top page
menu page

おびつ川通信 61号    2014-04-01


           小櫃川の水を守る会  代表: 関  巌  080−5741−0001


[目次]
1:トピックス @再び危機迫る三番瀬
        A鬼泪山国有林砂利採取
        B新井総合処分場第3期拡張計画
        Cケージーエム産廃処分場

2指定廃棄物処分場(高濃度放射性廃棄物)のその後  金井珠美
3大塚山漏洩処分場の増設は認められない!        鈴木紀靖
4風光明媚な館山市坂田を残土処分場で汚すな     沖山静彦


トピックス@  再び危機迫る三番瀬
 東京湾奥部に残る唯一の自然干潟・浅瀬「三番瀬」に再び危機が迫つています。千葉県が人工干潟(人工砂浜)造成にのりだすからです。その目的は、第二東京湾岸道路を三番瀬に通すことです。人工干潟造成のさいにボックスカルバート方式で道路を埋め込むことにしています。造成用の土砂は君津の山砂が有力候補にあげられています。鬼泪山国有林をねらっていると推測されます。何としてでも食い止めたいと思います。「小櫃川の水を守る会」の皆さんのご支援をよろしくお願いします。(三番瀬を守る連絡会代表中山敏則)


トピックスA 鬼泪山国有林砂利採取の動き復活か?
 2010年に提出された砂利採取計画は、土石審議会での審議の結果、公共性がなく水道水源に影響するとの結論になり不許可となりました。事業者は小規模なら土石審に当らないとして復活を狙っています。


トピックスB 新井総合処分場第3期拡張申請はどうなっているか?
千葉県は申請を受け審査開始し2年経ったが、君津市は水道水源の原流域に汚染施設の拡張は認められないとして頑張っています。


トピックスC ついにケージーエム産廃処分場計画が"不許可となる!
3月26日千葉県はやっと不許可処分を出しました。1993年君津市に設置概要書を提出しから、21年目のうれしいニュースです!


   指定廃棄物処分場(高濃度放射性廃棄物)のその後     金井珠美

 今年1月10日に千葉県内の市町村長会議が開催された。それに先立ち、君津四市の担当者会議を開きこれまでの方針と同じことを確認されたという。
 木更津市は、これまで環境省へ意見書を4回だしている。更に1月9日提出した。
木更津市は「処分場の立地として、水道水源上流地域は配慮すべき事項」としているが、環境省は「安全な施設であり、丁寧に説明するので候補地から除外しない」としている。外3市も同様の意見書を提出していると聞いている。しかし、国の対応は同様なのだろう。
 国は今年中には決定したいとしているのに対して各市町村の反対が大きく、どのように県が折り合いをつけてくるのか今後の動向を注視していく必要がある。

 先日、女性週刊誌に掲載された、千葉県の処分場候補地とされる、市原市万田野(まんだの)の土砂採取場を県議と共に視察してきた。無残に削り取られた山肌はどこかの荒野を思わせる様相であり、あと数年で、砂の採取が終了するというこの現場の近くには、同様の採取場がいくつもある。しかし、半径500M以内には民家もあり、適地とは思えない場所だ。

処分場用地の、何を基準に選考しているのか全く見えてこない現在、私達にできることは、情報収集と、県内にある様々な団体と横の違絡を取り、カを合わせていくことだろう。
千葉県弁護士会の有志が立ち上げた「千葉県放射性廃棄物を考える住民連絡会」に各地域で活動している団体のみなさんと共に参加していくことで次の活動目標が見えるのではないだろうか。

「千葉県放射性廃棄物を考える住民連絡会」
 設立総会&記念集会
日 時:4月6日(日)13:30〜16:30
会 場:千葉県弁護士会館講堂
     千葉市中央区中央4丁目13−9



    大塚山処分場の増設は認められない !        鈴木紀靖

 最近の経過
:  2013年6月11日      漏洩処分場の上への増設申請を提出した。
  2013年8月26日27日   住民説明会では100%の住民が反対表明した。
  2013年9月富津市議会  定例議会で反対の意見書を全議員一致で採択した。
  2013年9月25日      市議会議長名で知事に反対意見書を提出した。(下記参照)
  2013年10月4日      富津市長は県の照会に対し「容認は難しい」と回答した。

