top page
menu page

おびつ川通信 60号    2013-12-01


  小櫃川の水を守る会  代表: 関  巌  080−5741−0001


[目次]
1 トピックス ちょっといい話                                関   巌
2 放射性セシウムの危険は200年続く                          山田周治
3 新井総合施設(株)最終処分場第3期拡張反対陳情・請願
                         君津等5市議会での審議結果報告   竹井宗弘
4 手書きの大判図表が受けた?
         〜残土ネット全国集会、千葉県弁護士会シンポに参加して〜  佐々木悠二
5 大判図表はカラー版差込みにしたので、関連の参考写真
6〜7  大塚山処分場の漏洩対策の徹底と第三処分場の拡張に反対する   鈴木紀靖
8 「まちづくり公社」処分場の近くに高濃度汚染の土壌                 関   巌



           ちょっといい話 !    関    巌
  我が母校の木更津高校の同窓会報に、同窓の先輩である前代表の山田周治さ漕ことを書きました。内容は、小櫃川の水を守る会の代表として活動してこられたことです。それを読んだ高校時代同じクラブで1年先輩の東京在住の方から「同窓会熱を読んで地元でこんな問題があることを初めて知った。この活動は大変大事なので活動の資金にして下さい」と5,000円のカンパを送ってくれました。卒業以来一一度もあっていませんが、このように応援して下さる方がいると励みになります。


        放射性セシウムの危険は200年続く   山田周治

「8000ペクレル/s以下の放射能汚染廃棄物は管理型処分場へ」
ご存じの通り、2011年6.月国はこのように指令し、さらに8月特措法を施行。以来、大福山の管理型産廃処分場には放射性セシウム汚染汚泥が、大塚山の処分場には放射性セシウム汚染汚泥と焼却灰が、毎日フレコンバッグで搬入され、埋め立てられていて、埋め立てられたセシウムの総量は大塚山が1000億ベクレル(2013年8月発表)、大福山が130億ベクレル(2013年10月発表)に達しているとのことです。

放射性セシウム137の半減期は30年。200年間は危険です。
セシウム137の本質は水溶性。200年の間に、しみ込んだ雨水に溶け出して上総堀の地下水を汚染しないという保証はありません。また、もし大地震や豪雨テで土砂崩れが起これば、水道水源の川が汚染される危険に曝されます。

放射性セシウムが体内に入ると、恐ろしい内部棚曝が髭生します。
水に溶け込んだセシウムは、体内に入ると、全身の筋肉や臓器に蓄積して、細胞を被爆させます。内部被曝の場合体内の至近距離から臓器が放射線を直接受けるので、たとえ放射線の量が低くても、被爆を避けることができず、ダメージも大きいのです。
 放射性セシウムは、君津地域の山々にもたくさん降りかかりました。それが雨によって川に流れ込み、あるいは地下に浸透していく。加えて、処分場に埋め立てられた大量の汚染汚泥などから染み出て、地下水や川に溶け込む。私達住民は、粘り強く注目し続け、語り伝えなければなりません。


     新井総合施設轄ナ終処分場第3期拡張反対陳情・請願
                    君津等5市議会での審議結果報告

                                ちば水源愛護会  竹井宗弘


小櫃川支流御腹川源流域(君津市怒田)に設置された新井総合施設鰍フ管理型最終処分場の第3期増設に反対する意見書を、千葉県知事宛に提出するよう、処分場の立地する君津市の他、近隣市の議会に陳情(富津市議会9月定例会には請願)を提出したところ、以下の通りの結果となりました。君津・木更津・富津で採択、袖ケ浦で不採択、市原で継続審議となっています。事業者は第3期増設にかかわる林地開発行為事前協議を取り下げておらず、これからが正念場です。今後ともご支援よろしくお願い申し上げます。
     
