問
 「周辺環境に影響はあるか」

 第15回公判は、7月8日午後1時〜5時木更津裁判所第1号法廷で開かれました。「簡易水道を設置する」とする被告側証人尋問と飲料水や交通など生活被害を受ける原告5名への尋問が行われました。

被告側証人(高橋純氏)の証言
 簡易水道組合設置について
 被告側証人は当処分場建設に当たり「県との折衝、簡易水道組合立ち上げ」の仕事をしてきたとし、簡易水道を設置した理由は「地元の要望」で、「周辺の井戸は水道法の水質基準に適合しない井戸がある」からで「処分場を作ると井戸が汚染されるからではない」としました。
 被告側証人は、設備費用5500万円を使い水源井戸を4本掘った(現在3本使用)、掘削に当たって当初水量の不足があったので掘削業者を変えポンプの種類と位置を変えた。簡易水道組合の運営は現在16世帯で管理し浅野商事は関わっていない、設備の所有は「現在は浅野商事の所有だが処分場が事業を始めたら無償で譲渡する」と証言しました。原告代理人から「地層が北傾斜なので簡易水道水源が汚染される危険はないか」との質問に被告側証人は「そういうものは入れないので汚れるという意識は持っていない」と主張しました。原告代理人の「入水槽、ポンプ、給水管の耐用年は?」との問いに被告側証人は「入水槽が25年、ポンプは10年、給水管は不明」と回答しました。将来的な加入者の維持費用は明らかにしませんでした。

 公営水道の延長計画について
 被告側証人は、富津市公営水道の延長計画は「第1期恩田橋までは工事が終わり給水されている、第二期は計画中だが何時やるか示されていない、第三期は給水区域内だが計画されていない」とし、処分場が出来ることになったら、浅野商事の負担で「処分場周辺で公営水道のない家庭に7,893万円を使って延長工事費用を負担する」と証言しました。

 処分場の埋立方法と雨水の処理について
 被告側証人は、「処分場の外に降った雨水はU字溝とアスカーブで処分場への流入を防ぐ」「処分場の覆土された部分に降った雨水は仮沈砂池を作り表流水を集水してポンプアップしU字溝を通して調整池へ流す」「処分場の埋立部分に降った雨水は場内での乾燥、並びに場内での散水で処理する」と証言しました。原告側代理人から「開口部にたまった雨水は自然蒸発させるとというがどれくらい蒸発するか」との問いには「データはない」と答え「蒸発しきれないものが、底まで行かない」とはいつ誰が言ったか」との問いに「平成16年4月末」「千葉県産業廃棄物課です」と回答しました。また「閉鎖後の地下水のポンプアップは無い」と答えました。

原告尋問と証言(原告5名)
 原告からは「原告者の受ける被害」、「田倉区と浅野商事の協定書締結」「原告井戸からの大腸菌検出」「簡易水道加入」「公営水道の延長と加入」について証言がありました。
 事業者は周辺住民の井戸水は飲料不適合としているが、原告は「大腸菌が検出されてるというが、ずっと生水を飲んで生活しているが、病気にかかるということはない」「簡易水道について不具合があるということを聞いたことがある」「簡易水道の勧誘の話があったが加入しなかった」と証言しました。また公営水道が延長された場合は「井戸水を中心に使って、足らない分を市営水道を使う」「水道だけにするということはありません」と証言しました。

 本件訴訟は、私たちにとっては、「決して敗訴できない」裁判です。素掘りの穴の中にシートも敷かずに大量のゴミ(ダンプ約10万台)を投棄する埋立方法が未だに認められているというのは、考えられないことです。予測される汚染が大規模なことから、仮にも、この処分場が稼働し始めたら、その被害の広がりと深刻さは測り知れないものとなり、私たちは子々孫々に至るまで、本件処分場から深刻な被害を受け続けることになります。裁判所が原告らの危機を真摯に受け止め、本件処分場の建設操業差し止めの判決を出すよう願って止みません。本件裁判終結まで皆様の暖かいご支援を引き続きお願い申し上げます。
次回公判予定は10月28日です

