back page 通信40
top page
What's new

 特別講演「21世紀の水環境は
                          どうあるべきか」

    
沖縄大学 宇井純 教授
 
                              (2001.8.19 木更津中央公民館)

 去年、脳腫瘍の手術をやりまして、大分ご心配をかけました。どうやら回復して元気 で動いておりますのでご安心下さい。今日の題になりました「21世紀の水環境はどう あるべきか」、これは一口で言ってしまうと、大変なことになりますよ、という一言 につきます。水をめぐって戦争が起こる、そういうことはごく当たり前になるだろう、 と言うのが21世紀。どんどん水が足らなくなっていく、というのが結論であります。 一口で言うとそういうことなんですが、そこへ行く流れがどういうものか、何故そうなって行くのか、ということについていくつか触れてみようと思います。それからも う一つ、今、私達は大変お金をかけて馬鹿馬鹿しいことをやっていることが沢山あるのですが、その一つが下水道ではないかという疑問も持っております。これは千葉県 の知事が代わった所でもありますし、これを具体的な争点として出してみようと考えているところです。
 
20世紀後半は公害に追いまくられてしまって、ついに地球環境の悪化という所まで来てしまったのですが、これが明日文部省の指導要領を読んで調べてみようと思うのですが、多分、今の教科書的な問題の取り組み方では、公害問題は政府と企業の努力によって大体解決したと言い、地球環境問題はそれとは別の問題と して、今大きな困難が我々の前にふりかかって来ている、とそう言う風な書き方になるだろうと言う予想がつきます。そういう言い方をする人は非常に多いのですけれど も、第一線で公害を調べて来た人間の一人として、例えば私、それから同じような調べ方をして来た人では、今、東大の客員教授をやっています、朝日新聞に長いことお りました石弘之さん、日本の公害問題について詳しい年表を作成された飯島伸子さん(都立大教授),そういう公害の現場で苦労して来た人間としては、3人が3人共集 まった時に、地球環境問題は公害の重なり合いだね、という話になりました。

 地球全体の環境が悪くなったと言うのは、各地の公害が広くなって重なり合った結果こうい うことになった。だから、やっぱり発生源は何処かにあるのであって、よく政府の偉い人が言うように、地球環境問題は皆の問題だから加害者も被害者もないのだ、一人一人の心がけでなけれぱ解決しない、と言っているのはこれはどうも嘘じゃないか、やっぱり発生源があって被害者があるというのは鉄則であって、この発生源をきちんと潰して行かない限り解決が出来ないのじゃないか、という風に考えるようになりま した。それからもう一つは、加害者と被害者がはっきりしている公害問題の時には、 被害者のカが強くなれば公害は段々減って来る。世論が被害者を支持して加害者に何 らかの手を打たせる、ということを公害問題ではずっとやって来て、それである部分では解決した部分もあります、解決しないまま21世紀に持ち越した部分もあります。 ともかく民衆の努力によってそれぞれの国で公害を解決して来たと言うことはこれは鉄則だと思います。そういう民衆のお互いのネットワーク・協力によって地球環境が良くなって行く、そういうことはあるだろう。しかし、

 今のように国家が出て来てそれぞれの国が条約を結んで、地球環境問題を改善しようという時には、必ずアメリカ のような横車を押すやつが出てくる。だいたい国家というものが、ごく一部の例外を 除いて、民衆を正当に代表していますか、と言う問いに対しては、まあ代表してませんね、というのが答えでしょうね。ヨーロッパのいくつかの民主主義が進んだ国では、 代表していると言うことが言えるかも知れませんが、日本はどうですか?中国はどうですか?アメリカはどうですか? と聞いて来たら、代表してませんね、と言うのが答 えです。代表していない国家が集まって条約を作って、どうやって地球環境が良くなるか、まあ無理でしょうね、と言うのが公害で長年苦労した人間の感想ですね。  
 
明日、教科書研究センターという文部省の機関がありまして、そこへ行って指導要領とそれによって作られた教科書を読み合わせてみようと思うのですが、文部省では当然、公害は解決された、地球環境問題は心がけの問題だ、と書いてあるでしょうから、それに合わせて教科書も書かれている、そういう教科書で教育を受けた日本人がはたして 地球環境問題に正当に取り組めるのか、その辺を勉強してみようと思います。

