top page
menu page

おびつ川通信56号   2012-07-20


                      発行     小櫃川の水を守る会 代表:山田周治   090-1054-0141

[目次]
  1. 第26回総会・講演会のご案内
  2. 放射性汚染物質の廃棄問題とどう立ち向かうか            山田 周治
    〜瀬戸昌之先生と一緒に考えましょう〜
  3. 原発事故とその後                              金井 珠美
  4. 漏洩を起こした管理型処分場・新井の現況               佐々木悠二
  5. 湊川上流の「大塚山処分場」                        鈴木 紀靖
    〜放射性廃棄物の搬入と第三処分場の現状
  6. 「県外残土禁止」残土条例を広げよう !                須永 和良

 第26回総会 ・ 講演会のご案内

   日時: 8月26日(日)  13:00〜16:40 
   場所: 木更津中央公民館


  1. 小櫃川の水を守る会総会     13:00〜16:40
  2. 地域からの報告          13:30〜14:00

    講演    14:15〜15:30       

        「間違いだらけの震災ガレキ処理」
        講師: 瀬戸昌之 東京農工大名誉教授

           


  3 報告・講演を聴いて意見交換  15:30〜16:40

    放射性汚染物質の廃棄問題とどう立ち向かうか
      〜瀬戸昌之先生と一緒に考えましょう〜     山田周治


 3.11から1年4ヵ月が過ぎました。野田政権は、被災地の人々の窮状に目をそむけ、放射能汚染の実態を追求することなく、経済界の意のままに、東京電力の救済に走り、原発再稼働を決定し、消費税増税に狂奔して、自民党、公明党と結託しました。
 一方、政府と官僚が大手ゼネコンに丸投げして、日本中にぱらまこうとした震災がれき処理劇はから騒ぎに終わり中央から無視された被災地自治体と住民の努力で、地元処理が着々と進み始めたとのことです。
 残るは、放射性物質による汚染の問題です。
いや、チエルノブイリの悲劇の先例が示しているように、放射能被曝との長い長い闘いは、始まったぱかりだというべきです。いったん発生してしまったら、もはや消滅することのない放射性物質の毒性は、放射性セシウムの場合で半減期が30年なのですから。
 私達の住む房総半島中南部も放射性セシウムに汚染されました。除染が必要な高線量の個所もあります。出荷を停止された農作物も出ています。
 水源地にある二つの管理型廃棄物処分場には、県内の各施設から8,000ベクレル/kg以下の汚染汚泥が搬入され埋め立てられています。
そのどちらの処分場にも漏洩問題が発生しており、一つは目下搬入停止状態です。その上、どちらの処分場でも、排出されている処理水からは、常時高い濃度の塩化物イオンが検出され、農業・漁業に携わる人々を戦かせ続けているのです。
処理に困って仮置きになっている8,000ベクレル/s以上の放射性汚染物質を埋め立てる遮断型処分場を、国が県内に設置する計画も進められています。
 放射性汚染物質の廃棄が加わって、地下水をはじめとする環境汚染に対する私たちの闘いは、さらに厳しいものになりました。
放射性物質を含む廃棄物問題と、これからいかに立ち向かうべきかぜひみんなで瀬戸昌之先生のご講演をうかがって、先生と忌揮のない意見交換をしようではありませんか。



原発事故その後    金井珠美


  福島原発から250Ko離れた木更津や上総地域でも、放射能の影響は確実にでている。竹の子やシイタケなどの放射能が、100ベクレル以上の数値となり出荷停止となるなど直接被害が出ているのが現実だ。
 昨年7月以来、空中放射線量測定を市内170か所以上してきた。結果、木更津市内は場所によっては高いところがある事が分かった。特に公園や通学路など、子どもへの影響を心配しているお母さんたちと一緒に測る。
数字で見ることで対応が考えられ高線量のところは市役所と対応を協議し、自治会や行政と一緒に除染してもらうなど細かく対策をしてきた。
 その結果、今年4月から環境部の中に放射線対策室を設置し、窓口がー本化された。ホームページにも「高線量想定箇所」として報告され、長期にわたり観測し対応をしていくようだ。
 私たちが、約半年測定した結果を『わたしたちの3.11きさらづ白書』としてまとめた。150人以上の人が関心を持って見てくれた。関心の高さを改めて知ることとなった。今後も、行政だけに任せるのではなく、一緒により良い方向へして行くことが必要だと思う。