君津市  6月14日、文教民生常任委員会で 、審査、4-2で採択。
21日、本会議で賛成多数で採択。  
 
木更津市  6月18日、経済環境常任委員会で審査、3-3の可否同数となり委員長決済により不採択。 26日、本会議で動議があり、委員 会に再付託、継続審議となる。  9月10日、経済環境常任委員会で 審査、5-1の賛成多数で採択。27日、本会議で賛成多数で採択。
富津市  議場配布のみ。(他市住民からの陳情であるため) 小櫃川の水を守る会等の請願(紹介 議員は松原市議)に連名。9月13日、建設経済常任委員会で審査、全会一致で採択。
25日、本会議で全会一致で採択。
袖ケ浦市 6月19日、建設経済常任委員会で 審査、4-3の賛成少数で不採択。21日の本会議でも不採択。  小櫃川の水を守る会等の陳情に連名。6月定例会で不採択となった当会からの陳情と同趣旨であり、議会の申し合わせにより「見なし不採択」とされる。(一年間は同趣旨の請願・陳情を提出しても見なし不採択となる)' 
市原市  6月19日の各会派連絡会で審査、
継続審査となる。
9月9日の各会派連絡会で審査、継続審査となる



  残土ネット全国集会、千葉県弁護士会シンポに参加して   佐々木悠二

手書きの大判図表が結構うけた !?

 11月2日、上総アークの201会議室で午前、午後と久々に集会のはしごをした。午後の千葉県弁護士会シンポ「放射性物質汚染廃棄物の処理処分問題を考える」については、会場から10分程度発言してほしい旨の要請が2ヶ月前からあって、それなりに準備出来た。午前中に開かれた残土ネット全国集会でも地元千葉から報告してくれと依頼されたのは直前のこと。タイトルに沿って、午前の残土ネットでは小櫃川の水を守る会の結成から現在までの活動を紹介し、ごみ・残土問題をどう考えるかを話した。千葉県弁護士会では地域の放射性物質の処分を巡る現状を紹介し原発事故をどのように収束するべきか、考えを述べた。
 午前も午後もレポーターは全員がパワーポインントを使用した。ものすごい量の情報をすごいスピードで展開する。正直言って参加者の多くが内容を理解できていたとは言いがたい。また、会場からの発言も10分以内という制約から、どうしても早口になる。聞く方も必死だ。そういう中で、小櫃川の水を守る会が1年をかけて作成した大型パネルは案外と威力を発揮した。特に直前に完成させた君津4市の「ゴルフ場・山砂採取・残土埋め立て・産廃処分場jの地図は予想を上回る反響があり、「コピーをくれ」と何人からも言われた。
フレコンパックの現物と大型のパネルが意外と分かりやすいと言うことは、直前の八重原公民館の文化祭でも感じていた。殆ど休みなく見学者があり、何人もの人が質問してきた。そして共通して言うのは「こんな風になっているなんて、知らなかった。なんでもっと早く知らせないの?」とおしかり?まで受けた。だが折角のパネルも聞く人がいてこそである。木更津中央公民館の文化祭では、11月3日だけの展示で、しかも3階の奥の研修室という条件で残念なことに殆どお客が来なかった。とにかくみんなに情報が伝わっていない。何とかして伝える手段を考えなければ話にならない。是非ともパネルを活用して頂きたい。今回はA3縮小版を同
封したが、現物は全紙(同封のA3の8枚分)の大きさ。ゴルフ場以外は、佐々木が集めた文字資料を基にして、グーグルマップとにらめっこしながら位置と大きさを比定し、2週間かけて手描き、彩色したものだ。必要な方には現物を貸し出します。

残土・産廃・原発問題の本質
こうしている間にも8,000bq/kg超の汚染物質の千葉県内の最終処分場の「選定」が水面下で行われている。だが核物質の拡散はしてはならない。特に水溶性のセシウムを水源地に埋めるなど愚の骨頂だということを、多くの市民に知らせたい。
福島から避難している人に、もし帰れるなら早く計画を示すべきで、帰れないなら代わりの土地を用意すべきだろう。何もしないで避難した人々を生殺しにする阿倍政権の卑劣さは決して許せない。国民が必死に稼いだ冨を権力に連なる連中が私しする、ひずみは立場の弱い人々に押しつける。原発も産廃も残土も根っこは同じだ。私たちの水を穣すな、と言おうではないか。それでも放射性物質は安全だというなら、首相官邸前に持ち込んでもらおうではないか。


   大塚山処分場の漏洩対策の徽底と第三処分場の拡張に反対する
                                        2013.11.15 鈴木紀靖