連絡先    富津市恩田213 代表 安田貞夫
         電話 0439-68-1562

──────────────────
小糸川水質調査について

 小糸川は新日鉄が保持している水利権の関係で工業用水河川に指定されてい
ます。そのためか、この川の水質については、従来あまり関心を持たれないできました。しかしこれは本末転倒であって、どの川であれ、本來の清らかな水質が保たれなけれぱならないはずです。まして、小糸川流域の地下水利用状況を考えれば、この川の水質は当地域の水環境の重要な指標となります。
 この考えに基づいて、小櫃川の水を守る会は3年前から、君津市の学習活動グループ《自然と人問を考える会》と共同で小糸川水質調査活動を始めました。
調査ポイントは、源流行きの尾崎、上流域の三島ダム下・柿山田、中流域の小糸六三橋下、下流域の後生橋下の4地点。調査回数は、従来は年2回、今年からは年3回、定期的に実施することになっています。
調査内容はデータ測定と水生生物採取
 水質調査の基本として、もちろんデータ測定は不可欠です。電気伝導度計による電気伝導度、pH測定、パックテストによるCOD,NH4-N、N02-N測定を行ってきました。完璧とはいえないにしても、水質の概要はほぼこれで掴むことができます。
 しかし、そこに生息している生物達の状況を観察しなければ、自然の川の生きた調査とはいえないのは当然です。素手のほか、ステンレス製の捕虫網、投網を使って、各調査地点の水生生物を採取・観察して、その内容からも水質の状況を捉えてきました。
過去の調査結果を要約すると、源流域から下流域まで、pHは7,5〜8,0、電気伝導度は350μS/cm前後。小櫃川同様、小糸川にも温泉が摘出しているためにこのような特殊なデータになります。因みに尾崎で湧出している温泉水を測ったところ、電気伝導度は1045μS/cmという高い数値になりました。意外なことにデータ上では、源流城から下流域まで、COD,NH4・N、N02・Nの数値にほとんど変化は見られないのです。しかし生物調査では、はっきり違いを観察することができます。清流に生息する生物が観察できるのは、尾崎とかろうじて柿山田まで、ここから下は生活排水、農業排水が流れ込む結果富栄養水域に生息する生物だけになります。

今年第1回目の調査結果
過去のデータと比較してCODが2ppm以上上昇しました。浮遊物も非常に多くみられました。異常な渇水によるダムの放流が原因と考えられます。
流域に残土処分場が稼動を始めた、その影響も、おそらくは遠からず、調査結果に現れて来るのではないでしょうか。

──────────────────
糸川残土処分場・現状報告

今春から再び搬入が始まった。 
  昨年夏、許可条件違反が発覚して県から行政指導を受け、搬入作業を停止していた糸川の残土処分場が、指導に従ったとして今春から搬人を再開しました。.
 地元住民にとってはまことに残念なことではありますが、一旦下ろした許可を、
県は容易なことでは取り消しにしないことがここでまた証明されたわけです。
しかも、糸川自治会長の話しでは、再開後の搬人台数は、許可条件の1日50台
を遥かに上回っているとのこと。まさに容易ならざる状況です。

現場は今も、許可条件違反のまま。
 日曜日は搬入禁止日でゆっくり観察できるので、去る7月25日、現場に行ってみました。県の指導にしたがって搬入を行うということであれば、当然処分場の最下段から投入し、土砂崩れの防止のため、一定の高さに達したらしっかり展圧を行いながら積み上げていくはずなのに、現場には最下段への搬入路は見当たらず、最上部から容赦なく投げ入れている状態です。
しかもほぼ直角に切り通した崖は、中腹部が崩れ落ちて、ぽっかり穴を開けています。もし集中豪雨でもあれば、たちまち土砂崩れ起こしてしまうのではないかという危うさを覚えました。
土砂崩れに加えて、洪水の危険も迫っている
 また、処分場から出る水は、自然浸透により処理されるという内容で許可が下りているわけですが、最下部に設置された擁壁の内側は表面をヘドロが覆い、おそらくはそこに溜まってしまっていた水も、長い日照りでさすがに乾いて、一面にひび割れています。擁壁の外側は自然浸透のためのブールになっています。この日照りと乾燥ですから、このプールに水が溜まっていることなどあり得ない筈なのに、水が溜まっています。自然浸透の機能がすでに失われているのです。大雨が降れば、ここから水があふれ出て、下の民家を襲うことは容易に予想でき表す。
大量搬入は、大福山処分場の工事差し止めの影響か
栢橋のNTL処分場が許可停止になって、行き場を失った大量の残土:が大福山の処分場に持ち込まれているということでした。が、今度は、その大福山の処分場が、産廃の不法投人により工事差し止めになってしまったそうで、再び行き場を失った残土が今糸川に持ち込まれているということです。対岸から残土が持ち込まれている限り、この盥回し状況は、止むことがないといっていいでしょう。

──────────────────
催し物のお知らせ

講演会 「ちばの水。課題と方向!
9月12日(日)13:30〜15:30
場所:木更津市八幡台公民館(参加費無料)
講師:清水 明 氏(千葉県自治体問題研究所)
主催:波岡・水と緑を守る会 連絡先 0438−36−8163

木更津に残された盤洲干潟、湾奥の三番瀬など詳しく知るチャンス!
東京湾保全シンポジウム
日時 : 9月26日(日) 14時〜
場所 : 木更津市中央公民館
講師 : 大野一敏氏
      牛野くみ子氏
      桐谷新三氏
観察会 総会当日午前 9/26(日)午前9:30〜
金木橋集合 2時間ほどのコースです。
講師プロフイール
大野 一敏 氏 東京湾巻き網漁協組合長。前船橋漁協組合長。東邦大学非常勤講師。著書「東京湾で魚を追う」(草思社)など
牛野くみ子 氏 千葉県白然保護連合代表として三番瀬保護に大きくかかわっている。県全体の自然保護に取り組んでいる。
桐谷 新三 氏 盤洲干潟の防人。40年間東京湾の海を見つめ、守ってきた。
金田の海を守る会代表
主催 小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会 代表 :小関公平
連絡先 : 0438-23-1357 or 0439-27-02245

next page 45号へ
top page
menu page