  漏洩を起こした管理型処分場・新井の現況  2012/07/14  佐々木悠二


 水を守る会の10年近くにわたる運動の成果で1995年、小櫃川流城の君津・木更津・袖ヶ浦の3市で相次いで水源保護条例が制定された、1999年に新井総合が水源地に管理型最終処分場の申請を出したが、水を守る会はじめ、君津市あげての反対で許可は下りなかった。明日からは堂本知事という2001年4月4日、沼田知事が退任の日に新井の許可にOKを出し、新井総合施設の君津市での営業が始まった。
 君津市怒田宇花立は、小櫃川支流の御腹川の水源地にあたる。御腹川は小櫃川に合流し、下流で4市の水道水として取水される。つまり、最終処分場の建設については多様な意見があったとしても、誰が見てもここだけはダメ、という場所に造ったのだ。4市35万人の水道水の水源地に管理型処分場はあり得ないのに、福島原発の事故で汚染された下水汚泥や焼却灰までが不法に持ち込まれ、政府は現実に合わせて法律の方を変えた。私たちは放射性物質の搬入停止を求めて署名を集めているが、今年1月に下部の観測井から塩化物イオンとヒ素が検出され、搬入は停止された。原因は@処分場内の水位が高くなり、遮水シートを伝わって堰堤の外にあふれ出た、A停電や泥の混入でポンプが機能しなかった、等とされている。2000mmを超える雨が降るこの地域では、処分場の雨水は処理しきれないと私たちは警告してきたのに。千葉県は、漏洩の原因究明と対策工事の完了するまで、一期107万mは搬入停止、二期93万mの開始もない、三期の新規申請は受け付けない、としている。自治体に溜まる一方の放射性物質汚染汚泥などの根本処理を進めないと、安易な水抜きの工事ぐらいで新井総合への搬入再開が政治的に決着されかねない。新井総合は、君津環境整備センターなどと名乗り、「見学」なら受け入れるが、市民の要請には一切応じないばかりか、質問に対する回答書も出さない。ここが大平興産との違いである。


↑小櫃川の水源地の山中に突然現れる新井総合処分場。現在右上方に同規模の二期が造られている。



    湊川上流の『大塚山処分場」 放射性廃棄物搬入と第三処分場拡張
                              2012-07-20 鈴木紀靖

 
遮水シートのない管理型処分場から塩化物イオンが地下へ漏洩している !
 2006年、富津市高溝にある管理型産廃処分場から高濃度の塩化物イオンが漏洩したため、千葉県は事業者に 原因究明と対策を求めて、2年間にわたって埋立て処分を停止Lた。千葉県の調査では、塩化物イオン濃度が1,900mg/l、電気伝導率は748ms/mに上昇したためである。漏洩は、放置すると広がるので、地元住民を地元小学校の体育館に集め説明をした。この処分場は、焼却灰や汚泥、建設廃材など200万立法メートルを埋め立てた管理型処分場であるが、遮水シートがなく不透水性の岩盤を利用して作られた。漏洩の原因は、KD38層の透水係数が「10ー4cm/sec〜10ー3cm/sec」であり,省令の定める不透水性岩盤ではなかったことがわかった。県は、建設前に「11カ所のポーリング調査を指示し不透水岩盤であると判断した」が透水性の高い地層があったことから県も責任を認めている。環境省に「不透水性岩盤を利用した管理型処分場の建設について省令の見直し」を要請したがその後も見直しは行われていない。漏洩対策として事業者は、下流域に48本の揚水井戸を設置して汚染水をくみ上げる対策をとってきたが、対策は試行錯誤の状態が続いている。この処分場は、地下水汚染だけでなく、処分場排水口からの「ホウ素」が環境基準を超えており、塩化物イオンも5000r/lを超える濃度で放流されている。上流にアユが遡上しな<なり、放流口下流の水生生物は激減した。稲作、井戸、漁業などへの影響を心配する人は多い。
2008年12月、第二処分場が満杯になったため、干葉県は第二処分場の上部に第三処分場の設置を許可した。第一、第二;の漏洩原因究明と対策の改善が先決であるのに、それが末解明のまま事前の環境アセスもなく第二処分場の上部に第三処分場32万mを許可した。

