top page
menu page

おびつ川通信 62号    2014-08-01


       小櫃川の水を守る会  代表: 関  巌  080−5741−0001

[目 次]
 1 表紙:トピックス《鋸南町採石場汚染土埋立に怒りの県庁デモ  (中山氏提供写真)
 2 第28回総会によせて !                             関   巌
 3 君津廃棄物最終処分場建設計画中止に追い込むまで! !       佐野今朝雄
 4〜5 県が漏洩大塚山最終処分場の第三期拡大申請を許可 !     鈴木紀靖
 6 鋸南町「汚染土壌埋立処理施設」設置に断固反対 !          金木健治
 7 世界最大の原状回復事業を勝ちとった豊島住民              中山敏則
 8 江戸時代の小櫃川・木更津湊・江戸を結ぶ水運 !(その1)       筑紫敏夫

トビックス: 千葉県は鋸南町採石場の汚染土壌埋め立計画を許可するな !

6月11日県庁前にバス5台で300人が集結し許可するなとデモ!(写真提供中山氏)

小櫃川の水を守る会第28回総会&講演会
 日時: 8月24日(日)    会場: 木更津市市立中央公民館(3階会議室)
 第28回総会  13時30分〜14時00分
 講     演  14時00分〜15時00分
           小林博三津 氏 (広域近隣住民連合会事務局)
                  「放射性廃棄物等撤去請求事件・手賀沼処理場」
 各地の報告及び質疑  15時00分〜16時15分
                                                    一1一

   総会に寄せて                         会長 関  巌
小櫃川の水を守る会ができて今年の8月で丸26年が経ちます。このような住民運動が四半世紀も続くのは希有のことです。
 この間各市に水道水源保護条例の制定、残土条例の制定などに中心的な役割を果たしてきました。また、残土処分場や会の発足のきっかけとなった廃棄物処分場の建設反対や問題点を明らかにしてきました。
  この地域には全国で屈指の規模の管理型処分場がいくつもあります。小櫃川上流にある新井総合、湊川上流にある大平興産、この2つの処分場は共に汚染水の漏洩事故を起こし未だに解決していません。それにもかかわらず両者とも処分場の拡張を行い、千葉県知事はあいついで処分場の拡張の営業許可を認めました。このような欠陥事業者に知事が営業許可を出すことに全く納得できません。千葉県知事は住民の健康や安全よりも業者の側に立っていると言っても過言ではないでしょう。
 
 また3年前の福島原発事故で出された8000Bq/kg以下の放射性廃棄物もこの2つの処分場に今も大量に運び込まれています。さらに、8000Bq/kg以上の高濃度に汚染された放射性廃棄物の処分場を各県に1箇所ずつ作るという環境省の方針で、千葉県内にもその候補地が近々発表されようとしています。もしかしたら私たちの地域が候補地になる可能性もあります。私たちはこの放射性廃棄物の処理はそれを出した東電とその政策を進めてきた政府に全責任があると考えています。しかし、東電は拡散した放射性物質は無主物(持ち主がいないこと)と主張して責任を持って処理しようとは全くしていません。私たちが出したのではないこのゴミをなぜ私たちのところで引き受けなければならないのか、その理由が100%わかりません。どこかで引き受けなければいけないので自分の所さえ来なければいい、というのはエゴ(自分勝手)であると言う人がいますが一番のエゴは東京電力ではないでしょうか。

 総会ではここに書いたようないくつかの間題を皆さんと共に考えていく場にしたいと思っています。ぜひ総会に参加し意見を述べて下さい。
                                                    一2一