21世紀の見通しについて、私は概して悲観的であります。しかし、もう一方では、堂本さんさんが知事に当選するという風なことが起こる、これは明らかに今までよりは前へ一 歩進んだ事だと思います。しかしこの第一歩を正当に生かせるかどうかということは千葉県民の皆さんに係っているのでありまして、沖縄にいてニュースを聞いて歯噛みをして悔しかったのは、またそんな馬鹿なことを言うのか、ええかっこしいも程々に しろ、と思ったのは勝手連が解散するというニュースです。勝手連は知事の手足を縛らないように選挙の後は解散するというニュースを聞きまして、沖縄にいて本当に激怒した。湯気を立てて怒りました。まだそんな甘ったれたことを言っているのか。沖縄でも例えば太田知事が出てきた。その前に屋良知事が革新で出てきた。そういう時に政党が皆言ったのは、住民運動は黙っていろ、お前らがやることはともかくじゃまだ、政党に任せろ、と言うことで公害反対の住民運動はいつも抑えこまれていた。何かをやれば、お前らは足を引っ張る、革新知事に敵対するものだ、と言って叩かれて已むを得ず黙って来た。その結果はどうなったか。皆はらはらして息を呑んで見守る中で、知事さんは孤立無援でバッタリいってしまったではないか、で、また千葉県でもそれをやるのか、と言うのが私の挨拶でありまして、皆さんにはそういう”ええか っこしい"をやってもらっては困る。せっかく堂本さんが当選したんだったら、しか も言い案配にどこの政党も、'じゃまをするな'という立場のグループがないわけですから、運動体はとことん活動してとことん要求をぶつけて、それを通じて県政を変 えて行くと言うことをやらない限り、堂本さんは、前の知事が選んだ、或いは前の体制が選んだ管理職の中に一人で飛び込んで、いわば落下傘で飛び込んだようなものですから、手足を縛られて結局何も出来ないのではないか。

 三番瀬の動きなどは沖縄から見ていると、まさにそういう経過が進行しているという気がいたします。今日最初に言いたいことはそれですね。折角知事が代わったのならば、運動でとことん路線を 実現するようにしなければ、沖縄で屋良・太田知事の時失敗した、東京都民は美濃部 さんの時に失敗した。政党が回りにくっついていて、黙っていると押さえ込まれて、 その結果どうなったか、知事たちは結局討ち死にしてしまったではないか。だから勝手連が解散するなんて、これはカッコだけの運動家の言うことであって全然支持しな い。あなた方は政策が出来ないから、その口実に解散すると言っているのだ、という のが私の処方菱です。もし皆さん方の中で解散するのだと言う方がいたならば、是非考え方を変えて頂きたい。もちろん私がそう言うからには政策は用意してあります。 例えば下水道に付いて言わせてもらいます。先ず一年はお休みなさい、今やっている 工事を全部止めて頭を冷やしてごらんなさい。そうすると何千億の工事が無駄ですよ、 と言うことが分かって来ます。或いは業者と政治家の談合の結果の丸投げです、と言 うことが分かって来ます。そうしたら一年かかって計画を作り直せばいい。江戸川左岸の有機下水道などは金食い虫です。しかも三番瀬を埋めるためには処理場を作らねばならないと言う口実に使われている。あんなものはいりませんよ、と言うのが下水道の技術者としての私の処方菱です。
 
 次に、これは知っているとケンカの時に役立っと言うふうな経験が、こちらも40年公害問題と取り組んで来た者だからいくつかの経験があります。まず最初に小櫃川については昭和41年頃に水質検査をやっております。 同じ研究室の市川しんさんたちが千葉県内の主要河川の水質検査をしました。千葉から西はこれはもうダメだと言うのが当時の結論で、千葉から東の河川は手を打てぱま だまだきれいである。小櫃川も養老川も40年前ですから随分きれいだった時代です。 今日ざっと見まして、小櫃川についてはその頃に比べて、思ったよりも汚れていないな、というのが結論です。今手を打てばまだまだ守れるでしょう。ぜひ皆さんの活動で守って頂きたい。全国教育研究集会に出ましても、千葉高教組の報告のように、こ のようにして産廃焼却場を潰した、こういう風にダムを潰したという報告は日本全国にそう無いのです。ですから千葉からの報告を聞きますと元気が出る、と言うことで大変評判が良かった。ぜひ続けて頑張って頂きたいと言うのがお願いです。