第三処分場に放射性廃棄物を搬入
 3.11原発事故後、大;塚山処分場への搬入放射性廃棄物は、3月〜4月時点は放射能の計測が無くデータ不明。
2011.9.12 富津市は大平興産から放射性廃棄物の搬入について次のように報告を受けている。「5月船橋市から下水汚泥セシュウム1,534bq,」「5月24日印旛沼下水汚泥セシュウム5,550bq、」「6月10日野田市花輪浄水場セシュウム3,330bq」「空間線量は6月14日15カ所測定し、地上0.5mのところで高いところが0.7μsv、1mのところで高いところが0.20μsv測定された」「事業者は7000bqを自主基準として搬入している」など。
2011.10 事業者は「セシュ-ム焼却灰・汚泥の搬入量は2万トン」「第3処分場はあと10万トンで満杯80万m拡張を県に相談している」と発言。
20111118 事業者は、処分場現場で天羽地区59自治会などに説明会を行った。100名を超える参加者からは、「搬入に反対する表明」や「8000ベクレルを超えた場合どうするか」「漁業被害が出た場合の補償」や「ゼオライトによる処理」などについて質問が相次いだ。再度説明会を開くとしたが、その後は開かれていない。
2012.0529 富津市長は、受け入れについて「業者に増量しないよう要請してている」、「事業者は、特措法により煤塵1200トンを入れる施設を第三処分場の中に設置した」と発言した。「放射性物質から生命を守る市民の会」の水源地最終処分場への搬入中止を求める知事宛要請署名は、天羽地域では、4,300筆が提出されている。(2012.02.17)

第二処分の漏洩追加対策は第三処分場拡張のためでは?
2011,10.25 県産業産廃棄物課は、第三処分場の拡張について「事業者から許可申請はあるが、受理していない。第二処分場の漏洩があり指導が続いている。拡張申請に当たって、漏洩対策が続いていることは無視できない」と回答した。
2012.05.30県産業廃棄物課は、漏洩の追加対策として直接止めるために、「漏洩地層に炭酸カルシュウムで目詰まりを造る」「処分場に矢板を打ち込む」ことを検討していると回答した。、
201207.10・11 事業者は、「大塚山漏洩追加対策」についての峰上地区で説明会を開催した。


    千葉県産業廃棄物指導課が住民説明会用に作成したもの

  「県外残土禁止」残土条例を広げよう!
                           君津市議会議員 須永和良


環境保全に向け、「県外残土を禁止する」とした先進的な君津市残土条例が可決され、一段落したようにも思えました。現在は環境保全課が作成した「施行規則」の素案が総務部の例規担当職員に提出されています。今後、県の残土条例の適用除外申請を提出、8月に施行規則を例規審査委員会にかけ決裁をもらい、10月1日交付予定、1月1日施行予定です。
現在、駆け込み申請とも思われる申請は3件、この許可が下りてから最長4年は現行の県条例での事業運営となりま
すが、5年目からは君津市残土条例での事業運営となります。
 しかしながら、先の議会において業者側が「憲法違反」を主張する文書を議員あてに送りつけてきたように、裁判となる可能性も残されています。
 裁判係争中も君津市残土条例が止まる事はなく、「県外残土の禁止」が無くなる事はありませんが、まだまだ予断を許さない状況が続きます。
裁判となれば君津市は孤独な戦いをしいられます。近隣市を迂回して君津に運ぶことを防ぐため、且つ裁判を闘うために最も有効なのは、木更津市や富津市、館山市や鋸南町など県内各地にこの「県外残土の禁止」を広める事が重要です。
 地下水に市境はなく、環境保全は広域的な取り組みです。他市町村への「請願書提出」なども含め、小櫃川の水を守る会として行動を起こしていく必要があると思います。

top page
menu page