   君津廃棄物最終処分場建設阻止のたたかい     佐野今朝雄
 私たち(八重原地区自治会連絡協議会と水と緑を守り住み良い環境をつくる会)は、(株)ケー・ジー・エムの(仮称) 君津廃棄物最終処分場建設計画に反対し、十数年の聞(1997〜2014年)たたかってきました。
 (株)ケー・ジー・エムは、1994(平成6)年、君津市北子安上滝沢地先に、およそ84万立方メートル規模の埋立て容量の廃棄物最終処分場を計画しました。そこは、君津市八重原団地と木更津市八幡台・大久保団地に挟まれた1キロメートル以内に近接した谷間で、処分場設置には多くの問題がある場所でした。
 君津市は、事前協議の段階で事業者に地元4自治会に計画の承認を得るよう指示していました。そこで、1997(平成9)年6月、八重原地区自治会連絡協議会(40自治会加盟)はこの問題に注目し、処分場を設置しないよう求める要請書を君津市長へ提出し、更に加盟40自治会長が署名した要請書を千葉県知事宛に提出しました。そして、八重原地区自治会の会員4,800余世帯14,000余名の署名を集め、直ちに千葉県知事に提出しました。
 千葉県環境部は、君津市に対し「処分場計画に関する従前の見解の変更について」の意見書の提出を指示しました。君津市は、処分場設置計画が不適当である旨の意見書を千葉県に提出しました。
 1998(平成10)年6月に、計画地に隣接する木更津市八幡台自治会と上烏田区会が、計画中止を求める要請書を4,940名の署名を添えて千葉県に提出しました。更に8月には、木更津市大久保団地自治会連合会も、3,528名の署名を添えて計画中止を求める要請書を千葉県に提出しました。
 1999(平成11)年3月、木更津市長も県知事に処分場設置反対の要請をしました。
このような状況の中で、署名運動等を担った木更津市八幡台を中心とする住民が、『水と緑を守り住み良い環境をつくる会」を発足させ、木更津市長に知事宛不許可具申を要請するなどの運動を着実に進めました。
 1999(平成11)年6月、八重原地区自治会連絡協議会役員及び木更津市八幡台・大久保団地・上烏田の会長、区長が連携して君津市長に要請書を提出し、とくに処分場が区画整理事業計画区域に隣接して設置されることの危惧を説明し、処分場の設置許可をしないよう千葉県知事への意見具申を要請しました。
 その後は、引き続き毎年千葉県知事宛設置不許可の要請活動を行うとともに、(株)ケー・ジー・エムが搬入路を巡る裁判で敗訴し、計画していた搬入路の使用が不可能になった後も、搬入路の取得に対する阻止運動(学校法人千葉国際への協力依頼や木更津市林道条例の制定などを含め)を行うなど、粘り強く処分場設置反対の活動を続けてきました。
 こうした活動が実り、今年2014(平成26)年3月、ようやく千葉県は、(株)ケー・ジー・エムが処分場設置許可申請をしていた案件に対し、不許可処分の決定を行いました。
これで処分場の造成は不可能になりました。
 今後不許可処分に対し、(株)ケー・ジー・エムがどのような態度(行政訴訟?)に出るのかを見極める必要があります。そして(株)ケー・ジー・エムが、処分場建設計画を完全に断念するまで監視していかなければと思っています。
                                                   一3一

  漏洩大塚山最終処分場の第三処分場(3-3)拡大申請を許可 !
                    漏洩問題の解決を求める市民の会   鈴木紀靖


  地元住民、富津市議会、富津市長は、第三処分場の増設反対の決議や意見書などを県知事宛に提出してきましたが、2014年3月27日、県知事は地元自治体等の意見を無視して漏洩している管理型処分場の許可をしました。
  第三拡大処分場:所在地: 富津市高溝字左沢395番地
 事業場面積 584,924m2 埋立面積 166,516m2 総埋立容量 2,973,608m3(県内最大)
 (容量内訳 第一処分場707,5S7m3 第二処分場1,074,645m3 第三処分場329,198m3 第三処分場新増設分862,178m3
 処理する廃棄物の種類
  (ア)燃え殻 (イ)汚泥(ウ)廃プラスチック (エ)紙くず(オ)木くず (カ)繊維くず (キ)動植物性残渣 (ク)ゴムくず (ケ)金属くず (コ)ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず(サ)鉱さい (シ)ガレキ類(ス)ばいじん(セ)処分するために処理したもの(施行令第2条第13号廃棄物)  (これらの内、自動車等破砕物を含み、特別管理産業廃棄物であるものを除く) (これらの内、ウ、コ、シについては石綿含有産業廃棄物を含む)

大塚山管理型処分場漏洩事故の原因
大塚山処分場(第二処分場)は、不透水性の地層だから遮水シートなしで許可された全国的に数少ない管理型処分場です。
2006年8月2日 千葉県は、第二処分場漏洩に対して@漏洩原因の究明A漏洩対策の実施B改善確認まで「搬入停止勧告」をしました。8年が経過する現在も「漏洩の規模や透水層の位置」など明確な説明はなく欠陥処分場として営業が続けられていると言わざるをえません。更に2007年12月第一処分場の漏洩で調査と対策の勧告もあって、揚水対策を実施するが漏洩は止まらず、現在も揚水対策を続けています。
 千葉県は、本処分場の不透水性岩盤の透水係数が10-7〜10-8cm/sとして許可しましたが、その後漏洩原因調査の過程で10-3〜10-4cmlsであったことが判明しました。1万倍も違っています。許可審査を誤った千葉県は、申し訳ないの一言ですまし何の責任もとっていません。この責任をどうするのか許可責任は重いものです。仕方ないとか想定外では済ませられません。