 運動をする時に気を付けておいた方が良いと思われる事が二・三の経験的な事実があります。 一つは、水俣の漁協の組織を調べた時に気が付いたことですが、この組織はピラミッ ド型です。ところがこの組織は買収に弱いのです。つまりテッペンを丸められてしまうと全然動かなくなる、中には買収に応じないのがいれば消してしまえばいい。物理的に消す場合や、スキャンダルをでっち上げて辞めさせる手もあります。うるさいのは消してしまって、うるさくないのを買収すれば全体が動かなくなります。何故水俣漁協はいっもいざという時に動きが取れなくて、チッソに負けたのかという事を分析 したらこういう事が分かった。確かにピラミッド型の組織を作っておくと命令一下全体が整然と動くかのように見えて、能率がいいように見えます。ですから近代の組織は企業・政党・労働組合にしてもピラミッド型の組織を持っています。ところがこれは公害問題ではたやすく潰される。幹部が買収されるか或いは消されるかによって全体が動かなくなります。此れに対して1964年の三島湖公害反対運動の頃から段々出てきたネットワーク型の組織があります。色々な人が地域でゆるいネットワークを作って公害反対運動をやる。これは買収がなかなか難しい。ここが中心と思って買収しても、他の仲間が生きていて影響が無い。どこからとなく攻め寄せてくる。これはその後ベトナム戦争にベトコンが取った組織形態、日本ではべ平連が取った組織形態。一人一人はそれぞれの責任において活動し、各々は活動し易いように協力する。その中 には上下の関係が無い、皆それぞれの判断で動く。これは潰しにくいと言うことが段 々分かって来まして、 最近は公害反対運動でもネットワークという言葉を多く使うよ うになって来た。ネットワークというものは喧嘩する相手からすると実にしまつが悪 い。どこを潰しても全体は生きている。何処からともなく攻めてくる。このような運動が日本の中で大分広がるようになって来た。
 
 特に今議論になっているORAを含め ました発展途上国と付き合い方というのは、まあ、このネットワークの役割は大きく なるだろうと、日本の国は比較的支配者と民衆の間が切れていない、上と下と社会の流通が無いわけでは無い。我々は税金を納めて日本の支配層の為にせっせと働いているわけで、支配層の方は勝手に666兆円の借金をしてくれて、これは後世にツケを払 わせることになっていますが、これがインドネシア・ビルマ・中国などに援助する時には、相手の支配層は日本より遙かにお金持ちである場合もある。それに一般大衆と 完全に切れています。今の国際援助の理論ですと、日本から相手の国に向けて援助を しますと、例えばダムを作るとその効果が下々に滴り落ちてきて、その国が段々良く なると言う話で援助が組まれていますが、実は行ってみるととてもそんなものじゃな くて、上の連中が丸儲けして、我々は税金を払って援助してその国に行くと恨まれる訳です。お前の国の援助で俺たちはこんな酷い目に遭っている、どうしてくれると文句を言われる。先程の世界地球現境の話と同じように、その国の政府・支配層がその国の国民を代表しているとはとても言えない状況があります。こういう中でも発展途上国でネットワークがそれなりに色々な活動をやっています。個人・団体が国(政府) を通してやらなくても直接連絡が取れます。実際にこれをやって知られているのはアジアヒ素ネットワークで宮崎県の土呂久ヒ素中毒の深刻な事例がありましたが、それ を支援した熊本大学の医者・自主講座の人達もいましたが、そういう人達が独自のネ ットワークを組みまして、アジアのあちこちで飲料水の中にヒ素が出てきて大変な問題になっている。それはタイ・台湾・バングラデシュ・ベンガル・内モンゴルで国に よって原因は色々なんですが、 人間の活動で飲料水の中にヒ素がたまって出てきて、 それによる中毒が集団で起こっている。そういう状態に対して、日本でヒ素中毒で苦 しんだ経験を何とか生かそうと、現地の対策活動に参加した例があります。それから、 バングラデシュ女性の工芸品を日本に持ってきて売り、そのお金で現地の生活改善に役立てているサプラニーという民間団体があります。私が期待するのはNGO同士の交流です。今、沖縄では米軍基地があり、日本政府は暴行事件があったということで 50億円、知事が代わったということで100億円、普天間基地を名護に移すことで関係 市町村に大変な金が流れて行きます。沖縄の中でこれ以上お金を使う宛が無いという お金が飛び回っています。巨大な釣り堀にしかならないような港湾を作ったり、自然 の海岸に生えている阿檀(あだん・タコノキ科の熱帯性常緑低木)をぶった切って、コンクリートの護岸とテトラポットを作ってかえって塩害が増えているという情けな いことが起こっている。国民の税金を無茶苦茶使って自然を破壊している。那覇市に 漫湖という入り江があり、渡り鳥の中継地で有名ですが、ここに必要の無いような橋 を造ったんです。渡り鳥が何千キロもやって来て下りようとすると、ロープで吊った 橋が壁のように出現し、渡り鳥には迷惑千万の物です。たかが渡り鳥ではないか、と言う人がいるかも知れませんが、我々の回りの物質循環は大変デリケートであって、 日本が緑の山々に取り囲まれているのは、鳥が沢山いてその鳥が海から栄養を取り、 山に行って糞をする、下から上への肥料循環なのです。今日、干潟を見せて頂いて、 ここに45Mの建物が立つと聞いて、また馬鹿馬鹿しい事をやるかと、鳥にとってみれば大変な障害物が作られるということです。環境基本計画の中に、鳥の身になって景観を考える人が入ったならば今よりは大分良くなるのではないか。そういうことをどんどん持って行ける代表を選んで、どんどん会議に出てもらって、また、審議会にしてもこの人なら信用できるという人を推薦する。××大学の教授なんかはなるべく止 めた方がよい。××教授の5人のうち4人はダメですから、××教授と言ったらまずはねておいた方が良いと思います。それに比べれぱまだ千葉大学の方がましだと思っています。本当にましな人は国立大学には長くいられない、私立大学にはじき飛ばされるのが普通でありまして、佐久間充君で「ああダンプ街道」(岩波新書)、ああいうものを書くと助手から上へあがれない。
 
