top page
menu page

おびつ川通信57号   2012-12-01


                           小櫃川の水を守る会 代表:山田周治   090-1054-0141

[目次]
1 トピックス:11.11原発ゼロへ百万人大行動実行情報!  
2 ディスポ一サル安定型産廃処分場の不許可処分決定!  鈴木義衛
3 富津の海岸を放射能のゴミ捨て場にしていいのか? 松原かずえ
4〜5 国はどうするのか指定廃棄物最終処分場 山田周治
6〜7 欠陥「大塚山産廃処分場」をなぜ延命させるのか? 鈴木紀靖
8 大平興産産廃処分場排水口の水質調査結果 酒井薫



原発で発生した危険な放射性廃棄物はどうするのでしょうか?
地震国で何万年、何十万年も無事に保管可能なのか?学術会議も不可能と判断した!
それでも推進という人は、無責任の極みというほかない…!

  11.11原発ゼロヘ!
   雨の中、国会包囲集会が行われた!

13:00〜   国会&霞ヶ関周辺パレード(予定)
      …・残念ながら日比谷公園が借りられずに中止となった。
13時半   公園は閑散。なぜ使用禁止したのか疑問?
15:00〜19:00 国会周辺で抗議集会
      …東電本社前、財務省前、経産省前、文科省前、首相官邸前、
      国会前などあちこちで抗議集会!冷たい雨が降り出す!
17:00〜19:00 国会正門前大集会
      …雨にも負けず人波が続く 道路は警官が通ぜんぼ!
      暗闇の空にはヘリが飛んでいた !
      

 (株)ディスポーサル・プラント安定型産廃処分場の
             許可申請に対する処分について       木更津市富来田地区振興対策協議会 鈴木義衛

 千葉県知事は、平成22年4月2日付け設置申請のあった標記について、平成24年11月16日付けで不許可処分をいたしました。
この結果は、地元の住民・関係団体、木更津市、議員の皆様の反対運動のみならず、千葉県当局のご理解や君津市、袖ヶ浦市、富津市の総意の賜であります。

1、経過
 地元住民は、平成17年以降3回の業者の住民説明会を受けましたが、安定型処分場は、素掘りの穴にしゃ水工も処理施設も設置しない構造であること。安定5品目とそれ以外の物質の分別が充分にはいかないこと。などから有害物質の混入・流失のおそれがあり、これを認めれば水道水源の汚染による健康被害をはじめ農業、漁業、観光への悪影響を及ぼすおそれがあるとして反対してきました。ところが、事業者は、事前協議・調整が出来ていないにも拘らず、突然説明会を終了したとして申請書の提出に至ったものであります。

2、主な反対活動
(1)申請書縦覧に係る設置反対意見書の提出
(2)木更津市議会から県あて処分場の建設を許可しないよう意見書提出を求める請願書の提出
(3)処分場建設反対署名の実施
(4)反対署名簿及ぴ要望書の提出:知事及び面長あて
(5)君津4市議会議長及ぴ関係議員による知事あて処分場建設反対要望

3、不許可の理由(千葉県廃棄物指導課の文書を引用)
(1)申請地は砂・泥層が複雑に互層状をなした水平な地層のため、地下水は流動方向が定まらず四方に浸透する。したがって、計画で示された観測井戸では地下水質への影響を判断するための適切なモニタリングが困難であり、汚染された浸透水が処分場外へ流失した場合は、その発見が遅れ、広範囲に環境汚染が拡大するおそれがあること。
(2)当該申請地の周辺は、森林法に規定する水源涵養保安林及び木更津市小櫃川流域にかかる水道水源の水質の保全に関する条例における水道水源保護地域に指定されており、汚染された浸透水が処分場外へ流失した場合には、飲料水をはじめ農業用水などへの影響が懸念され、その回復は極めて困難となることが想定されること。