第三処分場許可にあたり千葉県への質問と回答(平成26年6月13日回答)
Q1 大塚山第二処分場の漏洩追加対策は漏洩停止の徹底であるはずだが、今もって停止したと判断できる状況にはない。それなのに第三処分場拡張が許可された。富津市民、富津市議会、富津市長の増設反対の強い要請があるのに、なぜ許可されたのか説明してくださ
い。
A1 今回の変更申請箇所は、難透水性の岩盤や鋼管矢板による仕切り壁、kd38層に設置した遮水シート等の対策を施した上に、改めて遮水シートを設置して保有水を遮断する構造としており、構造基準を満足していると判断しました。
                                                  ー4ー

Q2 2006年から続く漏洩の原因は、不透水性岩盤ではなかったことにあります。第二処分場のどこに透水層があって、ゴミと接しているか。その大きさ(長さ、面積)はどれくらいあるか。第二処分場の漏洩がどのくらいの規模で発生しているか明らかにしてください。
A2 第2処分場保有水の漏洩について、その原因の火山灰層(kd38層)は約4mの層厚で別添資料の赤く着色した箇所に分布し、すでに埋立てした廃棄物と直接触れています。

Q3 追加対策工事の効果についてやってみないとわからないといい、その効果もわからないまま第三処分場の拡大を許可されたのはどうしてなのか説明して下さい。
A3 揚水対策工事により、下流観測井戸で塩化物イオン濃度が問題の無い結果が得られているので効果があると考えています。また、追加対策の鋼管矢板による仕切り壁は、壁の上下流の水位差などから、保有水の遮断ができていると考えています。

Q4 2007年12月第一処分場の漏洩で事業者に調査と対策の勧告を行ったが、結果が一度も公表されていません。2013年9月公文書公開請求で透水性地層(Kd38層)は第一処分場と第二処分場間に不連続性はなく、各火山灰層において塩化物イオンが検出されたとわかりました。調査データを公開し、第一処分場の漏洩の実態の調査と対策をお示し下さい。
A4 現在も第1処分場の調査を継続していますが、第1処分場の最下流に設置している観測井戸の塩化物イオン濃度は、問題の無い結果が得られていることから、漏洩は無いものと考えています。

Q5 放流水下流で水生生物の減少や田んぼの稲枯れ等が発生しています。第三処分場増設の許可の中で、塩化物イオン対策により一層の低減を図り、新たな処理方法等について引き続き検討を求めるとしているが、塩化物イオンの低減には、周辺地下水の調査や水生生物調査、河川底質調査などがなければ判断できません。そのような調査実施時期と内容及び結果を公表して下さい。
A5 事業者は、第三処分場拡大申請の中で、高宕川合流後に塩化物イオン濃度を500mg/l以下としています。その対策は第三処分場上面を遮水シートで覆い、キャッピングを行うとしている。そして処分場下流の流量及び塩化物イオン濃度を毎週調査する予定としている。県は、その結果データの公表と観測井戸や周辺河川の水質調査を実施し、その結果を公表するよう指導しています。

Q6 放射性廃棄物(8,000bq/s以下)は、8.4万トン以上を搬入したと事業者はいっています。
放射性物質の搬入埋立について、どんな方針と手段をもち対応しているか説明して下さい。
また今までの搬入量、搬入先等について、データを公表し説明してください。
A6 処分場の放射線量測定や放流水の分析を毎月実施しています。今後も放射性物質を含む廃棄物が悪い影響を及ぼすことがないように調査を継続します。平成23年度から平成25年度までに大平興産轄ナ終処分場へ搬入された廃棄物の量は約13万トンです。そのうち放射性物質を含む廃棄物(8,000bq/kg以下)は、公共機関より約4万トン搬入され、ボームページで公表されています。(回答は千葉県産業廃棄物課)
                                                  一5一 
     鋸南町に計画されている
    「汚染土壌埋め立て処理施設」設置に断固反対 !!