 水源保護条例について皆さん随分いい仕事をされているわけですが、宮古島の事例をお話します。米軍の占領下で水道を作ってやるというお触れが来まして、その後、お恵みで作ってもらうのはいやだということ から自分たちで水道条例を用意した。宮古島は地下水しかありませんで、地下水が汚 れたらアウトになる島で、地下水が足らなくなったら飲み水も無くなるので、宮古島 の人たちが作った水道条例は、企業組合で一応上水道企業です。井戸を掘って水を使 う者は必ず企業団の許可を得なければならない。地下水は最初に飲料水として使うと いう原則がありまして、それ以外の用途で使う者は許可を得なければならない。旱( カン・ひでり・雨が長く降らない)になりまして水が足らなくなりますと、企業団は 飲み水以外の用途に対してそれを止めることが出来る。飲み水の水質確保では、企業 団は植林をやる、畜産排水で地下水を汚染する恐れがある経営体に対して、補助を出 し処理施設を作ってやる。条例を作る場合、宮古の事例を参考にして頂きたい。ヨー ロッパの中世都市は便所を作りますとお金がかかりまして、人間の住む家だけを作っ てそれ以外のゴミ・汚穢(才ワイ・よごれもの・おぶつ)は窓から外へ投げ出していたんです。道路は段々隆起して、雨が降りますと汚水が一階に流れ込みます。これで はたまらんということで、舗装し下水管を埋めて汚水を町の外へ排除するというのが 下水道の始まりです。20世紀なり下水道の末端に処理場を作ることになりました。大 規模の下水管を作って末端に処理場をつける、江戸川左岸はまさに典型でして一日100 万トン桁の処理が出来ます。ところが21世紀になりますとこの水は非常に貴重な水資 源になります。千葉県の計画通り三番瀬まで下水道を持って来て、あそこで処理して も水は何の役にも立たない。またお金をかけて逆送しなければ使えない。ところが.上 流の野田・松戸とかに小規槙の処理場が幾つか出来ていれば、そこの所で水が利用出 来る、実は下水道は分散させたほうが得なんです。21世紀には必ず下水の利用が入っ て来ます。
 
  もう一つ、今、環境教育が話題になっていますが、学校で環境問題を取り上げる、大変いいことなんですが教科も教材も混乱の中にありまして、結局文部省が 考えつくのは、空き缶を集めること、どぶ浚いぐらいしか無いのが実情です。いいと思うのですが、そこで終わらないで、何故こんなにゴミ・空き缶は出てくるのだろう か、辿って行けば今の日本の生産構造が見えて来ます。廃棄を全然考えないで大量生産・大量消費をやる、その結果大量廃棄になってくる。それを根本から止めるにはど うするか、まず生産の構造を変えなければならないと言うことがほぼ見当が付いてく る。例えば簡単な水質検査を小学生や中学生が木更津の周辺でどんどん歩き回ってやるようになったら、汚水を垂れ流している方としては非常にやりにくいことなんです。 小櫃川の水を守る会もそういう活動を進められたら宣しいのではないかと思います。 今日、小櫃川の水をホテルで飲んでみて、水道水としてまだ飲めるようだと、今日の 私の診断でした。これ以上悪くしたらたまりません。是非、皆さんで守って良い方に 変えて行って下さい。
 (第16回小櫃川の水を守る会総会、2001・8・19、木更津中央公民館)                      以上

back page通信40
top page
what's new