top page
menu page

おびつ川通信55号   2012-04-01


                           小櫃川の水を守る会 代表:山田周治   090-1054-0141

[目次]
1 水源地に放射性物質を入れるなと頑張る「市民の会」の報告        宮則夫
2 君津市残土条例をめぐる激しい攻防 ! 次は袖ヶ浦市 !        佐々木悠二
3 袖ヶ浦市の残土条例制定に向けた動き                    塚本幸子
4 各地からの報告 (真里谷・盤洲干潟・寺沢・館山)              金井・佐野・小倉・今西

[インフォメイション: 「市民の会」の報告]


頭は下げるものの、誠意がない東電の対応に怒り         宮 則夫

 「市民の会」は放射性物質をまき散らしている東京電力(木更津支社)と、受け入れている新井総合、大平興産に要請行動を行った。(東電と大平には2/16(木)参加者35名、新井には3/2(金)参加者25名)
  東電の対応
 Q「住民説明会に出席して説明を」→ A「ご要請にはお応えしかねる」
 Q「地域の住民に、支社としてできることは何かと会議を当然持ったと思うが」→A「特に持っていない」
 Q「放射能測定器などを購入し市民に貸し出す等の取り組みは」→A「そのような考えはない」
 というようにすべてこんな調子であった。そして、今後の対応は「すべて法律の枠組みの中で」というぱかり。冒頭「深くお詫びします」と頭は下げたものの、実際はまったく誠意のない対応ばかりで参加者の怒りが沸騰した。
 大平興産と新井総合の両杜は、「国の基準に従ってやっている」「受け入れないと水道、下水、ゴミがストップして市民生活ができなくなる」「企業の社会活動」等をあげて中止はできないと答えていた。
しかし、大平興産は「放射性物質を扱うのは未経験のことをしているので不安」「8000ベクレルまでは大丈夫との科学的根拠はない」「200年の問題は新たに認識した」と答えた。また新井総合は「200年ということは想定していない」「科学的根拠でなく、国の基準によりやっている」「国が安全だといっている、その根拠はない」と答えた。危険性・安全性についての私たちの指摘を認めており、実際には「安全は二の次」になってしまっている。
 要請行動の結果は、記者会見(3/7(水))やホームページで明らかにします。なお、知事あての署名数は3万筆を超えました。引き続きご協力をお願いします。3社とのやり取りの内容は、「市民の会」のホームヘージをご覧ください。


君津市残土条例をめぐる激しい攻防! 次は袖ケ浦市!   佐々木悠二

 君津市の独自残土条例案は、県外の残土を締め出した点で、公表された時から注目された。条例案には5500を超えるパブリックコメントが寄せられたが、その大半は業者とその従業員など利害関係者からのもので、コピーに署名したものなど「やらせ」とおぼしきものも多かったという。
 1月13日に開かれた環境審議会では、「この経済状況が悪い中で県外残土を締め出す業者が潰れて税収が落ちる」等という意見も出たが、平成15年に君津市議会が「市独自の残土条例制定を求める請願」を満場一致で採択していることは大きい、と審議会では9対0で条例案が可決された。ちなみに前記請願は当時自治会長であった山田代表が奮闘して提出したものだ。
 市議会文教民政常任委員会が開かれる3月13日、君津市役所の8階は異常な雰囲気が漂った。傍聴を求める大勢の市民と残土業者、市議で40人はいただろうか? 傍聴者は25人の制限があったが、先着順に市民が13人、
業者が12人会場に入った。委員会の議論はかなりの長時間に及んだが、結論から言うと5対1で残土条例案は可決されて本会議に送られた。反対した議員の趣旨は、「搬入の9割を占める県外残土を締め出せば、残土業者は潰れる、補償するのか? また、君津市が締め出しても隣接する市が県外残土を埋め立てれば、汚染された地下水が君津市に入る。こんな馬鹿なことがあるか?」 というものだった。 市の条例案の矛盾を突こうとしたようだが、逆に県外残土の危険なことを認めてしまった。今までの「県外残土は危険、県内残土は安全などとなぜ言えるのか?」といってきた論建てはもう使えなくなってしまった。
 こうして木更津市の残土条例(予定地の2km以内の8割以上の同意)と君津市の残土条例(県内の残土に限る)がそろい踏みした。もうこの二つの市に新たな残土埋め立ての申請は安易に出せないと思う。袖ヶ浦市は、ヒヤリングを始めているが新たな対応が求められる'し、富津市は条例の改正を求められる。何より未制定の市原市や館山市、南房総市などは早急に制定しな'いと残土で埋め尽くされるだろう。
 「県内のものに限る」という画期的な残土条例案がなぜ君津市でつくれたのか? 皮肉なことに、広大な砂取り場が数多く広かっていることにその理由がある。このままでは砂取り場がそのまま残土や産廃で埋め尽くされてしまう、という危機感が市民と市環境部に共通していたのだ。小櫃川の水を守る会のメンバーが9年前に蒔いたタネがあり、地道な運動で市民の環境意識を高め、市環境部を激励し、ようやく花開いたのだ。今後、実効性を求める運動を続けて初めて結実する。いや、本当の結実は県内、国内で残土や産廃による汚染を撲滅したときかも知れないが、少なくともその第一歩を踏み出した。
 また東日本大震災のがれき処理、セシウム汚染の処理を巡っても、排出者責任と自区内処理の原則を求めていこうと思う。