(参考) 申請の概要
1 施設の概要
@計画地 木更津市真里谷  B埋立面積  19,425u
A処分場面積 29,316u    C埋立容量 367,774u

富津市の海岸を放射能のゴミ捨て場にしていいのか?
             富津市会議員 松原かずえ


 放射能汚染ゴミの埋立て計画は、千葉県まちづくり公社が、2012年10月30日富津市環境審議会、11月11日議員全員協議会で説明し明らかになりました。 寝耳に水の急な説明で市民や漁業者は、とまどいや不安、疑間の声をあげています。
 千葉県まちづくり公社の処分場は、富津市新富の海に隣接する埋立地にあります。千葉県がつくり、千葉県まちづくり公社が管理している管理型最終処分場です。
しかし管理型だというのに、底面が不透水層だとして遮水シートを敷いていない処分場だということもわかっています。漏洩して対策に追われる大平興産と同じです。
計画では、1kgあたり8,000ベクレル以下の煤塵と燃え殻を埋立てます。
すでに大量の産業廃案物が;埋められています。さらに陸地となったその上に約13,600トンもの放射能汚染ゴミを埋める予定です。新日鉄と中小業者が出した産業廃棄物を県内の中間処理場(船橋市、白井市、市原市、袖ヶ浦市、君津市、芝山町など)で焼却した放射能ゴミです。その他ダイオキシン等も含まれています。
千葉県まちづくり公社は、10月30日環境審議会、1日富津地区区長、2日漁業組合、7日市議会に説明しました。その中で出された意見のまとめを富津市から受けて、実施するかどうか判断する計画だといいます。
出たいくつかの意見に公社常務理事がどう答えたかを、次に紹介します。
@津波に対する対応は?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…想定していない
A液状化対策は?・…・・・・・…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・調査中
B放射性物質が海に出たときの対応策は?・・・・…・・・・・・・・・・・・・・・・追跡調査する
C放射性物質が漏れたら掘り返して対応するのか?・・・・・・・・・・・・・・・答えなし
D3.11以後水産資源が減ってしまった。
放射性物質の埋立てによって、ノリが売れなくなったらどうするのか?・・・・答えなし
E富津市が「埋立ノー」の返事をしたらどうするのか?・・・・・・・・・・・・・・・その時点で検討
 以上のように状況は推移していますが、市民の納得できる答弁はありませんでした。
それでも公社は、強行するのでしょうか。そんな理不尽なことは許されません。放射性物質の埋立てストップを千葉県や富津市に求めていきましょう。
 千葉県まちづくり公社 管理型処分場


国はどうするのか 指定廃棄物最終処分場
             山田周治


 8000ベクレル/sを超える放射性物質を含む「指定廃棄物」は環境省令で、廃棄物の発生している各県内で、国が処理することに規定されました。
環境省は規定に基づき、指定廃棄物の溜まっている各県の国有地に最終処分場を設置し、埋め立て処理を行うことにして、今月3月、工程表を公表したわけです。
 選定プロセスを水面下で進めた環境省は、9月3日、まず栃木県で、突然矢板市を指定。これに対し、矢板市と住民は猛反発、全面拒否。
 続いて27日、環境省は同じ方法で、茨城県高萩高市に同市上君田を選定したと伝達。高萩市は、市長、市議会、住民すべて断固反対を述べて、国との対決姿勢を明らかにしました。
 その結果、その後の宮城、千葉、群馬、での用地選定について、横光環境副大臣は27日、「当初目標の9月中に行うことは難しい」と発表しました。
 この件に関し東京新聞(9月28日)は次のような報道をしています。<千葉県知事は「県も協力している。国は14年度までと言っている。しっかりやって貰いたい」と強調。また県は選定が難航しているのは、(1)県内に国有林が比較的少ない(2)指定廃棄物が多く発生している柏市など県北西部が市街地で処分場に適さない、と説明している。」
 千葉県は他県に比べて国有は大変少なく、その少ない国有林の中で、まとまった広さがあるのは、君津四市を中心とする中南部だけです。しかもその大部分は、国定公園、県立自然公園や水源涵養保安林に指定されていて、特別な指定のない国有林は鬼泪山国有林などごく僅かです。狙われる危険性はじつに大きいと言っていいでしょう。環境省は最終処分場のイメージを青森県六カ所村の低レベル放射性廃棄物処分場を参考にしたとして、下記のような「遮断型」の構造を考えていると発表しています。しかし、覆土だけでは雨の浸透は防げるわけではなく「コンクリートは、時間が経てばひび割れる。放射性セシュウムは水に溶けやすく、完全に外部と遮断するのは難しい(畑明郎・元大阪市立大学教授)」と指摘されている危険性を、避けることはできません。君津4市の国有林は、すべてかけがえのない水源地です。万一このようなことが起これば、私たちの命は間違いなく危険にされされます。
県内の指定済廃棄物は8月末時点でゴミ焼却灰1220トン。ほかに指定対象の灰が3170トン溜まっているといいます。県は手賀沼終末処理場で一時保管施設の建設を進めていますが、柏、松戸、流山、我孫子、印画の5市は、この一'時保管が恒久化されることを懸念し、11月10日、処分場候補地の早急な選定を国に求めました。
もし選定されたら、我が自治体は、私達住民は、矢板や高萩のように、きっぱり「ノー」といわなければなりません。