                                            平成26年7月16日
                                 
鋸南町の環境と子どもを守る会
                                            代表 金木健治


 岩石採取認可違反の採石場を不当な採石法解釈、運用で土壌汚染対策法の埋立処理施設に転用を許可しようとしています。

  南房総の玄関口、鋸南町は自然豊かな美しい町です。この町に、現在、汚染土壌埋立処
理施設設置計画が進められています。
  採石場(採石法)を所管する商工労働部産業振興課(旧保安課)では、岩石採取許可違反を繰り返している事業者を適正に指導せず、是正指導もしていません。それどころか、県は
採石場の違反を他法で許可されればよいという、採石法の脱法的解釈を行い、違反の是正
は計画書の届出だけでよいとする不当な運用を行っています。
 また、汚染土壌埋立処理施設(土ヒ壌汚染対策法)を所管する環境生活部水質保全課では事業計画が適切なものか十分な審査と事業者指導を行わないばかりか、事前協議終了に必要な地元地区との環境保全協定について、採石組合職員でもある区長が、区の理事会にかけることなく、独断で区の公印を押印し確約書を提出してしまいました。この確約書は無効であるとの地元区役員の申し立てにもかかわらず、千葉県は確約書を有効と判断。事前協議終了通知を鋸南町へ郵送で送り付けてくるという、民意から目を背け、一方的で不当な手続きを行っています。なお、事前協議終了通知が出されたことで地元区では臨時総会が開かれ。確約書の撤回と辞任を拒否していた区長が解任されています。
 このように、千葉県は県民の生活環境を守るどころか、住民間紛争まで起きてしまいました。多くの町民の反対の声を聞き入れず、このような不当な自治事務行為に対して鋸南町民は怒り奮闘。6月11日、鋸南町から観光バス5台で乗り付け、県庁前にて抗議活動を行い、その後中央公園までデモ行進。反対派住民と町外からの応援者を含め、約300人の参加者が集結しました。
                                                    ー6ー

  世界最大の原状回復事業を勝ちとった豊島住民
     〜豊島産廃不法投棄現場を見学〜
                           千葉県自然保護連合  中山敏則

豊島(てしま)は瀬戸内海に浮かぶ小さな島である。この島は、日本最大級といわれる産廃不法投棄(「豊島事件」)で一躍有名になった。
 その不法投棄現場を6月21日に見学した。「廃棄物対策豊島住民会議」の砂川三男議長などが「豊島事件」の全貌をくわしく話してくれた。不法投棄のすさまじさに衝撃を受けた。また、血のにじむような苦闘を続けた豊島住民の不屈の闘いに感動した。
 事の発端は1975年12月、豊島総合観光開発(株)が有害産業廃棄物処理許可申請を香川県に出したことである。この事業者は、土砂採取や埋め立てなどをめぐり違法行為を繰り返していた。暴力事件も引き起こしていた。県が産廃処理を許可すると、自然環境や生活環境が破壊され、農漁業も打撃を受ける。そこで住民は、豊島の有権者のほぼ全員(1425人)から反対署名を集め、知事と県議会に提出した。
 しかし、豊島を訪れた前川忠夫県知事(当時)はこう言い放った。「(反対運動は)住民のエゴであり、事業者いじめである。豊島の海は青く、空気はきれいだが、住民の心は灰色だ」。知事の発言に反発した住民は1977年2月、「産業廃棄物持ち込み絶対反対豊島住民会議」を結成した。反対運動を繰り広げた。ところが翌78年2月、県は「ミミズの養殖」として許可した。住民が予想していたとおり、業者は膨大な量の産廃を豊島に不法に持ち込み続け、野焼きして埋め立てた。県は、操業停止を訴える住民の声を無視し、業者の違法行為に加担したのである。1991年1月、兵庫県警の摘発によづて業者が逮捕された。しかし、不法投棄物は放置された。
 住民は、不法廃棄物を撤去させるため、提訴ではなく県知事謝罪と無害化撤去(原状回復)を柱とする公害調停を申し立てた。ところが、「豊島の住民運動は根無し草」(香川県議会)などと、原状回復を求める豊島住民にきびしい言葉が浴びせられた。マスコミの対応も冷たかった。
 調停を実現するためには、世論や香川県民の支持を得ることが絶対条件となる。そこで、県民の支援を得るための運動を旺盛に展開した。悪戦苦闘を続けた結果、2000年6月に公害調停が成立した。香川県知事は豊島住民に謝罪するとともに、不法投棄物の無害化撤去を約束した。
 調停を成立させるまでに住民が起こした行動は7000回を超える。「県はだました責任を取れ」というノボリを手に毎日交代で県庁前に立った。世論と県民の支持を得るため、若者たちが県内5市38町の役場を歩いて回った。また、県下100カ所で豊島問題の座談会を開いた。その目的は、1000人の住民で100万人の県民をひとりずつ説得しようとするものであった。1999年4.月の県議選では、有権者1400人の豊島から「廃棄物対策豊島住民会議」の石井亨氏を擁立し、7340票を得て当選させた。
 その後、約92万トンの産廃を760億円かけて処理する、世界最大の原状回復事業が続けられている。豊島住民は汚染された土地を買い取り、原状回復事業を監視し続けている。
住民が負担した費用は1億6000万円におよぶ。豊島住民は、一人ひとりが行動を起こすことによって、自分たちが直面する問題を解決した。日本の民衆運動史に残る金字塔である。
また、「こうすれば勝てる」ということを教えている。
                                                    ー7ー