袖ヶ浦市の残土条例制定に向けた動き                塚本幸子

 袖ヶ浦市の残土条例は、「汚染された土壌の搬入防止や不適切な堆積槍造による崩落事故の防止」を規定していますが、土砂等の埋め立てそのものは規制していません。そのため書類が整えば建設許可が下りてしまうことが多く環境汚染の心配等から住民とのトラプルが絶えません。安心、安全を重視する時代となり、多くの市民が残土についても一層の規制強化を求めています。
 このような市民の声を受けて袖ヶ浦市も残土規制の見直しに着手し、平成23年度では他市の規制強化状況を調査するとともに、残土関係者及ぴ市民と意見交換を行いました。平成24年度は、残土規制強化の改正案を作成し、市の環境審議会に諮問し、パブリックコメントの手続きを実施したうえで、残土条例改正案として議会に上程する予定です。
 残土規制強化では、近隣市が先行していますので、他市よりもよいものに、また袖ヶ浦市の実情にあったものに改正されることを期待しています。


各地からの報告
(1)木更淳市の「デスポーサル産廃処分場」建設計画        金井珠美
 水道水源である小櫃川には支流がいくつかあり、その一つに武田川があります。この水源地に計画されている「デスポ一サル安定型処分場」に対し、地元では当初から大きな反対運動が起きています。現在は、県の千葉県廃棄物処理施設設置等専門委員会で審議中とのことで、大きな動きはあまりないようですが、いつどうなるかわかりません。
被災瓦礫の受け入れを、国は金で自治体へ強要し始めた今日、千葉県知事が受け入れ表明していることを考えると、処分場建設の許可が安易にされる危険性を感じています。一度汚染が始まったら止められない水源地への処分場建設には、断固反対をしていかなけれぱなりません。

(2)盤洲干潟の保全活動                        佐野今朝雄
 小櫃川の水を守る会が事務局を引き受けて、小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会を結成したのが2001年です。その後、盤洲干潟の保全活動の一環として、干潟観察会の実施、盤洲干潟を守る会と共に干潟のクリーン作戦も行ってきました。連絡会は盤洲干潟の「自然環境保全地域」の指定を千葉県に要請し、またラムサールの登録地を目指して活動してきました。最近では、2011年5月にはJAWANが注催する2011シンポ「日本の湿地を守ろう」が木更津市で開催され、連絡会を代表して御簾納照雄氏が報告を行いこの会を成功させました。

(3)君津市寺沢地区山砂採取場                    小倉秀之
 この山を開発・掘削してから約40年が経ちました。この開発の恩恵を受け地元雇用が生まれているのは事実です。当初大型車のマナーや整備事業の遅れ等多々騒がれましたが、環境も企業も変わり採取場視察ができるようになりました。・・・・・人間は大河の流れや地球表面をも変える途方もないカを手にし、災いを引き起こす事を「知らないのに知っている」と思い込み、先送りと生半可な対策、聞こえの良いその場しのぎの時代遅れの対応は終わりつつあると考えます。鍵を握るのはその土地に暮らす人々や企業であり、間違いを正せる力を持つ者はそカを使う責任があると思います。

(4)坂田の残土処分場近況報告                     今西徳之
 昨年12月20日書類不備なのに千葉県は服部回漕店に事業許可を出してしまいました。1月4日地元団体等が青道払下げをしないよう求める集会を開いたにもかかわらず、館山市長の払下げで工事着工条件がそろってしまいました。11日には賛否の割れている状態での神事を拒否した神主不在の異例な地鎮祭を執り行い、搬入路工事が始
まりました。その後地元波佐間漁協が住民監査請求をするなど法的措置に訴えていますが難しい状況です。処分場はサンゴ礁の北限である透明度抜群の海から数百メートルしか離れていず、樹木伐採と残土などの土砂流失によって被害が確実に予想されます。無謀な自然破壊を止められない私たちの社会とは一体何なのでしょうか。未来の子ども達に申し訳ないという思いを持つ方は少なくないはずです。

top page
menu page