湊川上流高溝地先に設置されている大平輿産(株)管理型最終処分場の埋立事業は、第一処分場が1986年(昭和61年)5万7千m3から70万m3に拡張され、第二処分場が1992年(平成4年)120万m3に増設され、第三処分場が2007年(平成19年)32万m3増設されました。そして、さらに今回、第三処分場の大規模な増設が行われようとしています。
2013年6月11日大平輿産(株)は大塚山第三処分場拡張申請をし、千葉県が受理していたことが判明しました。規模は埋め立て面積67,514m、埋め立て容積862,178m埋め立て期間平成26年7月31日〜平成38年7月31日(12年間)です。
事業者が許可申請した根拠は、追加対策工事で「鋼矢板等による仕切り壁設置は効果があった」と説明しましたが、県の「専門委員会の検証」は行われておらず事業者だけの判断です。追加対策の「遮水シート敷般」は終了しておらず「目詰まり工事」は着手もしていません。千葉県は「事前協議はしていない」、「検証は今後行う」、「許可するかどうかわからない」と言っています。「追加対策」によって本当に漏洩が止まるのか懸念があります。漏洩している処分場の上に、大規模な処分場の拡張によって強い負荷を第二処分場に掛けないか。私達は徹底的な検証も無いこの申請を許可しないよう要請してきました。

 富津市議会が全員一致で住民団体の陳情採択 !

2013年9月議会に、「大塚山の漏洩問題の解決を求める市民の会」等3団体は、「漏洩対策の徹底と、第三処分場の拡張に反対する」陳情を行い、千葉県知事宛意見書提出を求めて、「富津市長」に要請書、「富津市議会」に陳情書を提出しました。
富津市議会は、@「2006年から漏洩が続く第二処分場の漏洩は抑えられたと判断できる状況ではなく」、A「追加対策工事でも本当に止まるか懸念がある」B第二処分場の上に「86万トンの増設をすることは新たな負荷を掛ける懸念がある」ので「第三処分場の増設許可をしないよう要望する」とし、9月25日「漏洩対策の徹底と増設される第三処分場の拡張計画に反対する意見書』を全議員一致で採択し、同日付けで県知事に提出しました。
 富津市長は、千葉県知事からの照会に対し、市の環境審議会の答申を受け、「第一処分場、第二処分場の漏洩を早期に解決し、大塚山処分場全体の安全性を確保した上でなければ、容認することは難しい」と10月4日知事に回答しました。

 環境団体が大塚山処分場拡張に反対する理由

(1).2006年から漏洩が続いている処分場であること。
湊川上流の大平興産管理型処分場の第二処分場(200万m3)は、2006年に漏洩が発覚し現在も続いています。第二処分場は遮水シートの無い不透水性の岩盤を利用した処分場です。漏洩の原因は火山灰層(Kd38)を通じて保有水が漏れたとし、干葉県は省令の定める不透水性岩盤ではなかったことを認めました。漏洩対策については、暫定的対策として「揚水対策」が行われてきましたが、漏洩は7年間経過する現在も続いています。

(2).漏洩している処分場の上に設置する拡張申請は許可されなかった経緯があること。
2004年4月事業者は、大塚山第三処分場計画(95万m3)を第二処分場の上に乗せる計画とし
て申請しましたが、住民の反対があり、手葉県は、第二処分場の漏洩が続いているため下部に負荷がかからないようにするため計画を変更し第二処分場の上に載せないようセットバックして、規模も32万m3に縮小して、遮水シートを敷設して2007年12月許可しました。

(3).放射性廃棄物の埋立は多くの住民が反対していること。
2011年3月以後、福島原発事故に伴い第三処分場には放射性廃棄物の埋め立てが行われるようになりました。事業者は2013年8月、現在まで搬入された総放射線量は「lOOO億ベクレ
ル」と説明しましたが、11月になり「搬入総トン数は8万4千トン」と訂正しました。放射性廃棄物の処分場搬入の中止を求める署名は、天羽地域で4,300筆、近隣4市で、32,500筆が千葉県知事に提出されています。

(4).漏洩問題の解決のための「追加対策」はまだ終わっておらず検証もされていない。
2011年10月頃、事業者は埋め立て残容量が少なくなったことから第三処分場の拡張申請をしましたが県は「漏洩が続いていることは無視できない」として申請を受理しませんでした。
2012年9月から、事業者は、漏洩について新しく「追加対策」を開始しました。「追加対策工事」の内容は、@「仕切り壁設置jA「火山灰層kd38層への遮水シート敷設」B「目詰まり工事」
の3つとしています。2013年5月、私たちは千葉県に「追加対策」工事について地元説明会開催を求めましたが、千葉県は「追加対策は事業者が脱明すべきもの、県はそれを評価する立場にある。追加対策は、県が指示したものではない」として地元脱明会を開きませんでした。