江戸時代の小櫃川・木更津湊・江戸を結ぶ水運(その1)
                      筑紫敏夫(千葉県郷土史研究連絡協議会常任理事》


  小櫃川の舟運
  江戸時代には、長い距離、重い荷物を運ぶためには、現在のようなトラックや鉄道もないので、もっぱら船(舟)が使われた。小櫃川で、川舟や筏(いかだ)による水運が本格的に始まるのは、上流の松丘付近に武蔵川越藩の分領が置かれ、その隣の下流側に上総久留里藩が領地を持ったことによる。両藩は、年貢米の輸送のために舟運路、及び川岸(かし;川の岸の拠点ごとに置かれた荷積み場)を整備した。その舟運路を使って、「民間」の商い荷物(竹、材木、炭など)も、川舟に積まれ、または筏に組まれて小櫃川を下ったのである。
 川を下った物資の総量は、統計がないのでよくわからないが、断片的な史料から、かなりの数量の荷が運ばれたことがわかる。例えば、安永5年(1776年)には、久留里藩領の山田村・浦田村など小櫃川流域の33か村と、木更津村の船問屋との間で、年貢米輸送契約が取り交わされた。それによると、小櫃川の川岸(下富田川岸・青柳川岸・百目木川岸など)で、年貢米が川舟業者の舟に積み込まれ、河口を経て、そのまま東京湾の岸近くを潮流に任せて南下し木更津湊(明治以降に埋め立てが進んでいるが、現在の「中の島大橋」をくぐって入港した付近であろうか)に着岸し、艀舟(はしけぶね)で、沖合に停泊している渡海用の五大力船に
積み込まれ、江戸へ運ばれたのである。
 久留里藩の家臣名簿(「分限(ぶげん)帳」)には、数名の木更津村の船問屋が、御用商人として扶持米を与えられており、藩との強い結びつきを示している。

  木更津船の特権
 江戸時代の木更津村は、現在の木更津港から太田山の下付近までを村域としており、吾妻村、長須賀村などに囲まれており、陸上交通の宿場として、また海上交通の湊として大いに栄えた。あまり知られてはいないが、江戸時代の初めの木更津村は、幕府の直轄領で、代官所が置かれた。幕府は、この代官所を中心にして、西上総全域に及ぶ支配や徴税のシステムを整えていった。その一つに木更津船(木更津村の五大力船などの総称)への特権付与がある。この特権は、「由緒書」では「大坂の陣』に船のこぎ手として動員された木更津村の者の一部が死亡したので、その見返りとして幕府から与えられたとしている。しかし、特権獲得の仲介に入ったと記されている代官頭の大久保長安は、すでに「大坂の陣」以前に死去しているなど、後世の創作と思われる部分も見られ、史実の認定は慎重にすることが求められる。いずれにしても、この「由緒」を背景にして、木更津村が特権を維持し続けたことだけは、厳然たる事実である。木更津船の特権は、@木更津近辺二万石の年貢米の独占的輸送権、A江戸に木更津船専用の着岸場所・荷揚場所(木更津河岸)の獲得、B江戸と上総・安房間の旅客の独占的な輸送権一以上の3点である。                    (続く)
〈参考文献〉
*拙稿「江戸湾沿岸の湊の成立をめぐって一上総国木更津村を中心に一」
 (千葉歴史学会編『近世房総の社会と文化千葉史学叢書3』1994年7月刊)
*拙稿「江戸湾沿岸の湊と流通の構造一上総国木更津湊を中心として一」
 (近世史研究会(東京大学文学部日本史学研究室)『論集きんせい画第20号1998年5月刊)

                                                     ー8ー

 

top page
menu page