 湊川上流域に立地する産業廃棄物処分場の漏洩対策の徹底と
       漏洩中の処分場の上に増設される拡張計画に反対する意見書

趣旨

富津市湊川上流域大塚山にある大平興産(株)の産業廃棄物処分場の第二処分場については漏洩「追加対策工事」が行われていますが、漏洩が抑えられたと判断できる状況ではありません。優先すべきは漏洩対策の徹底でありますので、その処分場の上に第三処分場の増設を許可しないよう要請します。
湊川の水は農業用水として利用されており、アユの放流も行われ、また河口では漁業・海苔の養殖などが行われ地元産業の貴重な水資源となっており、湊川は絶対的に保全しなければなりません。
漏洩している第二処分場は不透水性岩盤を利用した遮水シートを敷かない処分場です。   2006年8月高濃度の塩化物イオンが観測井戸から検出され、千葉県は搬入を停止させ、事業者に原因究明と対策の実施を求めました。原因は、「省令の定める不透水性岩盤でなかった」ことがわかりました。その後、現在までの6年間「揚水対策」を行いましたが漏洩は止まらず現在に至ります。
新たに始めた「追加対策」工事は「仕切り壁設置」「kd38層への遮水シート敷設」「下流部の目詰まり」の三つを行うとしています。しかしこの対策で本当に止まるのか懸念があります。また漏洩している第二処分場の上に86万トンの増設をすることは新たな負荷をかけるのではないか懸念されます。第三処分場の増設許可をしないよう要望します。
 湊川は、高宕山山系を水源地帯として、湊の市街を経て東京湾に注ぐ県内有数の意義ある川であります。湊川は、地域一帯の農業用水の水源であり、また「アユの放流をしている湊川漁業協同組合や河口付近の海苔の養殖を行っている漁民」にとってはまさに「命の川」であります。現在は停止をしておりますが、湊川は飲料水の水源でもあり、将来の再利用を考えますと公共用水として絶対的に維持管理していかなければなりません。
 また、本処分場の問題点等の対応につきましては、許可権者である千葉県で責任を持って処理されますよう併せて要望します。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
       平成25年9月25日                   富津市議会議長 平野明彦



   風光明媚な館山市坂田を残土処分場で汚すな !
     2014年3月24日     館山の海と山の自然を守る会事務局  沖山静彦

館山・坂田残土裁判(特定事粟許可取消請求事件)は、2月14日千葉地裁に、原告及び被告(千葉県)と訴訟参加人(服部回漕店)それぞれから最終準備書面が提出されて結審しました。4月18日に判決が下る予定です。
 裁判におけるそれぞれの主な主張と今後について概要を述べます。

 原告らは第一に、千葉県残土条例(以下、条例という)'の許可基準に違反して本件処分をした結果、原告らを含む本件処分場周辺の多くの住民は、生活権(生命、健康、財産等)を侵害される危険に晒されることとなった。と主張しています。その根拠は、残土処分場によって、土砂崩壊による災害や事故が発止する危険性が高いことは全国の事例のみならず現地を調査された地質学者・上砂正一氏の報告書でも指摘されているからです。
 これに対して、被告や訴訟参加人は、上砂報告書を「憶測の域を出ないもの」としています。しかし、後述するように被告らは構造基準の精査などしていません。
原告らは第二に、本件許可処分は、千葉県残土条例違反であると主張しています。
まず、土砂発生場所について、被告は常習的に虚偽記載をしていました。これは土砂発生場所の特定が求められている条例に違反していると主張しました。そして、被告は条例の「特定事業の施行に関し不正または不誠実な行為をする恐れがあると認めるに足りる相当の理由がある者」に当たると主張しました。
 これに対して、被告(千葉県)は、違法性については、「搬入計画における特定事業に使用される土砂等の発生場所が特定されていること」につき、同規定は許可時点における埋め立て事業の具体性を確認するため定められた規定にすぎず、許可後に土砂等の発生場所が変更になることを制限するものではないから違法ではないと主張しています。また、訴訟参加人(服部回送店)は、残土条例の不許可基準である「特定事業場の施行に関し不正または不誠実な行為をする恐れがあると認めるに足る相当な理由がある者」に当たらない事由は、「許可申請時点から許可時点までの間に搬入計画を確定することはできないから「おおよそ」のものでいいはずである」と主張しました。
 原告らは第三に、構造基準(条例第12条第1項6号)「特定事業が完了した場合において、当該特定事業に使用された土砂等のたい積の構造が、特定事業区域以外の地域への当該
土砂等の崩落、飛散、または流出による災害の発生の恐れがないものとして規則で定める構造上の基準に適合するものであること」にも違反する。と主張しました。それは、土砂の崩落又は流出による災害発生の恐れがあるのに精査していないからです。従って被告は、本件事業申請に対する許可・不許可を判断するに当たり、本件残土処分場が置かれている具体的場所における地質や地滑り状況を充分把握した上で、土砂の崩落や流出による災害発生の恐れに対する適切な措置が講じられているか、(構造基準)について精査し、その上で最終的な判断を行わなければならないのに、実際は精査していないのです。
 これに対して、被告(千葉県)は、「構造基準に適合しない違法については、森林法による審査を経ている」。また、「報告書(上砂正一氏の報告書)は、憶測の域を出ず、森林法に基づく審査結果を覆すことはできない」と主張しました。
3.月1日に原告団は、弁護団と上砂先生を招き地元で報告会を開き67人集まりました。今後、判決によっては、東京高裁への控訴をどうするかなどの検討をし、原告団と弁護団での協議を経て対応することになります。裁判は一過性のものでありますが、貴重な自然環境及び市民の安心安全な生活をまもるために、したたかにがんばっていきたいと思っています。
  

top page
menu page