       


 千葉県知事へ 
  「大塚山産廃処分場」に関する要請と質問
                天羽の水を守る会 鈴木紀靖

 私達は長年にわたり、湊川上流の大平興産(株)大塚山産業廃棄物処分場がもたらす環境悪化問題に対して、地域を守る運動を進めて参りました。
 ご承知の通り、千葉県は2006年8月、上記第二処分場観測井戸から高濃度の塩化物イオンが漏洩し広がる危険から、原因究明と対策を求め、2年間搬入を停止しました。
 第二処分場は不透水性岩盤を利用した、遮水シートを敷かない処分場です。漏洩の原因は、その不透水性岩盤の一部に露出していた透水性の高い地層を通じて、保有水が漏れたことにあると判明し、千葉県は、省令の定める不透水性岩盤ではなかったことを認めました。
 燃えがら・汚泥など120万トンの廃棄物が埋め立てられ、同処分場の保有水漏洩対策については、暫定的な対策として揚水対策が始められ、現在も続いています。
 昨年3月11日、東京電力福島原発事故は、各方面に深刻な影響をもたらしました。大塚山第三処分場にも、地元住民になんの事前説明も無く、8000ベクレル/Kgまでの放射性物質を含む下水汚泥・焼却灰が、市原・野田・佐倉・千葉市などから大量に搬入されています。
 管理型産廃処分場は、放射性廃棄物を長期間にわたって管理できる施設ではなく、また処理能力もありません。放射性廃棄物の管理型処分場搬入の中止を求める署名は天羽地域で4,300筆、近隣4市で32,500筆、千葉県知事に提出されています。
 第三処分場許可容積は、30万m3で、埋め立て容量は残り少なくなりました。事業者は昨年、第二処分場の上に80万m3の拡張を行う申請をしたが受理されなかったとのこと。県産業廃棄物課は「第二処分場の漏洩対策が続いていることは無視できない」との認識を示しました。一方、事業者は、今年9月から「仕切り壁設置」「火山灰層への遮水シート敷設」「目詰まり」の3つの「追加対策」を計画し、工事を開始しました。
 しかし、この追加対策について、地質学の専門家は、下記のような点を指摘をしています。
●「遮水壁の設置」は、廃棄物層を貫通して基底の泥岩層の中に数メートル以上打ち込まなければ効果は出ないが、矢板先端部の衝撃によって基盤岩に亀裂が生ずることは避けられず、この亀裂が新しい水みちとなって汚染水が漏れ出すおそれが大きい。
●「遮水シート敷設」は、局部的に遮水シートを貼っても、その後の作業に伴うズレ・歪みの発生は避けられず、安定した遮水性の確保にはつながらない。シートを貼るならば廃棄物を移動させながら全面張り込みをしなくては意味がない。
●「目詰まり」は、遮水性の確実な向上を目指すのであれば、セメントミルクを圧入する、本格的なグラウテイングの施工に踏み切るべきである。
このことから私たちは追加工事によって漏洩が止まるという確証が持てません。
漏洩が続く第二処分場の上に第三処分場を拡張し、大量の放射性廃棄物を搬入することは、将来長期にわたり空気や水を汚染する危険があり、湊川周辺の農業・漁業・市民生活の安心安全を損なうものです。