(5).第三処分場の拡張申請に関する住民説明会では反対意見が続出
2013年8月26日及び8月27日、事業者の第三処分場増設説明会が富津市環境保全課職員参加の下に開かれました。2日間にわたる地元住民への説明会では、反対意見が100%であり、「漏洩対策が終了していない段階での申請には納得できない」「専門委員会の検証がされていない」「申請は取り下げるべきである」「豪雨等による崩落の危険と責任」「遮水シートの耐用年数などの危険」「第一処分場の漏洩はどうするのか』「現在の処理水では稲が育たない」「調整池の能力は最大雨量があるとオーバーフローする」「放射性廃棄物は他に移動してもらいたい」「説明会は天羽地域全体にするべき」などの強い反対意見や疑問が続出しました。地元住民から再度説明会の開催を求めましたが、事業者の回答はなく、参加した地元住民の納得は得られませんでした。

(6).2013年6月〜8月、稲の発育に異常発生
処分場放流口の下流の川の水をポンプアップして米を作っている住民の田圃の稲の生育に異常が見られました。田圃の土の表面が赤くなり、稲の根が付かず、実の入らない状態となり富津市の農林水産課、環境部保全課が調査しました。住民団体は2009年、大平輿産(株)処発場の放流ロから採水して稲籾の発芽と生育状況を観察したところその放流水が稲籾の生育に影響があることが判明しています。高濃度の放流水(塩化物イオン8,100mg/1など)が稲の生育に影響があるか、調査の徹底を求めています。(結局この田圃からの収穫はその年はありませんでした)

(7).2013年9月3日、第一処分場にも漏洩のあったことが判明しました。事業者は平成19年12月に千葉県から第一処分場の漏洩について「調査と対策」の勧告を受けました。調査は平成22年度完了、対策は平成23隼度完了を目標とすると定められていましたが千葉県は結果を公表してきませんでした。先般9月3日、平成20年8月末までの結果が判明しました。それによると透水性地層(kd38層}は「第二処分場と第一処分場の間に不連続性はなく」、各火山灰層において「塩化物イオンが検出された」と事業者が干葉県に中間報告していることが判明しました。
                 大塚山処分場の瀟洩の解決を求める市民の会(登坂幸子)
                                    天羽の水を守る会(安田貞夫)
                                  小櫃川の水を守る会(鈴木紀靖)


   「まちづくり公社」処分場の近くに高濃度汚染の土壌i

                                           関    巌
千葉県まちづくり公社の処分場は、新日鐵の小糸川を挟んだ南側富津市新富の海に面した埋立地にあります。千葉県が造り、千葉県まちづくり公社が管理している管理型最終処分場です。しかし、管理型だというのに底面が不透水層だとして、遮水シートを敷いていない処分場です。ここに一昨年秋より1kgあたり8,000ベクレル以下の煤塵と燃え殻、焼却汚泥などを埋め立てていました。
昨年秋、地元富津漁協や市議会がこのことを知り強い反対で、現在は煤塵と燃えがらは搬入していませんが、その他の放射性廃棄物は搬入されている可能性はあります。
私の知人から、この処分場の入り口の道路脇の土壌から高濃度の放射能が検出されたという情報を得ました。
   セシウム Cs-137 10,400Bq/Kg:    :セシウム Cs-134 4,480Bq/Kg::
   カリウム K-40    1,950Bq/Kg:
   測定日2013年9月29日: 測定機関 東林間測定室
この3種の合計で16,830Bq/Kgの高濃度の放射能です。
セシウム137の半減期は30年ですので、短期間では放射能は少なくなりません。
ここが汚染されている原因は、搬入時にトラックからこぼれ落ちたか、処分場内の放射性物質が外に飛び散ったかが考えられます。
まちづくり公社は、放射性廃棄物の搬入量や処分場からの放流水の水質検査のデータを市民に公表していません。公社は速やかに公表すべきです。
また富津市は早急に現地を調査する必要があるし、公社にデータの公表を求めるべきです。

  

top page
menu page