 私達は許可権者である千葉県知事に下記のような要請と質問事項を提出し協議中です。
「大塚山処分場」に関する要望事項
1.「漏洩追加対策工事について専門家の指摘する3点について県の対応を求めています。
2.大塚山処分場への「放射性廃棄物」の搬入停止を求めています。
3.大塚山第三処分場の拡張」を受理しないことを求めています。

「大塚山処分場」に関する質問事項
1.第二処分場建設前のボーリング調査において漏洩箇所(Kd38層)を見逃していなければ、漏洩事故は防げた、  第二処分場の事前協議文書を公開し説明求めています。
2.第二処分場の漏洩対策として行われた「揚水対策」の効果をどうに評価しているか。
  @第二処分場から漏洩して揚水した保有水は年間どれくらいか
  A第二処分場から漏洩して揚水されなかった水量はどれくらいか
3.追加対策工事について@仕切り壁を作る目的、A仕切り壁の3本の揚水井戸の目的、B仕切り壁の2本のモニ  タリング井戸の目的、C追加対策工事に対する専門家意見への回答。 D追加対策の工期終了後の検証計画  の内容。
4.処分場保全のため「地下水汚染や公有水面の汚染」についてどういう措置がとられているか。
@水処理施設からの公有水面への年間放流水量。A処分場区域外の地下水汚染調査。
B水性生物が住めない、稲作に影響する放流水の水質改善の対策。
5.第一処分場(70万m)からの漏洩調査結果の公表を求めています。    以上

    大平興産産廃処分場排水の水質調査結果  
          小櫃川の水を守る会  酒井薫       

調査者:小櫃川の水を守る会 (酒井薫他8名)
調査日::2012年10月25日(木)::天気薄曇り(前日は晴れ、前々日は雨)
 場所  時刻   気温
(°C) 
 水温
(°C) 
 PH   伝導度
(μs/cm) 
 NO
(ppm)
  NH
(ppm)
 COD 
(ppm)
 合流点
 地獄沢側
11時
10分 
 16.0  14.2 7.96  200 0.02以下  0.2以下  6.0 
 合流点
 排水口側
11時
29分 
 15.0  20.0  8.07  17,810  0.15  0.2  20
(注1)調査場所は、上記2箇所を含めて5箇所で行いましたが、排水口すぐ下の合流点での2ポイントの数値だけで比較検討しやすいようにしました。
(注2)調査器具
@東亜DKk(株)ポータブル電気伝導率・PH計::WM-32EP型
A(株)共立理化学研究所パックテスト:N02(亜碩酸態窒素)、NH(アンモニウム態窒素)、
  COD(化学的酸棄要求量:低と高)
(注3)水温は、高いと微生物やプランクトンが増え、溶存酸素量が減少し汚れる原因となります。
PHは、酸性とアルカリ性を示す。値7が中性で、酸性雨は5.6以下です。
伝導率は、電気の通りやすさを示します。金属類が増えれば伝導率は大きくなり、水俣病のように脳神経や関節障害原因等の重金属物質含有の可能性が高まります。
N02は、生活排水流入や動物の死骸などの汚染によって値は大きくなります。
NHは、糞尿等の流入で富栄養化に関係するタンパク態物質量が多くなることを示します。
CODは、有機物の酸化に要する酸素量を示すので、値が大きいほど有機物が多く含まれています。

地獄沢側の水は処分場排水が入らない自然水です。それに対して排水口側の水は、処分場からでた排出水そのものといえます。排水口側の水は、水温、伝導度、NO、NH, CODすべてで大きい値となっています。水温は気温より5℃も高くなり、CODは3〜4倍に、NH4は少なくとも数倍に、N02は10倍以上に、伝導度に至ってはなんと90倍の高さで異常です。従って排水の水質を見る限り、正常な水処理施設が機能しないくらい搬入産廃の汚染度がひどいのではないかと疑わざるを得ない。更に地下水漏洩も続いているので、井戸水を飲料し、河川水を農業に使えば、今後予期せぬ影響が出てくるのではないかと疑われます。

top page
menu page